<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

臭くて辛いピーマンの話(改訂版:TENOHASI組織に関連した中間部分を少し書き足しました)

 「ピーマンは臭くて辛い。しかしこの臭くて辛いところが人に好かれる。人間も欠点で人に好かれるようになったら一人前だ。」(中野善英上人/浄土宗)
 私もこの言葉のように、そうありたいと思って生きている。しかし、なかなかうまく行かないのが人生というものかもしれない。多分、私のことを「いやな奴だ!」と思っている人が、きっと私の人間関係の中にも、沢山いるに違いない。自分が思っている自分の嫌いなところを、出来れば直したいと普通は考える。そこで逆転の発想をしてみる。他人が自分に対して思っている欠点、又自分が思っている自分の欠点を、まずは自分から好きになるよう努力する。
 反対に私もそういう目で、自分の周りにいる人々を見てあげることができたら、好きな人が沢山増えるのではないだろうか?自分のことも好きになってくれるかもしれない?
「他人の欠点を嫌うのではなく、好きになってあげることが出来たらと」そして「自分の欠点も嫌うのではなく、自分が好きになることが出来たらと」

 私個人のことはさておき、この言葉は団体にも通じるのではないかと今日の朝、寝ぼけた頭の中で思い出し、考えながらT区役所に向かった。したがってこの文章の全体イメージが出来ていないうちに、いきなりパソコンの前で書きだしている。多分まとまりのない文章になると想像できますので、ご勘弁ください。

 TENOHASIも、欠点や不足だらけの弱小団体である。まず金がない、ということは金を集める能力が低い。金がないから事務所を、自力で持つことさえも出来ないでいる。色々な他団体や個人の、物資/物心両面の支えがなければ、活動を維持することはかなわない。それに加えて、組織を運営する為に必要なスキルを持った人材が不足している。
したがって組織も弱小であると同時に、組織をコントロールする力も弱い。団体メンバーも方向性はバラバラ、レベルもバラバラ。メンバーの色々な、無方向の思いが一つになり、バラバラのままにエネルギーを生み出しながら運営されてきた。効率性を求め、利益をとことん追求する組織の中で、長年生き抜いてきた私の世界の価値観からすると、欠点だらけの団体。
経済競争の世界だったら、間違いなく「ワンクール倒産!」
 こういう言い方をすると誤解を受けるかもしれないが、TENOHASIに方向性は必要ない。メンバーのレベルも求めない。方向性を求めると、方向性に対する排除が始まる。能力レベルを求めると、能力レベルに対する排除が始まる。
 こういう無方向の、あらゆる年齢層を含む全方向の広がりが、TENOHASIの欠点であるとともに長所でもある。色々な方向性の人間が、ごく自然に場の雰囲気を作りだしている。
 また違う言い方をすれば、様々な音色を持つ人々がオーケストラの様に響き合い、心地よい空間を生み出してきた。過去に多少の不協和音が出たことはあったが、活動の流れの中に吸収された。

 右を向いている人間もいれば、左を向いている人間もいる。又、前を向き明るく生きている人。何故か元気なく後ろを向いている人。晴々と空を見上げている人。地面を虚ろに見つめている人。一所懸命生きれば生きるほど、仲間との軋轢を生み出してしまう人。年々加速していく社会のスピードについていけず、置き去りにされている人。又そういう生活にうんざりしている人。そういう様々な生き方の音色を発振する人達が社会にはいる。

 そのすべてを、否定せずに受け入れていく。響き合いそうもないものを響き合わせる。
そういう意味では、団体に必要な人材を、計画的に集めた訳ではない為、良い状態で響かせる環境を作ることが、とても難しい団体とも言える。コントロールを間違えると、すぐに不協和音が出始める。団体の統一的な意思決定は、全員参加型の自治であり、少数者の決定を多数者に強制する統治とは違う。バラバラの団体を統治ではなく、自治方式によって決定していくのは、事務局の中心メンバーにとって、さぞや難題であろうと察する。

 私たちが何気なく普通に使っている、一見よく似た言葉に共存と共生がある。
共存とはそれぞれに独立した主体が、ともに生きていくこと。しかし独立した主体との間には距離があり、お互いに相手の存在を認めてはいるが、同じ生活空間にはいない。
共生とは関係の中にある未完結な人間同士が、相手を必要としながら生きていくこと。同じ生活空間にいて、対等の関係の中で支えあっている。
 私はTENOHASIは共生を目指す団体と理解している。いや共存を目指すと考えている人がいても良い。あるいは二つの組み合わせ。少なくとも、相互に敵意と不信とを生じさせ、人間が他人を利用し搾取し、不健康で情緒的に不自由な社会でなければ良しとしよう。
 あるいは発想を少しジャンプさせて、老子のように「無為無欲」な自然な存在になり、自然との調和の中で支えながら生きる社会。それは私の個人的な理想社会の話ではありますが。

 こんな団体なのだが今迄、団体の創立以来残って活動を支えてきた人達は、みんなTENOHASIの欠点が何故か好きである。実は私もそんなTENOHASIの欠点が大好きです。いつもは文句を言ってはいますが!例えが適当ではないと思いますが「クサヤやホヤ」のようなクセのある食べ物が好き、というような感じに似た気持ちがあるかもしれない。多分この文章を読みながら「それは違うだろう!」とパソコンの前で、酒を飲んで叫んでいる人が、いそうな気がする?もし、そういう方がいらしたら、コメントをください。
 そういう人達が継続してきた団体が、最近組織の体力や能力を超えて、広がりをみせ始めているように感じる。とても嬉しい事であり、歓迎すべき事ではあるが、少し戸惑いもある。欠点は欠点で残したまま、力を抜いて自然に広がっていきたいものである。
 臭いのないクサヤは、クサヤではないですからね!クサヤの場合は好き嫌いが、はっきりと分かれると思いますが、これは単なる例えという事でご理解ください。私は酒飲みなので、つい酒の肴を例えに使ってしまいました。クサヤの臭いが漂う、臭い文章になってしまいました。皆さん御免なさい。
 「 ピーマンが、巨大ピーマンや欠点のない高級野菜にならないように願って」

(路上のコラムニストX)
[PR]
by tenohasi | 2007-01-29 13:27

27日は炊き出し+新春交流会

1月27日は、タイトルの通り、
炊き出し+医療相談+鍼灸+ほっと友の会+福祉生活相談
これに加えて、学習会です。
tenohasiもどんどん新人が増えています。
棺桶に片足つっこんでる(またはあちこち痛がってる)古参組もあいかわらず元気に活動しています。
お互いに楽しみであると同時に、お互いに何を考えてるんだろうと思っていると思います。

というわけで、
前にもメールで流しましたが、
27日の学習会は、
講師を招かず、
「tenohasi新春交流会」です。
お互いのtenohasiへの思いを語りましょう。
会場は
上池袋コミュニティーセンター和室
(健康プラザとしま7階)です。
新人も旧人も
ふるってご参加ください。

事務局 s
[PR]
by tenohasi | 2007-01-25 00:42

TENOHASIが作り出す癒しの空間

 1月13日(土)の炊き出しの場で、越冬活動から参加されているボランティアのKさんが、こう言っていた。「わたし、ここに来ると何か癒されるのよね」
以前にも別の2、3人の人達から同じ言葉を聞いた事がある。
 たしかに手の橋の炊き出しには、他地区にはない何かがあるようだ。その何かが気になっていて、何か探しを今、頭の中でやりながらこの文章を書いている。
 手の橋は闘う団体ではなく、それぞれが持っている有形無形の何かを持ち寄りながら活動をしている、ごく普通のボランティア団体である。でも何か同系の他団体とは違う雰囲気を持っていると、外からは見られているようだ。この団体の活動に参加するための条件や資格は一切ない。あるのは一つだけ。自分が無理なく出来る労働やスキルを提供し、一緒に場を作っていく。
 そして皆で作り上げた場の中で、支え合い、認め合う。人間が誰でも持っている弱さや未熟さも、そのまま受け入れ補い合う。そんな場の雰囲気が、炊き出しに食べに来る当事者のみならず、ボランティアに参加するメンバーにとっても癒しの空間になっているのではないだろうか。そうだとすれば団体名にある橋「ハッピースペース池袋」が、少し出来てきたと言ってもいいのかもしれない。
 かなり前に団体外部の人から「手の橋はバラバラだね」と言われた。私はその時、少し「ムッ」とした気分でその言葉を聞いていた。しかし、その人がどういう意味でバラバラと言ったのかは分からないが、現在の私はバラバラだから手の橋なのであり、それで良いと考えるようになっている。手の橋は考え方の方向性を求めない、活動能力のレベルも求めない。活動分野は特定していても、明確な目的や方向性に沿って、活動内容に合ったレベルの人材を集め、運営をしている団体ではないからこそ生まれる、不思議な雰囲気がある。手の橋には様々な人々が集まっている。色々な職業をはじめとして、生活状況、考え方の方向性、職務遂行能力のレベル、参加者の年齢等々。組織はお世辞にもしっかりしているとは言い難い。まさにバラバラである。
 競争し争う団体ではないから、ここでは仲間を評価しランクづけすることも、必要もない。職務分担も仲間相互の信頼関係の中で決定されていく。競争はもちろん、権力闘争もないから競争原理にもとづいて切り捨てられることも、切り捨てることもない。無いものは無いままで、有るものは有るままで良い。遅いものは遅いままで、早いものは早いままで良い。
 ここでは自分が人と違っていてもいい場所、一人一人が持って生まれたものが違うことを自然に表現出来る場所。日常生活で疲れた人々が、人間らしく生きられる、ひと時を求めて集まる場所。そういう場が手の橋のメンバーが活動する空間の中で出来つつあるように思える。

「人間は、我々が宇宙と呼ぶ全体の一部であり、時間と空間の制約を
受ける存在である。
人間は、自分自身や自分の思考や感情を、他から切り離されたものとして
経験するが、それは意識が作り出す錯覚である。
この錯覚は人間にとって牢獄のようなものであり、人間の欲望や愛情を、
身近にいるほんの少数の人にしか向けさせない。
我々人間の務めは。理解と同情の輪を押し広げることで、
この牢獄から自らを解き放ち、
すべての命あるものと美しい自然を、心から受け入れることだ。」
[アルバート-アインシュタイン]

 人間を含むすべての命は、命の輪の中で生かされている。生かされていることを感謝しつつ、欲ばらずに自分が出来る社会活動を少しやる。皆でこの世に生を受けた者同士が、命を自然に活かし合える場を作る。活かし合うのはその場に参加している全ての人達である。
 そして無理をせずに長くやる、出来ればのんびりやる、自分も楽しんでやる。そんな場にしていきたい。そして池袋だけではなく、地球上にハッピーな空間を広げていきたい。

(路上のコラムニストX)
[PR]
by tenohasi | 2007-01-15 15:11

1月の活動予定

みなさま

越冬ごくろうさまでした。
今年もよい年でありますように。

さて今月の予定ですが、

1月13日(土) 
 炊き出し  9時~
 定例会議 19時~ 上池袋コミュニティーセンター 会議室 
1月27日(土) 
 炊き出し  9時~
 ほっと友の会(お茶会) 14時半~
 学習会   19時  上池袋コミュニティーセンター 和室
毎週水曜日  
 おにぎり作り 19時~ 事務所
 おにぎり配布+夜回り 21時半~ 池袋駅東口
となっています。

定例会議の議題は
1,通常活動報告
2,クリスマスケーキ隊の反省
3,越冬の反省 
4,鍼灸の定例化  
5,会計報告 
6.越冬報告の編集  

越冬で初めて参加された方々もぜひご出席下さい。

学習会は、
「てのはし新春交流会」として、
メンバーの交流会を予定しています。
小グループに分かれて、
「なぜTENOHASIに関わったのか・関わり続けているのか」
「これからTENOHASIで何がしたいか」
をお互いに言って交流しあうのがいいかなと思っています。
提案があったらお願いします。

事務局 S
[PR]
by tenohasi | 2007-01-11 21:48

撤収と福祉行動

楽しかった(大変だった)越冬も昨日で終わり。

7泊8日をテントに泊まり込んでがんばった
料理長もボランティアコーディネータも
今日で過酷な労働から解放です。

最後なので、私もテントに泊まらせてもらいました。
朝8時、テント泊まり込みスタッフ(この日は合計6人)が起き出して、
コーヒーをのんで、まったり。

朝9時。
集合時間になっても、ほんの数人しか集まりません。
スタッフも疲れています。

ようやく集まってきたスタッフで、
テントの中の荷物を行き先ごとに仕分けし、
車で運び出しました。

問題なのは、車が1台しかないこと。
仕分けが終わると、車が帰ってくるまであまりやることがありません。
もう1台欲しいところですが、車を出せるメンバーも、
レンタカーをもう一台借りる金もありません。
このあたりが弱小団体の悲しいところです。

それとは別に、生活福祉相談班も、活動の山場を迎えていました。

今日は役所や企業も仕事始め。
私たちも「福祉行動」の仕事始めです。
福祉行動とは、相談に見えられた方々の中で、
福祉や医療などに繋がることを希望された方に付き添ってサポートする活動です。
今日は15人を超える人たちのサポートをし、生活保護や入院・施設入所・就職などの方法で路上から脱する道筋をつけることができました。
しかし、多くの方がさまざまな困難をかかえており、今後もサポートが必要です。

撤収も福祉行動も2時過ぎにはようやく先が見えてきたので、
恒例の「残った食材をぶち込んだ鍋」でお昼ご飯。
元旦の餅つきで作った鏡餅も割って入れました。早めの鏡割りです。
食べてみると・・・さすが、杵搗きの餅はうまい!

そして、最後にお世話になった公園をきれいに掃除して、越冬完了です。

その終了間際に、「あの・・・mixiで見て、手伝いに来たんですけど、もうやることありませんか?」
Mさんが初参加。
いえいえ、たくさんあります。
さっそく、事務所の片付けをやっていただいて大変助かりました。
Mさんの参加で、今回の越冬での「新規参加ボランティア」は35人。昨年を上回りました。
どうか今後もよろしくお願いします。


では、最後まで公園で活動したメンバーで記念写真。
ごくろうさまでした。

サポートしてくれた皆さん、
拙いブログを呼んでくれた皆さん、
本当にありがとうございました。

by S

f0021370_0472657.jpg

[PR]
by tenohasi | 2007-01-06 00:58

越冬6日目(最終日)

6日間の越冬活動も、ようやく最終日を迎えました。

三賀日最後の今日、活動の目玉は「甘酒配り」

立教大学大学院で教えていらっしゃる石川治江さん(本業は介護系NPO代表理事)が、普通では手に入らない高級酒粕を昨年に引き続きカンパしてくださり、
さらに先生自身とゼミ生の合計10人もの人が甘酒を造りに来てくださいました。
ありがとうございました!!

去年は全て人力で酒粕を溶かしましたが、今年は泡立て器などの機械も用意し、
作業は順調に進行し、ものすごい量の甘酒ができました。

配食には、今夜も250名を超える方がいらっしゃいました。
6時の配食時と同時に甘酒の配布も開始。
ほとんどの人が、あつあつのご飯のつぎに、
あつあつの甘酒をうけとっていっしょに召し上がっていました。

この日は、ご飯は1杯でいいから甘酒のお代わりをもらいたいという人も多く、
甘酒コーナーには2杯目配布を待つ長蛇の列ができました。

f0021370_16284630.jpg
写真は、甘酒配布中のAちゃん(今や池袋のアイドル)と、23日の学習会講師・北村年子さんです。









ご飯は、昨日に引き続きのスペシャルメニュー「肉入りシチュー」
カンパしていただいた骨付きや内臓などの肉を細切れにし、ホワイトソースで仕上げました。
(炊き出しに肉が入ったのは、去年は12月23日の1回だけでした。今年はもうない??)

f0021370_16381139.jpg






越冬に参加してくれた皆さん、本当にありがとうございました。
今回の越冬は、ボランティアスタッフの人数・食べに来てくれた人の数が共に昨年を上回りました。
暖冬とはいえ、路上で冬を過ごすのはとても大変です。
でも、TENOHASIの越冬活動で、そんな皆さんに、少しは暖まってもらえたと思います。

by s
[PR]
by tenohasi | 2007-01-03 23:34

越冬5日目

越冬も5日目に入り、スタッフの疲労もピーク。
でも、毎日おもしろいことがあるので、越冬はやめられません。

今日は3時半からの衣類・毛布配布のあとに、
医療班の若き女性スタッフ二人による
「mちゃんkちゃん健康体操」を行いました。

寒くてからだが縮こまってしまうこの季節を健康に過ごすための
ストレッチ体操の講習会です。

炊き出しの配食のために集まった人たちが、一緒にやってくれるかどうか心配でしたが・・

f0021370_3334573.jpg

「ハーイ、次は、両手を上に上げて、おもいっきり伸びマース」
二人の元気と魅力で、どんどん皆さんを巻き込んでいきました。
最後は100人以上がニコニコしながらストレッチ。
朝のラジオ体操会場みたいでした。
さらに、ホネホネマッサージのT先生によるかんたん太極拳の講習も。



そして、6時からの配食は、またもやスペシャルメニュー。
カンパしていただいた大量の牛の尾の肉を煮込んだ「牛丼風スープかけご飯」
牛の尾から肉を取るのは6人がかりの大仕事でしたが、料理長渾身の味付けで、最近とみに味がよくなった池袋の炊き出しの歴史の中でも3本の指にはいるだろうという味になり、今日も約250人の方々が次々にお代わりされてあっという間になくなってしまいました。

その後に、夜回りで配る100個あまりのおにぎりを握り、
夜回り出発前の打ち合わせをしている最中に、いきなり「ハッピーバースデー」の歌声が。

f0021370_3455441.jpgそう、今日はボランティアコーディネーターにして、「路上の学者」のSさんの誕生日。
栄養士のNさんが手作りのケーキを持ってきてくれて、サプライスパーティです。
Sさんの、困ったような迷惑なような(たぶん本当はうれしそうな)顔が、横で見ていて傑作でした。
昨日(元旦)が誕生日だった、新しいボランティアのIさんの誕生日も一緒にお祝いしました。
聞けば、お正月が誕生日だと、全然誕生日のお祝いをしてもらえなかったそうで、
Sさんは生まれて3回目・Iさんは生まれて2回目の誕生パーティーだった!!そうです。
おめでとうございます!!

越冬もあと2日。がんばりましょう。

by s
[PR]
by tenohasi | 2007-01-02 23:40

元旦の越冬活動

皆さん、明けましておめでとうございます。
本年もTENOHASIにご支援下さいますようお願い申し上げます。

さて、元旦の今日は、通常の炊き出し・医療班に加えて、恒例のお餅つきと、お年玉の配布です。

そのために、元旦だというのにスタッフは朝9時に集合し(私はブログを書いていて遅刻しました・・すいません・・・)、餅つきの準備に入りました。

11時半、最初のもち米が蒸し上がり、餅つき開始。
みんなでたっぷり食べようと、今年は去年の1,5倍に当たる30キロのもち米を用意しました。

ところがこれが大失敗。
蒸籠も臼も小型なので、一度に大量につくことができず、
餅つきは延々6時間、20臼以上をつくハメになりました。

大変だったけど、でも楽しかった!!
スタッフと、集まった人たちの中で搗きたい人で搗いていきましたが、
共同作業をしているうちにどんどん仲良くなりました。
「いや、じいさんがこんなに餅つきがうまいとは思わなかったよ」
「人間国宝に指定されるんじゃないの」
「若いの、腰が入ってねえなあ」
軽口をたたきながら、次々に餅をついていきます。

45年ぶりに搗いたという方や
杵を刀のように高く振り上げて搗く「一刀流」さんなど
腕に覚えのある方々の杵さばきは本当に見事です。
f0021370_2255131.jpg

さらに、参加してくれた小学生たちも大活躍。
とても和やかな元旦になりました。

できた餅は、磯辺・きなこ・あんころ・からみの4つの味をつけて、
並んだ150人あまりの方々にお配りしました。
ほとんどの方が2回・3回と列に何度も並んでいましたから、
お餅でおなかいっぱいになったと思います。

スタッフは昼食も取らずに奮闘。
でもうれしかったのは、
搗き手の皆さんに
「この2臼はスタッフ用にしますから、スタッフで搗きますよ」といったら、
「俺たちでやるよ。オイみんな、スタッフが食べるんだからしっかり搗けよ」
といって、疲れているのに一生懸命搗いてスタッフに食べさせてくれたことです。

f0021370_1773913.jpg
5時からは、配食に並んだ人たちに、プロの演奏家によるフルート&ギター演奏を聴いていただきました。「津軽海峡冬景色」などおなじみの曲ばかりで、たくさんの人が演奏に合わせて歌を口ずさんでいました。
その後には、若手の芸人さん2人によるお笑い。まだ駆け出しの二人なので、200人を超える人たちを前にしてかなり緊張していましたが、ネタは中々よくできていて、みんなで初笑いを楽しむことができました。
ボランティアで出演してくれた皆さんに感謝!
f0021370_17124890.jpg

そしてお待ちかね、6時からの配食時には、恒例のお年玉袋をお配りしました。
石鹸・タオル・下着・股引・寒気を防ぐアルミシートなど、路上生活の必需品と、みかんとお菓子を詰めた袋です。
皆さんのカンパで購入し、今年は250人分を用意しました。
これだけあれば十分だろうという予想に反して、集まった人は何と248人!!
たりなくなるのではないかと冷や汗をかきました・・・
でも、これで寒い冬を少しでも暖かく清潔に過ごしていただければと思います。

元旦の夜回りには、20人ものスタッフが参加しました。
4隊に別れて、おにぎりと越冬のチラシを配りながら、お話しします。

年末にもらった賃金を全て落とした(盗まれた?)ためにやむなく路上生活になったという方は、「こんな活動があるんですか。全く知りませんでした。ありがとうございます」と何度も頭を下げられて、こちらが恐縮しました。

こんな風に、毎日チラシを配っていても、毎日何人もの「路上生活の新人さん」に出会います。

景気が回復したとは言っても、格差はますます広がっていることを実感させられます。

by s
[PR]
by tenohasi | 2007-01-01 23:18

福祉班より

 皆様明けましておめでとうございます。

 ただいま越冬炊き出しの真っ最中ですが、現場スタッフの皆様、ご苦労様です。
 事務局長や料理長、それにボランティア・コーディネータ、その他多くの皆様の力の結集で成功裏に終わることを祈っています。

 さて、越冬越年のイベントが前半終了したところですが、福祉支援の面に限っては例年と大分違う様相を呈しております。

 相談にみえるのが、20代から40代の人が圧倒的に多くなっています。理由は仕事がなくなってアパートを出たとか、仕事が切れる年末や正月は漫画喫茶ですごしているが、その後のことが心配だとか、という感じで正に「ワーキングプア」の波が「てのはし」にもヒタヒタと押し寄せてきているようです。

 今回、事務局長に福祉相談の看板を作って頂きました(ありがとうございました)が、看板の字が「福祉相談」でなくて「生活相談」になっていました。私たちとしては福祉相談のほうがいいかなと思って看板に「福祉」の字も入れてもらいました。勿論、どちらの表現でもいいのですが、皮肉なことに相談に来る方は圧倒的に「生活相談」でした。事務局長に先見の明があったのでしょうか?

 相談にこられる方は、ほとんどがスタッフの夜間パトロールで配ったチラシを持っていました。路上のままで、年を越せぬ人たちが、そのチラシを藁をもつかむ気持ちで「てのはし」を頼ってくるわけですから私たちとしても責任重大ですので、全力を尽くしたいと思います。
 もっとも、「てのはし」が駆け込み寺のようなるのはちょっと荷が重いというのが正直な気持ちではありますが。

 しかし、「IMA緊急シェルター」のスタッフが昨日来られまして、越冬期間中の支援団体でのシェルターの使用は特別枠があるのでいくらでも使っていいとの嬉しい話があり、早速、体の具合の悪い方を4日間も宿泊施設に入れさして頂きました。ほんとに有り難い強い味方です。

                    
f0021370_19292137.jpg

[PR]
by tenohasi | 2007-01-01 13:17