カテゴリ:炊き出しボランティア( 161 )

7月22日 炊き出しボランティア日記

f0021370_19325662.jpg
今日も30℃を越える夏日です。最初「今日は人が少ないね」と話していたのですが、
調理前のミーティングが始まる頃には、20名以上になっていました。
今日のメニューはシャルマホールディングスさんのカレーです。こちらで準備するのは、野菜のサラダとごはん、飲みもの(スポーツドリンクとアイスコーヒー)大きなスイカです。

ミーティングが終わると、お米研ぎ、洗い物、野菜切り、ご飯炊き、など希望するものにそれぞれ分かれてグループ作業に入ります。

今回わたしが携わった事柄を中心に記事を書かせていただきます。

洗い物班は、外に簡易の洗い場を設置し、井戸と水道から水を引きます。
長いホースの先には手元でオン・オフできるシャワーが付いていて、巨大な炊き出し用鍋を洗うことも自在です。
一緒に洗い物をした方の中には15歳のAさんがいて「前々から興味があったので調べて来ました」とひとりで参加しているということでした。若い頃に興味をもったことを実際に体験しに行く。このような方がさらに増えるとよいなと感じます。

窓からは、ニンジン、キャベツ、キュウリを切り、サラダを作る様子が見えます(あとでAさんに感想を聞いたら「野菜が大きくて切るのがたいへんだった」と。ほんと立派なニンジンでした)
一方の窓からは、ごはんの炊けるいいにおいがしてきます。火を使うため、顔から首に流れるほど汗がびっしょり。ごはん炊きのみなさん、お疲れさまです。

洗い物の受け渡しを窓から行うのですが、「これお願いしま〜す」「麦茶飲んで〜」「見てこのスイカ〜」など声がかかったり、どこにいても、みんなと関わりながら、こうしていっしょに作業しているという気持ちになれること。毎回、新しい方が多く参加される中、てのはしの方々がざっくばらんな場を料理と共に作っておられるんだなと洗い物をしながら思いました。

昼になりしばし休憩です。この「ひとつ釜の飯」的なみんなで輪になって食べるまかないごはんがわたしは好きです。
まさにざっくばらん。
住んでいる場所もさまざまで年齢もばらばら、どのような日常を送っているのかも分からないひとりひとりが、活動に興味を持ち集まるざっくりした感じと、ばらんとした程よさが、お昼ごはんのときに心地よさを覚えます。

今日のメインはそうめん。2㌔もの量が大ザルに盛られ、みんな好みの量を自分の皿に取っていきます。
お昼ごはん休憩のあと、15時すぎにすべての工程が終わりました。
出来上がったごはんやサラダ、飲みものなどをトラックに積み込み、見送ったあとは公園に移動です。

今日はいつもの東池袋中央公園でイベントがあるため、配食の場所がすぐ近くにある東池袋公園に変更になりました。急きょSNSなどでお知らせしたとのことでしたが、知らずに来る方々がいるだろうと早めに公園に行き、看板を設置し現地で案内をしたりと迅速に対応されていました。

変更になった今日の公園は、ひらけていて風がよく通り抜けて気持ちよく「はりきゅうマッサージ」さんのテントは受付の隣にあり「ほっと友の会」さんの集まりからは歌が聴こえてきました。「医療・生活相談」の方々は対面に座った方と熱心に話し合っておられるようです。配食のほうもよく見渡すことができました。配食開始の18時に近づくにつれ、人数が増え列が長くなっていきます。
f0021370_19295917.png
f0021370_19334212.jpg
ごはんをよそう時に、並んでおられる方とあいさつし「これくらいですか」「多目がいい」「それでいい」など量についての会話をしました。
カレーを受け取ったら、今日はマンゴーチャイ、スイカがあります。この暑さのなか、甘味と水分たっぷりのデサートはうれしいですね。

今日は並ばれた方が191名、334食と持ち帰りのカレーもありました。医療班からは41名の報告があり「虫刺されやかゆみ止めの要望が多かった」とのことでした。生活相談は3名(このミーティング中も引き続き相談しておられました)はりきゅうマッサージは12名、「むかしの仕事で身体をこわして、今いろいろでてきている」という方もおられるとのこと。参加ボランティアは74名でした。
※さいごに、配食休憩ごはんのときのこと。隣に座った方が、おりがみを折って下さいました。 折りながら「歌を歌ったらあげるよ」とにこにこ話されるようすにつられて「もしや?!」と思った瞬間、半信半疑に「ふんふふ、ふ、ふ、ん」と鼻歌。うれしい、正解しました。
f0021370_19275305.jpg
「となりのトトロ」かわいいです。Kさん、すてきなプレゼントありがとうございました。
またいっしょに食べながらお話ししたいなぁと思いつつ、あたたかい気持ちで帰路に着きました。

[PR]
by tenohasi | 2017-07-26 19:34 | 炊き出しボランティア

4月22日(土)炊き出しボランティア日記

今日はシャルマホールディングスさんのカレー炊き出し。
TENOHASIは、お米約60キロを炊いて、大量の野菜サラダを作ればおしまい。
おいしいカレー炊き出しは、食べに来る人も我々炊き出しボランティアも大喜びです。

この日の天気予報は「くもり 18時頃に弱い雨」でした。
強い雨の日は、いつもの野菜汁ぶっかけ飯ではなく、肉野菜炒め弁当にします。
でも今日はカレーだから弁当にはできないし、弱い雨なら大丈夫だろうと思っていましたが・・・

池袋は17時前から雨が降り出して、だんだん強くなりました。
あれれ、予報と違うぞ?
一応、雨よけのテントを立てておこう・・・・
雨で,並ぶ人もいつもよりは少なめです。

18時 カレー炊き出しの配食開始。
雨は弱まるどころか、だんだん強くなりました。
それでも、みんな濡れながら「カレー、おいしい」「今日はチキンとマトンだって」と噂しながらかき込んで・・・

19時 配食終了時には本格的な雨。

調理場所に戻って洗い物をした頃には強い雨に。
濡れながらどうにか洗い物を終えたのが20時半すぎ。
街には傘がなくて濡れながら帰る人がたくさん。

それでもどうに無事カレーもご飯も配りきったのでよかったです。
何年か前にはゲリラ豪雨で配食中止に追い込まれたこともあったので・・・

神宮の広島ヤクルト戦が7回降雨コールドでヤクルトの勝利に終わったのもその頃。
ヤクルトファンの皆さん、よかったですね。

この日、炊き出しに並んだ方は148人。
ボランティアは合計68人でした。

シャルマホールディングスさん、ごちそうさまでした。

[PR]
by tenohasi | 2017-04-26 20:51 | 炊き出しボランティア

9/24炊き出しボランティア日記

今日は大塚モスクさん?様?(いつも支援してくれる宗教団体にはどんな敬称?)のカレー炊き出し!!
おいしいカレーが食べられる!
しかも、TENOHASIスタッフは飯炊きとサラダ作りだけでいい!!
楽!!!
調理スタッフのテンションも上がります。

今日はイスラム教の「犠牲祭」の一環として大塚モスクさんがカレー炊き出しをして下さいました。
犠牲祭は、イスラム教の喜捨の精神に基づき、羊などの家畜を屠り、貧しい人々に分け与えるお祭りだそうです。イスラム教国では休日。多くの人はこの日とのために羊や山羊を、ローンを組んでも(!)用意し、貧しい人と友人と家族と分けるそうです。なんて素晴らしいことでしょう。日本でもそういうお祭りがあればいいのに・・・・

ということで、到着した大量のカレーには大量の肉と野菜が。

雨が上がって集まった177人の方と約70人のボランティアスタッフが、たらふく頂いて
残ったカレー約30食分は、袋に詰めて希望者にお持ち帰りいただきました。

ごちそうさまでした!!!!

事務局 s
[PR]
by tenohasi | 2016-10-07 21:37 | 炊き出しボランティア

8/13(土) TENOHASI夏祭りのボランティア募集

★8/13(土) TENOHASI夏祭りのボランティア募集★

みなさま、お元気でしょうか。

今年もTENOHASIでは8月13日(土)に夏祭りを開催します。

<昨年の様子>

この1年間に池袋の路上でなくなった方を悼む慰霊祭を軸に、昼のそうめん・午後のかき氷・スイカ割り・夜はカレー、など盛りだくさん。

今年の夏祭りはお盆の初日に重なるし、リオ五輪真っ最中ですので、ボランティアが集まって下さるか、いささか心配です。ぜひご参加ください!

*ボランティアはできないけれど、慰霊祭に参列したいという方も、ぜひご参列ください。

TENOHASI夏祭り2014 ボランティア募集要項

①調理班 集合9時・終了15時頃 いつもの調理場所(知らない方はお問い合わせ下さい) そうめん・飯炊き・野菜の塩もみ作りなど
②昼食配布班 集合12時40分・終了13時半頃 東池袋中央公園 そうめんを配ります。
*そのあと引き続いて夏祭り・スイカ割りなどにご参加下さい。
③衣類・夕食配布班 集合16時半 東池袋中央公園
③片付け班 集合19時半・終了20時半頃 いつもの調理場所 洗い物・片付けをします。

*当日のタイムスケジュール
9時 調理班集合
12時40分 昼食配布班集合
13時 そうめん配食
14時 慰霊祭
15時 夏祭り
 かき氷・お菓子・すいかわりなど
16時 鍼灸マッサージ開始
16時半 衣料配布
17時 医療相談生活相談
18時  カレー配食 (大塚モスク提供のカレー)
19時半頃 公園班終了 片付け班開始
20時半 片付け終了

参加していただける方は、出来るだけTENOHASIのお問い合わせフォームから事前にご連絡ください。
よろしくお願いします。

TENOHASI事務局
[PR]
by tenohasi | 2016-07-27 19:47 | 炊き出しボランティア

6月11日 シャルマホールディングスさんのカレー炊き出しの日記

f0021370_1831793.jpg
今回は、初めて「シャルマホールディングス」がカレー炊き出しをしてくださいました。
シャルマホールディングスは、インド食品の輸入販売やITコンサルティングなどをされている会社だそうです。私たちの活動をネットで見て、ぜひ応援したいと申し出てくださいました。

社長のシャルマさんに「どうして炊き出しを?」と聞いてみました。「インドでは、毎日、町のあちこちでご飯を配っていて、それが当たり前です。日本ではそういうことがないのが残念で、前からやりたいと思っていました。TENOHASIと一緒にやることができてうれしいです」とのお言葉。なるほど・・・日本でもそうなれば、ずいぶん生きやすくなりますよね。子ども食堂はあちこちに広がっていますが、「大人食堂」は私たちのような支援団体かキリスト教会の活動など限られていますからね。

この日は、カレー200リットル(!)、マンゴーラッシー60リットルを用意してくださいました。カレーは本格派の香りでありながら日本人向けのマイルドな辛さ。並んだ人たちに聞いたらみなさん「うまい」「辛さも大丈夫!」。

TENOHASIはご飯と野菜サラダだけなのでお気楽な炊き出し。
これからは、今までの大塚モスクさんのカレーに加えて、シャルマホールディングスさんのカレーが、皆さんのお腹を満たしてくれそうです。ありがとうございます。
[PR]
by tenohasi | 2016-06-12 17:44 | 炊き出しボランティア

炊き出しボランティア日記 3月26日

大学受験のためずっとお休みしていたので、半年以上振りの炊き出し参加になりました。

案の定色々な仕様が変わっていて、浦島太郎状態。久し振りということで多少所在無い思いをするかと思いましたが、作業の内容自体は変わらないのでそんな心配は最初だけで消えてしまいました。

今までずっと屋外での作業だったのが、ほとんど全て屋根の下で作業を行うのが新鮮でした。(何がどこにあるかわからず右往左往してしまったり、同年代の子と一緒に慣れない環境にはしゃいだりしてしまいました)

雨の日の炊き出しでテントの骨組みに頭をぶつけるという憂き目が減りそうです。

3月第4週目は味噌味の汁でした。

長いこと炊き出しに通っている割に味噌味の味付けは恐らく初めてだったので勝手がいまいちわからず、みりんを入れ過ぎて少々甘口になってしまいました。ですが、概ね悪くない出来…だったと思います。

汁の量を少なめにしたので、配食に並んでいる方々全員に行き渡るか不安でしたが、おかわりまでなんとか漕ぎつけたので安心しました。



先日、新橋でホームレス状態の方が凍死されるという痛ましい事件が起こりました。

最近はようやく寒さも和らいできましたが、まだ体感温度の低い日があり、油断はできません。このような悲しい事件が少しでもなくなるように、これからも出来ることをしていこうと思います。(K)
[PR]
by tenohasi | 2016-04-05 21:53 | 炊き出しボランティア

炊き出しボランティア日記 2月27日

f0021370_12334121.jpg
 炊き出し調理はあるお宅の庭をお借りしてやっています。そのお宅に工事が入ることになり、庭が使えなくなりました。そのため、新たに屋内スペースを使わせていただけることになり、今日は新しい場所での初めての炊き出しです。
 いつもは11時集合ですが、今日は10時半に集合。何をどう配置して調理作業を行うか、試行錯誤しました。なにしろ、米60キロ・野菜100キロ・肉10キロをさばいて、今日もおいしい炊き出しを作らなければなりません。切った野菜はどこに置く?炊いたご飯をコンテナに移す作業はどこで?みんなで知恵を絞りながら配置を決め、作業開始。みんなベテラン度を深めているので新しい場所でも工夫しながらさくさく作業を進めて、予定どおりに飯も汁も完成しました。

 こちらのお宅では、2009年に南池袋公園が閉鎖になって調理場を失ってから、ずっと水道代もお湯も無料で調理作業をさせていただいています。ここがなかったら2009年で炊き出しは終わっていました。TENOHASIの活動はこのような方々の支え・・というか重要な参加者・・を得て継続できています。

 炊き出しに並んだ方は220人。味付けもバッチリで「今日は(も)おいしかった。ありがとう」とたくさんの方に言っていただきました。まだ寒い日が続きますが、少しでも暖まってもらえたらうれしく思います。
f0021370_12373036.jpg

[PR]
by tenohasi | 2016-03-05 12:33 | 炊き出しボランティア

運転ボランティア大募集

炊き出しのドライバーが足りません!

f0021370_19534587.jpg
TENOHASIは、2003年より池袋でホームレス状態の方々のための炊き出しを月2回行っています。1回あたり平均で約220人の方に、野菜たっぷりの温かい食事を提供しています。
 また、ただ食事を配るだけでなく、生活相談・医療相談・お茶会・鍼灸マッサージなどを行い、心と体を癒やし、路上脱出への入り口ともなっています。
 炊き出しでは毎回、調理場所から会場までトラックで2往復しています。
 しかし、メンバーに運転できる人が少なくて困っています。
 土曜の午後ですが、お手伝い頂けませんか?

募集する運転ボランティア活動内容

活動日:毎月第2/第四土曜日
時間帯:15:30~20:00
ルート:文京区本駒込から白山通り・不忍通りを経由して
    東池袋中央公園(サンシャイン60となり)を2往復
トラック:タイタンダッシュ(AT)1.35トン
荷物:第1便:配布する衣類(寄付されたもの)・ホットドリンク
   第2便:ご飯・肉野菜汁・配布のための機材
*月2回ですが、月1回/または不定期のピンチヒッターでも構いません。

お問い合わせ・お申し込みは
tenohasiホームページの「お問い合わせ」から
メールまたは電話でお願いします。
[PR]
by tenohasi | 2015-12-14 19:54 | 炊き出しボランティア

炊き出しボランティア日記12月12日

12月12日
毎回そうですが、炊き出しの日の天気を前週の土曜日ごろから気になり始めます。
今回も前日の金曜日が雨で、土曜日の午前中まで雨の予想でした。
調理場所はテントなどで対応ができますが、公園に並ぶ方々はつらい思いをしてしまう。
申し訳ないと思う。しかし当日はくもりで雨は降らずにホットしました。

が、今回もコアスタッフの欠席も多く、前回と同じく○抹の不安をかかえてのスタート。
今回の参加者は、コアスタッフ5名ほど、ベテラン女性陣と新人さんたち合計15名ほど。
少数精鋭で行きましょう。このチームで、日が暮れるまえにごはんと野菜汁を完成させる。
まず、参加者でミーティングをして、作業分担、おおまかな手順、衛生とケガの注意を確認し
それぞれ分かれて作業を開始した。
米とぎ、釜場は自称「釜じい」のUさんにまかせ、野菜調理と水場はオールラウンドプレイヤーのAさん
野菜調理にはベテラン女性のHはんにもはいってもらい、買い出しは「臨時事務局長」のOさん
私は広く浅く遅れているところに応援に入る体制にした。
今回の参加者は、基礎野菜調理作業の時も二次便の野菜調理の時も指示待ちにならず自分たちで
動いて、作業してくれたので大変助かりました。

作業が一段落になり昼食です。今回もいつもの白飯と焼きそば、納豆、玉子、缶詰などです。
ひとつ違うのはいつもは男の焼きそばでなく、ベテラン女性の作ったやきそばでした。
格別に美味な味でした。次回も頼みたいです。
そのころ、野菜の第二便がつきました。汁に入れられる材料かを選別し、作業開始。みなさんの動きに拍車がかかります。
このころからベテランの若者も加わり、作業場も活気づきました。
飯のコンテナ入れ、鶏肉の調理、野菜汁の味付け、プラ椀洗い等がスムーズに進み、日が落ちる前に作業が終了。
公園で当事者が、温かい野菜汁かけごはんをおいしそうに食べている姿を想像して、自分も幸せです。
この日、炊き出しに並ばれた方:216人
2杯目を食べた方:142人
3杯目を食べた方:87人
合計:445食
でした。


[PR]
by tenohasi | 2015-12-13 11:57 | 炊き出しボランティア

炊き出しボランティア日記 11月28日ひやひや編

前回、雨で大変だったので、今回は雨の予報もないし大丈夫だろうと思っていたら……あなどれず!炊き出し!!
初っ端からコアメンバーが遅れて、新人さんたちが待ちぼうけを食うことに。
調理器具を保管しておく場所が変わり、水場の設営もままならず、スタートから時間をロスしてしまいました。
頼りになる飯炊き爺?Uさんもお休みで、今回も早くも波乱の予感が……(@_@;)
ご飯は無事に炊けるのか、野菜汁はいつも通りにできるのか、さらに新たな保管場所の配置をどうするかも考えなくてはならず。
やっぱり今回もピンチなのか!?
しかし、こんなコアメンバーを何とか支えてくれた新人さんたちや、ご飯と汁づくりが分かる人も積極的に担当してくれ、どうにか仕上げることが出来ました。
また、水曜日の夜回り経験から関心を持ち、こちらに参加してくれた大学生や、高崎の大学生も参加してくれました。若い人たちがかかわってくれるのはうれしいことです。
このところ、毎回ヒヤヒヤ、綱渡り状態でご飯を作っているTENOHASI調理班ですので、関心のある方のご参加、お待ちしております。
公園からでもいいのですが、ぜひ調理から参加してみませんか。一緒にヒヤヒヤしましょう(^。^;)
(T)
[PR]
by tenohasi | 2015-11-29 12:08 | 炊き出しボランティア