9/23(土)炊き出しボランティア日記

923日秋分の日の天気予報は、曇りのち雨。

覚悟を決めてレインコートを用意していったのですが、

幸いにも雨にはならず、気温も暑からず寒からずで風もなく、

ほどよい炊き出し日和になりました。


本日のメニューは、ご飯にかけて頂く野菜たっぷり汁です。

どれだけ野菜たっぷりかというと、

70リットルの寸胴鍋3つに対し、

衣装ケース大の容器およそ4杯分の、

ダイコン・ニンジン・タマネギ・エリンギ・

ハクサイ・キャベツ…などなど。

一見すると本当に入りきるの?!という量です。

ちなみに野菜汁の水分のほとんどは、野菜から出たもの。

何かと栄養が偏りがちな路上生活。

この野菜汁でしっかりビタミンや食物繊維を

補って欲しいという心配りからできたレシピです。

あ、もちろん肉も入ってますのでご安心を。

調理ボランティアに初参加は、大学生男子。

そして配食ボランティアへの初参加は、こちらも大学生で

サークルのみんなで参加して下さいました。

若い世代が積極的に社会問題を考えてくれている姿に、

頼もしさを感じます。

前回の配食数から、今回はご飯の量を1窯分減らしたのですが、

今度はおかわりが足りない事態に。なかなか、この調整がむずかしい

そうです。

配食の間も、医療相談・生活福祉相談・はりきゅうマッサージにと、

人が途切れることがありません。


見上げると、夜空にそびえ輝くサンシャインビル。

そのふもとの公園では、路上生活者のための炊き出し。

どの都会でも見られる矛盾ですが、

「豊かさってなんだろう」と考えさせられます。

「何かしたいけど、なにから始めればいいのかわからない」、

「全力投球は無理だけど、空いた時間にだけ手伝いたい」という方は、

ぜひボランティア募集のページを読んでみてください。

配食終了後は、公園をぐるっと清掃後、ミーティングを経て

みんなで協力して作業をした達成感を味わいつつ、無事解散となりました。

(多田あゆ実)


[PR]
by tenohasi | 2017-09-25 21:45
<< ハウジングファースト国際シンポ... 自死遺族等への法的問題は憲法で... >>