2月の学習会「貧困と社会的排除」

みなさま

相変わらず、炊き出しに並ぶ人は記録的です。
1月第4週の炊き出しはついに400人を超えて、池袋の新記録を作りました。
行き場のない人たちが、どんどん東京に流れ込んでいるという印象です。


さて、2月の学習会は、大正大学の萩原康生教授をお招きして、
「貧困と社会的排除~いかに対処すべきか?  国際的問題であるホームレスを考える」をテーマに行います。
 萩原さんは、福祉の専門家で、様々な当事者や現場の方を招いた講義をされており、一昨年はTENOHASIメンバーをゲストティーチャーに招いての講義をやってくださいました。
 今回は、アメリカと日本のホームレス事情の国際比較、そして自立支援の試みとして埼玉の「ほっとポット」の取り組みを紹介してくださる予定です。皆さんふるってご参加下さい。
 そういえば、もうずいぶん長いこと学習会をやっているけれど、大学教授をまねいたのは初めのような気がしますね。

日時 2009年2月28日(土) 19~21時半
会場 西池袋第2区民集会室(サクランボ) の集会室。池袋駅西口から徒歩12分くらい。
・わかりづらいところにありますので、一人でたどり着く自信がないひとは090-1611-1970(せいの)まで電話してくれれば一緒に行きます。

事務局
[PR]
by tenohasi | 2009-02-21 13:49 | お知らせ
<< 福祉の窓  ケースワーカーの祈... 1月の学習会「練馬寮考察記」 >>