<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ホームレス排除の意識構造を考える

「ホームレス」という言葉は、たんに「生活状態」を意味するだけではなく、その中には様々な差別的概念が含まれている。十分な根拠を持たない、否定的な、歪んだイメージによって意識が作られ、さらにその意識が「ホームレス」という言葉の中で、差別的思想となって増幅していく。それが彼等を被差別者集団としてカテゴリー化し、彼等が望む社会的に平等な待遇を拒否することにつながっていく。社会ではすでに「差別用語」として機能している。
その言葉は世界的に通用し、定着しているのだが、言葉によって差別が助長されているという側面を認めつつも、他に替る言葉がないために問題となる事はない。事実「ホームレス」と呼ばれるだけで、社会からは否定的イメージで捉えられ、異質なものとして、忌避・排除・いじめ・攻撃の対象となっている。
そこでは市民社会を構成する人間としても認められてはいない。さらに、社会的なあらゆる諸権利、機会が剥奪され、「社会的無権利状態」におかれる。彼らは差別的思想の集団の前では、人権を持つ人間としては扱われず、社会に害を為す無用な異物として、感情的に攻撃または排除されてゆく。
 現代社会の日常の中で蓄積される個人的・社会的な様々なストレスが、差別感情のエネルギー源となっているのではないだろうか?欲望を煽り、消費を煽る資本主義の社会構造の過程で、充足が満たされなかった結果発生したフラストレーションが、社会的弱者への憎しみや敵意に転化し、攻撃的な差別感情となってホームレスに向けられる。本来の不平不満の「スケープゴート」となって、怒りや敵意をぶつける格好なターゲットになっていく。
若者たちはストレートに差別感情に基づいた攻撃行動に出るが、大半の大人たちは自らは手を下さずに、行政を動かして自己中心的排除行動に出ることが多い。大人たちもホームレスに持っている非好意的な差別の意識に、本質的な差異はなく、より陰湿なものになっている。間接的に行われる差別行動は、個人の社会的責任や罪悪感を薄める効果があり、視野狭窄的に排除行動が正当化されていく。
ホームレスが「生きたい」・「人生を楽しみたい」・「社会に復帰したい」という人間として前向きな希望は、社会のフラストレーション発散のパワーの前では簡単に押し返され、破壊される。深い穴の中に落ちてしまった人間に例えれば、社会は梯子やロープも与えずに「上がって来い!なまけ者!乞食!」と罵声を浴びせかける。行政が投げ入れてくれる梯子やロープは少なく、一度失敗すると再挑戦の機会は失われる。穴を上りきる体力・気力のある者はわずかであり、大半は穴の中に取り残され、暗い穴の中で人生を終える。
日本という国は福祉の充実した、人権が守られている社会なのだろうか??本当に病んでいるのはホームレスではなく、社会なのではないか? 行政が行う各種の適正化政策は、国家や住民の歪んだ思想を背景にして、社会的弱者をますます暗い穴の中に追い込んでいくように思えてならない。
 弱者排除が進んだ未来社会をイメージしてみれば、そこはすでに人々が支えあう社会ではなく、自らも弱者となったときに排除されるのではないかという恐怖感、不安感に脅える毎日がある。常に勝者の側にいなければならないというプレッシャーで、心が休まることはない。気を抜けば敗者となって、自分も排除されるのではないかという意識がいつもあり、その意識が連続的な緊張を生み出して、ストレスをさらに増大させていく。そのストレス解消の「スケープゴート」として、社会的弱者が攻撃され、排除されるという悪循環が、地獄のように繰り返されていく。
 そういう安らぎのない、笑いもない、人と信じあうことも、認め合うこともない、人々が互いに手をつなぎ支えあう姿の見えない社会。他者愛のない、自己愛だけの社会。福祉と対極にある世界とは、そんな所である。あなたはそういう社会を、本当に望みますか?
今、世界で、日本で、あなた達が住む町で、そういう恐ろしい社会が作られようとしているのかもしれない。物の豊かさのカゲで、そういう事が、目に見えない所で起きている。一般国民が感じ取れないところで進んでいる。社会的弱者はその事を身をもって、痛みを伴って感じている。社会の病理は社会的弱者に、現象として表れる事が多い。したがって弱者の叫びに耳を傾けることは、社会の病を直接感じ取ることになるのではないだろうか。
 ちょっと立ち止まって、深呼吸をして、空を見上げて、優しい気持ちになって、社会の自分のまわりにいる様々な弱い人たちに、一声かけて話を聞いてみることが、世直しの第一歩になるのではないか。私は最近そういう考え方をするようになって来ている。

(路上のコラムニストX)
[PR]
by tenohasi | 2006-03-25 00:35

NPO交流のつどいinとしま

昨日は、炊き出しを中座して豊島区のボラセン主催の「ボランティアグループ・NPO交流のつどいinとしま」にTENOHASIから4人が出席しました。
 豊島区にもNPOがたくさんあって、認定法人だけで150もあります。(TENOHASIは認定法人ではありません。法人化するメリットがないので・・)。この日は、19の団体と、個人が10人くらいで、合計50人くらいが参加しました。
 最初は、東京ボランティア・市民活動センター所長さんのお話。続いて交流会になり、4グループに分かれて1時間交流しました。TENOHASIのメンバーは3カ所に分かれ、持参した「物資をを置くスペースを探しています」というチラシと越冬報告、さらにこの日のために作った名刺をまきました。
 交流会自体は1時間しかなかったので、自己紹介と若干の質疑だけで終わりましたが、そのなかでいろいろな人と出会うことができて、なかなか有意義でした。南公園からすぐ近くの方もいらして、これから交流していきたいと思います。今後もこういう機会があったら参加したらいいと思います。交流会を終えて南公園に戻ってきたら配食は終わっていて、炊き出しを食いっぱぐれたことだけが心残りでした。昨日のはまた格別いい味出してたと評判ですよ、料理長。

by SE
[PR]
by tenohasi | 2006-03-12 22:58

炊き出しご苦労様でした

昨日炊き出し、医療相談に参加された皆様、ご苦労様でした。

1月の第4土曜日から、5回連続して配食に、並ばれる方が250名を超え十分な量を、提供出来ているか、不安に思っています(作れる量は限界なんですけど・・・)。
人が増えることは良い事だとは思っていませんが、(他の地区の炊き出しに並ばれる方は減っているので、全体の人数は、減っているはずなんですが)、医療相談、お茶会と充実した内容を見ると人が増えるのは仕方がないかなぁと思えてしまいます。しかし、毎回遠方から来られる方が、多いのには、驚かされます。
そして、毎回新しくお手伝いしていただける方が増えている事には、感謝しています。

料理長
[PR]
by tenohasi | 2006-03-12 16:19 | 料理長のぼやき

「生存権」を社会に問う

私達、路上で生活を営む者にとって、日本国憲法25条1項の「生存権」は、最低限度の「生活保障」というより、生物としての「生存保障」という、つまり命が保障される権利という意味合いの方が強い。しかしその「最低生存保障」ということでさえ守れていない現実が、最近私の身近なところで起きている。そのことに深い悲しみと怒りが胸の奥から込み上げてくる。路上で亡くなられた方の中には、直接最期に関わった人と親族の方以外には知られることもなく、マスコミからも日常的に起きていることとして、問題にもされず、報道の対象にはならない。だが「最低生存保障」さえ守ることが出来ていない社会の現実を冷静に考えてみれば、大変に恐い社会になりつつあるという認識を持つべきではないだろうか。「人間の命の保障」が出来ない。そういうことが日常的にある。それは日常的にあるから問題にならないのではなく、日常的に起きているから問題なのだと考える方がノーマルではないか。

 本来、人権とは国家が制定する法律よりも先にあり、国家はその人権を守るために存在する。その人権が踏みにじられている社会は、国家の危機ともいえる。それに気がつかない社会はアブノーマルだと私は思っている。
人権よりも、競争に勝つことを優先させた社会。人権よりも、街の美化・浄化・機能が大切にされる社会。そのような社会が、まともであるはずがない。これは社会の病理現象である。
 
 地域社会も寛容さを失い、ホームレスは単なるゴミ・異物として、人間の身体の免疫反応のように排除を始める。以前、若者たちが「社会のゴミを退治する」と言って、ホームレスを襲った事件があった。ゴミとは不要物であり、退治するとは社会に害を与えるものを殺して排除するという意味である。彼らにとっては正義の味方のつもりで「天誅」でも加えている気分なのであろう。この様な風潮は社会の病気であると断言しても、差し支えあるまい。

 この差別的/攻撃的な考えが、社会を代表するものだとまでは思わないが、かなりの人々がこの考え方に近いものを持っているのではないかと感じることが多々ある。このような考えに近い者が、救急医療従事者の中にも、ごく一部ではあるが存在している。一刻を争う状況の中で、ホームレスが患者としてそういう人に出会ってしまったら、それは死に直結する。不運では済まされない深刻なことである。
 
 国家が人権を守る能力を失ったとき、それは日本国民全体の人権が守られないことを意味する。私はこのような社会の風潮に、日本の未来に対しての恐怖や危機感を感じる。皆さんはこのことをどのように考えておられるのであろうか?ご意見を伺いたい。

(路上のコラムニストX)
[PR]
by tenohasi | 2006-03-09 17:12

「いいです、大丈夫ですから」

 今日はおにぎり隊&夜回り。今夜も、たくさんの人が来てくれました。
 おにぎりを配り終えて、しばらく情報交換(雑談とも言う)をしたあと、いつも通り3方向に分かれて夜回りを開始しました。一番人数の多い池袋駅構内(駅ナカ)を回ると・・・
 先々週、ダニやシラミでお困りだった方。その次の炊き出しの時に新しい衣類をお渡しし、先週はおにぎり配りの時に元気にみんなを仕切ってくれていたのですが、今週は疲れ果てていました。「先週は元気だったじゃないですか「ありゃ空元気だよ。空元気でも出さなきゃやってられっか」。食物が喉を通らず、食べても吐いてしまう。どんどんやせてきた、自衛隊にいた頃は60キロあった体重が今は30キロ台・・。問わず語りで話してくださいました。病院に行きましょう、と提案しても「行く気はない」。そうおっしゃる背景には、きっと私の想像を絶する様々な思いがあるのでしょう。
 いろいろな方のところで話し込んだので、1時間近くたっても夜回り開始地点から50mも進めません。駅構内をくまなく回るために二手に分かれようとした矢先、「あの人が足にけがをしているから見てやってくれ」とある路上生活の方から言われました。見ると、地下鉄の電話コーナーの脇でうずくまっている人が。近寄ってみると、右足には膿のしみ出たタオルを巻いて、右足小指付近にはぱっくり傷口が開いていました。左足もかなりむくんでいます。看護師の卵Sさんの診立てでは、足のけがに加えて体に水がたまっており、水がたまるのは足のけがが原因ではなくく内科的な原因があると考えられるそうです。「病院に行きましょう」と言っても目を合わせてくれず「いいです。大丈夫ですから」の一点張り。せめて傷口の消毒を、と思いましたが、飲み薬しか持ち合わせがありません。それに、それは医療行為になるのでしてはいけないのだそうです(誤解があったら誰か訂正してください)。ご本人がいいとおっしゃる以上、それ以上は何もできません。3日後の炊き出しの時に医療相談があるからぜひ来てください、と話して立ち去ろうとしたときに、JRのガードマンから「ここは駄目ですよ。ほかにいって」と追い立てを食って、その方は痛む足を引きずりながら移動されていきました。
 おふたりとも、もし自分だったら、びっくりして即病院に駆け込むだろうと思う症状です。住所と仕事があり、家族がある人ならば即入院でしょう。それなのになぜ病院行きを拒否されるのか。路上生活であることで過去に病院で辛い目に合われたのか、鬱がひどくて病院という煩わしい場所に行く気力が出ないのか、それとも名前を聞かれるような場所に行きたくない事情があるのか、ご本人のキャラクターによるものか、私にはわかりません。
 でも、とにかく、ひとたび路上生活に入ると、それまで普通に利用できていた行政・医療サービスが経済的にも心理的にもとてつもなくハードルが高いものになってしまうということが私にもわかってきました。
 どうしてか?たとえば鬱病で働けない人はたくさんいます。住所があって保険証があり、支えてくれる人が居れば、休職して通院または入院し傷病手当金を受けて回復を期すことができます。でも、同じ症状の人がひとたびそれらを失って路上に出てたら、その瞬間にその人は社会の「邪魔者」とされ、当たり前の人権が保障されない別の身分にされてしまうのです。江戸時代に、人別帳から外れた人が「無宿者」に落とされて差別されたように。ついこの前まで働いていて税金も社会保険も払っていた人でも、「税金を食いつぶす厄介者」とみなされて、ろくな治療も受けられずに、冷たい言葉を投げつけられて放り出されるという例があとを絶ちません。
 そのような社会の眼が、路上生活当事者に大きな心理的圧迫を加えて、「ホームレス」になった自分を恥じたり病院で屈辱的な扱いを受けることとを拒否する心理から、病院に行くことを拒み、悪化させて取り返しのつかない状態にしてしまう悪循環を生み出しているように感じます。
 不安定でストレスフルなこの社会では、誰でも失業・家庭崩壊・鬱病などの可能性があります。もしそこにはまって、路上に放り出されれば、待っているのはこんな世界。これが私たちの社会。

 by せ
 
 
[PR]
by tenohasi | 2006-03-08 23:38 | 日々の活動

本月の定例会

こんにちは皆様。会計とは名ばかりのほーりーです。(自虐笑) 昨日は定例会議がありました。11項目にわたることが議論されました。いろいろ話された中でブログもみんなで変わりばんこに書いて行こうということになり、切りこみ隊長です。^-^

 さて、さて、昨日はこの地域に住んで数十年という超地元民の方にも呑み会までいらしていただき親睦を深めるなど、地域との密着を着々と進める一方、退職される方の問題など話し合われました。

 まずは、Aさんの葬儀に参列の件について説明がありました。皆様からの暖かい援助により交通費・お香典が集まりそうな気配です。ありがとうございます!
 会員制度についても話し合いがありました。これでおおよそは結論が出たものだと僕は思いました。が、総会で採決をとりたいと思います。
 また、前回の炊き出しの後にゲストがきてくださり、飲みながら貴重なお話を聞かせてくださいました。みんなに大好評ということで、定期的の学習会やったらいいのでは?など、様々な提案が話し合われました。緊急の件から総会にまで関わることなど多岐にわたりましたが無事終わり最後は通称じぃ(おっとーとも呼ばれる)のファンがいるという飲み屋でパーとやりました♪お世話になりました<(__)>
[PR]
by tenohasi | 2006-03-06 12:48 | 日々の活動