「住まい」に関する連続講座第1回のご案内

今年2016年は「住生活基本法」施行後年目となります。
この10年間の住宅・居住政策を
多くの角度から検証し、今後の住宅政策を検討する為、
「住生活基本法」10年の検証を連続講座を開催します。

連続講座第1回は下記の通りです。

「住生活基本法の10年と住宅政策の課題」

日時:2016年3月26日(土) 午後1時30分~午後4時30分
場所:台東区上野区民館 401集会室
    (台東区池之端1-1-12 千代田線湯島駅徒歩4分)



内容: <講演・報告・討論> 以下の表題等は仮題
    1.10年の検証視座と政策検討の課題
       塩崎賢明(日本住宅会議理事長、立命館大学教授)
    2.基本法体制と公共住宅の危機的状況の進行
       坂庭国晴(住まい連代表幹事、住まいの貧困ネット世話人)

    コメンテーター 長谷川洋(国交省・国土技術政策総合研究所・
                 住宅性能研究官)
            「住生活基本計画のあるべき姿と課題」
            坂東美智子(国立保健医療科学院・上席主任研究官)

開催:日本住宅会議、国民の住まいを守る全国連絡会(住まい連)
   住まいの貧困に取り組むネットワーク
○日本住宅会議
http://www.ne.jp/asahi/jutaku/kaigi/
○住まい連
http://www.tokhoren.com/data/data01/2005y/kokuminokai220130.htm
○住まいの貧困に取り組むネットワーク(ブログ)
http://housingpoor.blog53.fc2.com/

これら団体の共同により、連続講座や研究会等を開催していきます。

(資料代 500円)

連絡先 日本住宅会議・関東会議事務局
    ℡03-3837-7611 fax03-6803-0755




[PR]
by tenohasi | 2016-03-18 21:42 | お知らせ
<< 2016東京ストリートカウント... 炊き出しボランティア日記 2月27日 >>