<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

おみやげ付き

今日は第4土曜日の炊き出し。
梅雨時なのに、ラッキーのも晴れ間ののぞくいい天気。風に吹かれていると気持ちがいい。

先月は雨の合間にようやく実施できたお茶会も、今日は雨の心配もなく、盛況。
他の地域で活動している方々も参加してくれました。

炊き出しに集まった方は200人ちょっとで、第4週としてはかなり少なめ。
でも、炊き出しに頼る人が少ないのは大歓迎。
集まった人たちにたっぷり食べてもらい、なおかつたっぷり余ったご飯と汁。でもスタッフも慣れたもので、たちまちのうちにご飯ははおにぎりに、汁の実はパックに詰めておみやげに持って帰っていもらいました。
 
というわけで、今日は
 炊き出しに並んだ方 215人 スタッフ21人
  (新人:学生Fさん・高校生2名。ありがとう。また遊びに来てください。感想をコメントに書いてくださいね)
 お茶会  参加者9名 スタッフ9人
 医療と生活相談  相談者60人くらい 病院への紹介状4件 スタッフ8人
でした。

そのあと、近所の和民に繰り出して、夏祭りの企画と高架下撤去問題についてのトーク。こちらにも新人のOさんが参加してくれました。高架下の問題は近いうちにアップします。

そして、来週の7月2日は7月定例会議です。

議題は 夏祭り・高架下撤去問題への取り組み・会員制度・ボランティア勧誘・他
会場は 西池袋第2集会室
時間は 18時~21時30分(予定)

皆さんの参加をお待ちしています。
f0021370_234549.jpg

[PR]
by tenohasi | 2006-06-24 23:09

新人です☆

二週間前の炊き出しから参加させてもらっています。
大学三年生です。
てのはしは五月にネットで見つけて、メールを送って参加さてもらうようになりました。
最初は公園がどこにあるかもわからなくて緊張したけど、アットホームな感じで、
温かく迎えてもらいました。
初日はあいにくの雨でしたが、テントを張ってお米を炊いたり、野菜を切ったり、
楽しく作業できました。
途中皆さんと飲むコーヒーはとても美味しかったです。

二回目の一昨日もたくさん野菜を切りました。
二回目だったので、皆さん顔を覚えていてくれて、私も頑張って名前を覚えなくては!
と思いました。やさしくて面白い人ばかりです。
炊き出しの横では医療相談も行われていてて、医師、看護士のボランティアの方々が対応してました。医療相談は38人の人が集まりました。
白内障で目が見えにくくなってきたと言っておられた方もいて心配です。
また散髪ボランティアの方もいて何人もの方の髪の毛を切っていました。

四時半からの配食ですが、早い時間から人が集まってきます。
炊き出しには195人の人が集まりました。
たくさん食べてもらいたくてつい大量にご飯をよそってしまいました。

ここに来てまだ二回ですが、自分が全く路上生活者の方たちの事を知らないことがわかりました。
誤解していた部分も大きいです。
ここに来れば何か得られる気がします。
私はまだまだわからないことだらけなので、現場の問題、これから自分にできること、
少しずつでも考えていこうと思いました。

まずは、てのはしのみなさんからの宿題、このブログから始めてみました☆

f0021370_2337129.jpg

[PR]
by tenohasi | 2006-06-13 00:51

てのはし総会

tenohasi第3回総会を今日行いました。参加者は合計19名。みんなからの原案をまとめた総会資料は31ページに上り、これは長くなるなという予感はしていたのですが、1時半から始めた会議は、議論と提案がどんどん出て、何と6時間半に及ぶマラソン会議になりました。議長のMくんと参加者の皆さん、本当にご苦労さまでした。

議題
路上生活者を取り巻く状況  炊き出し  医療班  お茶会  福祉行動  おにぎり隊  夜回り   夏祭りと越冬   定例会議と活動拠点   衣類・毛布などの物資  会報誌  他団体との交流  行政・地域への対応 学習会  ボランティア  会員名簿管理とメーリングリスト  定款の改定  2005年度決算・2006年度予算  人事

論議になったのは、たとえば・・・

・お茶会は今後どんな展開を目指すか?
・路上の人を福祉や病院につなげる「福祉行動」にもっと多くの人が関わって欲しい。どうしたらいいか?
・炊き出しのない第1と第5土曜日におにぎりを配りたいが、可能か?
・地域の一部の人たちから苦情も来ている。もっと理解してもらい、協力を得るにはどうしたらいいか?
・行政や病院に体してどう働きかけていくか?
・ボランティアを受け入れ、定着してもらうためにはどうしたらいいか?
どれも簡単には結論が出ないことですが、改めて課題を確認し、みんなで取り組んでいこうとする意識をもてたことが大事だと思います。

 また、この総会で、会員制度が大きく変更になりました。
 現在路上で生活している人・以前路上で暮らしていた人・そうでない人が一緒に活動しているtenohasiの特性を生かすために、
 1,お金がある人はお金を、労力のある人は労力を、というようにそれぞれ持っているものを出し合ってtenohasiを支えていく
 2,そのために、従来の「会費を払った人が会員」という制度を廃止
f0021370_22443563.jpg
f0021370_22454122.jpgf0021370_2246647.jpgする。tenohasiに関わりたい・応援したい人は誰でも会員になれる。資金は全てカンパでまかなう。
 このように定款が変更になりました。
 会費制度のないNPOというのも珍しいのではないかと思いますが、お金はなくても、炊き出し等の作業の多くを担っている路上生活メンバーが、そうでないメンバーと対等な資格を持つのは当たり前だという、まっとうな発想から来たものです。
 
 tenohasiはとても敷居の低い会です。色々な考えのメンバーが、自分の抱える課題を追求するために楽しく活動しています。興味を持ってくれた方は、右下の「リンク集」からTENOHASIのホームページを訪れて、どれかの活動に顔を出してみてください。歓迎します。
[PR]
by tenohasi | 2006-06-04 21:54

総会

f0021370_21483164.jpg明日、6月4日はTENOHASI第3回総会です。

第3回総会のお知らせ

<会員・支援者・地域の方々・そのほか路上生活者と日本の社会のあり方に関心を持つ全てのみなさま>

 池袋の路上生活者の支援を目的に結成されたTENOHASIも3年目を迎え、このたび下記の通り第3回総会を行う運びとなりました。
 昨年度は、事務局長が不在で、活動もいったん縮小させ、資金枯渇のために事務所を引き払うという危機を迎えましたが、それぞれのグループが積極的に自主的に活動をすすめ、運営に関わるスタッフも増え、活動が活発化しました。
 しかし、全都的には減っているはずの路上生活者ですが、ここ池袋ではむしろ増加しています。景気は回復してきたとはいっても、高齢者・身体的または精神的な障がいのある方・病気や体の弱い方にはほとんど仕事はなく、仕事や家族を失ってひとりぼっちになった人が新たに路上に出るというケースがあとを絶ちません。今年に入ってからも、路上で体をこわして亡くなった方・公園で若者に襲撃されて重傷を負った方が池袋で何人もいらっしゃいます。救急車を呼んでも、病院から診療を拒否されたり、差別的な扱いを受けておざなりの処置だけ受けて再び路上に放り出されることが多いので、病気やケガをしても「病院には行きたくない」という方が多く、ますます体を悪くするという悪循環が生じています。
 貧富の格差がますます拡大する中で、最低限のセーフティネットすら機能していないこの社会をどうしたらいいのでしょうか。私たちに何が出来るでしょうか。それを話し合う総会です。どうぞ皆さん万障お繰り合わせの上、ご参加ください。

TENOHASI第3回総会
2006年6月4日   1時30分~6時 
池袋第2区民集会室 豊島区池袋4-21-10 3988-5254

地図はこちら→ 
http://www.toshimaku-town.com/map/ts000241/25000

議題 路上生活者を取り巻く状況
    昨年度の活動報告(炊き出し・福祉行動・医療相談・お茶会・おにぎり隊・etc)
    今年度の活動方針
   TENOHASI定款の改定
    決算・予算・人事

*会員であるなしにかかわらず参加できます。

*当日ご不明な点は中村まで(tenohasi@yahoo.co.jp)

 先週の炊き出しはまたまた雨。その雨の中、初参加の学生のk村さんら30名近く(医療班・お茶会を含む)のスタッフが集まってくれました。ありがとうございます。雨だとテントを立てなければ行けないし、濡れながらの作業は疲れが2割り増しなので、人がたくさん来てくれるのはとてもありがたいことです。
 ということで2週連続の混ぜご飯パックになりました。今回はご飯に野菜を炒めて出た味付けの汁を混ぜながら味を調整したので、ますますおいしくなったと自負しています。お茶会も今日は中止かと思われていたのに、何とその時間だけ雨が上がって実施できました。強烈な晴れ女または晴れ男がいるみたいです。

 7時からの学習会は「もやい」からのメンバーも含めて何と26人が集まりました。「もやい」の稲葉さんから90分の話。路上生活者は、決まった家を持たない「ホームレス」層の氷山の一角にすぎないこと、そして福祉を利用していったんは路上を脱しようとしても、そこから社会に復帰するにはとてつもなく大きな壁があり、途中でこぼれ落ちてしまう人があとを立たない構造になっていること、そしてそのために「もやい」を作ったことなど、とてもわかりやすくて鋭い内容でした。これから、みんなでもやいにも顔を出しましょう。



f0021370_1283835.jpg

[PR]
by tenohasi | 2006-06-03 12:09