<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

越冬活動3日目

今日もとてもよく晴れた気持ちのいい日でしたね。
越冬活動3日目で、今日は大晦日。
ステキなことがたくさんありました。

今日の作業は、
1,大晦日のスペシャルメニュー=温かいそばと五目炊き込みご飯作り
2、昨日に引き続いて3時から衣類の配布
3,明日、皆さんにお配りするお年玉袋の袋詰め
4,明日の餅つき準備
5,1時から針灸班の治療活動
6,4時から医療班の健康相談と、福祉行動班の生活相談
7,5時から、Erijinaの公園ライブ
8,夜9時からの夜回り+おにぎり配り
9,大晦日スペシャルとして、今夜だけは一晩中空いてる駅構内の深夜夜回り(午前1時・4時)
これだけありました。

全て書いているとすぐに年が明けてしまうので、
「それぞれの担当がみんながんばった」と言うことだけ報告して、
その中でも特にうれしかったことだけ3つ。

日が落ちて、風の冷たさが身にしみる5時過ぎに、
越冬恒例の「大晦日:Erijinaスペシャルライブ」を行いました。
ボーカルのEriさんとギターのUgaさんのアコースティックユニット。
6時からの配食を待つおじさん・おばさん達の前に立って、
「上を向いて歩こう」から入りました。

f0021370_8362558.jpgf0021370_8363418.jpg









寒さに震えている皆さんの中からも、自然に拍手が。
その後に、オリジナルを4曲。
孤独について・生きることについて、
二人が今日のために一生懸命選んでくれた歌が
皆さんの心にしみていったのがわかります。
どんどん長くなる人々の列のあちこちから、二人に拍手が起こりました。

Eriさんは北の国の妖精みたいに可愛くて、歌声は高く澄み、
Ugaさんのギターは高く低く、寒風を突き抜けてみんなの心に響きました。

最後に「見上げてごらん夜の星を」
見上げれば、サンシャインの上にシリウスと半月。

終わったときに,おじさん達の中から「ありがとう!」の声がかかりました。
「いろいろなところでライブをするけれど、ここは特別。
 歌わせてもらえて本当にうれしい。
 また来年も呼んでもらえたら来ます!!」と、感想を聞かれたEriさん。
続いて感想を聞かれたUgaさんが口ごもると,会場からは「がんばれ!」のコール。

とっても寒かったのにとっても暖かくなった公園ライブでした。

そしてその後に、お待ちかねの配食。
熱々の年越しそばにはネギ・椎茸・わかめ・なるとをトッピング。
そしてアルファ米の五目炊き込みご飯。
「ありがとう」「うれしいねえ」
「温かいそばがうれしいねえ」
「縁起モンだからね、そばをもう一杯ちょうだい」
「このご飯、本当においしいねえ。みんなで作ったの?」
(すいません、お湯かけただけです)
約220人の方々に喜んでいただきました。

最後に、
今回初参加のボランティアさんが集まっていたところを通りかかったら、
「はいちょっと待って、万歳するよ」??
「せーの、バンザーイ・バンザーイ・バンザーイ」

何の万歳ですか、と聞いたら、
「N村さんが就職決まったんだって!!」
N村さんは越冬初日にいらした方です。
最近、会社が倒産して社長は夜逃げ。賃金未払いで路頭に迷い、
憔悴しきった顔で生活相談に来られました。
本当にやつれきっていたのですが、
やることがないんだったら一緒に炊き出しをやりませんかと誘ったところ、
OKしてくれたので、一緒に作業をやってくれることになりました。

小3のAちゃんと夜回りをして、「うまい棒にはなんと納豆味があるんだよ」なんてたわいもない話で盛り上がったり。
作業がてきぱきしているのでみんなに頼られたりしているうちに、
どんどん表情が明るくなって、みんなの噂になるほどでした。

そして今日、勇気をふるって、面識のある元請け会社の社長に電話したら
「バカヤロー、何でもっと早く連絡しなかったんだ!!」
と怒られて、年明けから来い、と言うことになったんだそうです。
そのときの元気な声と表情は、2日前とは全く別人でした。

この場はそんなたいしたことはできないけれど、
でも、ささやかだけど、この場に集まってきた人たちのパワーで
こんな事も起きるんだと、あらためてこの場の大切さを思いました。


by s
[PR]
by tenohasi | 2006-12-31 23:33 | 日々の活動

越冬活動初日無事終了しました

みなさま
おかげさまで、越冬初日が終わりました。
ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。
今日は風が冷たかったけれど、お天気はよく、穏やかに、平和に、
とても楽しく無事に終了しました。
越冬活動は、昨日の準備から始まり、今日は2日目になりますが、
本番は今日からでした。
今日は、12人の新人さんが参加してくださいました。
夜回りには、小学生のお子さんも参加してくださって、
いつものおじさんたちが見せることのなかった、目を、とろんとさせたり
細めたりされた、今まで見たことのなかった、その表情がとっても印象的
でした。
北村年子さんが、釜が先の子供よまわりの話をして下さりこころに強く
残っていましたが、池袋で子供さんが参加してくれたのは初めてじゃ
なかったかなと思います。

昨日は朝からみんなで準備をしていましたが、朝いったん車の手配をした
のち、わたしは午前中抜けさせていただいて、仲のよかった、路上で生活
されていたお母さんのお葬儀に行ってきました。
お母さんのお骨を拾ったり、若いころのお話をうかがったり、思い出話
をしたりしながら、お母さんの命を想い、息子さんと一緒に泣いたりし
ながらひと時を過ごして、それから準備の方に合流しました。
お母さんが亡くなられたことに胸を痛めている方も多いです。

今年の越冬は、お母さんのお葬儀からはじまった、とわたしは思っています。
悲しみにくれてしまいそうな気持ちでいましたが、やっぱり出会えてよかった
と思います。お互いに大好きでいられてよかった。
みんなが集まって、出会えるこの場所があって、よかった。

今日はほっと友の会(お茶会)メンバーが、歌の披露をしてくれました。
馴染み深い歌や、楽しい歌。とてもあったかい雰囲気で場が和んでいました。
医療班テントでは、ご自分のつらい境遇を涙ながらに語られていた方も
いらっしゃいました。

たくさんの人生、笑い、涙、あったかい思いの集まるこの場を、みんなで
分かち合い、大切にしあえたら、いいですね。
みんながぬくもりや元気を、新年のご自分の生活に持ち帰ってもらえるように、
よく来てくださったありがとう!ということといってらっしゃい!ということを
いろんな形でみんなそれぞれの方法で伝える活動なのかもしれない、と
思いました。
わたしも今日もたくさんの元気をもらいました。
炊き出しの場や、夜回りの場で、路上のみなさんに頑張ってね、といっぱい
言ってもらいました(みなさんにも向けられたメッセージです!)。

年末年始の幸せの空間となりますように。
引き続きのご支援・ご協力をよろしくお願いします。
頑張りましょう!

 azu

azuさんのメールを転載させてもらいました


[PR]
by tenohasi | 2006-12-29 23:29

越冬1日目

風が冷たくなりましたね。
今日から6日間連続の炊き出し・夜回り・イベントを行う越冬活動です。

とは言っても、私は車であちこち走り回っていたので、
公園での活動はほんの少ししか関わっていません・・・・・

わかっているのは
・今日は12人もの新しいボランティアが来てくれました。
 中には、
 「つい最近、会社が倒産して路上生活になり、誰ともしゃべる気になれなかった」という人が参加してくれて、「とてもよかった」と言ってくれたこと。
 小5/小3の兄妹がお母さんと一緒に参加してくれて、夜回りで駅のちかナカのおじさんに「明日もくるからね」と言ったら喜んでいたよ、と話してくれたこと。
 
 そのくらいです。
 今日の活動に参加された新人&ベテランの皆さん、今日何があったかについて、ぜひコメントを&つけてください。

事務局 s
 
 
 
[PR]
by tenohasi | 2006-12-29 23:27

2006→2007越冬活動開始!

みなさま

いよいよ、TENOHASI最大の連続行動である越冬が始まりました。
今日はまず設営。
例年よりもたくさんの人が集まってくれて、
てきぱきと、またのんびりと準備をしました。

今日の作業はまず越冬テントの設営。
一昨年は何度も雪に降られて大変な目にあったので、
テントの屋根には3重にブルーシートをかけました。

そして、物資の搬入です。
今年は皆さんから頂いた衣類や毛布がたくさんあって
テントが一杯になりました。

明日からは連日の炊き出しと夜回りに加えて、
毎日楽しいイベントがあります。

また、新しいボランティアさんがたくさん来てくれるのも越冬の楽しみです。
都合のいい時間でけっこうです。
気軽に手伝い+見学に来てください。

by s
f0021370_0514751.jpg
[PR]
by tenohasi | 2006-12-29 00:42

はじめてでも安心して後悔しない越冬の参加のしかた。

はじめてだけど参加してみたい・・!というお問い合わせをたくさん頂いています。
何も知らない・何もできないわたしが参加していいのかしら・・
不安な気持ち、よくわかります。
でも、知らないあなたにこそ来てほしい、
わからないからこそ、参加してほしい。
たくさんのことを感じに、きてください。

そこで、これさえ抑えれば大丈夫、ということを考えてみました。

・何より大切なこと!
V参加すること!
このとき・この場を共にするのが、何より大切なこと!

・忘れちゃいけないこと。
Vあったかい格好をしてくること。
冬の日普段屋外に何時間もいない方にとって外にじっと何時間もたっているのは、想像を超えてしんどいもの。そこで、ある人の越冬スタイルを大公開!
防水シューズ、・ズボン下、ズボン、ズボン上(ジャージ)を着用。おなかと背中に貼るホッカイロ。靴の中にもカイロ。
長袖下着、シャツ、セーター(時には2枚!)、ベンチコート(ロングダウンジャケット)、マフラー帽子。
毎年、寒さに耐え切れずギブアップしたり、後悔する人続出です。万全を期しましょう。荷物を置く場所はあるので、多めに着てきても大丈夫です。
寒くなったり、疲れてしまったら、遠慮なく現場を抜け出して、近くのお店や喫茶店などで暖をとり、休憩してきてください。忙しくなる時間帯をチェックしておいてもらえればOKです。

こちらでも用意してありますが、マイ軍手・マイゴム手袋を持ってくると便利かもしれません。
貴重品を持ち歩けて、活動できる小さいリュックやウエストポーチは便利なようです。
ぽっけに入る人は必要ありませんが。
他には、用意する必要があるものはありません。

・だいじなこと
Vあったかハート。
Vよく見てよく感じてよく耳をすましてよく食べること。


以上、こんなものです。
毎年多くの新人ボランティアさんが来てくださっています。
去年の越冬でデビューした方で今では立派なてのはしスタッフになっている人も!
心配せずに、現場を楽しみに、きてください!
お仕事とお楽しみをいっぱい用意して待っています。
お会いできるのを楽しみにしています。

あずさ
[PR]
by tenohasi | 2006-12-26 21:13

越冬にご参加ください!

クリスマスの興奮もまださめない池袋ですが、今年も残りあとわずか・・・
越冬までのカウントダウンはもう始まっています!
多くの方のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
くわしいスケジュールです。

!場所:南池袋公園
!スケジュール
*毎日のこと
12時 集合・ミーティング(1日は朝10時) 
13時~19時 はり灸(29日のみ15時~) 
14時30~  ボランティア初心者講座(1日はおやすみ)
16時~   健康相談会・生活福祉相談会
18時~   炊き出し 配食
21時~   おにぎり隊・夜回り
*変則     ホネホネ(体操?):31日~3日13時~19時 
          あマ指圧:29日15時~19時、30日13時~18時、1日~3日13時~19時
*各日の予定
●28日(準備)
 朝10時南池袋公園集合 テント張り、荷物運び出し、買出し 
 夜: 決起集会・鍋パーティー
●29日 
 12時:ミーティング、作業開始 
 16時~医療班  17時~ほっと友の会歌の発表 18時 配食
 21時~パトロール(公園テント出発) その後分かち合いのとき、終了
●30日 
 12時:ミーティング作業開始  
 *時:衣類・毛布配布
●31日
 *時:エリジーナさんライブ♪
 18時年越しそば
 深夜パトロール
●1日
 12時:おもちつき、ふるいまい 書初め
 17時: 
 18時新年プレゼント
●2日
 15時:くまちゃんみきちゃんストレッチ
 *時:衣類・毛布配布(再)
 17時:フルートプロ奏者による生演奏♪ 
●3日
 *時:衣類・毛布配布(再)
 18時立教大学大学院石川はるえゼミのみなさんによる甘酒のプレゼント 
 いっせい紹介状
●4日
 撤収作業、いっせい福祉行動(生活保護申請など)
[PR]
by tenohasi | 2006-12-26 20:53

大盛り上がりの12月23日

みなさま

23日は、クリスマススペシャルとして

炊き出しは肉入りカレー(年に1回です)
クリスマスケーキ配布(360個を手作り)
ほっと友の会(お茶会)
医療班
法律相談
北村年子さんをお招きしての学習会

という、TENOHASI始まって以来の盛りだくさんな企画を立てました。
前の晩は、段取りを考えて眠れなかったくらいですが、
どれも大成功のうちに終えることができました。
本当にありがとうございました。

特にケーキ隊は、前日のスポンジ作りに15人、
当日は朝からたくさんの人が入れ替わり立ち替わり来てくれて、
たぶん20名以上もの人が集まってくれました。
学生もフリーターもお坊さんも料理人も・・・
とてもカラフルな人たちで公園が明るくなりました。

おかげで、去年と比べると驚異的なペースでケーキ作りが進み、
配布1時間前には360個の手作りケーキ完成。
今日はじめてきてくれた人が、
後から来た新しいボランティアさんに
てきぱきと仕事を教えてくれていたのにも感激。

カレーは、なんと18キロの豚肉を入れて、今までで最高の味でした。
たくさんの人が野菜や肉を刻んでくれました。
ありがとうございました

16時の時点で数えたら、58人のスタッフがいたそうです。
その前に帰った人や、夜の学習会も含めれば、
70人を軽く超える人たちが今日集まったはず。
これは間違いなく新記録。

4時半からの配食に並んだのは270人くらい。
カレーをたっぷり食べてもらい、その後ににケーキを配りました。
希望者には2つ配布。
「味はどうですか」と聞くと「うまいうまい」と異口同音に言ってくれました。

夜の学習会も、地域の人・スタッフの友人など、
今までにはないさまざまな人たちが集まってくれて
参加者47人という未曾有の規模の学習会になりました。

北村年子さんの話も、魂に直接響いてくるような、すばらしいものでした。
その内容はちょっとここでは紹介しきれません。
希望者には録音データをお貸ししますので
ぜひご自分の耳で体験してみてください。
たくさんの人が泣いていました。

冬なのに、どんどん新しい芽が出たことを感ました。

これで勢いをつけて、
次は越冬です。
とても楽しい冬のキャンプです。
皆さん、ぜひ参加してください。

事務局 せいのf0021370_1501683.jpg
[PR]
by tenohasi | 2006-12-24 01:51

クリスマスケーキ隊、今年もやります!

皆様

クリスマスイルミネーションがピカピカしている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
寒ーい毎日ですが、カゼなどひいていませんか?

もし体調などくずしていたら、クリスマスイブイブまでに治してくださいね。
何故なら・・・

今年もやらせていただきます!

題して「クリスマスケーキ隊リターンズ」!

吐く息も真っ白のクリスマスイブイブに、皆でクリスマスケーキを食べて心をほっこりさせちゃおう!という食いしん坊企画です。

去年参加した人も、していない人も、是非今年のクリスマスケーキ隊隊員になってください!!!

場所:南池袋公園
日時:12月23日(土) 9時作業開始
              参加はお好きなお時間でOK

公園で、前日までに焼いたスポンジケーキにみんなでデコレーションをします。
勤労福祉会館の調理室を1時から借りているので(午前中は借りれませんでした)、
そこで泡立てた生クリームを公園に運んでデコレーションします。
でも、出来れば皆でデコレーションを楽しみたいので、手動の泡だて器とボール持参
で午前中から参加してくれる人、大募集です!
午前中に、フルーツのカットをして、出来る限りの生クリームを泡立てちゃいます。


炊き出しのカレー作りもありますので、是非是非皆様ご参加ください。

==もしお持ちならご持参いただきたいもの==
・泡立て器(手動)→午前中から参加できる方
・ボール(生クリームを入れるための)→午前中から参加できる方
・泡だて器(電動)→午後1時~3時位までに参加できる方
・パレットナイフ→デコレーションをする3時位までに参加できる方

*当日参加できないor時間までに間に合わないけど、それまでに持ってきて借すこと
ができるという方がいましたら、是非ご協力ください。
*持ち物には自分のものとわかるように名前か印をつけてください。

あと、ケーキ隊となってくださる方は生クリームまみれになる危険性がありますので
エプロンなどをご持参ください。(できれば割ぽう着タイプのものがベストです)

ご参加くださる方は、ML上あるいは炊き出しの場などで御知らせいただけますと、作
業予定を立てる際に助かります。
もちろん当日の飛び入りも大歓迎です。

どうかご協力お願いいたします!

クリスマスケーキ隊隊長
[PR]
by tenohasi | 2006-12-18 00:35

北村年子さん学習会

みなさま

12月の学習会のお知らせです。

23日の炊き出しは、クリスマスのイブイブ、
次のお知らせするクリスマスケーキ隊のあとなので、
それにぴったりだろうと思う講師をお願いしました。
 
講師の北村年子さんは、自己尊重トレーニング講師・フリーライターの仕事をしながら、

1990年に釜ヶ崎に出会って以来、一貫してホームレスと子供たちの問題について追求し、発言してきました。
私も何回か話を聞きましたが、話題は、ホームレス・こどもたち・いじめ・自死・ジェンダー・親子関係・教育・自尊感情など多岐にわたり、さらには最近追求している仏教や瞑想についても・・・・・いつ聞いても、引きこまれます。

社会教育や母親学級・PTAの講演会の講師としてとても人気がある人みたいで、実際に北村さんを呼んでPTAの講演会を打った友人は「すごくよかった。お母さん達がみんな泣いていた」と言っていました。

以下に紹介を載せます。
ぜひとも、イブイブの夜を、ステキなものにしましょう。



北村年子さんを招いての学習会
          「ホームレスって誰?」 


いじめによる自殺が頻発して、大きな社会問題になっています。
その一方、若者による路上生活者への襲撃事件もあとを絶ちません。

別のジャンルに分類されがちな二つの問題ですが、実は同じ土壌から発生しているのではないでしょうか。

安心できる居場所を持たない子供たち
安住できる家を持たない路上生活者

どちらも、「ホームレス」なのです。

自分の弱さに苦しんでいる子が、その苦しさを紛らすために、さらに弱いものをたたく。

ブルーハーツの「トレイン・トレイン」の歌詞そのままのような構図があります。

弱者いじめの連鎖を断ち、新たな連帯を築く道はあるのでしょうか。

今回の講師・北村年子さんは、1990年に釜ケ崎に出会って以来、一貫してこの問題を追及してきました。
クリスマスイブイブの夜、炊き出しとクリスマスケーキ配布の後に、北村さんと一緒に考えてみませんか。すばらしいクリスマスになることを保障します。


 
日時 2006年12月23日(土)午後7時~9時15分
 
会場 豊島区立北池袋コミュニティーセンター和室
 *豊島区上池袋2-5-1
 *池袋駅の北東方向・埼京線と山手線に挟まれた三角地帯にある「健康プラザとしま」の7階。隣にある清掃工場の煙突が目印。北口・東口どちらからでも、線路沿いに大塚・東京方面にすすみ、跨線橋の歩道に上がり、真ん中にあるT字路を下った左側の建物。


講師:北村年子さんプロフィール

ルポライター。フリージャーナリスト。自己尊重トレーニング・トレーナー。
1962年、滋賀県彦根市生まれ、京都府育ち。
文芸誌・女性誌の編集者を経て、フリーランスのジャーナリストとなる。
NPO法人CAP(子どもの暴力防止プログラム)センターJAPAN理事。
NPO法人不登校新聞社理事。


子どもたちのいじめ・自殺・不登校をめぐる問題が増加する1980年代、さまざまな子どもたちの現場を取材し、10代少女200人のアンケートと肉声をまとめたインタビュー集『少女宣言』(長征社)を1987年に発表。子どもの人権、フェミニズム、ジェンダー問題等を主なテーマに取材・執筆活動を行う一方で、思春期電話相談員、ラジオDJ等として、子どもたちの悩みに耳を傾ける。
 また、1990年に大阪・釜ヶ崎での越冬活動に参加したのち、各地の「ホームレス」の人たちへの支援活動にかかわりながら、子ども・若者による「ホームレス」襲撃事件を取材し、1997年にルポ『大阪・道頓堀川「ホームレス」襲撃事件――弱者いじめの連鎖を断つ』(太郎次郎社)を出版。子どもたちが「ホームレス」問題を理解するための「交流・体験学習プログラム」にも取りくみ、各地の小中高校、大学、専門学校、児童館などで、『「ホームレス」問題とは何か』『いじめ・襲撃――暴力と自尊感情』などの授業も行っている。
 さらに、みずからの出産・子育て体験を通して、乳幼児を抱える母親のための連続講座、虐待防止プログラム、子育て・子育ち支援活動に取りくみながら、親や子どもの自尊感情(セルフ・エスティーム)を育むための「自己尊重トレーニング」のトレーナーとして活動。子育て・子育ちにかかわる人びと、保育士、教師、行政・福祉職員、ユース(若者)などを対象にした講演・ワークショップ、子育てサポーターの養成にも力を注いでいる。


北村年子さんの著作

大阪・道頓堀川「ホームレス」襲撃事件“弱者いじめ”の連鎖を断つ  太郎次郎社

上野千鶴子さん推薦文

 いじめ。セクハラ。幼児虐待。私たちの関心はどうしていつも被害者に向かうのだろう。ほんとうの「闇」は、加害者の方が抱えているというのに。
 95年大阪道頓堀川「ホームレス」殺人事件を追って、「死んでしまった人」「殺してしまった奴」の双方に心を寄せながら、弱い者が弱い者を攻撃するやりきれなさを、北村さんは現場に身を投じて解きほぐそうとする。加害書の青年“ゼロ”の闇に届きたい、と願う彼女がたどりついたのは、人を選別する社会、自尊の感情を根こそぎ奪うこの社会の「闇」だ。青年“ゼロ”は、あなたの隣にもいる。「渾身の一冊」は誇大広告ではない。ルポライターにとって十年に一冊、書けるかどうかの作品。『少女宣言』の北村年子が、そのはりつめた感性で、少年・少女の生と切り結んだ比類のない記録。


おかあさんがもっと自分を好きになる本 学陽書房

著者からのコメント

この本は、私がこの7年間に各地の子育て支援講座でおこなってきた「お母さんが幸せになるための自己尊重トレーニング」の集大成です。
 さまざなお母さんたちが、「自己尊重トレーニング」をはじめるなかで、どんどん肯定的になって自信を取り戻し、子育てが楽しくなったり、人間関係がスムーズになったり、すごくイキイキと変わっていく姿にたくさん出会いました。
 幸せなお母さんから、幸せな子どもが生まれます。この本を読んだお母さんが「私ってやっぱりよくやってる!すてきなお母さん」って思ってくださったら、そしてますます自分を好きになっていただけたら、とってもうれしいです。
[PR]
by tenohasi | 2006-12-18 00:32