<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

7/25 炊き出しボランティア日記

ひさしぶり(2ヶ月半)の炊き出し参加になった今日。
空は快晴だが、気温、湿度は最悪状態で、
連日のニュースでは熱中症に注意するように報じていた。

調理作業は露天で行なう(テントはあるが)ので、
より一層の注意が必要。「てのはし」では、
十分な給水と30分ごとの休憩の呼びかけをしている。
夏の作業では洗い場や「米とぎ」は水を使うのでうれしいが、
釜場は「灼熱地獄」(?)となる。
何年も経験しているが、おじさんにはつらい。若い方の参加を願っている。

さて、今回の作業だが作業前の打ち合わせで、作業のながれや分担、
作業場の注意事項(手洗いや消毒など)十分な水分補給やこまめな休憩の指示をうけました。
今日の参加者は、新人7を含め29人

まず、「米とぎ」、「洗い場」「野菜切り」に分かれて作業開始。
野菜切りは、基礎材としてのたまねぎ、ニンジン、大根
(今回はジャガイモはなし)の皮むきから始める。
切り作業は、ベテランによる調理教室になる。
新人の方の中には日頃、包丁を持つ機会がない
(持たなくても生活できてしまうほどコンビニが普及)人がおり、
包丁の持ち方、野菜の押さえ方、切り方などを教えることから始める。
日常ではありえないほどの量を切ることで、
「調理」の苦手意識解消になるのではないか。
公園で待っている方々の情報を伝え、
どのような切り方をすればおいしく食べていただけるかを考えてもらっている。

そうこうしているうちに、野菜の二便が届いた。
今日みたいな「猛暑」の時の公園での配食を予想して、
汁物の量を決めて野菜の投入量を決める。
汁物に馴染まないものや咀嚼しにくいものは除いて、
ボランティアさんのお持ち帰りにしてもらう。
作業開始から2時間あまり、昼食になりました。

今日は、カレーライス(レトルトの)とそうめんにして
「熱いの」と「冷たいの」どちらでもご自由にどうぞスタイルです。
いつもの焼きそばはお休み。
暑い日に「そうめん」はありがたいが、
約30人分の「そうめん」を茹でてしめるのが大変。
大なべで大量に茹でて井戸水でしめるのだが手を真っ赤にしながらの作業。
8月8日の「てのはし夏祭り」にはこれの10倍近い作業になる。担当の方ご覚悟を。
今日のデザートはサプライズがあり、
Sさんの差し入れの大玉のすいか。みなさん、こころおきなく堪能しました。

食後、後半の作業の打ち合わせを行ない、それぞれの作業に入りました。
お肉は半解凍状態にして、脂ですべり手を切らないように注意深く作業しました。
一時は遅れ気味だった野菜切りも手分けをしてなんとか間に合いました。
炎天下の中の作業なので
、熱中症にならないように注意して進めていましたが、
お一人が気分が悪くなってしまいました。
まだ7月でこの暑さです。まだまだ暑い日は続きます。
参加者(特に新人さん)にはより丁寧な案内が必要かと思います。
次回は、恒例の「夏祭り」です。
祭り参加者から熱中症患者を出さないように、準備・対策が求められます。


                                   
[PR]
by tenohasi | 2015-07-31 23:56 | 炊き出しボランティア

8月8日 TENOHASI夏祭りのおしらせ

みなさま

お元気でしょうか。
 
今年もTENOHASIでは8月8日(土)に夏祭りを開催します。
f0021370_1164665.jpg

この1年間に池袋の路上でなくなった方を悼む慰霊祭を軸に、酷暑を乗り越えるための昼のそうめん・午後のかき氷やスイカ割り・夜はカレー、など盛りだくさん。

いま、路上生活だったり、生活に困っている方ならどなたでも無料でご参加いただけます。
どうぞお越しください。
f0021370_10371498.jpg

当日のスケジュール

12時半 そうめん配食
13時半 慰霊祭
14時 夏祭り
かき氷・お菓子・すいかわりなど
16時 鍼灸マッサージ
16時半 衣料配布
17時 医療・生活相談
18時 カレー配食 (大塚モスク提供のインドカレーほか)
 先週のチラシに「19時から」と書いてありましたが、18時の間違いです。お詫びして訂正します。

TENOHASI事務局
[PR]
by tenohasi | 2015-07-30 10:36 | 日々の活動

8月8日 TENOHASI夏祭りのボランティアについて

みなさま

お元気でしょうか。

今年もTENOHASIでは8月8日(土)に夏祭りを開催します。
この1年間に池袋の路上でなくなった方を悼む慰霊祭を軸に、酷暑を乗り越えるための昼のそうめん・午後のかき氷やスイカ割り・夜はカレー、など盛りだくさん。
f0021370_10322362.jpg

夏祭りでは、毎回多くのボランティアを募集しているのですが
今年は昨年度同様、かき氷・本格インドカレーなどを提供してくださいます大塚モスクさんからたくさん手伝いに来てくださるので、さほど人手は必要としません。
そこで、今回はTENOHASIの炊き出しを経験したことのある方だけ、募集します。下記までご連絡ください。
(すでにメール等で申し込んで、こちらから承諾の返信した方を除きます)
すいませんが、初参加を検討中の方は、8月22日か、それ以降の炊き出しにご参加ください。

*ボランティアではないけれど、慰霊祭に参列したいという方は、上記にかかわらずご参列ください。
 (お花やTENOHASIへの寄付を持って参列していただければますます歓迎)

TENOHASI夏祭り2014 ボランティア募集要項

日程 8月8日(土)

募集するボランティア(特定非営利活動法人TENOHASIの炊き出し経験者のみ募集します)

①調理班 集合9時・終了15時頃 いつもの調理場所 そうめん・飯炊き・野菜の塩もみ作りなど
②昼食配布班 集合12時・終了13時半頃 東池袋中央公園 そうめんを配ります。
 *そのあと引き続いて夏祭り・スイカ割りなどにご参加下さい。
③衣類・夕食配布班 集合16時半 東池袋中央公園
③片付け班 集合19時半・終了20時半頃 いつもの調理場所 洗い物・片付けをします。

参加していただける方は、出来るだけTENOHASIのお問い合わせフォームから事前にご連絡ください。
では、よろしくお願いします。

参考

*当日のタイムスケジュール
9時 調理班集合
12時 昼食配布班集合
12時半 そうめん配食
f0021370_1031450.jpg

13時半 慰霊祭
14時 夏祭り
かき氷・お菓子・すいかわりなど
16時半 衣料配布
18時 カレー配食 (モスク提供のインドカレー・パキスタンの鶏炊き込みご飯)
19時半頃 公園班終了 片付け班開始
20時半 片付け終了

TENOHASI事務局 
[PR]
by tenohasi | 2015-07-30 10:31 | 炊き出しボランティア

昨日の夜回りパン

昨日の夜回りパンは
素朴な味わいが人気で、メニューとして定着してきた塩パン

f0021370_620160.jpg






































そして豪華な焼きそばパン

f0021370_6242167.jpg






















優しい味が路上のかたがたに召し上がって頂けたと思います
[PR]
by tenohasi | 2015-07-30 06:15 | 日々の活動

公開セミナー「『生きづらさ』を知る・支える」

皆様

毎日大変な暑さの中、日々の活動、お疲れ様です。
埼玉県所沢市のNPO法人サマリアです。
このたび、8、9、11、1、3月の5回シリーズで
『生きづらさ』を知る・支える、というテーマで
公開セミナーを開催することになりました。
ご都合がつく方はぜひご参加ください。
また、お知り合いやお仲間にも広めていただけると幸いです。

公開セミナー「『生きづらさ』を知る・支える」
【主旨】さまざまな「生きづらさ」について理解を深め、
包摂し支える地域づくりについて考えるきっかけとする。
開催場所 埼玉県所沢市 所沢市民文化センターミューズ 
1回目のみ会議室2、2回目以降は第2展示室
開催時間は、各回とも、10時~11時45分
要事前申し込み(資料準備のため) 
電話、ファックス、メールでサマリア事務局宛て

f0021370_22454118.jpg

f0021370_22463661.jpg























































第1回
8/16  「生きづらさを抱える人々~支援の現場から~」
スピーカー 小川芳範さん(TENOHASHI)
 高野昭博さん(寄り添いネットワーク・反貧困ネットワーク埼玉)
司会 黒田 和代(NPO法人サマリア)

第2回
9/20  「生きづらさを抱える若者たち」(社会から孤立する若者の現実と支援) 
講師 船橋 雄介さん(若者自立支援センター埼玉・NPO法人育て上げネット)

第3回
11/29 「発達障害と生きづらさ」
(発達障害とは何か、どう関わっていけばよいのか)
講師 上野 真哉さん(NPO法人発達障害をもつ大人の会 理事)
   佐々木 加奈さん(当事者 「これって大人の発達障害?」著者)

第4回
2016年1/31 「依存症者の生きづらさについて」
(依存症を抱えて暮らす人を理解し支えること)
講師 高倉 野花さん(救護施設救世軍自省館 生活支援副主任)

第5回
3/27 「生きづらさを抱えて生きること」
(自死のない社会、人にやさしい地域に必要なこと)
講師 森川すいめいさん(世界の医療団理事 精神科医)
     
黒田 和代
特定非営利活動法人サマリア
070-5080-3068
http://www.samaria2009.net/
[PR]
by tenohasi | 2015-07-23 22:40 | お知らせ

7/11 炊き出しボランティア日記

暑い!

梅雨明けはまだなのですが、
午前中から、夏の日差しが調理場に注いでいます。
熱中症の予防ということもあり、
日除けのテントを設営します。

今日は、調理場をお借りしているお寺で、
前日まで行われていたお祭りの
後片付けが終わってから、調理作業に入るということで、
いつもより調理に掛ける時間が取れない事もあり、
「ぶっかけ飯は」は止めて、「レトルトカレー」を提供する予定となっていました。


f0021370_041917.jpg

ところが、連絡の手違いで、野菜が到着。
急遽、汁を作ることに。コアスタッフ、新規ボランティアさんが少ない中で、
いつもの2/3程度の量ですが、何とか時間までに
仕上げることが出来、一同ほっと胸を撫でおろした次第です。

でも疲れました。















公園の配食では、
いつもより少ない汁は当然のごとく、売り切れとなり、
結局、レトルトカレーの出番となりました。
モスクさんのカレーとは比べものにもなりませんが、
暑い日のカレーもなかなか美味だったのでは・・・。

私事ですが・・・。

6/27,28に高校の時の修学旅行以来、40数年ぶりに、
広島を訪れました。原爆ドームも観てきました。

目的は、観光ではなく、寄せ場の日雇い労働者の運動の活動家
であった船本州冶の「船本州冶決起40年・生誕70年祭」」
というシンポに参加するため。
山谷の現闘委、釜ヶ崎の釜共闘の活動家であった
船本州冶は山谷、釜ヶ崎で、日雇い労働に携わりながら、先鋭的な運動を現場で
組織していたのですが、釜ヶ崎の愛隣センターの爆破事件のデッチ上げで、
全国指名手配され、1975年、沖縄で皇太子来沖反対で焼身決起します。

シンポでは、船本州冶の29年の生の軌跡と、思想の核である「流動的下層労働者」
(相対的過剰人口-産業予備軍)の現場闘争という考え方が、「流動的」な
非正規労働者・派遣労働者が増え続けている現在の状況に、どのように活かされるのか?
というようなことが多面的に提起されていました。てのはしの活動と重なる部分は、
部分的にしかないのですが、久々に「左翼」の硬質な言葉を聞きながら、
支援の中ではあまり語られることのない
”資本制社会の構造”が、てのはしが取り組んでいる問題・課題の”根底”にはある、ということを
今更ながら考えさせられました。

シンポでは、ジンタラムータ(大熊ワタルというミュージシャンのバンド)という
バンドのライブもあったのですが、
民衆の闘いの中から生まれた心震わす曲を力強く、かつ軽やかに
演奏していました。ビールがよく進みました。



                                     

  
[PR]
by tenohasi | 2015-07-15 23:58 | 炊き出しボランティア

「東京・山谷でホスピスを始めて-NPO法人きぼうのいえ理事長・施設長が語る-」

東京最大のドヤ街・山谷で多くの方を看取ってきた「きぼうの家」の山本さんの講演会です。
TENOHASIにご縁があったmさんも、ここで本当に安らかな最後を迎えられました。
直前のお知らせで申し訳ありませんが、お時間のある方はぜひどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東京・山谷でホスピスを始めて-NPO法人きぼうのいえ理事長・施設長が語る-

講師の山本氏は、高度経済成長期に日雇い労働者が集まり、現在は高齢化が進み生活保護を受給しながらドヤに住む人が多い街『山谷』で、2002年にホスピスを立ち上げました。そこでは経済的に困窮し、また、家族の支援も受けられない人たちが、スタッフやボランティアのサポートを受けながら穏やかに自分らしい最期のときを迎えます。それまで誰にも心を開かなかった方が、最期に「ありがとう」という言葉を残して息を引き取ることもあるそうです。きぼうのいえの理事長・施設長である山本氏に、ホスピスでの日々の営みやそこで最期の日々を過ごした方々のことを語っていただき、人生の終末期に向き合うこと、人が支え合って生きていくことなど、さまざまなテーマを提起します。

日時 2015年7月3日(金)18:30~20:30 場所 池袋キャンパス 8号館3階8304教室
講師 山本 雅基 氏(NPO法人きぼうのいえ理事長・施設長)
【略歴】
1995年上智大学神学部卒業。大学卒業後、小児がん、白血病など難病と闘う子どもと家族を支援する、NPO法人ファミリーハウス事務局長を務める。2002年通称山谷地区に移り住み、一時緊急保護施設「なかよしハウス」(11室11床)を開設。また、同年、全国のキリスト教会や多数のボランティアの協力を得て、ホームレスや身寄りのない高齢の生活困窮者を看取るホスピス「きぼうのいえ」(21室21床)を開設。これまでに210人あまりを看取る。2008年社会貢献者表彰(社会貢献支援財団)、2012年毎日社会福祉顕彰(毎日新聞社会事業団)、2015年保健・文化賞(第一生命保険株式会社、厚生労働省後援)受賞。
対象者 本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料 共催 チャプレン室、コミュニティ福祉学部、キリスト教教育研究所、社会福祉研究所、ボランティアセンター
問合せ先 人権・ハラスメント対策センター
TEL:03-3985-3192(池袋事務室)、 TEL:048-471-7396(新座事務室)、E-mail:
jinken@rikkyo.ac.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by tenohasi | 2015-07-01 18:04 | お知らせ