<   2014年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「マッチョな回復なんかいらない」(5/27現在)

こんな催しものあります!

「回復のありかた」について考えてみたい。

NPO法人 ダルク女性ハウス主催/NPO法人 リカバリー共催
     :当事者と家族,そして市民のためのシンポジウム

  人も自分も信じることができないし,
信じるっていうこと自体が分からない.能書きばかりでちっとも身体は動かない.
頭はちょっとの情報ですぐにパンパンだ.

 それでも回復なのか?それは回復なのか?

 なんにも持てない,何者にもならない「回復のありかた」について考えてみたい.

 アルコールやクスリ,食べ物やひと,ギャンブルや仕事.
私たちの周りにはいつだってコントロールを失ってしまいそうなモノが溢れている.

 生き延びるために使ってきた嗜癖(アディクション)を手放した先に何があるのか?
酔わなくたって,本当に生きられるのか?
シラフになり始めた時に感じる怖さに,立ち向かわなくていいのか?

改めていま,回復について考えるシンポジウム.

日時:2013年6月25日(火曜日)
18:30開場 19:00開演(21:00終了)

会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
     センター棟405号室(東京都渋谷区代々木神園町3-1)

シンポジスト:近藤 恒夫(日本ダルク)VS.
   信田 さよ子(原宿カウンセリングセンター)

司会:大嶋 栄子(NPO法人リカバリー)

参加&お問い合わせ:当事者および家族は無料です. 
            それ以外の方は資料代500円を当日お支払いださい.
            先着80名で締め切りといたします.

ダルク女性ハウス:電話(03)3822-7658

以上です。
事務局
[PR]
by tenohasi | 2014-05-27 20:22 | お知らせ

セクシャルマイノリティから見る貧困問題(5/27現在)

こんな催しものあります。

制度があっても使えない?
セクシュアル・マイノリティから見る貧困問題 -こんな切り口もアリじゃない?
                        視野を広げる反貧困ネットワークセミナー

生活困窮者のなかには一定数のセクシュアル・マイノリティがいて、
セクシュアル・マイノリティのなかには一定数の生活困窮者がいる──
でも、それが見えにくくなっているのはなぜだろう?

 同性パートナーや性別違和のことを打ち明けられる? 
打ち明けても対応してもらえる? 扶養照会というけれど、「家族」ってなに?

 貧困問題とセクシュアル・マイノリティとの交差点に見え隠れする
、HIV/エイズや依存などの重要なテーマ。
その相談事例をもとに、支援の現状 と課題を描き出し、
対応の切り口について参加者とともに考えます。

 支援現場の知見や当事者の声からは、
本当は多様な人が暮らす社会に共通する課題が見えてくるかもしれません。

 貧困やセクシュアル・マイノリティ関連の活動にたずさわっている人や関心がある人、
まだよく分からない!という人も、気軽にご参加ください。
 (主催者から)

★ 会場では、貧困やセクシャル・マイノリティに関する情報コーナーや、
「こもれびコーヒー」スタッフによる、
フェアトレードの自家焙煎コーヒー(有料)の提供があります。

日時: 2014年6月15日(日)14:00~16:30(開場13:00)
会場: 戸塚地域センター7F 多目的ホール
(東京都新宿区高田馬場2丁目18番1号)
JR山手線・東京メトロ東西線・
西武新宿線高田馬場駅より徒歩3分

参加方法: 申込み不要・無料

主催: 反貧困ネットワーク

ウェブサイト:
http://antipoverty-network.org/

共催:特定非営利活動法人ぷれいす東京、特定非営利活動法人自立生活サポートセンター・もやい

以上です。

事務局
[PR]
by tenohasi | 2014-05-27 20:14 | お知らせ

「住まいは人権デー」のご案内(5/22現在)

住むところのあること、安心して生活できる住まいのあることは、
本来だったら当たり前であるはずですが、
そうではない現実と、われわれTENOHASIも向き合って
日々活動しています。

「居住する権利」は「基本的人権」であるとして
毎年6月に「住まいは人権デー」が開催されていますが、
今年は下記の通りイベントが開催されます。

あいにく、6月の第二土曜日の炊き出しと
日程が重なってしまうのですが、
ご興味のあるかた、また、お知り合いのかたなど、
お誘いあわせの上、
お気軽にご参加ください。


2014年 「住まいは人権デー」ミーティング & パレード

日時: 2014年 6月 14日 (土)
★ミーティング 午後1時30分~午後3時15分
★パレード 午後3時30分~午後4時45分

会場 : 渋谷区勤労福祉会館2階第1洋室
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kinro.html

★ミーティング
【資料代500円(払える人のみ)】 

Ⅰ.記念講演 「アベノミクスと居住の格差・貧困―住まいと生活の権利の視点から」
 ―大泉英次・追手門学院大学経済学部教授(日本住宅会議理事、前和歌山大学経済学部教授)

Ⅱ.各分野からの報告とスピーチ 
 国民の住まいを守る全国連絡会、追い出し屋対策会議、東京借地借家人組合連合会、
反五輪の会など、各分野からの報告とスピーチを予定

★パレード 予定コース
会場(勤労福祉会館)⇒神南郵便局前⇒山手線ガード⇒宮下公園横パレード⇒明治通りへ⇒
明治通りを直進パレード⇒原宿駅・明治神宮前下へ⇒東急プラザ、竹下通り横を通過し⇒
原宿署前を右折しパレード⇒神宮前3丁目交差点を左折⇒外苑西通りをパレード⇒
都営霞ヶ丘アパート横へ⇒ 明治公園     (解散)

【開催団体】日本住宅会議、国民の住まいを守る全国連絡会、住まいの貧困に取り組むネットワーク

【連絡先】NPO住まいの改善センター 
TEL03-3837-7611 FAX03-3837-8450 

<「住まいは人権デー」の趣旨>

1996年の6月にトルコのイスタンブールで第2回国連人間居住会議が開催されました。
一般に「ハビタットⅡ」と呼ばれている会議で、世界171ヵ国から政府代表団、
国連の機関、市民代表(NGO等)などが参加して、6月3日から14日まで
いろいろな議論が交わされました。(注・6月14日に宣言採択) 

その結果、「居住の権利」という新しい概念を、
独立した「基本的人権」として位置づけることが世界各国によって
承認されました。そして、その政策的実現を、
それぞれの政府が自国の住宅政策の最重要課題として努力することを確認し合いました。

日本住宅会議編「住まいは人権」(かもがわブックレット・1997年8月発行)から  

※1998年から日本における「住まいは人権デー」の取り組みが、
主に街頭宣伝によって実施され(毎年6月14日に開催)、
2009年に、住まいの貧困に取組むネットワークが発足し、
同年から国民の住まいを守る全国連絡会(住まい連)、
日本住宅会議、ネットワークの3者による「住まいは人権デー」を実施しています。

以上です。
事務局
[PR]
by tenohasi | 2014-05-22 20:24 | お知らせ

森川代表語る(NHK「視点・論点」)(Yahooニュース)

森川代表が、
下記の通りメディアにて、2つのテーマで語っています。

◇NHK 「視点・論点」 5月19日(月)4:20~放送苦悩する高齢者ホームレス

「視点・論点」HPより引用 ↓
さまざまなテーマについて、専門家や有識者及び、
新進気鋭の若い論者が出演し、自由な視点で語るオピニオン番組。
出演者がカメラに向かって直接語りかける、いわゆるストレートトークのシンプルな演出。
テーマは『苦悩する高齢者ホームレス』。
【出演】精神科医 森川すいめい

放映日前にお知らせすることが出来ず申し訳ございません。
NHKオンデマンドの下記URLにて視聴可能です。(ただし有料。108円)
  ↓
http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2014055897SC000/?spg=P200900032200000


◇「ごみ屋敷」対策法案 野党4党が提出についてへの見解
yahooニュース (5月16日)
  ↓
http://bylines.news.yahoo.co.jp/morikawasuimei/20140519-00035483/
こちらは現在(5/20)もオンライン上で読めます。

多くのみなさまに、ホームレス問題、またそれに関連する社会問題に
ご理解を頂ければ幸いです。

事務局
[PR]
by tenohasi | 2014-05-20 18:22 | お知らせ

5/17「STOP!子どもの貧困」集会・パレードのご案内(5/14現在)

直前のご案内すみません。

「子どもの貧困」がテーマの、下記の催し物が開催されます。

5月17日「STOP!子どもの貧困 東京ユースミーティング」

こんなにつらく苦しい思いをしている子どもたちに、
さらに何重もの不利を負わせたくないんです!
私たちとともに生きていくすべての子どもたちが
未来に希望がもてる社会を実現するために、
あしなが育英会の大学奨学生らが中心となり、
子どもの貧困対策をすすめるための集会・パレードを実施します。
ぜひ、ご参加ください。

326万人。6人に1人の子どもが貧困状態の日本。
その割合は増え続け、放置しておけば、さらに増え続けるでしょう。

大人になっても貧困のままという連鎖を「ほっとけない」学生たち。
全国各地で、学習支援などに多くの学生たちがすでに動き出しています!
同世代として、つらさを抱えながら生きている子どもたちとともに生きていきたい!

札幌・仙台・名古屋・大阪・広島・福岡など各地でユースミーティングを企画していきます。
オープニングは、5.17東京@日本青年館
子どもの貧困対策に学生たちの声や意見をぜひ活かしてほしい!!
大臣や各政党代表に直接、私たちのアツイ・熱い想いを伝えたい!!!
ご賛同いただける幅広い世代の方々のご参加を心からお待ちしています。

http://t.co/Wb3Dj1vrye

開催概要

◆日時 5月17日(土)午前9時~11時
◆会場 日本青年館 中ホール  
    JR「千駄ヶ谷」・地下鉄「外苑前」・「国立競技場前」下車徒歩約10分
◆主催 STOP!子どもの貧困ユースミーティング実行委員会・あしなが育英会
◆内容
【第1部】全国各地の学生たちによるリレートーク
【第2部】当事者や支援者の訴え、子どもの貧困対策の要望、大臣、国会議員(各党代表)のご発言など。
集会終了後、表参道・原宿・渋谷をパレードします。解散は、渋谷駅周辺の公園13時予定です。

<ご連絡先>
あしなが育英会 〒102-8639 千代田区平河町1-6-8 平河町貝坂ビル3F
E-mail:stopcpjp★gmail.com  
             (★を@に変えて入力してください)
(FAX(03)3221-7676

お申込み方法

5月15日(木)までにE-mailかFAXで以下の内容をご記入してお申し込みください。
1.お名前
2.ご所属(学生・社会人・保護者・その他)
3.お住まいの都道府県
4.E-mailまたはFAX番号
6.ご意見・ご要望など(ご自由に)


子どもの貧困対策 主な要望骨子(素案)

■さまざまな実態調査・研究・分析などで「子どもの貧困」の見える化を
■給付の高校奨学金の増額・大学や専門学校の奨学金をすべて無利子に
■遺族年金・児童扶養手当などの支給期間延長・児童扶養手当の多子加算
■小中学生への就学援助の充実や学習支援への公費負担増額
■保護者の雇用や就労に関する支援の充実、家族への「食」の提供支援
■安心できる保育の充実・医療費の助成期間の延長や助成額の増額
■子どもも保護者も相談できる人や場所を充実し、孤立させない体制を など

一緒に子どもの貧困対策「大綱案」つくりましょう!

 髙橋遼平・STOP!子どもの貧困ユースミーティング実行委員長
(中央大学3年・あしなが育英会大学奨学生)

あしなが育英会の大学・専門学校奨学生は、
2009年12月の「遺児と母親の全国大会」から毎年、
「子どもの貧困対策法」の制定を訴えてきました。
昨年3月と5月には集会とデモ&パレードを行い、
のべ800人もの方々にご参加いただきました。
そして昨年の6月、ついに「子どもの貧困対策法」が、
衆参両院すべての国会議員の賛成で成立し、
今年の1月17日に施行されました。
温かいエールをおくっていただいたみなさまに心からお礼申しあげます。

私の父は、私が中学1年の秋に亡くなりました。
自分の会社の負債を、生命保険金で返済しようとして自殺しました。
しかし、保険金はおりず、母は自己破産しました。
1日中、母は泣きました。自殺で最愛の夫を亡くした悲しみを
誰にも相談できないまま、それでも母は、
私と当時小学5年生だった妹のために、
飲食店の事務職に就き、毎日、夜遅くまで働いてくれました。
進学のためのお金がなかった私が北海道から東京の私大への
進学できたのは、日本学生支援機構とあしなが育英会の奨学金、
そしてあしなが育英会の学生寮で月1万円の寮費で生活できるためです。
父の死を無駄にしたくない、母の努力を裏切りたくない。
そう思いながら、生活しています。

しかし、あまりにもひどい子どもたちの現実を知るたびに
深く心が痛みます。子どもの貧困率は、
15.7%で326万人の子ども(17歳以下)が貧困にあえいでいます。
ひとり親世帯の貧困率は50.8%で、OECD30か国で最下位です
。お金がないだけではなく、「多くの子どもができることができない、
持っているものを持っていない」など、あらゆる機会が奪われています。
そして、貧困が親から子へと受け継がれてしまう貧困の連鎖。
この負の連鎖を断ち切らなくては!と生まれた法律が
「子どもの貧困対策法」です。
私たちの未来に明るい希望の光となるような大きな前進を、
私たちは目の当たりにしました。

しかしながら
「子どもの貧困対策法」ができただけでは、
子どもの貧困はなくなりません。
まだまだわかっていない子どもの貧困の実態を明らかにして、
どのような政策が子どもの貧困対策に効き目があるか、
などのプランが必要です。
それらを、子どもの貧困対策の「大綱」の中に書き込んでもらわなくてはなりません。

この「大綱」は、今年7月までに策定されることになっています。
そこで、これからの社会を担う学生たちが、大臣や各政党の代表に、
「ユースミーティング版大綱案」を提出したいと考えています。
もちろん、学生だけではなく、あらゆる当事者・支援者の方々、
この問題に関心を持ってくださる幅広い年齢層のみなさまにも、
私たち学生の提案をバックアップしていただきたいと心から願っています。

もう、こんなにつらく苦しい思いをしている子どもたちに、
さらに何重もの不利を負わせたくないんです!

私たちとともに生きていくすべての子どもたちが未来に
希望がもてる社会を実現するために、
実効性のある充実した大綱が策定されますように、
みなさまのご参加を心からお待ちしています!

以上です。
直前のご案内申し訳ございません。
事務局
[PR]
by tenohasi | 2014-05-15 21:34 | お知らせ

精神科病棟を住まいや施設に転換する動きに関する集会のお知らせ(5/4現在)

現在の日本では
作りすぎた精神科病棟(病床)を
住まいや福祉施設に転換する動きがありますが、
それに関しての集会が下記の通り開催されます。

◆2014/05/20 STOP精神科病棟転換型居住系施設!!院内集会[東京]

 ※病棟転換型居住系施設を考える会より

ご存知ですか?

* 世界の5分の1の精神科病床が日本にあることを!
(世界の精神科病床は185万床,そのうち日本の精神科病床は35万床)

* 先進諸国の精神科在院日数は20日前後,日本では1年以上入院者が20万人以上!

* 少ない医療従事者の配置.医師の配置基準は一般医療の3分の1!

【ぜひ ご参加ください!】

作りすぎた精神科病棟(病床)を
住まいや福祉施設に転換する動きがあります.

それは社会的入院の解決ではありません.
そして,増税された消費税で904億円
の基金(新たな財政支援制度)が設けられ,
その対象事業の中の「病床の機能分化・
連携―精神科長期療養患者の地域移行」を謳いつつ,
医療機関の病床転換の
費用が想定されています.

本集会では,
精神科病棟転換型居住系施設の
どこに問題があるのかを明らかに し,
長期入院を経て退院した人たちの生活ぶりや
退院後の気持ちなどをお伝えし
ます.そして,現在審議中の
「地域における医療及び介護の総合的な確保の促進
に関する法律案(地域介護施設整備促進法案)」について,
徹底した国会審議を求めて企画しました.

○日時:5月20日(火)正午~午後2時
※衆議院第2議員会館1階ロビーで、11時30分より通行証をお渡しします

○場所:衆議院第2議員会館・第一会議室(B1)
(〒100-0014 東京都千代田区永田町1丁目7番1号)

○参加費:無料
○定員:80名 (介助者も含む)
※事前の申し込みをお願いします。

○申込み方法:
下記必要事項をご記入の上、
メール stopbttk★yahoo.co.jp あてにお申し込みください。
(★を@に変えて入力してください)

○参加申込み記入事項
お名前(ふりがな):
介助者(人数をご記入下さい): 名
ご所属:(さしつかえなければお書きください)
ご連絡先(メールアドレス、電話番号等):

※配布資料(テキスト部分のみ)をデータで受け取りたい方はその旨明記ください。

○プログラム(予定):

  基調報告 精神科病棟転換型居住系施設の問題の本質はどこにあるのか

  私たちの声・意見を聴いてください 社会的入院を経験した当事者の立場から

  家族の立場から
  法律家の立場から
  医師の立場から

◇問い合わせ先:
病棟転換型居住系施設を考える会
(杏林大学 保健学部精神障害作業療法学研究室内)
メール stopbttk★yahoo.co.jp
(★を@に変えて入力してください)

▽病棟転換型居住系施設を考える会ブログ
http://blog.goo.ne.jp/tenkansisetu/e/b931c4c43743a97895930cd4296a4a48

病棟転換型居住系施設を考える会 声掛け人代表
池原毅和(弁護士),
伊澤雄一(全国精神障害者地域生活支援協議会),
上野秀樹(海上寮療養所),加藤真規子(こらーるたいとう),
関口明彦(全国「精神 病」者集団),
高木俊介(たかぎクリニック),長谷川利夫(杏林大学),
増田 一世(やどかり出版),八尋光秀(弁護士),
山田昭義(DPI日本会議),
山本 深雪(大阪精神医療人権センター,大阪精神障害者連絡会),
渡邊乾(全国精神 医療労働組合協議会)

当日17時よりこの問題に関する作業グループの会議が厚生労働省で開かれます
厚生労働省前行動も予定しておりますのでよろしくお願い致します

以上です。
[PR]
by tenohasi | 2014-05-04 12:00 | お知らせ