<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「アリ地獄のような街」上映会&トークセッション お申込みありがとうございました。

≪アリ地獄のような街」上映会&トークセッションのご報告≫

当日は、師走の平日夜という大変お忙しいなか、83名の方がご参加くださいました。

いらしてくださった方々、本当に本当にありがとうございました。

至らぬ点も多々あり、ご期待に添えなかった部分も多かったかと思います。申し訳ありませんでした。


当日 昼間 スタッフ向け上映会

f0021370_2431100.jpg


おなじみのカフェ「ワンダーグレープ」のスペースをお借りして、スタッフ向けの上映会を開催しました。
これで、夜の上映会では、しっかり働いてもらえます!


夜の上映会

急なプログラムの変更、席の配置、トークセッションの流れ等で、ご不快に感じられた方もいらっしゃったと思います。大変申し訳ありませんでした。

それでも、TENOHASIは皆様と一緒に映画を観て、問題を身近に感じ考えることで、今回たくさんの方と接することができ、とても良い経験をさせていただきました。
本当にありがとうございます。


会場のエクマットラのパネル

f0021370_2594629.jpg


f0021370_30660.jpg


トークセッションの様子

f0021370_2545521.jpg


トークセッションの進行が至らなく、皆様のご期待に添えず申し訳ありませんでした。
時間も短く、伝えたいことが伝えきれず、またお聞きしたいことがお聞きできず、悔やまれることは多々ありますが、この時間が皆様にとって、身近にある問題について考える機会となりましたら幸いです。

また、「今回伝えられなかったこと」の一つに、「バングラデシュ」の美しさがあります。これはきっと渡辺大樹さんも同じだと思います。

「川の国」と表現されることもあるこの国には、ヒマラヤに水源をもつパドマ川(ガンジス川)等たくさんの川が流れ、潤ったとてもきれいな国です。
川による水害に悩まされながらも肥沃な土壌を形成する恩恵を受け、大地にはたくさんの作物が育ちます。稲が穂を垂れ、見事に実る景色は「黄金のベンガル」とたたえられ、それは多くのバングラデシュ人の原風景となっているでしょう。

また、人々は優しく、たくさんの方が笑顔で話しかけてくれるでしょう。

初めてその国に足を踏み入れたら、今回の映画にあったような光景を一度も観ることは無いかもしれません。

だからこそ、この映画があるべきだと、この映画を製作したエクマットラを心から尊敬し、そして感謝いたします。

物事は、決して一つの方向から見ただけではわからないのだということを、どんな活動に関わるとしても、しっかりと心に留めておかなければならないと、改めて思いました。


最後に、上映会にご協力くださった皆様、心よりお礼申し上げます。


上映会担当 なべ子




=『エクマットラ×TENOHASI』コラボ企画=

映画「アリ地獄のような街」上映会&トークセッション(エクマットラ渡辺大樹氏×TENOHASI代表森川すいめい)


なんと、12月のTENOHASIイベント盛りだくさんの時期に、今年は映画の上映会も企画しております!

普段考える「路上」のことにプラスして、隣にある世界のこと、隣にいる子供のことについても考えてみませんか?


【日時】12月15日(火)18:30~21:00

【場所】豊島区立勤労福祉会館
http://www.toshima-mirai.jp/center/e_kinrou/

【プログラム】
 開場 17:30
 上映 18:30~(本編上映は18:50~)
 トークセッション 20:10~21:00

【定員】80名(先着順)

【参加費】前売り・事前予約/1,000円  当日/1,200円
*申し込みをされた方は、前売り扱い(1,000円)に致します。

【申し込み先】
①お名前②お電話番号③ご所属④人数をご明記のうえ、お問い合わせよりお申込みください。

お問い合わせは、てのはしホームページ
からお願いします。

バングラデシュのNGOエクマットラ。

彼らが長年の時間を費やし制作した首都ダッカのストリートチルドレンの現実を描いた話題の映画「アリ地獄のような街」。
今月の横浜での劇場公開に続いて、わがTENOHASIでも映画上映を企画いたします。

上映会とあわせて、池袋とバングラデシュという二つの違う場所で「路上」の問題に関わる、TENOHASI代表の医師森川すいめい・エクマットラ渡辺大樹氏のトークセッションも行います。
日本のこと、貧困のこと、海外のこと、そしてそれらに関わる人々のこと、たくさんの視点で「路上」に関する想い「人に関わる気持ち」を知り共有できるのは、数ある上映会の中でも、ここだけです。

少しでもご興味のある方のご参加を心よりお待ちしております。
[PR]
by tenohasi | 2009-11-28 07:20 | お知らせ

教材DVD“「ホームレス」と出会う子どもたち”完成記念上映&トークライブ

f0021370_8453969.jpg


みなさま

頻発する路上生活者への襲撃事件をなくしたい、
そのために、学校で「ホームレス」問題を教えてほしい、
でも、いい教材がない・・・・

そんな悩みを解決すべく、仲間と共に1年がかりで制作した教材用DVDがついに完成しました。
そのお披露目上映会を、11月21日に行います。
tenohasiの夜回りも一瞬だけ映ります。
ぜひお越しください。

事務局 s

*********************************************
   Meet The Homeless People!
 教材DVD“「ホームレス」と出会う子どもたち”
   完成記念上映&トークライブ
*********************************************

「ホームレス」ってなんだろう? どんな暮らしをしているの? どうして「ホ
ームレス」になるんだろう?
そんな子どもたちの疑問に応え、ホームレス問題を理解するための「教材用DV
D」が、ついに完成しました!
 路上生活に追いつめられた人々への差別や偏見、子どもたちの襲撃やいじめを
なくすため、まずこの映画を通して"「ホームレス」と出会う"ことから始めませ
んか?

【東京会場】
2009年11月21日(土)  14時~17時
早稲田奉仕園You-Iホール
(東京都新宿区西早稲田2-3-1 電話03-3205-5411)
アクセスについては下記ホームページをご覧下さい。
 URL http://www.hoshien.or.jp/

トークライブ出演
飯田基晴(『「ホームレス」と出会う子どもたち』プロデュース)
北村年子(ホームレス問題の授業づくり全国ネット共同代表)
鈴木隆弘(清和大学教員)
清野賢司(東京都教員/NPO法人TENOHASI事務局長)


【大阪会場】
2009年11月28日(土)  14時~17時
大阪人権博物館 リバティおおさか
(大阪市浪速区浪速西3-6-36 電話06-6561-5891)
JR環状線「芦原橋駅」下車 南へ約600メートル
JR環状線・大和路線「今宮駅」下車 西へ約800メートル
 URL http://www.liberty.or.jp/

トークライブ出演
神吉良輔(『「ホームレス」と出会う子どもたち』撮影・構成・編集)
生田武志(ホームレス問題の授業づくり全国ネット共同代表)
北村年子(ホームレス問題の授業づくり全国ネット共同代表)
荘保共子(カトリック大阪大司教区こどもの里館長)

◆会費◆ 両会場とも500円
(18歳以下の子どもと「ホームレス」当事者は無料)
◆主催◆ ホームレス問題の授業づくり全国ネット
URL http://class-homeless.sakura.ne.jp/
◆問い合わせ◆ Tel 090-8795-9499
E-Mail net@class-homeless.sakura.ne.jp

*********************************************

●「ホームレス問題の授業づくり全国ネット」製作 教材用DVD
 “「ホームレス」と出会う子どもたち” (紹介文&注文申込先)
 
「なぜ道ばたや公園で寝ているの?」「ホームレスの人たちは、なまけているの?」・・・「ホーム
レス」の存在を知った子どもたちが抱く疑問に、真正面から答える「教材用DVD」ができました。
「ホームレス」への偏見・差別をなくし、全国で多発する「子どもたちによるホームレスいじめ・襲
撃」という「最悪の出会い」を、希望ある「人と人としての出会い」へと転換していくために、全国
の学校でこの映像を使った授業が取りくまれることを切に願います。

【本編 30分】なぜ若者や子どもによる「ホームレス」襲撃が起きるのか? 大阪・釜ヶ崎にあるこ
どもの里が行う「子ども夜まわり」の活動を軸に、参加する子どもたちの変化、ホームレス生活を送
る鈴木安造さん(64歳)の仕事や生活、その思いに迫る。さらに「ホームレス」襲撃問題をとおし
て、居場所(ホーム)なき子どもたちの弱者いじめの問題を問い直す。

【応用編 45分】①本編にも登場する元・野宿生活者の川口猛さん(66 歳)が子どもたちに語る人
生。貧しかった子ども時代、野宿生活へいたった背景、野宿生活を脱した現在の思い。
②釜ヶ崎の「こども夜まわり」の活動を詳細に撮影。野宿の人との会話。子どもたちによる夜
まわり実演、学習会、はじめて夜まわり活動に参加する人の体験談など。

※本編は1~2時間の授業で、応用編は3時間以上の授業での使用を想定して制作しています。どちら
も、子供たちの胸に響く生の声で構成されています。

■申込先 TEL&FAX:06-6645-7778(こどもの里)
■メールアドレス:net@class-homeless.sakura.ne.jp
■金額: 2800円・冊子付き(税込・送料別)
■販売開始日: 11月21日発売予定
■販売元:ホームレス問題の授業づくり全国ネット
■連絡先:神奈川県横浜市港北区篠原台町36-28-603映像グループ ローポジション方
■ホームページURL:http://class-homeless.sakura.ne.jp/

※「ホームレス問題の授業づくり全国ネット」について
子どもや若者たちによるホームレス襲撃を防ぐために、支援者・メディア関係者・教員などによって
2008年11月に結成。「襲撃・いじめ」といった、子どもたちとホームレスの人々の「最悪の出会い」
を、希望ある「人と人としての出会い」へと転換していくために、襲撃問題を解決するための取りく
みや、学校での「ホームレス問題」の授業・教育活動の実施、教材作成などに取りくんでいる。

…………「ホームレス」と出会う子どもたち DVD 予約フォーム…………

お名前
住所 〒
電話番号
メールアドレス
職業・所属(任意)
購入本数

※ご記入のうえ、下記、申込先メールアドレスまで。
net@class-homeless.sakura.ne.jp
[PR]
by TENOHASI | 2009-11-01 08:51