カテゴリ:お知らせ( 205 )

高齢者、障がい者の住宅問題 シンポジウム



2015年「住宅研究・交流集会」 

「高齢者、障がい者の住宅問題―改善と解決の方向」 

日 時  2015年10月18日(日) 13時30分〜16時45分

会 場  新宿区・保育プラザ2階研修室(新宿区納戸町26−3)

内 容  「高齢者の住まい」は、持家率約8割(2人以上世帯)。
「古さ、構造(階段等)、設備の使いにくさ」等が問題、
住替え希望は約26%で、サ高住が約30%で最も高い。

      「障がい者の住まい」は、持家率は身体障害者・
       知的障害者で約60%、精神障害

 者で約39%、グループホーム利用者は約9万人。
       (安心居住政策研究会資料)

    こうした高齢者、障がい者の住まいの現状と課題、
       改善と解決の施策を考えます。


基調講演 「高齢者、障がい者の住まいの現状と当面する課題」 

        阪東美智子氏(国立保健医療科学院・上席主任研究官

報 告 1  「サービス付き高齢者住宅の状況と改善点」

         渋谷圭子氏(NPO法人レインボー・施設管理者・
        生活相談員)

報 告 2  「障がい者のグループホームからみた生活と住まい」

         渡辺智生氏(東京都精神障害者共同ホーム連絡会・
         代表)

報 告 3  「公的住宅での高齢者、障がい者の施策について」

         ?東京都営住宅(都庁職労働組合・住宅支部)

         ?UR賃貸住宅(都市機構労働組合)

         ?公社賃貸住宅(東京公社住宅自治会協議会)

質疑・討論 「住まいの問題の改善と解決に向けて」 


資料代500円・払える人のみ
〔開催団体]

国民の住まいを守る全国連絡会(住まい連)、

日本住宅会議・関東会議

住まいの貧困に取り組むネットワーク

〔連絡先〕

 NPO住まいの改善センター

 ?3837−7611


■会場 新宿区保育プラザ2階研修室

 「牛込神楽坂駅」徒歩8分、JR「市ヶ谷駅」徒歩15分、東京メトロ有楽町線「市ヶ谷駅」徒歩10分




[PR]
by tenohasi | 2015-10-01 21:26 | お知らせ

『ワンダフルキッズ」NPO法人設立総会

われわれTENOHASIの活動の仲間の六郷伸司さんが
さまざまな理由で学習する機会を得られない子どもたちの学習する権利を確保し
また安心して居られる場所を提供する場である
「ワンダフルキッズ」を運営してはや4年がたちました。
(ワンダフルキッズのブログ)
 ↓
http://ameblo.jp/wonderfulkids21

f0021370_1950126.jpg


f0021370_202623.jpg

六郷さん、頑張ってください。
みんなが応援しています!
[PR]
by tenohasi | 2015-09-23 19:49 | お知らせ

『新宿ごはんプラス』活動報告会をおこないます!

『新宿ごはんプラス』の活動をはじめて、1年が経ちました。

月に2回の活動ながら、
これまでにのべ1000人以上の方にお弁当などの食料をお渡ししたほか、
のべ約100名以上の方からの生活・医療相談を受けてきました。

まだまだ始まったばかりの『新宿ごはんプラス』ですが、
この1年間の活動の報告会をおこないます。私たちの取り組みについて、
多くの方に知っていただき、一緒に考える機会にできればと思います。

貧困やホームレス問題が何となく気になっている方、
ボランティア活動に関心を持っている方、広く皆さまのご参加をお待ちしています!

【日時】 2015年9月27日(日)14:00〜16:00

【会場】 四谷聖二コラバレ修道院 9階ホール(東京都千代田区六番町14−4)JR四ツ谷駅麹町口徒歩1分

【内容】 新宿ごはんプラスの活動報告、各団体のメンバーによるリレートークなど

【登壇者(50音順)】
宇都宮健児(新宿ごはんプラス共同代表/元日弁連会長)
大西連(新宿ごはんプラス共同代表/自立生活サポートセンター・もやい理事長)
加藤歩(新宿ごはんプラス生活相談担当/もやい)
谷川智行(医師/川島診療所 所長)
西岡誠(医師/世界の医療団)
ほか、各地の支援団体のメンバーが参加します。

【参加費】 無料

【主催団体】 新宿ごはんプラス http://gohanplus.org/

【お問い合わせ】 info★gohanplus.org (★を@に変えて入力してください)

※この報告会は、公益信託日本オラクル有志の会ボランティア基金の助成金をうけて開催いたします。

:::::::::::::

『新宿ごはんプラス』とは
ホームレス状態や生活困窮状態にある人びとを支えようと、
東京都内の民間団体や有志個人が協力し、
2014年7月に結成されたボランティア団体です。
「ごはんをキッカケに誰でも相談に寄れる場」をキーワードに、
毎月2回、新宿の路上でお弁当を配りながら、相談会を開催しています。






[PR]
by tenohasi | 2015-09-20 22:35 | お知らせ

『伝わりにくいものをどう伝えるか?~貧困とメディアと私たち~』

一般社団法人つくろい東京ファンド主催
「マチバリー」開設記念シンポジウム
が開催されます

『伝わりにくいものをどう伝えるか?~貧困とメディアと私たち~』


閉塞感を増す日本社会。
その中で、貧困や差別・排除などの問題は
深刻さを増しているにも関わらず、
なかなか世論へ本質的な理解が深まっていきません。
未だ単純な誤解に基づいた偏見が、
ネットを中心に広がっている現実があります。
そうした中で、メディアはどのような役割を果たすことができるのでしょうか。

本シンポジウムでは、様々な立場でメディアに関わり、
それぞれのやり方で「伝わりにくいもの」を
問題提起してきた方々をお招きして、現状の課題の整理と、
今後よりよく伝えるための方法を、一緒に発見する機会に出来ればと考えています。

●日時
9月13日(日) 開場:13時30分 開始:14時(16時30分 終了予定)

●会場
東京しごとセンター 5階 セミナー室
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3丁目10番地3号 
http://www.tokyoshigoto.jp/traffic.php

・飯田橋駅から
JR中央・総武線「東口」より徒歩7分
都営地下鉄大江戸線・東京メトロ有楽町線・南北線「A2出口」より徒歩7分
東京メトロ東西線「A5出口」より徒歩3分
・水道橋駅から
JR中央・総武線「西口」より徒歩5分
・九段下駅から
東京メトロ東西線「7番出口」より徒歩8分
東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄新宿線「3番出口」より徒歩10分

●入場料 無料

●シンポジスト(五十音順)

稲葉剛さん(一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事
・NPOもやい理事・立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授)
上坂修子さん(東京新聞論説員)
遠藤大輔さん(ビデオジャーナリスト・ビデオジャーナリストユニオン代表)
水島宏明さん(法政大学教授・元日本テレビ「NNNドキュメント」ディレクター)

●主催:一般社団法人つくろい東京ファンド

‶生きる“を支える人を応援するメディア マチバリー
URL: http://machibarry.jp 
E-Mail: info★machibarry.jp(★を@に変えて入力してください)

※お問い合わせは、上記メールアドレスまでお願いいたします。
[PR]
by tenohasi | 2015-09-09 20:39 | お知らせ

「山谷から戦争法案に反対する9.13学習会」

「山谷から戦争法案に反対する9.13学習会」に参加を!


皆様ご存知のように、
安倍政権は全国各地に渦巻く抗議の声を無視して
来週(14日以降)にも参議院で「戦争法案」を強行採決しようとしています。
国会周辺には連日多くの人々が詰めかけ、
8月30日にはその数は12万人に上りました。
山谷からも渋谷の仲間とともに、
メシと冷たいお茶をもって何度も国会前の抗議行動に参加、
警官隊の執拗な妨害をはねのけてやりきってきました。
こんな法案が通ってしまったら、真っ先に戦争に駆り出され、
侵略した国や地域の人々を殺し、自らの命を落とすことを強いられるのは、
貧しい層の若者たちです。
安倍政権はこの「戦争法案」と平行して、
司法取引・盗聴拡大などを含む国内治安体制の強化ももくろんでいます。
外に向かっては侵略、内に向かっては治安弾圧の強化
―このような歴史を二度と繰り返してはなりません。
「戦争法案」を廃案に追い込むため、
14日からの参議院での山場を前に、以下のような学習会を行ないます。
さまざまな活動でお忙しいとは思いますが、ぜひご参加くださいますよう、呼びかけます。

☆「戦争法案」と下層民―国内治安管理とあわせて
 講師:山中幸男さん(救援連絡センター事務局長/山谷労働者福祉会館運営委員)
 日時:9月13日(日)午後5時~
 場所:山谷労働者福祉会館2F(台東区日本堤1-25-11)
[PR]
by tenohasi | 2015-09-09 20:39 | お知らせ

「妻が遺した一枚のレシピ」

あさやけベーカリー、子ども食堂の店主の

[PR]
by tenohasi | 2015-09-07 19:11 | お知らせ

第8回全国自死遺族フォーラムのお知らせ

第8回全国自死遺族フォーラムのご案内です。

~自助グループ・悲しみの受容と支援について~

フォーラムを主催する全国自死遺族連絡会・代表の田中幸子さんのコメントです。

「全国自死遺族フォーラムは、多くの自死遺族が全国から集い学び合う会合ですが
遺族以外の方々の参加も大歓迎です。
どうぞ多くの皆さんが自死の問題に関心を寄せて頂けたらと願っています。
自死遺族というと暗いイメージをお持ちと思いますが、明るく積極的な雰囲気の会です。
みなさま是非お越しください
お待ちしております。」

日時 2015年9月13日(日)13時(開場12時15分) から16時

場所 「きゅりあん 」品川区立総合区民会館6階 大会議室
(東京都品川区東大井5-18-1:JR京浜東北線・
東急大井町線・りんかい線「大井町駅」から徒歩1分)

参加費:無料
事前予約:不要
※ご関心のある方は、どなたでも参加できます。
(遺族支援をしている、今後ご遺族とのかかわりを持とうと考えている等)

プログラム ≫≫≫≫ ≫≫ ≫≫≫ ≫≫≫ ≫
【第一部 】 13:00~14:25
「講演」 岡知史(おか・ともふみ)上智大学教授

~自助グループから生まれる力と知恵
「自死遺族等の権利保護研究会 」から

休憩 14:25 ~14:40

【第二部 】 14:40~16:00
「自助グループの座談会 」
~活動を通して培われるもの~

各グループのメンバーによるグループ紹介(3~5分)後、テーマごとに意見交換。
4グループほどを予定。

※希望者のみで、17:00頃から2時間、懇親会。
場所未定。会場から徒歩圏内(大井町駅前)の予定。
会費は、飲み放題4000円ほど。(2次会・3次会は当日受付け)

※フォーラムのチラシが、「全国自死遺族連絡会」HP
(http://zenziren.web.fc2.com/)に掲載されています。
「きゅりあん」までの地図や岡先生プロフィール、
同会の設立趣旨なども合わせて、ぜひご覧ください。

以上です。
[PR]
by tenohasi | 2015-08-19 15:17 | お知らせ

「子どもの貧困~複雑化・深刻化する課題と支援のあり方」

===========================
  【9月7日(月)開催】第310回定例セミナー
   「子どもの貧困~複雑化・深刻化する課題と支援のあり方」
  主催:公益社団法人日本フィランソロピー協会
===========================

いま、日本の子どもの6人に1人が貧困状態にあると言われています。

親の経済状況が子どもに及ぼす影響は深刻で、
学力だけでなく健康や自尊感情も損なわれて
いくという報告もあります。
また、世代間で貧困が連鎖するケースも少なくありません。
しかし、そうした現象の原因やその影響は、
複雑に絡み合っており、もはや、個々の家庭の
問題として捉えるだけでなく、
社会全体の課題として取り組むことが求められています。

今回のセミナーでは、貧困問題の研究者であり、
2008年に日本で初めて「子どもの貧困」に
ついての著書を書かれた阿部彩先生をお招きして、
「子どもの貧困」という問題について、
客観的な調査データを元に明らかにしていただき、
地域社会として、また、企業として、こ
の喫緊の課題にどのように対応をすべきか、
何ができるかを皆さんと一緒に考えたいと思い ます。

■テーマ:「子どもの貧困~複雑化・深刻化する課題と支援のあり方」

■講師:阿部 彩(あべ・あや)氏
(首都大学東京 人文社会系都市教養学部 社会学コース社会福祉学 教授)

    <プロフィール>
    マサチューセッツ工科大学卒。タフツ大学フレッチャー外交法律大学院修士・博士号
取得。国際連合、海外経済協力基金を経て、1999年より国立社会保障・人口問題研究
所に勤務。2010年より社会保障応用分析部長。2015年4月より現職。専門は、貧困、
社会的排除、社会保障、生活保護。社会保障審議会生活保護基準部会委員、男女共同
参画会議環境・影響評価委員会など。
著書に、『子どもの貧困ー日本の不公平を考える』(岩波書店、2008年)、『弱者の
居場所がない社会』(講談社、2011年)、『子どもの貧困II-解決策を考える』(岩
    波書店、2014年)、『生活保護の経済分析』(共著、東京大学出版会)にて日経経済
    図書文化賞受賞。

<ご参考>TOKYO FMの「未来授業~明日の日本人たちへ」

https://www.blwisdom.com/linkbusiness/linktime/future/item/9653.html

■日時:2015年9月7日(月) 15:00~17:00(14:30開場)

■会場:コニカミノルタビジネスソリューションズ株式会社 26階 セミナールーム
    東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング(総合受付26F)
    http://www.konicaminolta.jp/business/about/bj/access.html

■参加費:当協会会員2,000円/一般5,000円/学生1,000円
 <会員一覧> http://www.philanthropy.or.jp/aboutus.html#membership

■定員:50名

■申込:http://www.philanthropy.or.jp/seminar/310/

■主催
公益社団法人日本フィランソロピー協会
〒100-0004
東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル244
TEL:03-5205-7580 FAX:03-5205-7585
URL:http://www.philanthropy.or.jp
担当:藤川(ふじかわ)・加勢川(かせがわ)
TEL:03-5205-7580 FAX:03-5205-7585
[PR]
by tenohasi | 2015-08-10 23:34 | お知らせ

公開セミナー「『生きづらさ』を知る・支える」

皆様

毎日大変な暑さの中、日々の活動、お疲れ様です。
埼玉県所沢市のNPO法人サマリアです。
このたび、8、9、11、1、3月の5回シリーズで
『生きづらさ』を知る・支える、というテーマで
公開セミナーを開催することになりました。
ご都合がつく方はぜひご参加ください。
また、お知り合いやお仲間にも広めていただけると幸いです。

公開セミナー「『生きづらさ』を知る・支える」
【主旨】さまざまな「生きづらさ」について理解を深め、
包摂し支える地域づくりについて考えるきっかけとする。
開催場所 埼玉県所沢市 所沢市民文化センターミューズ 
1回目のみ会議室2、2回目以降は第2展示室
開催時間は、各回とも、10時~11時45分
要事前申し込み(資料準備のため) 
電話、ファックス、メールでサマリア事務局宛て

f0021370_22454118.jpg

f0021370_22463661.jpg























































第1回
8/16  「生きづらさを抱える人々~支援の現場から~」
スピーカー 小川芳範さん(TENOHASHI)
 高野昭博さん(寄り添いネットワーク・反貧困ネットワーク埼玉)
司会 黒田 和代(NPO法人サマリア)

第2回
9/20  「生きづらさを抱える若者たち」(社会から孤立する若者の現実と支援) 
講師 船橋 雄介さん(若者自立支援センター埼玉・NPO法人育て上げネット)

第3回
11/29 「発達障害と生きづらさ」
(発達障害とは何か、どう関わっていけばよいのか)
講師 上野 真哉さん(NPO法人発達障害をもつ大人の会 理事)
   佐々木 加奈さん(当事者 「これって大人の発達障害?」著者)

第4回
2016年1/31 「依存症者の生きづらさについて」
(依存症を抱えて暮らす人を理解し支えること)
講師 高倉 野花さん(救護施設救世軍自省館 生活支援副主任)

第5回
3/27 「生きづらさを抱えて生きること」
(自死のない社会、人にやさしい地域に必要なこと)
講師 森川すいめいさん(世界の医療団理事 精神科医)
     
黒田 和代
特定非営利活動法人サマリア
070-5080-3068
http://www.samaria2009.net/
[PR]
by tenohasi | 2015-07-23 22:40 | お知らせ

「東京・山谷でホスピスを始めて-NPO法人きぼうのいえ理事長・施設長が語る-」

東京最大のドヤ街・山谷で多くの方を看取ってきた「きぼうの家」の山本さんの講演会です。
TENOHASIにご縁があったmさんも、ここで本当に安らかな最後を迎えられました。
直前のお知らせで申し訳ありませんが、お時間のある方はぜひどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東京・山谷でホスピスを始めて-NPO法人きぼうのいえ理事長・施設長が語る-

講師の山本氏は、高度経済成長期に日雇い労働者が集まり、現在は高齢化が進み生活保護を受給しながらドヤに住む人が多い街『山谷』で、2002年にホスピスを立ち上げました。そこでは経済的に困窮し、また、家族の支援も受けられない人たちが、スタッフやボランティアのサポートを受けながら穏やかに自分らしい最期のときを迎えます。それまで誰にも心を開かなかった方が、最期に「ありがとう」という言葉を残して息を引き取ることもあるそうです。きぼうのいえの理事長・施設長である山本氏に、ホスピスでの日々の営みやそこで最期の日々を過ごした方々のことを語っていただき、人生の終末期に向き合うこと、人が支え合って生きていくことなど、さまざまなテーマを提起します。

日時 2015年7月3日(金)18:30~20:30 場所 池袋キャンパス 8号館3階8304教室
講師 山本 雅基 氏(NPO法人きぼうのいえ理事長・施設長)
【略歴】
1995年上智大学神学部卒業。大学卒業後、小児がん、白血病など難病と闘う子どもと家族を支援する、NPO法人ファミリーハウス事務局長を務める。2002年通称山谷地区に移り住み、一時緊急保護施設「なかよしハウス」(11室11床)を開設。また、同年、全国のキリスト教会や多数のボランティアの協力を得て、ホームレスや身寄りのない高齢の生活困窮者を看取るホスピス「きぼうのいえ」(21室21床)を開設。これまでに210人あまりを看取る。2008年社会貢献者表彰(社会貢献支援財団)、2012年毎日社会福祉顕彰(毎日新聞社会事業団)、2015年保健・文化賞(第一生命保険株式会社、厚生労働省後援)受賞。
対象者 本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料 共催 チャプレン室、コミュニティ福祉学部、キリスト教教育研究所、社会福祉研究所、ボランティアセンター
問合せ先 人権・ハラスメント対策センター
TEL:03-3985-3192(池袋事務室)、 TEL:048-471-7396(新座事務室)、E-mail:
jinken@rikkyo.ac.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by tenohasi | 2015-07-01 18:04 | お知らせ