4月2日の東京新聞にコメントが載ります

みなさま

今日(2016年4月2日)の東京新聞夕刊に、新橋で野宿されていた男性が2月に路上で亡くなった事件について記事が出るそうです。
記者から、「どうしたらよかったのか、支援団体としてコメントしてほしい」と求められ、拙いコメントが載ることになりました。

記事の概略
「東京・新橋で路上生活をしていた男性が亡くなった。
その男性の背中は直角に曲がり、顔は腫れ、脚を引きずるように歩いていた。廃業した喫茶店の前に傘を広げ、雨風をしのいでいた。
寒波が都内を襲った2月2日朝。動かなくなっているのを、近くのビルの警備員が見つけた。愛宕署の調べで、死因は凍死。本籍地が東北地方の50代と確認され、遺骨は四十九日が過ぎ、桜が開花するころになっても、都内の寺に保管されている。
翌日、男性が寝床にしていた歩道に、あふれんばかりの花や飲み物が供えられた。街を行き交う多くの人々の心に、影を落としたことを示していた。「自分が何かしていれば、救えたんじゃないか・・・」
近くの会社に勤める男性は「毛布でも渡していれば、亡くならずに済んだはず」と自分を責めた。クリニックに勤務する女性は「今日見た? 大丈夫だった?」と普段から同僚たちと 気に掛けてい
ただけに、ショックを受けた。ビルオーナーの男性は「臭いがひどくてね。テナントから苦情が多かった。亡くなる前日、港区の担当者が救急車と一緒に保護しようとしたけど、拒否していた」と振り返った。
区は昨年11月末に近所からの通報を受け、担当者が何度も接触。「生活保護を受けたらどうか」「病院に行った方がいい」と話し掛けても「自分は大丈夫。しばらくここにいたい」と拒んだという。明かした名前は、偽名だった。コートや上着、軽食を差し入れたりもした、と説明。
では、周りはどうすればいいのか・・・」

8年くらい前、同じように公園でぼろぼろに成りながら最後まで救急車を拒んで亡くなった方のことを思いましました。おそらく、認知症や精神障がいが背景にあるものと思われますが、ご本人が保護を拒む以上は、何もできません。それを前提に、コメントさせていただきました。

誰もが何とかしたいと思う。どうすればいいのか。池袋で路上生活者への支援を続けるNPO法人「TENOHASI(てのはし)」の清野賢司事務局長によれば「医療や福祉を拒む人は、『支援を受け入れたら、さらに恐ろしい目に遭う』と思っている可能性がある。でも、話ができるようであれば、寒いね、暑いね、欲しい物はない?と話しかけ、心配していることを伝え、欲しい物を差し入れてはどうか。結果は変えられないかもしれないが、少しでも笑顔になってもらえれば、無駄ではない」


TENOHASI事務局 清野
[PR]
by tenohasi | 2016-04-02 11:52 | お知らせ
<< 炊き出しボランティア日記 3月26日 3/12(土)炊き出しボランテ... >>