<   2006年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

炊き出しに300人!

今日は、通常通り、炊き出し、健康相談会、お茶会が行われました。
炊き出しに並ばれた方は300人を越え、いつもよりずっと多い人数にあたふたとしながらも、みなさんのお代わり分までお配りすることが出来ました。人数がとても多いことについて、なぜなのか、は疑問です。
お茶会参加者も今日はとても多く、(20名を越えていました。)その場の雰囲気はとても平和的でにこやかでした。みなさんお茶会の輪の中でうたを歌う様子は、初めてであったときとまるで別人かのようにきらきらとしています。ボランティアもおじさん、おねえさんたちも、みなさんとても楽しみにしている活動の一つです。つめたい北風のふきすさぶ日でしたが、その輪はとてもあたたかでした。
医療相談会では、風邪引きさんが多く、たくさん用意したカイロと風邪ぐすりも需要が多く、風邪薬は追加で取りにいき、カイロはなくなってしまいました。路上で風邪をひいてしまうと、あたたかい場所でねられるわけでもない、からだをやすめられるわけでもない。えいようのあるものを食べられるわけでもない・・ということで、冬の間風邪を引きっぱなし・・という声もよくきかれます。けれども、今年はたくさんの方のご協力で、わりあいたくさんの防寒着をお配りすることが出来ました。冬も終盤に差し掛かってきたというところでしょうか。今年の冬、何とか乗り切っていただきたいとおもいます。どうぞご協力をお願いします。
[PR]
by tenohasi | 2006-01-28 23:03 | 日々の活動

雪の日の夜回り

今日は、大雪でした。お昼を過ぎても雪がやむどころか、どんどんと積もっていき、夕方には気温も下がっていきました。路上で暮らしていらっしゃるみなさんはどうしているのか。。今年は、新宿で年始に凍死者が出たという記憶も新しく、スタッフの間で緊急に夜回りをやりたい、という話になりました。もう夕方だったのですが、送ったMLへの呼びかけに多くの方が反応してくださいまして、6名の方が参加してくださいました。お困りの方に何人か遭遇し、それぞれに対応しました。本当に、駅には、不思議な境遇の方が、ぽつりぽつりと立っていらしたり、うずくまっていらしたりするものです。
みなさん凍りつくような夜を、それぞれにすごされていました。
お弁当にマフラーやカイロ、手袋、、靴下・・と持てる限りを持って駅地下を回りました。あるおじさんは、「サンタが来たよ!」といって喜んでくださいました。みなさん寒くてお困りの様子で、少しでもお役に立てたことはとても良かったと思います。ご協力ありがとうございます。
[PR]
by tenohasi | 2006-01-24 23:02 | 日々の活動

大雨の炊き出し

今日は、大雨のなか、みなさんのご協力で、無事炊き出しを行うことが出来ました。
また、今日は、韓国学校の高校生のみなさんが、10人くらい、お手伝いに駆けつけてくださいました。いつもは先生の引率で第4土曜日に来てくださっているのですが、今回は生徒さんたち自ら来てくださったようです。おかげで、寒々しいテントもテントはとても華々しくにぎやかでした。
ご飯とおかずを別々のパックに詰めて、みなさんにおくばりしました。雨の降っていない、いつもでしたら、おくばりしたその場で食べていただき、カップを回収して、そのカップ洗って再利用します。雨の日は、お持ち帰りが出来るようにパックに詰めて、みなさん雨にぬれない場所でゆっくり食べていただけるよう配慮します。のちに、公園周辺にゴミが捨てられていないかをチェックして、捨てられていたものは、回収しました。100人くらいの方が食べにいらしたと思います。ご飯がたくさん余りましたので、おにぎりをつくり、駅地下にいらっしゃるかたたちや高架下に住まれている方におくばりしました。炊き出しに来られていない方もいらっしゃり、とても喜んでいました。
[PR]
by tenohasi | 2006-01-14 23:01 | 日々の活動

越冬最終日

越冬最終日です。 今日は、立教大学大学院「21世紀社会デザイン研究学科」の石川先生ゼミ(ボランティアネットワーク論)のよりのプレゼントで、甘酒をみなさんに振舞いました。ゼミ生の方も、20kgの酒糟を運んできてくださったり、甘酒作りを最後まで手伝ってくださいました。

熱々の甘酒は湯気が立ち昇るのを見ているだけで、ホカホカした気分になり、とても楽しく作りました。
炊き出しにお集まりいただく全員分の酒糟は、なかなか用意しにくく、こんな特別な機会を与えてくださったことに心から感謝いたします。
この酒糟はインフルエンザで当日はいらっしゃれなかった先生が、かなり前から手配してくださったものでした。酒造メーカーの非常に良質な酒糟で、味付け以前にこの酒糟のお陰で、おいしい甘酒を作ることができました。

酒糟がたくさんありましたので、濃ゆ~い甘酒を作ることができました。
皆さん寒い中お待ちいただくこと、また今回が越冬の最後の配食ということで、体が芯から温まるようにとしょうがをきかせた味付けにいたしました。

甘酒は、大量の酒粕をまず小さめにちぎってお湯に溶かしてみましたが、とけ切れず、大きなサイズのざるでこしてつくりました。栄養士さんの卵さんのアイディアだったのですが、この機転の利いた対応がなければ、ダマばかりの甘酒になっていたと思います。

医療相談会では、紹介状8名。ほかに、生活相談とうの方をふくめて、4日以降の福祉行動では14名の方が路上から脱することが出来ました。寮に入って通院されることになったり、「緊急一次保護センター」に入ったり(のちに自立支援センターご希望)です。

さて、今日は、飛び入り参加でフルートの演奏がありました。フルート演奏をしてくれた方は、「初心者なんです」と言っていましたが、「お正月」など、馴染み深い演奏があると、炊き出しの列にならぶみなさんから大合唱がおこり、拍手喝采、すっかり場に溶け込んで、フルートのミニ・コンサートはあたたかい一体感で満ちていました。
音楽っていいですね。

また、今日は、12月30日に余った衣類と、そのあとに現場に持ってきてくださった衣類、そして、残っている毛布30枚くらいをお配りしました。衣類は、コート・ジャンパー類は、すぐになくなり、あんなに大量にあったものも、少しの婦人服や夏物をのこして、すべてなくなりました。また、毛布も全部なくなりました。

夜回りの際には、「寝る場所がなくて困っている。保護してほしい」と、からだも随分衰弱している女性にお会いし、この方を翌日「女性相談」窓口にご案内して、保護してもらいました。
[PR]
by tenohasi | 2006-01-03 22:54 | 日々の活動

越冬最終日迫る!

今日は天候が心配でしたが、2時をすぎるともう雨も上がり始めて、無事に炊き出しを終えることが出来ました。
今日はボランティアさんがすくなかったのですが、医療班の先生まで借り出して、無事に配食を行うことが出来ました。
200数名の方が食べにいらっしゃり、医療相談は22名(?)でした。
夜回りでは、ひとり、ころんで歩けなくなったため救急車を呼んでほしいというおばあさん(越冬期間中にお知り合いになりました)がいらっしゃって救急車を呼びました。

みなさまお疲れ様です
明日は、炊き出し、医療相談会の最終日です!
明日は、3時から東洋医学の方々を中心に「血圧講習会」が行われる予定です。
また、去年何度もお世話になりました、立教のゼミの皆さんからの甘酒をおくばりします。
甘酒くばりは、おいしいもの専門・なべこさんが甘酒隊長としてわたしたちがつくりお配りするという形で行います。

あと、明日は、毛布と服ののこりをいっきに放出します!
みなさま、ご協力をよろしくお願いいたします。



また、明日は、医療相談会の本番!として、みなさんに紹介状をお書きして4日以降の福祉行動の打ち合わせをしますので、明日は、とても忙しい一日となります!
特に医療相談会がもれがないように、みなさま、お声かけをよろしくお願いします。
明日は、毎日来てくださった花田先生に加え、水野先生も来てくださるとの事で、 心強いです。
今まで出会いました中でも、4日に福祉に行くことが決まっている方がたくさんいらっしゃいますので、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by tenohasi | 2006-01-02 23:57 | お知らせ

越冬5日目

今日は天候が心配でしたが、2時をすぎるともう雨も上がり始めて、無事に炊き出しを終えることが出来ました。今日はボランティアさんがすくなかったのですが、医療班の先生まで借り出して、無事配食を行うことが出来ました。

200数名の方が食べにいらっしゃり、医療相談は22名(?)でした。夜回りでは、ひとり、ころんで歩けなくなったため救急車を呼んでほしいというおばあさん(越冬期間中にお知り合いになりました)がいらっしゃって救急車を呼びました。

明日は、炊き出し、医療相談会の最終日です!明日は、3時から東洋医学の方々を中心に「血圧講習会」が行われる予定です。
また、去年何度もお世話になりました、立教のゼミの皆さんからの甘酒をおくばりします。
重ねて、明日は衣類や毛布の残りを放出しますので、こちらもたくさんの人手が必要となります。
みなさま、ご協力をよろしくお願いいたします。

また、明日は、医療相談会の本番!として、みなさんに紹介状をお書きして、4日以降の福祉行動の打ち合わせをしますので、明日は、とても忙しい一日となります!

特に医療相談会がもれがないように、活動に参加されるみなさんはお声かけをよろしくお願いします。

今まで出会いました中でも、4日に福祉に行くことが決まっている方がたくさんいらっしゃいます。
[PR]
by tenohasi | 2006-01-02 22:53 | 日々の活動

知的障がい(精神発達遅滞)と分類された人たち・・

夜回りのときに、、駅構内に知的障がいの女の子がいらっしゃいました。
靴をはいていなく、服装の丈が短いためにおなかが出てしまっ ているかんじで、寒そうでした。
駅の警備員に立つように注意されたところ、その意味が分からなかったのか、抵抗して
もめていた様子。彼女はうずくまって泣いていました。
わたしたちがその場につくと、警備員の方に、「ボランティアですか、なんとかしてもらえますか」
と言われたので、様子をうかがっていました。

パニックを起こしているようだったので、 ボランティアの一人が、1時間位、落ち着かせようとしていて、背中をさすり声を掛けだんだん安心したようでしばらくしたら、二人で「シャキーン」とか、「4」「5」とか言い ながら遊びだしました。

駅は1時で出されてしまうので、このまま放っておいたら明日 は雪かもしれず、凍死してしまうと思い、JRの警備の人と相談 しようとしましたが、わたしたちを無視し、そのまま警察を呼んでしまいました。

その女性は、その場所から動くことを嫌だと叫ぶと、保護マッ トを警察が持ってきて、嫌だいやだという彼女を力づくでもちあげ、マットにくるみ縛ってしまいました。
わたしたちは、女性を落ち着かせて、何とか、本人が保護を求めるよう待っ ていくつもりでしたが、JRの警備員も、警も無視を していました。
ぐるぐる巻きにされた女性は、そのままパトカーに連れ去られ ました。

パトカーに入れられると、若い男性が近づいてきて、 「ヘンシツシャ?」「ヘンシツシャ?」と冷やかしていました。


あまりにも衝撃的な警察と警備員の行動を目 の当たりにしてしまって、わたしたちはみな、しばらく呆然と立ち尽くしてしまいました。

パトカーが去ると、警備員も、パトカーに乗った以外の警察も 、そのままいなくなってしまいました。

わたしたちの2時間のやりとりをそばでずっと見ていたおじさんは、「ずっと頑張ってたのに、こんなことになって(女の子が)かわいそうだねぇ」とつぶやいていました。

周りに30名のおじさんがいて、そのうち3名は明らかに精神発達遅滞だと医学部の6年生が言っていました。

みなさん、構内が閉まる時間は外に出なければならず、駅のなかでは、たっていなければいけないことになっています。皆が安心していられる場所があるといいものです。


おもちつき
1月1日には、おもちつきをしました。臼と杵を借りてきて、お昼ごろからつきはじめました。
「ゴマ」「磯部」「きなこ」「おろし」「ずんだ」と5種類の中から、一回につき1 種 類を選択していただき、100人くらい集まった中、大体の方は3回~4回まわることができました。
通りがかりのかたの参加や子供さんのお手伝いもあり、にぎやかに楽しくおこなうことができました。
お餅つきの経験者がほとんどいない中、いろいろまごついてしまい、寒い中みなさんをお待たせしてしまったことが反省点ですが、この経験をいかして、来年も頑張りたいと思います!
(経験者の方、よろしくお願いします!!)
わたしたちが不足な点いろいろありましたが、寒い中集まってくださり、おいしいと言って食べてくださいました。食べに来られた方もおもちつきに参加されて、おもちつきはかなり白熱したものになっていました。
[PR]
by tenohasi | 2006-01-01 22:55 | 日々の活動

あけましておめでとうございます

今年もtenohasi の活動を支えてくださいますよう、よろしくお願いいたします。

南公園の年越しには、250名を越える方が集まりました。
足が化膿してしまって毎日消毒をしに通われている方、血圧が高くて毎日はかりに来られている方
自殺しようと思ったけどなんとなくうろうろしている・・、いう方も毎日来られては、
たくさんの人とたくさんお話して、仲良くなっているようです。
針灸の施術も受けられて、こころもからだも癒してもらった、と嬉しそうにお話してくださいました。

(期間中、鍼灸師さんが、毎日来てくださり、施術してくださっています。また、鍼灸学生さんも、毎日かよいつめ、マッサージをしてくださっています。大人気でお客さんが途切れることがありません。)

この時期には「野宿したて」だという方がとても多くて、今日の夜回りのときでも3人も新しい方とお話しました。 みなさんそれぞれに複雑な事情を抱え、それぞれにとてもお困りの様子です。

あと、3日間。福祉行動や片付けを入れれば4日間。
出来る限り、みなさんのお役に立てるよう、頑張っていこうと思います。
あしたのおもちつき、みなさんとても楽しみにしているようです。 準備は、10時からです。



ところで、
越冬期間中のボランティアに、「ホームページを見て」、ということで、初めて参加される方が少なくありません。
初参加の方の活動の感想は、それぞれですが、
「楽しかった」とか、「こんなにたくさん(「ホームレス」の方がいるのが)ショックだった」とか、「見方が変った」という声が聞かれました。
みなさんとお話しする、あたたかな係わり合いの中で、の「出逢い」とか「気付き」もいっぱいあるとのことでした。

この間のすてきな出来事。
「ホームページをみて」とのことで、地域の方から、おもちの寄付をいただきました。
かわいい女の子さんに持たせて渡してくださり、心温まる出来事でした。
どうもありがとうございました。
みんなでおいしく頂きたいと思います。
[PR]
by tenohasi | 2006-01-01 22:49 | 日々の活動