<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

4/25 炊き出しボランティア日記

Aです。

久々の調理現場です。快晴。外作業向きの天気。
気持ちよく調理作業が出来そうです。

今日も、初参加のボランティアさんを含めて、
わいわいがやがやと、作業が進行中です。

今日は、ボランティアさん(特に初参加の)の野菜切り作業の負担を軽減して、
余裕をもって調理に臨んでもらうため、
通常より野菜を少なくしています。(なんと一番手間の掛かるジャガイモがない!)

そのこともあってか、午後3時には汁が完成です。

鶏肉を胸からももに変えたら、コクがまして、
おいしくなったような気が・・・・・。
残飯も幾分少なかったのではないでしょうか。

今後も、初参加のボランティアさんが、余裕をもって様々な、
てのはしの活動にかかわり、継続してもらえるような工夫、
魅力づくりを、模索し、試行していくことを考えているところです。

<炊き出しとは関係ないですが①>

私が勤務している知的障がい児施設の子供たち。
年度当初のこの時期には、落ち着かない生活を強いられます。

職員の異動で、見も知らぬ他者が、「支援者」と称して、
突然自分の目の前に、頻繁に登場して、
あ~だ、こ~だと”ぬかす”わけだから、
そりゃ、落ち着かなくなるのも当たり前。

「発達障がい」を持った利用者には、
結構しんどい事態なのだと推察されるわけです。

まあ支援者は、なかなか理解することが難しい彼らの独特なものの見方、感じ方を
探りながら、ゆるゆると関わる必要があるといったところでしょうか。

「ゆるゆると」が肝心なところだと思いますが。

そしててのはしの支援者にも、障がいを持った当事者、
ボランティア参加者の方と「ゆるゆると」関わることが、
求められているのは同じことだと思うのです.


<炊き出しには関係ないですが②>

新宿で「ナオトひとりっきり」というドキュメンタリーを見てきました。

福島第一原発から、12Kmの富岡町で、
残された家畜、ペット等の動物たちを生き延びさせることを
選択して、たった一人で高線量の「帰還困難区域」に残った
ナオトさんをおったドキュメンタリー。ただ動物たちの殺処分を
すれば事足れり、とする政府に対する彼の怒りは奥深い。

生活保護費の度重なる減額に象徴される
この国の底知れぬ冷たさに怒っている人は必見です。

命を全うしようとする老牛の姿に、涙が止まりません。
(最近、涙腺が緩いのです)。

参加されたボランティアの皆さんお疲れ様でした。
またてのはしのどこかの現場で
お会いしましょう。
[PR]
by tenohasi | 2015-04-27 23:22 | 炊き出しボランティア

自殺総合対策の更なる推進を求める院内集会

当HPの「力になれるリンク集」でもつながっている
NPO法人ライフリンクさんより、下記の通り
ご案内を頂きました。

--------------------------------------------------------------------

表題の通り、5月13日に開催します「自殺対策をテーマにした
院内集会(国会議員会館で行う集会)」をご案内させていただきます。
自殺対策にとって非常に重要なイベントになりますので、ぜひ一人でも
多くの方にご参加いただければ幸いです。

集会名:自殺総合対策の更なる推進を求める院内集会
日 時:5月13日(水)15~17時(議員の参加は16時から)
会 場:国会議員会館(詳細は申込のあった方にご連絡します)

(以下については調整中)
主 催:NPO法人ライフリンク
共 催:自殺対策全国民間ネットワーク
    自殺のない社会づくり市区町村会

実は10年前の5月30日に、参議院の議員会館で同じような院内集会を
開いたことがきっかけで日本の自殺対策は大きく動き始めました。
(経緯は下記の記事に載っています。)
http://www.osakavol.org/volo/volo0712feature.pdf#search='%E8%87%AA%E6%AE%BA%E5%AF%BE%E7%AD%96+%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%81%9F%E3%81%A1'

来年が「基本法施行から10年」という節目にあたることもあり、今年
度は10年前と同じプロセスを辿りながら、自殺対策の大改革に取り組
むことにしており、今回の院内集会は、いわばそのキックオフ的なイ
ベントという位置づけです。(今年度最初の「勝負所」と、私たちは
位置付けています。)

ぜひとも、皆さまのご参加を、お待ちしております。
こちらから↓申込みができます。
http://www.lifelink.or.jp/hp/150513_shukai.html

※ 注意事項
▼議員会館に入館するには「参加証」が必要です。「参加証」は、
 参加申し込みをされた方に後日お送りいたします。
▼申込多数の場合は、ご参加できない場合もありますので、予め
 ご了承ください。(本メールを直接受信されている方は優先的
 にご案内いたします。)
▼当日は取材のカメラが入る予定です。(撮影禁止席=セーフテ
 ィーゾーンを設けます。)

※案内は下記からDLできます。
http://www.lifelink.or.jp/hp/Library/150513_forum_0401ver.pdf

ライフリンク事務局

【趣旨・背景】
昨年の自殺者数は約2万5千人と、ようやく1998年の急増以前の水準
に減少してきましたが、いま日本の自殺対策は大きな岐路に立たされて
います。

つまり、「1998年以前の水準に戻ったから自殺対策はもうお仕舞」と、
今後対策が尻すぼみの方向にいってしまうのか、それとも逆に、この
節目を契機として、さらに対策を前進させることができるかどうか、
その分岐点が私たちの目前に迫っているのです。

放っておけば、前者になるでしょう。

実際にマスコミは社会の空気をいち早く察知して、以前より自殺対策に
関する報道を減らしています。
政府や自治体における自殺対策の優先順位も、マスコミ報道減少の影
響を受けて、このままいけば確実に下がっていくでしょう。

もちろん、そんなことでいいはずがありません。
この状況を黙って見過ごすわけにはいきません。

期せずして、来年は自殺対策基本法の施行から10年目の節目にあたり
ます。この節目にどこまで踏ん張れるかが、日本の自殺対策の未来を
決すると覚悟して、今年度の自殺対策大改革に臨む必要があります。

そして、その最初の一歩が、今回の院内集会です。

国会に、自殺対策の推進を訴える「声」をしっかりと届けるべく、
会場を自殺対策関係者で埋め尽くしたいと思います。(これだけ国
民が深く関心を持っていることを示すためにも。)

ぜひとも、皆さまのご参加を、お待ちしております。
こちらから↓申込みができます。
http://www.lifelink.or.jp/hp/150513_shukai.html

------------
NPO法人 自殺対策支援センター ライフリンク
副代表 根岸 親  NEGISHI Chikashi

Email: negishi★lifelink.or.jp
(★を@に変えて入力してください)
WEB : http://www.lifelink.or.jp/
TEL : 03-3261-4934 / FAX : 03-3261-4930
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-8-5多幸ビル九段5階

--------------------------------------------------------------------

以上です。
[PR]
by tenohasi | 2015-04-22 23:50 | お知らせ

『大震災と住宅政策の改革を考える』 院内集会

『大震災と住宅政策の改革を考える』 院内集会
のご案内です。
どなたでも参加出来ます。参加費無料。

〔日 時〕 2015年5月19日(火) 12時~14時

〔会 場〕 衆議院第1議員会館 第4会議室 (千代田区永田町2-2-1)
        (東京メトロ・国会議事堂前駅又は永田町駅、徒歩5分)
                
〔プログラム〕
主催者あいさつ 「国会議員アンケート結果にふれて」 坂庭国晴・住まい連代表幹事

国会議員(衆参・国土交通委員)のあいさつ、発言

講演1 「大震災と住宅政策」 
          塩崎賢明・日本住宅会議理事長(立命館大学教授)

講演2 「若者の住宅問題」
          稲葉 剛・住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人 

報告1 「被災地の現状と支援の取り組み」 
          新里宏二・弁護士(一般社団・パーソナルサポートセンター・代表理事) 
          仙台市で生活支援、就労支援の事業を実施。

報告2 東京災害支援ネット(とすねっと)からの報告。
      東京都内で大震災被災者、福島原発事故の避難者支援を行っている。

院内集会は衆参の国土交通委員(70名)に
「大震災と住宅政策改革」のアンケート(意見集約)
の実施(4月中旬~5月上旬)を受けて開催するものです。

【11時30分~衆議院第1議員会館入口で通行証配布、先着40名まで】

【開催団体】 日本住宅会議、住まい連、住まいの貧困ネット
連絡先:NPO住まいの改善センター ℡03―3837-7611

以上です。
[PR]
by tenohasi | 2015-04-22 17:57 | お知らせ

アパート入居契約の時、ここに気を付けよう!

住まいの貧困に取り組むネットワークの主催で、
4月24日(金)に下記の学習会をおこないます。
 ぜひご参加ください。



--------------------
第1回「入居支援講座」
2015年4月24日(金) 19時~21時
戸塚地域センター6階和室
http://www.to1.bz-office.net/gaiyo.html

テーマ「ここに気をつけよ、賃貸契約書の読み方」

◇一か月家賃滞納・・・無断で鍵を交換された
◇安い立ち退き料で立ち退きを迫られ・・・
◇暴力的な家賃取り立て・・・荷物を撤去された
◇安全ではない脱法ハウスに住んでいる!
・・・・・・などなど、手遅れにならないために、
始めの契約時、契約更新時に注意することは?

 住まいの貧困に取り組むネットワークは、
全ての人が安心できる住まいを確保するために、
様々な団体が集まってできたネットワークです。
居住差別、追い出しや、保証人問題、家賃補助、
脱法ハウス問題など、住まいに関する様々な問題に取り組んでいます。

 今回の「入居支援講座」は、相談・支援現場で働かれている方々を対象に
入居困難な状況や、追い出しに遭われている当事者のかたの
居住支援をスムーズにするための入門講座を行います。

 手遅れにならないために、はじめての契約時、
契約更新時に注意することについてお話します。
 講師は、追い出しや問題などに取り組む林弁護士です。
追い出し屋問題や脱法ハウス等、
積極的に住まいの貧困問題を解決されてきた方です。
乞うご期待!

講師 林治弁護士

対象 相談・支援のお仕事にかかわっている方々

参加費 500円(資料代)

※6階和室は20~30名くらいの部屋です。
[PR]
by tenohasi | 2015-04-13 20:54 | お知らせ

東京プロジェクトのパンフレットが出来ました

みなさま

「東京プロジェクト」の活動内容が詳しく掲載された
パンフレットが出来ました。

f0021370_20492585.jpg


簡易版は、写真右側の白い冊子です。

いずれも写真やイラストをふんだんに使った
とてもリアルでわかりやすい内容です。

みなさま是非お手に取ってご覧ください。

入手ご希望やお問い合わせは
世界の医療団
東京都港区東麻布2-6-10
麻布善波ビル2F
03-3585-6436
info★mdm.or.jp
(★を@に変えて入力してください)
(担当 中村)
へご連絡ください。
[PR]
by tenohasi | 2015-04-13 20:30 | お知らせ

「住まい」に関する集会のご案内

生活弱者の住み続ける権利対策会議 設立記念集会

が、下記の通り開催されます。

◇日時 2015年4月11日(土) 17時~18時30分
◇場所 群馬県庁昭和庁舎ホール(前橋市大手町1-1-1)
https://www.pref.gunma.jp/01/a2710014.html

◇プログラム
1 開会あいさつ(甲斐道太郎・大阪市立大学名誉教授)
2 設立総会
3 基調報告 借地借家法における正当事由と法定更新(増田尚・弁護士)
4 現場からの報告① 全国追い出し屋対策会議の活動(堀泰夫・全国追い出し屋対策会議事務局長)
5 現場からの報告② 住まいの貧困を解消するためのとりくみ
  (坂庭国晴・国民の住まいを守る全国連絡会代表幹事、住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人)
6 閉会あいさつ

 築年数が相当経過した民間賃貸住宅では、
十分な管理がなされないまま空室が目立ち、
社会問題になっています。
こうした民間賃貸住宅を買い取って、
建替や再開発などを手がけると称して、
賃借人の住み続ける権利を否定し、
明け渡しを強圧的に迫る不動産事業者による被害が近年多発しています。

 借地借家法では、正当事由のない解約申し入れは
効力がないものとされ、賃借人の住み続ける権利が保障されています。
しかし、賃借人の法的知識の乏しさに付け込み、
建替や再開発というだけではおよそ正当事由がないことを知りながら、
解約を申し入れて明渡を要求し、
立退料等の提供もしないまま、実力で出て行かせるなど、
賃借人の権利が侵害されるケースは少なくありません。

 そこで、賃借人の住み続ける権利を知らせ、
このような不動産事業者による不当な立退要求を
撃退させる支援に取り組むとともに、
賃借人の権利が不当に侵害されないようにするための
必要な法制度の確立を目指して、
「生活弱者の住み続ける権利対策会議」を設立することにしました。

 設立集会では、法定更新と正当事由という
賃借人の住み続ける権利を守る借地借家法の制度について
学習するほか、民間賃貸住宅における居住権の問題について、
全国追い出し屋対策会議や、
住まい連・住まいの貧困ネットワークの活動をご報告いただき、
「住まいは権利」を実現する共同を広げていきたいと考えています。

 賃借人の権利擁護や、住宅問題に関わってきた
すべての法律家、研究者、市民団体のみなさんに、
当会議への参加を呼びかけます。
[PR]
by tenohasi | 2015-04-05 21:38 | お知らせ

3/28 炊き出しボランティア日記


3月28日の炊き出しは、いつもと違って、
大塚モスクさんご提供のカレーの炊き出しとなりました。

大塚モスクさんHP
http://www.islam.or.jp/

カレーの他にも、チャイを2ポットも頂きました。
f0021370_23223262.jpg


f0021370_2318493.jpg

また、

東京ジャーミーさんから
Turkish Rice with chickpea and chicken
(ひよこまめと鶏肉のトルコ式ピラフ)300人分
デザート(トルコのゼリーのようなもの)600人分
もご提供頂きました。

東京ジャーミーさんHP
http://www.tokyocamii.org/ja/

f0021370_23194043.jpg

f0021370_23202061.jpg






我々TENOHASIは、野菜の塩もみを作りましたが、
本格的なカレーメニューとなりました。

また、大塚モスクさん及びご関係者のかたがたがメインで
配食作業も担当してくださり、
とてもエキゾチックな雰囲気の配食となりました。

おかげさまで恒例となりつつある
炊き出しメニュー、
“大塚モスクさんのカレー”です。

炊き出しの列に並ぶかたがたはもちろんのこと、
我々も毎回楽しみにしています。

そしてそれは、
ただ単に美味しいお料理を提供して下さることのみではなく、
こうして、皆さんと大勢で一緒に同じお食事を味わうことで
国籍や宗教などの垣根を越えて、
何か大切なものを共有したり理解したりできる
貴重な機会を与えて頂けているのだと
改めて実感した炊き出しとなりました。

大塚モスクさん、
東京ジャーミーさん、
ありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by tenohasi | 2015-04-03 23:13 | 炊き出しボランティア