カテゴリ:未分類( 169 )

9/23(土)炊き出しボランティア日記

923日秋分の日の天気予報は、曇りのち雨。

覚悟を決めてレインコートを用意していったのですが、

幸いにも雨にはならず、気温も暑からず寒からずで風もなく、

ほどよい炊き出し日和になりました。


本日のメニューは、ご飯にかけて頂く野菜たっぷり汁です。

どれだけ野菜たっぷりかというと、

70リットルの寸胴鍋3つに対し、

衣装ケース大の容器およそ4杯分の、

ダイコン・ニンジン・タマネギ・エリンギ・

ハクサイ・キャベツ…などなど。

一見すると本当に入りきるの?!という量です。

ちなみに野菜汁の水分のほとんどは、野菜から出たもの。

何かと栄養が偏りがちな路上生活。

この野菜汁でしっかりビタミンや食物繊維を

補って欲しいという心配りからできたレシピです。

あ、もちろん肉も入ってますのでご安心を。

調理ボランティアに初参加は、大学生男子。

そして配食ボランティアへの初参加は、こちらも大学生で

サークルのみんなで参加して下さいました。

若い世代が積極的に社会問題を考えてくれている姿に、

頼もしさを感じます。

前回の配食数から、今回はご飯の量を1窯分減らしたのですが、

今度はおかわりが足りない事態に。なかなか、この調整がむずかしい

そうです。

配食の間も、医療相談・生活福祉相談・はりきゅうマッサージにと、

人が途切れることがありません。


見上げると、夜空にそびえ輝くサンシャインビル。

そのふもとの公園では、路上生活者のための炊き出し。

どの都会でも見られる矛盾ですが、

「豊かさってなんだろう」と考えさせられます。

「何かしたいけど、なにから始めればいいのかわからない」、

「全力投球は無理だけど、空いた時間にだけ手伝いたい」という方は、

ぜひボランティア募集のページを読んでみてください。

配食終了後は、公園をぐるっと清掃後、ミーティングを経て

みんなで協力して作業をした達成感を味わいつつ、無事解散となりました。

(多田あゆ実)


[PR]
by tenohasi | 2017-09-25 21:45

9/9(土)炊き出しボランティア日記

シャルマホールディングスさんがカレーを提供してくださる日とのことで、今日の調理は、ごはんを炊き、そして野菜のサラダを作ります。

また、配食の前に配るコーヒーなどの飲み物を準備します。

「秋に食べたいもの」というお題とともに自己紹介をしました。

初めましての方もいる中、「さんまに1票」「栗に1票」と、開始のミーティングが和やかにすすんでいきます。

以前お会いした学生さんが、双子の兄弟を伴って参加しておられました。了解をいただき、調理に参加しての感想をいただきました。

「 調理に参加して、多くの人と一緒に話しながら参加できてよかった。『ホームレス』のセミナーを学んで、いろんなことが分かって良かった」

「 楽しく話をしつつ、包丁を使うので、真剣に集中して野菜を刻むという環境がすごいすばらしいなと思いました。また参加したい」

《今日知ったこと》

サラダに入れるキュウリは、食感を考えてスライサーではなくて、包丁で切ること。

切り口が楕円になるように、ややななめに切るのだそうです。「おいしく食べて欲しい」というきもちが込められています!

わたしは、洗い場の作業に参加しましたが、数ある水のゴムホースを、これまた数ある延長ホースや分岐などに、つなげられるように覚えていければなぁと思っています(なかなか手強そうです)

15時ごろ終了したのち、休憩をとりながら17時に配食の場所「東池袋中央公園」に移動しました。

まだ昼の明るさが残る空の下、按摩マッサージの施術を、2名並んで受けておられます。

路上での生活は年齢を重ねるほどに過酷だと感じます。

その後、18時の配食を前に、並ばれている方々へスプーンを渡していきました。

顔を合わせてゆるりとあいさつができたので嬉しかったです。

並ばれている方々全員が、1回目の食事を終えるまで、前半の配食ボランティアの方が受け持ちます。

2回目を希望される方々への配食が始まるころ、ボランティアも後半チームに交代します。

そのように、何百杯という数のご飯とカレーをよそっていきます。

終了時のミーティングの報告では、並んだ方は約1932杯目が170食、持ち帰り用に、ふりかけごはんのパックが36個、カレーが5つできました。全部で56リットルのごはんを炊き、400杯分のカレーを配りました。

医療相談は、38名の方が利用され風邪薬や胃薬、冷湿布などを持ち帰られたとのこと。

生活相談は、4名の方が相談に来られ、週明けに申請同行する方がいるとのこと。はり灸マッサージが合わせて11名。

今日は59名のボランティアの方々がお出でになりました。

そのような中、フランスから世界の医療団ボランティアに男女2名の方が参加しておられました。

8ヶ月かけていろんな国へ行っているそうです。

「とても興味深くて、しっかりオーガナイズされていて印象深かった、手助けできたことがうれしい、資金集めに協力出来たら」と通訳を介し感想を話されました。

さいごに、担当の方が「路上生活から生活保護を受けての生活に移行されたものの、うまくいかなかった方もいる。再路上化した方をどのように支援していくのか課題です」(という内容のこと)を話されました。

安易に、住まいがあり保護費があるほうがいいと片付けられる事柄ではないのだと考えさせられます。

なにが、ふたたび路上の生活へと戻らせてしまうのでしょうか。

みなさん、どのように思われますか。(kayo)


[PR]
by tenohasi | 2017-09-13 22:27

8/26(土)炊き出しボランティア日記

今回の炊き出しはとっても久しぶりなぶっかけ飯です!

夏バテに効きそうな味噌味で仕上げることになりました。

が、私もだいぶサボっていたので作り方がうろ覚えに…。

こういう時に仕切ってくれる人が必要なんですよね。

今日は、私となぜか炊き出し開始時時やら二世やらで境遇の似ている

Nちゃんに、毎度のことながら調理番長になってもらいました。

ぶっかけはサラダ作りのように比較的楽に作れる料理ではありません。

ひたすら切ってひたすら煮るのです、工場現場のようです。

でも、息抜きのお話や休憩は自由ですから、ご安心下さい。

今回は野菜の種類が少ないのでそんなに考えなくても済みそうです。

ですが、さすが責任者のSさんは気前の良さが鶏肉の切り方にも現れてしまい、

なんともワイルドな小間切れ。さらに細かくするのに苦労しました。

今回は、こんな感じのゆるーい炊き出しでしたが、久しぶりのぶっかけ飯で

配食で食べた味はいつも以上になんとも染みる味でした

最近忙しくなっていた私も、ちょっと振り返ってみようかと思う今日の炊き出しでし

たー。(うまきのこ)

[PR]
by tenohasi | 2017-09-02 08:52

2017/8/12(土)炊き出しボランティア日記「夏祭り!!」

「調理班」編♪
一年に一度のTENOHASI夏祭り。
「祭り」と聞いただけでなんとなくワクワク♪
ですが、そのワクワクを裏切らないためにも、おいしい食事を提供しなければ!

夏祭りは夕食だけでなく、昼の配食も行うため、調理班の集合時間はいつもより2時間早い午前9時です。
昼食は恒例のそうめんですが、大量のそうめんをゆでるため熱い湯を常に沸かしておく必要があります。
安全のため広いスペースが必要で、いつもとはガスの配置や水場も変わります。
釜じいことUさんが欠席でしたが、事前にガスの配置、タイムスケジュールを送ってくれたので、これをもとに設置していきました。
20キロのそうめんを1.5キロ分ずつに小分けにしてゆで、ゆであがったら水場ですぐにざるに取り、そうめんを締めます。なにしろ
量が多いので、各作業数人で行ないます。タイムキーパーはゆであがり時間を正確にお知らせしていきます。こんな感じで、何度も
ゆでる・冷やす・締めるを繰り返し、氷を敷き詰めたクーラーボックスに詰めていきます。
具材も、なると(芸術的に薄く切ります・笑)、ネギ、わかめなど用意。
f0021370_10003180.jpg
f0021370_10003821.png

昼の配食準備が出来たら、今度は夜の配食準備に取り掛かります。
夏祭りは大塚モスクさんのカレーなので、こちらはごはんと野菜の塩もみを作るのみです。
とはいえ、すでに一仕事した後なので、お疲れモード。
なんとか時間通りに仕上がり、ホッと一息です。

途中雨がぱらつき、心配しましたが、ひどくならずによかったです。
おいしく食べていただけたでしょうか。(日焼けは赤くならず浸透するタイプ・Tでした)


「公園班」編♪
今月12日は、毎年恒例の夏祭りでした。数日前には雨の予報で心配していましたが、いい天気になって良かったです。
TENOHASIは晴れ女・晴れ男に恵まれているのでしょうか!?
まずはお昼のそうめん配食からスタート。そうめんは食欲がない時にもいいですよね。みなさんつるっと平らげて、あっ
という間になくなりました。

そのあと、15時に夏祭りの中心行事である慰霊祭が始まりました。この1年間に池袋の路上で亡くなった4名の方々を
悼みました。まずは、Oさんから故人の思い出話を。時折うなずきながら、耳を傾けている人もいました。
TENOHASIの慰霊祭はキリスト教式と仏教式の両方で行われるのが特徴です。僧侶が讃美歌を歌い、牧師が手を合わせる―。
可能な範囲で相手の宗教を尊重する姿に胸を打たれました。宗教やあらゆる立場を超えて、故人を思う気持ちは、あの場
にいたすべての人々に共通していたからだと思います。

慰霊祭のあとはスイカ割りと、大塚モスクさんからかき氷を振る舞っていただきました。かき氷は大変な人気で、毎年長
蛇の列ができています。スイカ割りも盛り上がりました!「まっすぐ!」「違う、もうすこし右!」と周りでワイワイ言
いながら誘導したおかげか、いろんな人がど真ん中に命中させていました。お見事でした! ボランティア数人がせっせ
とスイカを切り分け、こちらもすぐみんなのお腹の中に消えていきました。

その後は大塚モスクさんのカレー炊き出しや、生活・医療相談会などがありました。学生さんが熱中症予防を呼びかける
チラシを作り、塩飴と一緒に配ってくれました。最近暑さが和らいだような気がしますが、夏はまだ終わりません。油断
は禁物ですね。
TENOHASIという団体のキーワードは「ごちゃまぜ」だな、とつくづく思います。さまざまな立場の人がまじわり、支え
合っています。先月のブログでは「ざっくばらん」と表現していました。その底流には相手を尊重する心があるのではな
いでしょうか。だから、ごちゃまぜでもざっくばらんでも居心地がいい。そう思います。(さかな)

[PR]
by tenohasi | 2017-08-23 21:43

7月8日 炊き出しボランティア日記

f0021370_12300730.jpg
今日は、いつもの調理場所がお祭りで使えないので、大塚モスクさんのカレーをお願いし、TENOHASIはα米450食にお湯を入れて戻すだけの簡単調理。お気楽です。
もっとも、トラックを止めるコインパーキングを探している途中、一方通行の標識が木で隠されていた路地に迷い込み、脱出しようとしてお店の庇にぶつけてしまうという笑えない事故も起きましたが・・
f0021370_12293749.jpg

大塚モスクのカレーは、TENOHASIの炊き出しにまけないくらい野菜たっぷりのヘルシーカレーでした。

f0021370_12290329.jpg
f0021370_12291841.jpg
どうしてモスクが日本のホームレスの皆さんのためのカレーを?
マスジド大塚(大塚モスク)のクレイシ・ハールーンさんが説明してくれました。
「イスラムの教えには、喜捨という言葉があります。自分の財産を、貧しく困っている人のために捧げるのです。たとえば、毎年、自分の財産の2.5%を困っている人のために捧げることが決まっています。犠牲祭では、羊を一頭つぶして、3分の1は自分の家族に、3分の1は近所の皆さんに、そして3分の1は貧しい人に分け与えます。イスラムは『あなたがお腹いっぱいで寝ているときに、隣人が食べ物もなくお腹を空かせて寝ていたら、あなたはムスリム(イスラム教徒)ではありません』と教えています」。
「これはジハードの一つ」だとハールーンさんはいいます。「ジハードとは努力すること。聖戦という訳は誤りです。イスラムではジハードは信者の義務です」。
震災直後、混乱する被災地に支援に行くかどうか迷っていた時、「これこそジハードだ」と気がついて迷いを振り切ったそうです。
TENOHASIの炊き出しでは2012年のクリスマスの炊き出しで初めてカレーを出していただいて以来、もう5年にわたって定期的にカレーを出して下さっています。
次は8月12日の夏祭りの夜。モスクの皆さんの思いが詰まったカレーを食べてみたい方は並んでみて下さい(^_^)
f0021370_12295323.jpg


[PR]
by tenohasi | 2017-07-15 12:50

7月8日の炊き出しは調理班はありません

みなさま

いつもご支援ありがとうございます。

次回の炊き出しは7月8日ですが、いつもの調理場は翌日からのスペシャルイベント準備のため、調理が出来ません。
そのため、この日の炊き出しのメインは大塚モスクさんのカレー、ライスは要町の拠点で戻したα米とすることにしました。
いつもの調理場は閉鎖していますので、「あれ、今日は炊き出しはないのか?」とびっくりしないようにお願いします。
では、よろしくお願いします。

TENOHASI事務局

[PR]
by tenohasi | 2017-06-29 00:28

6/24(土) 炊き出しボランティア日記

 釜じいことUさん&ファミリー、ベテランIさんが欠席ということで、戦々恐々とした炊き出し調理班。

 私も午前中仕事になってしまい、午後からあわてて向かうと、向こうからIさんの姿が!! 欠席の予定が急きょ変更して午前中来てくださったとのこと。「大丈夫ですよ~ちゃんとやってますよ~」と落ち着いた声で言われるとホッとします。癒しの存在Iさんです。


調理場に到着すると、皆さん忙しく働いています。野菜切り、洗い場、釜場……。ちょっと見た限りでは、いつもより若干人数が少ない感じ。知らない顔もあまりいないなーと思っていたら、本日の調理班の新人さんは2名とのことでした。

心配していたものの、意外とスムーズにすすんでいるようです。


味付けは、野菜の種類や分量によって決めていきます。暑いし、少し濃いめのほうがいいかも…との判断で、だし、しょうゆを多めにしました。汁は、大きな寸胴3つで作るのですが、均等な味になるように、みんなで味見をしていきます。

「うん、いい感じ」

「こっちのほうが薄いかな」

 「だしを入れたほうが濃くなるんじゃない?

など、喧々諤々。

 「味見をしているうちにわからなくなった(*_*)

というメンバーも出たあたりで味を確定します。

 

 公園ではたくさんの方たちが待っていてくれました。

 公園では新人ボランティアも多く、ご飯盛り、ご飯配り、汁盛りと分れてスタートです。

 あれこれ悩んだせいか、「今日はおいしい」「野菜がたくさんで味が出ている」と好評で、調理の疲れも吹き飛びました。暑い釜場で汗だくになって作った甲斐がありました。

 さて、次回より3回、カレーが続きます。それぞれ違った本場の味が楽しめますので、ご期待ください。(スマホ機種変更でなかなか慣れないTでした)



[PR]
by tenohasi | 2017-06-28 16:36

6/10(土)炊き出しボランティア日記

初夏のような暑さの中、ミーティングが始まりました。

今日のお題は「悩んでいることはありますか?」

簡単な自己紹介も兼ね、ここではお互いを知るために毎回お題が出るのです。

初めての人たちともお話のきっかけが出来て仲良くなれるのです。

(ん?なんか合コンみたいだぞw)


洗い場、煮炊き、野菜切り、米研ぎ、それぞれ持ち場の割り振りがすみ、

さぁ気合を入れて作業に取り掛かります。

本日は野菜の甘みがじんわり身体に染みわたる

野菜たっぷりのお汁(この時点では味付け未定)。

手際よく外には洗い場が設置され、野菜達もスタンバイ。

ダイコン、玉ネギ、キャベツ、ネギ、モヤシ、

牛蒡、椎茸、白舞茸、人参、白菜、茄子、鶏肉など。

これを順序良く、細かく、ひたすら、ひたすらきざみます。

-ザクザク、ザクザク-

手が人参で赤く染まり、全身ネギの香りが染みてきたら(風邪予防にもなります)、

ここでいったんお昼休憩。


今日はボランティア人数も多く、お喋りにも花が咲いているもよう、

ハイスピードで工程がすすみます。(/・ω・)/

作業場を通り抜ける風が、コンロの火をゆらりと大きく動かします。

この時期、煮炊きの場は暑さとの格闘。鍋係の額には汗が光ります。

エンヤコラ~♪エンヤコラ~♪大きなしゃもじを回します。


さて味付け、お、今日は醤油(+ 隠し味 + 愛情)

になったみたいですね。

お味はいかがでしょうか?

味見担当「うまい、うまいとしか言えない!」

さぁ、公園で待っていていくれる方たちの反応は如何に? (はせがわ)


★公園班では、大学生などボランティアの参加が多かったです。カレー、弁当と続いたので、「久しぶりにいつものしょうゆ味」「おいしい」と並ばれた方に好評でした。

今日の炊き出しに並ばれた方は190人。ボランティア総数は、全セクション合わせて99名でした。



[PR]
by tenohasi | 2017-06-14 18:48

5/27(土)炊き出しボランティア日記

 ここ最近お天気に恵まれなかった炊き出しですが、5月第4土曜日は気持ちのいい晴れの日になりました。東池袋中央公園内では炊き出しのほかに、医療・生活相談やマッサージ、鍼灸治療も行われています。今回は受付担当者が鍼灸班の活動をご紹介します。

 
f0021370_21574355.jpg
 (※この日はいつもの場所が人だかりでふさがっており移動しました)

 東池袋四丁目にあるはりきゅう院から必要な道具を運び出し、リヤカーに載せて公園へ。15時半ころから、治療用ベッドを入れるテントを設営し始めます。その後治療希望者の受付をするのですが、大事な大事なカルテや、受付表が見当たらない…!持って来るのを忘れたのだと思い、スタッフがはりきゅう院に戻って探しましたが、なかなか見つかりません。「困ったことになった」と焦っていたところ、テント内に置いていたケースの中から発見されました!灯台下暗しですね。

いつもはだいたい7~8人ほどですが、この日は天気が良かったからか、前回雨で実施できなかったからか、治療希望の方が12人もいらっしゃいました。鍼灸師が2人体制で治療にあたりましたが、1人平均3040分かかるので、この日最後の治療が終了したのは20時でした。いつもは19時頃には終わりますので、久々の長丁場となりました。

 治療を希望される方は40代~70代が多く、腰痛、ヒザや肩の痛みなど症状は人それぞれです。常連さんも結構いらっしゃいます。順番を待ってる間に一緒にお話することもあり、この日は「今年の夏は猛暑になるんだってね~」と天気の話などで盛り上がりました。

 炊き出しには250人の方が並ばれ、合計468食を提供しました。この日のメニューはシャルマホールディングスさんのカレー!ピリッと辛いカレーに、とろりとしたマンゴーラッシーが大人気でした。ボランティア総数は92人でした。たくさんのご参加ありがとうございました。(さかな)

[PR]
by tenohasi | 2017-06-01 21:59

5/13(土)炊き出しボランティア日記

 天気予報通り、雨となった5月の第2土曜日

ということは……「弁当」!!

 なぜ「!!」かと言うと……通常の調理班の作業は、おお

 よそ以下の通りです。

1 調理道具の運びだし、トラックから必要な材料の運び

  だし

2 大きな寸胴鍋、釜、野菜保存用の衣装ケース、調理道

  具などを洗う

3 米を量り、とぐ

4 野菜を洗う・切る

5 肉を切る

6 ご飯を炊く

7 野菜を煮込む

8 ご飯と野菜汁をクーラーボックスへ移す

9 必要な道具とともにトラックに積み込み、公園へ運ぶ

だいたい500人分くらいをめどに作りますので、たんに「野菜を切る」といっても大量ですし、その都度洗い物も出てきますので、多くのボランティア参加があってもフル稼働です。

ところが、雨の日は「弁当」の状態に仕上げて公園まで運ぶため、「8」は、「ご飯とおかずをパック詰めにする」に変わります。通常の汁にしてしまうと汁がもれてしまうため、雨の日はその時々で工夫していますが、この日は「中華丼風」に、というアイディアがでました。汁を少なくして、仕上げに片栗粉を入れてとろみをつけます。まかないにも、試しに作ってみましたが、なかなかに美味♪

f0021370_19283013.jpg

パック詰めの際は素手では熱いので、ゴム手袋をしての作業です。雨なので100人くらい並ぶと想定し、倍の200をめどに作っていきました。

できあがったご飯とおかずの数を確認しながら、それぞれクーラーボックスに入れ、完了!!

いつもは、4時には後片付けも終わり、トラック到着までのんびりできるのですが、この日は5時近くまでかかってしまいました。なんとか時間に間に合ってホッと一息。

 さて、雨の日で一番大変なのは、洗い場なんです。雨除けのテントは張るものの、冷たい水で大きな鍋釜、使い終わった調理道具など、次々に洗わなくてはなりません。この日もベテランの3名が交代なしでずっと洗い続けてくれました。

f0021370_19283954.jpg

 この日、公園に並ばれた方は121人、199食分を提供いたしました。お味はいかがだったでしょうか? (農作業で筋肉痛のTでした(>_<))


[PR]
by tenohasi | 2017-05-15 19:37