カテゴリ:お知らせ( 210 )

秋冬物衣類大募集

f0021370_128658.jpg
みなさま

いつもご支援ありがとうございます。

秋が深まってきて、衣類配布に集まる方の数も増えてきました。
ところが、この秋は衣類がほとんど集まっていません。
大きな荷物を持ち歩けない路上生活の方にとっては
季節にあった衣類を得られるかどうかは死活問題です。

ご家庭に眠っている秋冬物衣類がありましたら、ぜひ下記までお寄せ下さい。
靴・ベルト・帽子・手袋・カミソリなどもお願いします。

f0021370_1293090.jpg

送り先

177-0045
練馬区石神井台6-1-28 清野方
TENOHASI
090-1611-1970

お近くの方でしたら持ち込みも可です。
事前にお電話下さい。

お待ちしております!!

TENOHASI事務局
[PR]
by tenohasi | 2017-10-16 12:29 | お知らせ

ハウジングファースト国際シンポジウムのお知らせ

みなさま

ブログへでのお知らせをすっかり忘れていました。
来週、第3回のハウジングファーストシンポジウムを
10月8日(日)に大阪で
10月9日(月・体育の日)に東京で行います。

今回はフランスとベルギーから二人の女性実践者をお招きして
どのような支援活動をどのような体制と理念で行っているか
じっくりと伺います。

まだまだ席に余裕がありすぎですので
みなさま、当日参加でもいいのでぜひお越しください。




[PR]
by tenohasi | 2017-10-02 14:51 | お知らせ

自死遺族等への法的問題は憲法ではどのような取り扱いになるのか

第6回自死遺族等の権利保護シンポジウムのお知らせです。
「自死遺族等への法的問題は憲法ではどのような取り扱いになるのか」

総選挙のため、会場が変更になりました。ご注意ください!

「自殺対策基本法が施行(2006年(平成18年))され11年目になります。自殺総合対策大綱では、「個人の自由な意見や選択ではなく自死は、その多くが追い込まれた末の死」、「偏見をなくす取組」が記されていますが、自死への差別・偏見は、いまだ社会の中に根深く存在しています。また刑法の学者の中には「自殺は犯罪である」と発言する人もいます。そこで今年は、憲法学者の観点からと遺族の相談を受けている弁護士・司法書士の視点から話してもらいながら、今後の課題を広く社会に発信する場になることを願い、当シンポジウムを開催します。」

【日時】2017年10月13日(金曜日)12時00分~14時30分←変更になりました。
【場所】日本プレスセンター
東京都千代田区内幸町2丁目2-1
三田線内幸町駅 千代田線霞ヶ関駅
!総選挙のため、議員会館から変更になりました!

<第1部>講演14時00分~15時00分小林節(こばやし・せつ)氏(憲法学者・慶應義塾大学名誉教授)
<休憩15分>
<第2部>弁護士・司法書士によるディスカッション賃貸物件の問題・スポーツ振興センター災害給付制度・いじめ・過労自死
<第3部>全国自死遺族連絡会からの報告学校・行政・ボランティア等含む一般社会が感じている自死と自死遺族への差別と偏見について

主催 自死遺族等の権利保護研究会共催 一般社団法人・全国自死遺族連絡会
◯参加費無料
◯事前申し込み不要(自死の問題に関心のある方ならどなたでもご参加ください。)
◯問い合わせ先:全国自死遺族連絡会代表・田中幸子さん(090-5835-0017)





※本ブログを読まれた方で、当日の駅での待ち合わせ、会場までの案内ご希望の方は、兼平猛(かねひら・たけし)090-1939-3407またはpray785356tk@ezweb.ne.jp(@を@に換えて)までご連絡ください。

~「やさしい人がやさしいままで、笑顔で生きて行くことができる社会を目指して」田中幸子さんについて~
ご長男の死を経験し、2006年に自死遺族の自助グループを発足。24時間365日休みなく、遺族などからの相談(手紙・メール・電話・FAX・面談)を受ける。年間の相談件数1万件以上を10年以上続け、これまでに受けた相談件数は延べ11万件以上にのぼる。行政に対する働きかけ(遺族への差別の対応策)や、マスコミに向けての提言(「自殺」よりも「自死」の表現の使用)なども行う。
◇田中さんの活動の詳細については以下、文献で取り上げられています。
杉山春(すぎやま・はる)『自死は向き合える-遺族を支える、社会で防ぐ(岩波ブックレットNo970)』岩波書店、2017年
瀬川正仁『自死-現場から見える日本の風景』晶文社、2016年
吉田典史(よしだ・のりふみ)『もの言わぬ2万人の叫び-封印された震災死-その「真相」』世界文化社、2013年

[PR]
by tenohasi | 2017-09-24 10:30 | お知らせ

ミニセミナー「池袋のホームレス事情」

8月25日に、私となべさんふくさんのトリオで「池袋のホームレス事情」と題したミニセミナーを池袋で行います。当事者と会場でトークする時間もたっぷりとりますのでよかったらぜひ。*定員20人ですが,あと5人まで入れるそうです。→定員に達したので締め切りになりました。


[PR]
by tenohasi | 2017-08-18 00:03 | お知らせ

★8/12 (土) TENOHASI夏祭りのボランティアについて お知らせ

みなさま、お元気でしょうか。

今年もTENOHASIでは8月12日(土)に夏祭りを開催します。

この1年間に池袋の路上でなくなった方を悼む「慰霊祭」を軸に、昼のそうめん・午後のかき氷・スイカ割り・夜はカレー、など盛りだくさん。

夏祭りでは、毎回多くのボランティアを募集しているのですが
今年は昨年度同様、かき氷・本格インドカレーなどを提供してくださいます大塚モスクさんからたくさん手伝いに来てくださるので、さほど人手は必要としません。
そこで、今回はTENOHASIの炊き出しを経験したことのある方だけ、募集します

すいませんが、初参加を検討中の方は、8月24日か、それ以降の炊き出しにご参加ください。
(すでにメール等で申し込んで、こちらから承諾の返信した方を除きます)

ボランティアではないけれど、慰霊祭に参列したいという方は、上記にかかわらずご参列ください。
 (お花やTENOHASIへの寄付を持って参列していただければますます歓迎)

TENOHASI夏祭り2017 ボランティア募集要項

①調理班 集合9時・終了15時頃 いつもの調理場所
そうめん・飯炊き・野菜の塩もみ作りなど
②昼食配布班 集合12時40分・終了13時半頃 東池袋中央公園 そうめんを配ります。
*そのあと引き続いて夏祭り・スイカ割りなどにご参加下さい。
③衣類・夕食配布班 集合16時半 東池袋中央公園
③片付け班 集合19時半・終了20時半頃 いつもの調理場所 洗い物・片付けをします。

*当日のタイムスケジュール
9時 調理班集合
12時40分 昼食配布班集合
13時 そうめん配食
14時~15時 休憩
15時 慰霊祭 その後、夏祭り
かき氷・お菓子・すいかわりなど
16時 鍼灸マッサージ開始
16時半 衣料配布
17時 医療相談生活相談
18時 カレー配食 (大塚モスク提供のカレー)
19時半頃 公園班終了 片付け班開始
20時半 片付け終了

参加していただける方は、出来るだけTENOHASIのお問い合わせフォームから事前にご連絡ください。
よろしくお願いします。

TENOHASI事務局


[PR]
by tenohasi | 2017-08-02 19:14 | お知らせ

8月4日深夜 東京ストリートカウント参加者募集

今、都内各区の路上や駅・公園でホームレス生活をされている人は実際に何人いるのか?
それを解明すべく、終電後に各区をくまなく歩いて出会った人を数える「ストリートカウント」
東京工業大学の学生さんを中心とする「ARCH」がこの夏も実施します。
私も昨年の夏に参加しました。
とても意義のある活動です。
しかし。実施には多くのボランティアとしっかりした運営が必要。
終電後に集まり、歩き、振り返りをして始発で帰るという非日常体験の出来るイベントです。
しかし、まだ必要数の半分しか集まっていないとか。
ぜひ、ご参加を。
豊島区の参加者には、今月28日に予備調査とレクチャーを私がやらせて頂きます。

清野賢司
◆ストリートカウントとは
東京都による昼間調査では捉えきれない深夜の路上ホームレス人口を調べる市民による調査です。深夜0:30に集合し、各グループに分かれ終電後の街を2-3時間程度徒歩や車で調査し、路上生活している方の人数を把握します。これまでのストリートカウントでは245 名の市民の 参加により、昼間に比べ約 2.5 倍もの方が野宿していることを明らかにしました。自分の街に存在するホームレス問題を考え る契機となるよう今夏は調査範囲を広げ、各地域ごとに調査を実施します。ぜひお近くの調査にご参加ください。

[PR]
by tenohasi | 2017-07-23 15:06 | お知らせ

ビッグイシュー応援Tシャツ 23日までの限定販売


ホームレス状態の人だけが出来る仕事。これがビッグイシューの販売員です。
ビッグイシューは、仕事を提供するだけでなく、小冊子「路上脱出ガイド」を作って、現役路上生活の方に情報提供をしています。
そのビッグイシューを応援するチャリティーシャツが、23日(日)までの限定で販売されています。
なかなかいいお値段なのですが、このリンク先の記事を読んで頂くだけでも応援になります。
よろしくお願いします。

[PR]
by tenohasi | 2017-07-20 21:12 | お知らせ

ホームページリニューアルしました

みなさま
TENOHASIのホームページが、ついにスマホ対応になりました!

グーグル検索で「炊き出し ボランティア」と入れると一番上にTENOHASIが表示されることもあり、毎回たくさんの方がボランティアに来てくださっています。
でも、多くの方がスマホで検索される時代になったのに、TENOHASIのホームページはパソコン用だけでスマホではとても見づらいものでした。
これでスマホでもストレスなく見て頂けます。

ついでにクレジットを利用したマンスリーサポーターのシステムも導入しました。
ぜひご利用ご支援ください。

コンテンツは以前のままですが、これから時間を掛けてアップデートしていきます。

TENOHASI事務局

[PR]
by tenohasi | 2017-03-15 06:10 | お知らせ

3月17~19日 ソケリッサが炊き出しの公園で公演!!

f0021370_20321520.jpg
ダンスのプロと路上生活者が出会った「ソケリッサ」はご存じでしょうか。
内外で高い評価を得て、昨年も「コニカミノルタ ソーシャルデザインアワード2016」グランプリを受賞しました。
そのソケリッサが、3月17日(金)~3月19日(日)に、炊き出しをしている東池袋中央公園で野外公演をします。
3/17 18:00~18:30
3/18 14:00~14:30
3/19 14:00~14:30
無料
f0021370_20310619.jpg

全国を巡回するダンスイベント
「踊りに行くぜ!! Ⅱ vol.7」 の東京公演に、
東京の地域性を代表するダンスとして、ソケリッサが参加することになったそうです。
東京公演は「あうるすぽっと〈豊島区立舞台芸術交流センター)」で行われますが、ソケリッサだけは「ホームレスの炊き出しをしている公園でやろう」ということになったとか。
あうるすぽっとで行う公演はチケット〈当日4000円)が必要ですが、ソケリッサだけは無料!
ぜひ、観て下さい。


[PR]
by tenohasi | 2017-03-08 20:33 | お知らせ

越年越冬活動 無事終わりました!

f0021370_18050968.jpg

f0021370_09214957.jpg

2016~2017越年越冬活動は,毎日約60名のボランティアの参加を得て無事終わりました。

今回の越冬で炊き出しに並ばれた方は平均173人。
前回が162人、前々回が161人だったのに対して約10人の増加でした。
理由はわかりません。
今回もたくさん方から、活動資金・衣類・靴・石けんやカミソリ・カイロ・野菜・がんもどきと生揚げ・鮭・みかん・お米・調味料・お菓子・みかんジュース1800本・クラッカー350個など数え切れないほどのご支援をいただきました。

越年越冬活動では、毎年このときだけ来てくれるボランティアの方々に再会するのも楽しみです。
渡り鳥というか、冬の七夕というか、1年たっても忘れずにまた来てくれる人たち、これがTENOHASIの財産です。

年越し派遣村以来、毎回参加してくれる練馬区職員労働組合の皆さんも、嬉しい渡り鳥。越年越冬活動の大事な戦力です。労働運動かくあるべし。
○島区職員労働組合の皆さまもお待ちしております!

 同時並行で行われた「ふとんで年越しプロジェクト」フェイスブック:https://www.facebook.com/futon.toshikoshi/ ツイッター:https://twitter.com/futon_prj
では、生活相談に来られた方や夜回りで出会った方、そしてプロジェクトメンバーが東京中をアウトリーチして出会った方25人に宿と食事を提供し、相談して、役所が開く今日から生活保護や自立支援センターなどの公的支援につなげるお手伝いをします。その中には女性や、障害のある方も多く、必要に応じて継続的な支援をしていく予定です。
 ちなみに資金はクラウドファンディングで募りましたが目標額60万円に対して、何と270万円が集まったそうです。感謝感激。おかげでたくさんの部屋を用意出来ました。
f0021370_09231790.jpg


 医療相談では毎回20~40人の相談を受けました。この10日間で合計4回の医療相談があったので、緊急性のある重い病気の方はほとんどおらず、血圧を測ったり風邪薬を出しながらの語り合いが中心だったとか。
 医療班のT医師からのメールです。
「医療相談では、普段気になっていた方とゆっくりお話しすることができました。その中のお一人は、70歳台前半ですが、今も清掃のお仕事をされていて、年金もあり、暖かいアパートに一人暮らしとのこと。でも、親しい友人や頼れる方もおられないとのことで、毎回、炊き出しに来られています。ここに来るとホッとするといわれていました。自転車を30分こいで来られているとのことでした。」
 生保や年金がある人が炊き出しに並ぶのを嫌がる・非難する人もけっこういるのですが、こんな、家はあるけど孤独な、「心のホームレス」とも言うべき人たちが「ホッとする」場所になっているのであれば、これからも炊き出しを続けていきましょう。
清野賢司

[PR]
by tenohasi | 2017-01-04 09:46 | お知らせ