<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

4月6日(月) 放送大学でモスク炊き出しの紹介

f0021370_10394950.jpg

昨年10月に大塚モスクのみなさんがイスラム教の「犠牲際」にちなんで「牛肉たっぷりカレー炊き出し」をして下さいました。
その際に、放送大学が「世界の中の日本」ということで、モスクの皆さんと日本との関わりについて取材をされました。

その放送が
4月6日(月)19:00~19:45
「世界の中の日本」 第1回「新しい国家像を求めて」高橋和夫先生
にありますので、ぜひご覧下さい。
メインは大塚モスクの皆様の炊き出しの様子とTENOHASI・清野事務局長のインタビューだそうです。

また、第13回放送「郷に入れば四に従う~日本のイスラム教徒~」
7月6日(月)19:00~19:45
では、大塚モスクの皆様の炊き出しの様子とあわせまして、
大塚モスク事務局長のハールーンさんのインタビューが放送されるそうです。
こちらもあわせてご覧下さい。

放送大学の放送チャンネルにつきましては、関東圏は地上デジタル放送の12チャンネル、
全国ではBSデジタル放送で視聴可能ですが、
詳細は放送大学ホームページhttp://www.ouj.ac.jp/をご参照ください。
[PR]
by tenohasi | 2015-03-30 10:41 | お知らせ

生活困窮者自立支援法制定直前集会

直前のご案内になりましたが、明日3月29日(日)に、池袋で下記の集会があります。
TENOHASIも最後に登場しますので、ぜひご参加いただきたくご案内申し上げます。

生活困窮者自立支援法制定直前集会

「社会的孤立と困窮を生まない地域づくり」

【開催趣旨】
2015年4月より生活困窮者自立支援制度が施行される。この制度は第2のセーフティネットとして、これまでにない全く新しい枠組みを作ることで生活困窮を支える枠組みを作ろうとしており、生活困窮者の「自立と尊厳を支える」、「支援を通じた地域づくり」が目的に謳われています。私たちワーカーズコープは制度実施を直前に、「生活困窮者を生まない地域づくり」をテーマに、当事者主体のまちづくりと就労創出を目的に、地域に多様なネットワークをつくり広げるために今集会を開催します。

プログラム
13:00~13:20 開会の挨拶 永戸祐三(労協連理事長)
13:20~14:20 記念講演 宮本太郎(中央大学教授、生活困窮者支援全国ネットワーク共同代表)
      「社会的孤立と困窮を生まない地域づくりのために」
14:35~15:05 自治体・他団体からの激励の挨拶
15:05~16:35 パネルディスカッション 「ワーカーズコープが運営する現場からの発言(仮称)」
      「若者支援の現場から、新しい仕事おこしの可能性」せたがや若者サポートステーション
      「誰も排除されない仕事おこし:駅前清掃の現場から考えた」 西部リングス事業所
      「板橋区自立相談支援事業の立ち上げと新しい地域づくり」 板橋自立支援事業所
      「中間的就労:ジョブトレーニングの受け入れから就労へ」 神奈川事業本部
      「生活困窮者自立支援モデル事業から見えてきたこと」 埼玉就労支援事業所生活・自立相談「よりそい」
16:50~17:20 リレートーク(他団体の実践)
      ①TENOHASI・ホームレス資料センター
      ②ワーカーズコープちば
      ③神奈川から1団体
17:20~17:40 閉会の挨拶 藤田徹(センター事業団理事長)

会場 豊島区東池袋1-44-3 ISPタマビル8階大会議室 
入場無料
[PR]
by tenohasi | 2015-03-28 15:46 | お知らせ

学習会のお知らせ

「要町あさやけ子ども食堂」などの取り組みで知られる栗林知絵子さんとともに
稲葉剛さんが4月6日(月)に下記の学習会でお話します。
 アースデイ東京の事前学習会ですが、一般参加も可能です(要申し込み)。

 詳細は下記をご覧ください。

http://inabatsuyoshi.net/2015/03/24/1625

4月6日(月)
【アースデイ東京事前学習会】貧困をなくし、助けあいの経済と社会のしくみをつくる

【アースデイ東京事前学習会】

貧困をなくし、助けあいの経済と社会のしくみをつくる

―地域での住まいと子ども支援の実践現場から

日本でも世界でも、広がる格差と貧困。
日本では6人に一人の子どもが貧困状態にあり、
住まいもない「ハウジウング・プア」といわれる人たちの
状況もあらゆる世代で深刻化しています。

これらの原因はグローバルな貿易や投資、
金融のあり方や、国内における諸政策、
そしてそれを解決できない政治の無力さにもあります。
そして私たち一人一人の意識の中にも、
知らず知らずの間に「貧困は自己責任」という考えが刷り込まれ
、助け合いや「お互い様」という気持ちが欠落していっているのかもしれません。

「経済」を考える勉強会の2回目は、こうした状況の中で、
「住まい」と「地域での子ども支援」をテーマに、
現場で地道な活動を続けるアクティビストのお二人をお招きし、
貧困をなくす取り組み、人と人とが支えあえる関係と経済の
しくみづくりの実践をお聞きします。

貧困はなぜ生まれるのか、どんな政策が必要なのか、
そして私たち一人ひとりが日常的に実践できることは――?

アースデイは地球のことを考えて行動する日。
地球上の誰もが幸せになれる経済を一緒に考えてみませんか?


************************************************************

■日 時:2015年4月6日(月)19:00~21:00 (開場18:30)

■会 場:PARC自由学校教室

※アクセスはこちら

http://www.parc-jp.org/guidance/guidance_04.html

■参加費
一般:1000円
アースデイ東京実行委員(団体)の方:500円
PARC会員・自由学校受講生:500円

■講 師
●稲葉 剛(一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事/
自立生活サポートセンター・もやい理事)
2001年、自立生活サポートセンター・もやいを設立し、
幅広い生活困窮者の相談・支援活動を開始。2
009年、
住まいの貧困に取り組むネットワークを設立し、住宅政策の転換を求める活動を始める。著書に『ハウジングプア』(山吹書店)など多数。
http://inabatsuyoshi.net/profile

●栗林知絵子(NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク理事長)

広がる教育格差、貧困の連鎖の中で、
年収が生活保護費とかわらないワーキングプアの家庭で
育つ子どもたちへの支援を実施。「無料学習支援」や
「要町あさやけ子ども食堂」(親が仕事や病気などで
十分な食事が食べられない子どもたちのための食堂)などを行なっている。http://toshimawakuwaku.com/index.html

■お申し込み 下記のフォームから入力されるか、

メール、電話にてお名前申込人数をご連絡ください。

申込フォーム

http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html

********************************************
◆お問い合せ先◆
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)

東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F

TEL.03-5209-3455

E-mail :office★parc-jp.org
★を@に変えて入力してください

********************************************
[PR]
by tenohasi | 2015-03-25 06:12 | お知らせ

大塚モスクさんからのメッセージ

大塚モスクさんから、ISに関する大塚モスクの抗議声明についてお知らせが来ました。

ムスリムに対する差別排外が広がりそうですので、
私たちも注視していければと思います。

下記の通りです。

------------------------------------------------------------------

ご無沙汰しています。

ブログにハールーンさんのコメントの放送を紹介してくださってありがとうございます。
ISのことでは、モスクも抗議声明を出しました。
また、後藤さん、湯川さんが殺されたことでは、
連日報道陣がモスクに取材をしていました。
二月始めからは、宗教者の祈りの場にも参加しています。
日本に住むモスリムの方でも
ISと同じように非難されたりがあったようです。
新聞報道もおおくありましたが、以下は今も映像が見ることができます。
多くの方々からご心配をいただいていることに感謝しています。

堀潤さんによるハールーンさんへのインタビューが掲載されてました。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/horijun/20150211-00042956/

https://www.youtube.com/watch?v=m4wtqIqPCNk&utm_content=buffer927de&utm_medium=social&utm_source=facebook.com&utm_campaign=buffer

金曜日には、官邸前の後藤さん追悼の祈りに参加します。
土曜日は、四谷のイグナチオ教会で、宗教者九条の会の集まりで、
ハールーンさんとモスクのシリア担当者が祈り、お話をする予定です。

炊き出しのことです。
先ほど、ハールーンさんからモスクで、ホームレス支援を是非したいという方がいるそうです。
--------------------------------------------------------------
以上です。
ということで、
3月24日(土)の炊き出しは、
大塚モスクさんのカレーとなります。

この日はモスクさんの炊き出しなので、
TENOHASIは炊飯と野菜サラダ作りだけ行います。

人手はさほど必要としないので、
はじめて参加の方は4月以降にお越しください。
[PR]
by tenohasi | 2015-03-02 15:11 | お知らせ