<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

炊き出しボランティア日記Vol.10

8月22日(第四土曜日) くもり

夏祭りも無事終わり、今日からまた普通に炊き出しです。

南池袋公園は、この夏を謳歌するセミが沢山いて、とてもにぎやかです。
f0021370_2353529.jpg

そんな中、ひとつだけ抜け殻を見つけました。
結構キレイな抜け殻です。
f0021370_2354588.jpg

さて、今回の炊き出しボランティアの数は30名。新しい方は6名。

数ヶ月ぶりや2年ぶりぐらいに来てくださった方、友人の紹介でインドの方が来てたり、
なかなか多彩な顔ぶれとなっていました。
f0021370_23544442.jpg

月二回の炊き出しのうち、第四土曜日は「ほっと友の会」というお茶会をやっています。

10名ほどの人が丸くなって座り、お茶を飲みながら、歌を歌ったり、ゲームをしたり、
テーマに沿った話をして、すごす会です。

通称は「ほっ友」で、常連さんはとても楽しみにしている会です。

毎回、お話のテーマがあるのですが、今日のテーマは「南池袋公園での思い出」。

公園閉鎖に伴い、南池袋公園での「ほっ友」は今日が最後になるので、
その思い出を語ろう、ということだったようです。
f0021370_23551510.jpg

てのはし(TENOHASI)のボランティアは、

一回きりでもok
アポなしok
できる時間でok

です。

午前中だけとか、午後2時間だけとか、全然okです。

見学+α程度に軽くやりたい方は16時あたりからの配食作業などがお勧めです。
逆にがっちりみっちりやりたい方は午前中からがお勧めです。

炊き出しや夜回りの日程など基本的な情報は【tenohasiホームページ】をご覧ください。

ボランティア受付担当 シロクマ

過去のボランティア日記:
【2009/04/11 炊き出しボランティア日記Vol.1】
【2009/04/25 炊き出しボランティア日記Vol.2】
【2009/05/09 炊き出しボランティア日記Vol.3】
【2009/05/23 炊き出しボランティア日記Vol.4】
【2009/06/13 炊き出しボランティア日記Vol.5】
【2009/06/27 炊き出しボランティア日記Vol.6】
【2009/07/11 炊き出しボランティア日記Vol.7】
【2009/07/25 炊き出しボランティア日記Vol.8】
【2009/08/08 炊き出しボランティア日記Vol.9】

---
f0021370_23183438.jpg

炊き出し継続問題についての記事は↓こちらから(ぜひ一度ご覧ください)
【炊き出しがピンチです!】
【高野之夫豊島区長への申し入れ書(2009/07/28に提出)】
【添付資料1 TENOHASIの活動と、炊き出しの必要性について(2009/07/28に提出)】
【添付資料2 炊き出しと医療支援について(2009/07/28に提出)】
【公園周辺の事業所への聞き取り調査をしました。(2009/08/06に実施)】
【豊島区長からの回答(全文)(2009/08/12付け)】
[PR]
by tenohasi | 2009-08-22 23:57 | 炊き出しボランティア

8月29日に映画「あしがらさん」を見ませんか?

みなさま

ボランティア受付担当のシロクマです。

暑さが多少落ち着いてきた感じもしてきました。このまますごしやすくなると良いですね。


さて、今回はちょっと告知をさせてください。

今月の29日、【不登校・引きこもり研究所】さんの主催で、
「格差・貧困社会を考える~映画『あしがらさん』を通して~」というイベントがあります。

みなさんは、「あしがらさん」という映画、ご存知でしょうか?

【公式サイト:あしがらさん】

予告編:



最近は「てのはし」でも炊き出しの継続をめぐって色々な動きがあります。
様々な方に支援や応援を頂いています。
ありがたいことです。


でも、その一方で、多くの方は、日々の暮らしに追われる中で、ちょっと気になっても、
なかなか自分から何かをするということは、難しいのではないでしょうか?

仕事、学校、育児に介護。

大切な休日にボランティアをするなんて、とてもムリ・・・。
ボランティアの受付担当が言うことではありませんが、そう思うのは当然です。
それだけ今のヨノナカは生きるのが大変ですから・・・。


でも、半日だけ、自分のために「シャカイモンダイ」を考えてみませんか?

500円でステキな映画を見て、肩肘張らずに「シャカイモンダイ」を考えてみる。

飯田監督のトークがありますし、「てのはし」の事務局長も司会をしますから、
炊き出しについても話が出るかもしれません。

ぜひ、8月最後の土曜日の午後、勤労福祉会館においでください!
(できれば下記メールアドレス宛にお申し込みください)


★★★★★ イベント詳細 ★★★★★

「格差・貧困社会を考える~映画『あしがらさん』を通して~」

主催・問合せ先・申込先

不登校・ひきこもり研究所(天野)
TEL:03-6659-6775 FAX:03-3980-3128
E-mail:kemu@ad.em-net.ne.jp

共催
豊島区/NPO法人TENOHASI(てのはし)

日時
8月29日(土) 14:00~16:30

場所
【豊島区立勤労福祉会館 6階大会議室】
(豊島区西池袋2-37-4 池袋駅メトロポリタン口 徒歩約7分。TEL:03-3980-3131。)

内容
一部:映画『あしがらさん』上映会(73分)
二部:『あしがらさん』の飯田基晴監督とのトークセッション
司会:清野賢司 (NPO法人TENOHASI事務局長)

参加費:500円

定員:100名(先着順)

紹介記事
【ボラ市民ウェブ 格差・貧困社会を考える~映画『あしがらさん』を通して~】
[PR]
by tenohasi | 2009-08-21 23:59 | お知らせ

回復する場所、自殺対策

最近、とある場所で、他団体の医療相談会に参加してきました。

そこでは、支援団体と、区と、保健所とが一緒になって、レントゲン車を出して、
数名の医師によって、22名の方に医療の紹介状を書くことができたという大きな成果がありました。



ただ、豊島区とは違って、医療だけうけて野宿のままの方も多いようなので、

医療を通して野宿から脱したいという願いを支えられないのがとても歯がゆいです。





その日僕が診察した方のうち

半分はアルコール依存症の疑いがありました。

積極的に聞かないとわからないなとあらためて思いました。



そんな中でも、
アルコールを5年半やめ続けている方がいらして、

「いまだに幻聴が聞こえるんです」

とおっしゃっていたのが印象的でした。

ただ、その内容は子供に

「おとうさん、また飲んでるの?」という種類の声が多いようで、

ずっと苦しんでいるようでした。

医療にかかって、社会復帰して、もういちどやりなおしたいと。

その支援になるよう、医療の紹介状を書きました





そううつ病の診断を受けたことがない、そううつ病と診断させてもらった方がいらっしゃいました。

うつ状態になって、精神科クリニックにいって、抗うつ薬を飲んで、攻撃性がまして、子供に怒鳴っていた自分に気付いて、薬をやめたそうでした(うつ病とした誤診でした)。

その後医療にかからなかったために、感情コントロールが難しく、離婚され、その苦しさから働けなくなって、野宿に。

「子供にあいたい」とおっしゃっていたので、

薬を飲んで治療をうけて、そして、家族に病気のせいだった、もう大丈夫、ごめんねと、子供に伝えられるようにと、医療の紹介状を書きました。





失業、不眠、うつ病となって、気力がわかない方もいらっしゃいました。

ホームレス状態から脱するためには、杓子定規に集団生活に放り込まれます。

こんな精神状態の方が、集団生活への強い気力が生まれるわけがなく。


うつ病です、集団生活は無理ですと紹介状を書きました。





知的障がいと思われる方が2名いらっしゃいました。





こうした苦しんでいる方々が、

社会復帰するにあたって、

現在の福祉窓口の対応方法では、

とても支援できません



そして、こうした方々にとって重要なことは、

「相談できる場所がある」

ということを知ることです。


多くの方が福祉窓口に行った経験があるにもかかわらず、

相談にちゃんとのってくれなかったと言います

(のってくれないという状況の方がホームレス状態が続くのだと思います)。

最後の相談場所と思われた場所で、支援をうけられなかたときに、

もう、おれは、わたしは、どうすることもできないと思うわけです。



そんな方々へ向けて、「相談できる場所ですよ」と、出向くことが重要です。




失業して、福祉へ相談に行ったら「もっと頑張りなさい」と言われて、
頑張ったけどもアパートから追い出されたような方が、いま、たくさんいます。
どこに相談に行ったらいいかもわからず、

それはどうなるかというと、

自殺を選択します。

警察庁の統計では、「浮浪者」の自殺の年間人数が出ていますが、
上記のような形で自殺した方は、「浮浪者」には含まれませんので、もっともと多いはずです。
(それでも200名に1名の割合で自殺しています)


どこに相談したらいいかわからなくなった方にとって、
炊き出しは、最後の砦です。

はじめてホームレス状態になった方々は、周りのホームレス状態の方々に「炊き出しがある」と教えてもらうのです。

こうして炊き出しに来た方が、相談していいんだと思える。
そういう場所なのです。




「相談していいんだ」と思ってもらえるように、する必要があります。





そんな気持ちをつくるための仕掛けが、炊き出しにはたくさんあります。

炊き出しという場は、傷つきすぎた方が、

もう一度元気になろうと思えるための仕掛けが、たくさんあります。



8月26日、国の自殺対策を行う機関で、「ホームレスと自殺」について、講師として呼んでいただきました。

一人でも多くの方が助かりますよう。
苦しみから助かればと願います。
[PR]
by tenohasi | 2009-08-17 18:55

豊島区長からの回答(全文)

tenohasiからの申し入れに対する回答が郵送されてきました。
担当部署にも確認して、全文を掲載します。

私たちの見解はまたこの次に・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成21年8月12日(水)

特定非営利活動法人TENOHASI
代表理事 森川すいめい様
副代表理事・事務局長 清野賢司様

「炊き出しについての申入書」について(回答)

豊島区長 高野之夫(区長印)

日頃より、区政にご理解とご協力いただきありがとうございます。
平成21年7月28日にお受けしました上記のことについ来まして、別紙のとおりお答えします。

1.ご要望いただいております配食等の場所の存続についてですが、豊島区内の公園・児童遊園等にはふさわしい提供場所が見あたりません。
 理由として、公園等の狭さと、住宅の接近があります。 
 1人あたりの公園面積が23区の平均で4.49平方メートルであるのに対して、豊島区は再開の0.74平方メートル(畳半分以下)で、もっとも大きな公園でも0.8haしかありません。そのうち広場として使うことができるのは全体面積の半分程度です。限られた敷地の中で数百人の人が定期的に集まると言うことは、それだけで公園の許容量を超え、一般の方々の利用を妨げる状況となってしまいます。
 また、池袋駅周辺の公園では、マンションや住宅が隣接していることから、これまでも路上生活の方たちの滞留、飲酒、不法占用等に対して、公園周辺住民からの苦情が寄せられ、対応に苦慮しております。代替場所として近隣のご理解を得るのは難しと思われます。
 同様に、公園以外の学校跡地や他の公共施設につきましては、敷地面積が狭いこと、区民利用が頻繁に行われており、住宅が隣接している等の理由から代替場所としての利用は困難です。
 ご希望に添えず申し訳ありませんが、ご理解をいただきたくお願いいたします。

 ただし、区として支援団体の活動を決して否定するものではなく、今後も路上生活者の問題については検討を続けてまいります。

2.地元住民の苦情や反対を貴団体に伝えることについては、これまでに寄せられた意見についてプライバシー保護に十分に配慮し、地元のご理解を得たものを8月4日(火)に貴団体にお渡ししました。今後も寄せられた意見につきましては、同様に対応してまいります。
[PR]
by tenohasi | 2009-08-14 15:16 | お知らせ

炊き出しボランティア日記Vol.9

8月8日(第二土曜日) くもり

この日は年に一度の夏祭り。

スケジュールは、こんな↓感じで行いました。
f0021370_2234241.jpg

以下、今回は夏祭りの雰囲気を沢山の写真でお送りします!

お昼に出したソーメン(30kg!)
f0021370_22353145.jpg

f0021370_2237139.jpg
f0021370_22364387.jpg

慰霊祭準備中
この後、みんなでブルーシートにすわり、1年間池袋でなくなった方々を追悼しました。
f0021370_22384989.jpg

慰霊祭の後は、ゲーム開始!(全部同時にやってました)

スイカ割り、棒で殴られるのをおとなしく待っているスイカ
f0021370_22412888.jpg

割ったスイカは切っておなかの中へ。黄色、赤と2色のスイカがありました。
f0021370_2242915.jpg

木陰に路上シアター設置中
f0021370_22425868.jpg

ヨーヨーつり、あそびにきた子供ががんばって釣ってました
f0021370_22461110.jpg

ダーツ、去年、的が壊れてしまったので、今年は新しくマグネットタイプを買ってみました
f0021370_22464225.jpg

射的、去年は距離が短すぎて、どんどん当てられてしまったので、今年は遠くなりました。
f0021370_2247193.jpg

夏祭り用の箱の中からベーゴマが出てきたので、急遽ベーゴマ台を設置
若い人は年配の方に教えてもらいつつチャレンジ!
みんなに大人気でした。
f0021370_22453797.jpg

1年に2度だけのカレー・・・なのですが、カレー自体を写真に取るの忘れた(!)ので
材料の写真でお送りしております
f0021370_22473481.jpg

夕方の配食時にくばったお土産。(中身は新品の下着や歯ブラシ、石鹸などの衛生セット)
f0021370_22481976.jpg

さて、今回は夏祭りということでmixiのコミュニティに告知を出したり、いくつかの
メーリングリストにお誘いを流した結果、新しくきてくださった方は7名。

公園の閉鎖に伴う炊き出し継続問題を取り上げてくださっている方のブログを見て
きて下さった方や、NHKボランティアネットを見て来ていただいた方もいました。

結果、炊き出しボランティア数は団体さんがいなかったにも関わらず49名にもなり、
とてもにぎやかなお祭りとなりました。

普段どおり医療班、福祉班、鍼灸班の活動もあったので、これらの方を入れて、
すべてのボランティアスタッフ数は66名でした。
f0021370_23295885.jpg

てのはし(TENOHASI)のボランティアは、

一回きりでもok
アポなしok
できる時間でok

です。

午前中だけとか、午後2時間だけとか、全然okです。

見学+α程度に軽くやりたい方は16時あたりからの配食作業などがお勧めです。
逆にがっちりみっちりやりたい方は午前中からがお勧めです。

炊き出しや夜回りの日程など基本的な情報は【tenohasiホームページ】をご覧ください。

ボランティア受付担当 シロクマ

過去のボランティア日記:
【2009/04/11 炊き出しボランティア日記Vol.1】
【2009/04/25 炊き出しボランティア日記Vol.2】
【2009/05/09 炊き出しボランティア日記Vol.3】
【2009/05/23 炊き出しボランティア日記Vol.4】
【2009/06/13 炊き出しボランティア日記Vol.5】
【2009/06/27 炊き出しボランティア日記Vol.6】
【2009/07/11 炊き出しボランティア日記Vol.7】
【2009/07/25 炊き出しボランティア日記Vol.8】

---
f0021370_23183438.jpg

炊き出し継続問題についての記事は↓こちらから(ぜひ一度ご覧ください)
【炊き出しがピンチです!】
【高野之夫豊島区長への申し入れ書(2009/07/28に提出)】
【添付資料1 TENOHASIの活動と、炊き出しの必要性について(2009/07/28に提出)】
【添付資料2 炊き出しと医療支援について(2009/07/28に提出)】
【公園周辺の事業所への聞き取り調査をしました。(2009/08/06に実施)】
[PR]
by tenohasi | 2009-08-09 23:25 | 炊き出しボランティア

公園周辺の事業所への聞き取り調査をしました。

みなさま

火曜日に豊島区の公園緑地課から、「南池袋公園および支援活動に対する意見概要(その1)」という、炊き出しと路上生活者に関する苦情の一覧を受け取りました。そこには
・ホームレス対策をお願いする。
・ホームレスのいない公園は地域からの要望
・彼らは街への迷惑を考えていない自分たちの理屈で支援活動をしている。
・地元は炊き出しを認めていない。即刻やめるべき。
など、地元から出たという44件に及ぶ苦情が書かれていていました。なかなか厳しいものがあります。

 これは大変だ、本当にみんながそう思っているなら炊き出し継続は難しいし、迷惑をかけていたら謝るべきだ、と思って、昨日、南池袋公園の周辺の事業所(飲食店・寺院・予備校他)を訪問し、併せて住宅には苦情の連絡先を書いたチラシを入れてきました。
 いろいろなお店から、炊き出しについて怒られたり嫌みを言われたりするのを覚悟していたのですが、ところがびっくり、ほとんどの店で「迷惑になっていることは何もない」と言うお答えでした。

 話すことができた28事業所中、金曜日の炊き出しに対する具体的な苦情が3件がありましたが、TENOHASIが行っている土曜日の炊き出しに対する具体的な苦情はなんと0件、両方の炊き出しに対する不安や批判などは2件、逆に応援や支援の声も2~3件ありました。

 丁寧に低姿勢でお話ししましたが、我々は一部ではヤクザと思われているらしいし、そうでなくても突然やってきた人に文句は言いにくいでしょう。
それを割り引いても、いったいあの大量の苦情はどこから来たのでしょうか。

 テレビ朝日の記者が独自に聞き取った内容も、子供が公園で遊びにくい、金曜日に公園の周りに人があふれて迷惑、と言った声があった程度で、特に公園に近いほど苦情がないという奇妙な逆転現象があったそうです。

 一番びっくりしたこと。あるお店では、店主が元・民政委員だそうで、なんと自分で年末年始には公園にテントを張って路上死を防ぐ越冬活動をされていたとのこと。思いがけず激励されて、案内してくれたaさんと一緒に涙ぐんでしまいました。もっと早くから地域回りをしておくべきだったと思いました。

 地元の皆さんの理解と支援を受けながら、炊き出しを継続したいと言う気持ちが更に強まりました。
 来週には、豊島区からの回答が来ることになっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
南池袋公園での土曜日の炊き出しについて、公園隣接街区の事業所への聞き取り調査結果

1.実施日 2009/8/6(木)

2.聞き取り者 特定非営利活動法人TENOHASI 理事 清野賢司・坂内孝雄

3.話した内容
「私たちは土曜日に南池袋公園で炊き出しをしている団体です。来月から公園が工事にはいるので炊き出しができなくなりますが、区役所から、炊き出しに対して地元の皆さんからの苦情が多いと伺いましたので、ご挨拶とお詫びに伺いました。
土曜日の炊き出しで、ご迷惑になっていることやお困りのことはありますでしょうか?
また、今後、炊き出しでご迷惑になることがありましたら、チラシに書いてある連絡先にご一報ください。対処いたします。」

4.聞き取り対象事業所数 28事業所
 注記
・人がいなかったり、繁忙で聞き取りできなかった事業所にはチラシを置くにとどめた。
・聞き取り内容はできる限りそのまま掲載し、聞き取り対象・聞き取り内容には一切の操作を行っていない。
・区役所に提出した書類には、事業所の地番・名称・聞き取り対象者が記載してあるが、プライバシー保護のためここでは削除してある。

5.聞き取り結果

*1 聞き取り対象事業所の業種
 2 「南池袋公園の土曜日の炊き出しで迷惑している・困っていることは?」に対する回答

・この店はここで25年やっている。昔は、年末年始には公園でテントを張ってそういう人たちを助けたりしていた。怪獣の滑り台のところで凍死した人もいたから。病気の人を区役所に連れて行って池袋病院に入れたこともあったけれど、そういう人はよくなるとすぐ出て行ってしまうんだよね。皆さんの活動は応援している。がんばってください。
・何もない。
・何もない。暑い中ご苦労様。
・何もない。
・うちは何もない。
・何もない。
・何もない。
・何もない。
・うちは離れているから何もない。
・何もない。
・何もない。
・金曜日の炊き出しでは、人が公園沿いの道にたくさんたまって迷惑。パーマ屋の客が嫌がっている。土曜日については何もない。
・若い学生や先生もいるので、ホームレスがたくさんいるとちょっと怖いというイメージはある。何もないとは思いますが。お酒とか出していないですよね。
・金曜日の炊き出しでは、寺の門の前に並んだり、もらったものを食べて散らかす。対応を再三申し入れているが変わらない。この辺の寺はみんな困っている。確かにプラカードを持って立ったりしているが、寺の前に居る人をどかそうともしない。土曜日については何もない。
・何もない。大変ですね。
・何もない。
・何もない。
・何もない。できることがあれば協力したい。
・何もない。
・金曜日は、生徒が自転車を置いている校舎脇の道路に座り込んで、生徒が自転車をおけなくなるのが困る。土曜は、人が公園の中に入ってしまうから何もない。
・何もない。
・何もない。
・大きな音が出て授業の妨げになったりすれば対応をお願いするが、そういうこともないので特に困ることはない。
・何かあったら対応すると言うけれど何をするのか? 私は、将来を担う子供たちが公園で安心して遊べるようにしたい、それだけ。その意味を考えて欲しい。
・何もない。
・何もない。工事でできなくなるのは残念だよね。
・何もない。
・何もない。

6.まとめ 28事業所中

金曜日の炊き出しに対する具体的な苦情  3件
土曜日の炊き出しに対する具体的な苦情  0件
両方の炊き出しに対する不安や批判など  2件

文責 清野賢司
[PR]
by tenohasi | 2009-08-07 23:21

8月8日は夏祭り・慰霊祭です!

みなさま

ボランティア受付担当のシロクマです。

炊き出しの継続について色々と動きがありますが、日々の活動は変わらず
続けていきます。

さて、今度の炊き出しである8月8日(土)は「てのはし」のイベントのひとつ、
夏祭り・慰霊祭となっています!

簡単なタイムスケジュールは以下になります。

イベントだけの参加も大歓迎です。
ぜひ、お子さんも連れて遊びに来てください!

12:00 そうめん配食
13:00 慰霊祭(この1年間、池袋で亡くなった方々を追悼します)
14:00 イベント
 スイカ割り、映画上映、ゲーム(射的、ダーツ、ヨーヨーつり)
16:30 カレー配食(お土産も配ります)

初めての方はもちろん、最近来られていない方も、年に一度のこのイベントに
参加しませんか?

お祭りですので普段よりも、よりいっそう参加しやすい雰囲気です。

もちろん夏祭りといっても、いつもの、

一回きりでもok
アポなしok
できる時間でok

は、変わりません。

慰霊祭だけ参加したい、その他スイカ割りだけとか、そうめんの配食の手伝いだけとか、
全然okです。大歓迎です。

ぜひこの機会に炊き出しの現場にお越しください。

よろしくお願いします。

最後にひとつだけ夏祭り限定のお願いが。

来ていただける方、「氷」を持ってきていただけると大変助かります。

お昼に出すそうめんやスイカ、飲み物を冷やすのに大量に必要です。
いくらあっても困りません。
ペットボトルや紙パックで氷を作ってお持ちいただけると大変助かります。


以前の夏祭りの様子はこちら↓からどうぞ!
【2006年の夏祭りの様子】
【2007年の夏祭りの様子】

---

f0021370_23183438.jpg

炊き出し継続問題についての記事は↓こちらから(ぜひ一度ご覧ください)
【高野之夫豊島区長への申し入れ書】
【炊き出しがピンチです!】
【添付資料1 TENOHASIの活動と、炊き出しの必要性について】
【添付資料2 炊き出しと医療支援について】
[PR]
by tenohasi | 2009-08-04 00:01 | 炊き出しボランティア