<   2013年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

なんと、TENOHASIを題材にしたお芝居が上演されます。

f0021370_20111644.jpg
2月27日(水)から3月3日(日)まで、六本木俳優座劇場で「からまる法則」というお芝居が上演されます。

題材はホームレス支援。舞台はシェルター。

池袋から東武線で15分ほどのところにある「劇団銅鑼(どら)」の脚本家・役者の皆さんがTENOHASIを訪れて、そこでの知見を基にこのお芝居を作られました。

登場する支援団体が「かけはし」と言う名前というところ(第一稿段階)だけでもちょっと気恥ずかしいのですが、劇団の皆様が私たちの現場で何を感じ、どのように劇化されたか、興味は尽きないところです。

一般5000円学生4000円とちょっとお値段が張るのですが、まだ席には余裕があるそうですので、ぜひご覧下さい。

あ、いまメールが来ました。
「チケットをお電話でお申し込み頂く時に、てのはしから公演の事を知ったとおっしゃって頂ければ、一般券、学生券とも500円割引にさせて頂きます」
とのことです!ぜひとも「TENOHASIから・・・」とおっしゃってください。

f0021370_20101756.jpg

以下、劇団HPより
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ホームレス。支援。あの、ここで?

そういうの、ここでやるんですか?



企業弁護士・真理子のもとに、幼くして別れた父が病気だという知らせが届く。かつて住んでいた家を訪ねてみると、そこはホームレス支援団体の拠点となっていた。

炊き出しに集まる人たち、保護されている人たち。

思ってもみなかった父の生き方に戸惑いをかくせない真理子。

そこに現れた一人の男。

いったい何なの・・・?


【企画にあたって】

都会の公園でのホームレスの方への炊き出しの是非をめぐって、若者や活動に反対する近所住民など、様々な人々がぶつかりあい、からまりたくないのにからみあい、繋がっていく物語です。

ホームレス支援をモチーフに、共生・人間再生・家族の再生を描く心温まる感動の物語です。

震災を経験した今、生きる意味をあらためて見つめ直してみたい。

そしてこの舞台を観てくださった人たちの心に、ちいさなエネルギーが生まれてくる事を願って上演します。

出演者は、炊き出しボランティア・夜回り体験を経て、稽古中です。

ぜひ、お誘い合わせの上、ご来場下さい。

『池袋モンパルナス』『Big brother』 『はい、奥田製作所。』の小関直人が、松本祐子(文学座)と初顔合わせにして・・・かっ、からまる!?
[PR]
by tenohasi | 2013-02-05 20:20 | お知らせ