【2018冬東京ストリートカウント ご協力のお願い】

行政による調査では把握できない深夜のホームレス人口を市民によって調査し、また多くの市民とともにホームレス問題や自分たちが住む街について考える「東京ストリートカウント」がこの冬も行われます。
ぜひご参加下さい。
TENOHASI事務局長 清野賢司
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【2018冬東京ストリートカウント ご協力のお願い】
ホームレス支援に関わる団体のみなさま・ホームレス問題に関心を持つ市民のみなさま
こんにちは、ARCH共同代表の北畠拓也です。
ARCHは2020オリパラに向け、東京がホームレス問題に本気で向き合い包摂する優しい都市となることを目指し、東京工業大の研究者や学生を中心に研究・アドボカシー(政策提言)を行っています。
この度は2018年1月より実施するホームレス人口調査「東京ストリートカウント」へのご参加をお願いしたくご連絡差し上げました。
行政による調査では把握できない深夜のホームレス人口を市民によって調査し、また多くの市民とともにホームレス問題や自分たちが住む街について考える機会として、みなさまのご参加をお待ちしております。
以下、詳細を着して有りますので、ご参加くださる方はフォームよりご登録ください。
◆2018冬東京ストリートカウント
1月20日(土)深夜(21日未明):新宿区、渋谷区、千代田区、中央区 100名程度募集
2月16日(金)深夜(17日未明):豊島区、文京区、台東区、墨田区、江戸川区 100名程度募集
3月9日(金)昼〜深夜(2部制):多摩川沿い、大田区、ほか 50名程度募集
・参加エントリーはこちら:
・特設サイト(こちらからもエントリーいただけます):
また、この取り組みを更に多くの方に知ってもらい、広げるために、ぜひ周囲のご友人・お知り合いの方に告知をお願いいたします。

◆2018夏ストリートカウント
今冬に続いて2018年夏には、8月3日~5日に東京都内・周辺都市にて1000人規模のストリートカウントの実施を目指します。多くの市民がストリートカウントに参加する優しい風景が、そして街を見守る市民のネットワークが東京に広がり、市民発のレガシーとなることを目指していきますので、こちらもどうぞ手帳にメモをお願いします!
※ARCHとは?
ARCH(Advocacy and Research Centre for Homelessness)は東京オリンピック・パラリンピックに向け、2015年10月に設立した市民団体です。ホームレス問題についてのアドボカシー(政策提言)と研究を行うチームで、研究者や学生、支援団体の現場ワーカー、法律家などのプロボノワーカーがメンバーとなっています。
私たちは、人が人を大切にし、支え合う営みが、人と場所を結びつけ、柔軟な強さを地域に与える、そんな地域がたくさんある柔軟で強く優しい都市を目指しています。そして2020年の東京が、華やかな大規模イベントの裏で社会的・経済的に弱い立場にある人々を周縁に追いやるのではなく、多様な人々が共に暮らし支え合う営みをレガシーとして後の社会に遺せるよう、働きかけていきます。
※ストリートカウントとは?
東京ストリートカウントは、2016年1月にARCHが東京で初めて実施した市民参加型の深夜路上ホームレス人口調査です。これまで市民ボランティア399名にご参加いただき、計10晩4期に渡って都内11区を調査しました。深夜調査の結果として、東京都が昼間に行う調査の約2.5〜2.8倍の人が野宿状態にあるという実態が明らかになりました。こうした一連の結果は既存の政策の根本を問い直すものであり、行政や議会への政策提言・メディアでの報道へとつながっています。また、このように市民参加で調査を実施することは、自分たちの住む街に存在するホームレス問題に気付き直す契機になると考えています。ARCHでは東京ストリートカウント参加者限定の報告会やオフ-ストリートカフェ等、多様な市民がホームレス問題について考え対話する場も設けています。
ARCH事務局
(Advocacy and Research Centre for Homelessness)
Email: arch.cd.office@gmail.com



[PR]
by tenohasi | 2018-01-11 23:24 | お知らせ
<< 世界の医療団の報告会 まいにち子ども食堂に応援をお願... >>