越冬活動1日目12/30(土) 炊き出しボランティア日記<親子丼>

越冬活動一日目★

今年も恒例の越冬活動のシーズンがやってまいりました。

路上で生活する人たちが無事に年越しできるように、12/301/2まで連続して配食を行います。

今日は一日目ということで、メニューは親子丼です。

ご飯はいつも通りに炊き、具は鶏肉、玉ねぎのほかニンジンも投入、卵は寄付分もあり、たっぷり使用。まろやかな味付けになりました。

調理のボランティア参加も多く、事務局長がまさかの「ぎっくり腰」で来られず、どうなることかとハラハラしましたが、何とか時間内に出来上がりました。

f0021370_22192007.jpg

↑圧巻の卵…卵は好きですが、こうしてみるとちょっと怖い^_^;

f0021370_22253342.jpg

↑まろやかな味にしあがりました~(*^_^*)


また、かつてTENOHASIでボランティアをしていた南相馬の菊地さんのじゃがいもを、加藤さんが自身のキッチンカーでフライドポテトにしてくださいました。味見としてスタッフで試食しましたが、とてもおいしかったです!

f0021370_22192625.jpg

↑おしゃれなキッチンカーですね♪

↑挙げたてホクホク!!

公園では、ぎっくり腰を押して事務局長が参加。良かった~とホッとしていたら、なんとしゃもじを忘れるという失態!

なんとか100均で購入できましたが、トラックの積み忘れは本当に要注意。肝に銘じます!

そして、いつもお世話になっているシャルマホールディングさんからサモサとナンの差し入れが!!

ボリュウム満点のサモサはとてもおいしかったです。


並ばれた方が予想以上に多く、親子丼も好評?のうちに終了。残ったご飯はお弁当にして配りました。

一日目に並ばれた方は184名、合計441食、ボランティアは新人含め99名の参加でした。

皆さん、寒い中、お疲れ様でした。(T)



[PR]
by tenohasi | 2017-12-30 22:29
<< 越冬活動2日目12/31(日)... 越年越冬活動のおしらせ >>