<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

8/22 炊き出しボランティア日記

脳みそがとろけそうな酷暑から少し涼しくなったと思ったら、
結構な暑さとなった8月4週目の「炊き出し」でした。
やはり、9月いっぱいは、あなどれませんねー。
熱中症対策として、水分補給、帽子着用など気を付けたいもの。
さて、日よけのテントも、水場、切り場2か所と、3か所に立てて作業開始です。

スタート時から徐々にボランティアさんが集まり始め、
サクサクと作業が進みました。とはいえ、コアスタッフが少なかったので
野菜汁がいつも通りの味に、時間通りに作れるのか不安……(-_-;)


f0021370_18205899.jpg
調理班には、千葉から参加してくれた高校2年生と、
都内の大学4年生が初参加。
ふたりとも、朝から寸胴鍋やお釜などの洗い物
(これが、本当に女性にはキツイんです)、
野菜切りと、めいっぱい働いてくれました。

私はというと、情けないことに、
途中から鼻血が出て止まらなくなり、休ませていただくことに。

その間に、ほかの皆さんのおかげであらかた終わっていました~(+_+) ホント、すみません。

 配食では、暑さのせいか、ほかに炊き出しがあったのか、
いつもより並ばれる方が少なかったです。
それでも、毎回来てくださる方、はじめての方など、2杯、3杯とおかわりしてくれました。

 第4週は「ほっとも」の日でもあります。以下、Yさんからの報告が続きます。
(T)

毎月第4週は「ほっと友の会」が行なわれます。
毎回皆さんで輪になってゆるやかなお話が弾みます。
今日は、参加者の方の手作りのパンが振る舞われ、
受付にいた自分までその手作りパンをごちそうになってしまいました。
そのパンの美味しさは格別で、ふわふわ、そしてミミの部分はもちもち、
手作りの温かいパンを、堪能させていただきました。

f0021370_18215340.jpg

うだるような暑さが戻ってきた1日でしたが、
心なしか夕暮れの訪れが早くなり、終了ミーティングや
調理会場での後片付けも、懐中電灯などの照明が必要になってきました。

後片付けをしていたら、うす暗闇のなかから、
久しぶりに、調理会場を提供してくださっているお宅の愛猫Nちゃんが
姿を現してくれました。

f0021370_1823644.jpg

Nちゃんの見守りの中(?)、
初めて片付けから参加された方の
手際よい作業のおかげもあって、片付け作業も順調に進み、
炊き出しの1日が終わりました。

(Y)
[PR]
by tenohasi | 2015-08-24 18:16 | 炊き出しボランティア

第8回全国自死遺族フォーラムのお知らせ

第8回全国自死遺族フォーラムのご案内です。

~自助グループ・悲しみの受容と支援について~

フォーラムを主催する全国自死遺族連絡会・代表の田中幸子さんのコメントです。

「全国自死遺族フォーラムは、多くの自死遺族が全国から集い学び合う会合ですが
遺族以外の方々の参加も大歓迎です。
どうぞ多くの皆さんが自死の問題に関心を寄せて頂けたらと願っています。
自死遺族というと暗いイメージをお持ちと思いますが、明るく積極的な雰囲気の会です。
みなさま是非お越しください
お待ちしております。」

日時 2015年9月13日(日)13時(開場12時15分) から16時

場所 「きゅりあん 」品川区立総合区民会館6階 大会議室
(東京都品川区東大井5-18-1:JR京浜東北線・
東急大井町線・りんかい線「大井町駅」から徒歩1分)

参加費:無料
事前予約:不要
※ご関心のある方は、どなたでも参加できます。
(遺族支援をしている、今後ご遺族とのかかわりを持とうと考えている等)

プログラム ≫≫≫≫ ≫≫ ≫≫≫ ≫≫≫ ≫
【第一部 】 13:00~14:25
「講演」 岡知史(おか・ともふみ)上智大学教授

~自助グループから生まれる力と知恵
「自死遺族等の権利保護研究会 」から

休憩 14:25 ~14:40

【第二部 】 14:40~16:00
「自助グループの座談会 」
~活動を通して培われるもの~

各グループのメンバーによるグループ紹介(3~5分)後、テーマごとに意見交換。
4グループほどを予定。

※希望者のみで、17:00頃から2時間、懇親会。
場所未定。会場から徒歩圏内(大井町駅前)の予定。
会費は、飲み放題4000円ほど。(2次会・3次会は当日受付け)

※フォーラムのチラシが、「全国自死遺族連絡会」HP
(http://zenziren.web.fc2.com/)に掲載されています。
「きゅりあん」までの地図や岡先生プロフィール、
同会の設立趣旨なども合わせて、ぜひご覧ください。

以上です。
[PR]
by tenohasi | 2015-08-19 15:17 | お知らせ

夏祭り 炊き出しボランティア日記

沖縄の学校に通っているため、約8か月ぶりに東京に帰ってきて、
越冬以来の炊き出し参加でした。

今日の調理班のミッションは、昼食用のそうめん作り
(なるとやネギ、わかめも用意)と夕食用の野菜の塩もみ作り&飯炊きの2本立て。

いつもより2時間も早い、朝9時の集合だったにもかかわらず
新人さん9人ベテラン17人と沢山人が来てくれたおかげで、
作業もとてもスムーズに行なうことができました。

カンカン照りの猛暑の中20kg近くのそうめんを茹でる作業は、
まさに苦行か罰ゲームのよう。脱水状態にならないよう、
ちょっとの合い間に水分を補給しながら、
そうめんが茹で上がる頃にはそうめん係も真っ赤に茹で上がり…。
(夜になって、顔が真っ赤に日焼けしていることに気づきました!)
f0021370_17285541.jpg
その後の
野菜の塩もみ作り、米炊きも順調に進み、


公園で行なわれている慰霊祭やスイカ割りなどに参加できるよう、
新人さん優先で公園に行ってもらいました。
でも、調理や片付けの手順を把握している人まで
抜けてしまうと作業が滞るため、
中には慰霊祭参加希望だったにもかかわらず、残って作業してくれた人も。
毎年のことですが、調理班には慰霊祭に出たくても出られないスタッフがいます。
おいしい昼食や夕食を作ることが、
調理班の「慰霊」なのだと思いながらも、
公園で合掌できないことはやっぱり切ないです。

以前に比べて、とにかく新人の多さに驚きました。
この方たちがリピーターになってくれれば、
来年は調理班スタッフの希望者ももっと慰霊祭に出られるようになり、
TENOHASHIも安泰なのかななんて思いました。 調理班 T

東池袋中央公園では、今年も夏祭り恒例の
以下の催しが行なわれました。

<慰霊祭>
今年、豊島区の路上で亡くなられた方は3名ということです。
おそらく「無念」の想いで亡くなられたであろう
方々の追悼をキリスト教、仏教(今年は多くの宗派の方に来ていただいた)
双方の様式で執り行ないました。てのはしのスタッフの小川さんからは、亡くなった当事者の方へ、
痛切な想いが込められた喪の言葉が添えられました。
来年こそは路上で亡くなる方を「0」にする、
という強い想いを各々の胸に刻み込んだ慰霊祭であったと思います。

f0021370_17295451.jpg



































<スイカ割り>
今年も、てのはしのスタッフのSさんが用意してくれた
大きくて甘いスイカを、思いっ切り叩き割り、
参加者の皆で賞味しました。真夏に屋外で食べる冷たいスイカはまた
格別です。当事者の方々と共に、大塚モスクの方々にも参加していただき、
日本の季節行事を味わっていただきました。

f0021370_17305144.jpg




































<大塚モスクさん提供の氷と本格カレーライス >
大塚モスクさんからは、夏祭り恒例の本格カレーとかき氷の
提供がありました。

f0021370_17314918.jpg


本格カレーはとても好評で、並んだ方々より、
「おいしい!」の声がそこここから上がっていました。
他団体の夏の催しと開催日が重なったこともあってか、
参加された当事者の方はいつもより少なかった
のですが、真夏の一日を大いに楽しんで
いただいたのではと思います。

まだまだ路上の暑い夏は続きます。
                        

[PR]
by tenohasi | 2015-08-13 17:06 | 炊き出しボランティア

「子どもの貧困~複雑化・深刻化する課題と支援のあり方」

===========================
  【9月7日(月)開催】第310回定例セミナー
   「子どもの貧困~複雑化・深刻化する課題と支援のあり方」
  主催:公益社団法人日本フィランソロピー協会
===========================

いま、日本の子どもの6人に1人が貧困状態にあると言われています。

親の経済状況が子どもに及ぼす影響は深刻で、
学力だけでなく健康や自尊感情も損なわれて
いくという報告もあります。
また、世代間で貧困が連鎖するケースも少なくありません。
しかし、そうした現象の原因やその影響は、
複雑に絡み合っており、もはや、個々の家庭の
問題として捉えるだけでなく、
社会全体の課題として取り組むことが求められています。

今回のセミナーでは、貧困問題の研究者であり、
2008年に日本で初めて「子どもの貧困」に
ついての著書を書かれた阿部彩先生をお招きして、
「子どもの貧困」という問題について、
客観的な調査データを元に明らかにしていただき、
地域社会として、また、企業として、こ
の喫緊の課題にどのように対応をすべきか、
何ができるかを皆さんと一緒に考えたいと思い ます。

■テーマ:「子どもの貧困~複雑化・深刻化する課題と支援のあり方」

■講師:阿部 彩(あべ・あや)氏
(首都大学東京 人文社会系都市教養学部 社会学コース社会福祉学 教授)

    <プロフィール>
    マサチューセッツ工科大学卒。タフツ大学フレッチャー外交法律大学院修士・博士号
取得。国際連合、海外経済協力基金を経て、1999年より国立社会保障・人口問題研究
所に勤務。2010年より社会保障応用分析部長。2015年4月より現職。専門は、貧困、
社会的排除、社会保障、生活保護。社会保障審議会生活保護基準部会委員、男女共同
参画会議環境・影響評価委員会など。
著書に、『子どもの貧困ー日本の不公平を考える』(岩波書店、2008年)、『弱者の
居場所がない社会』(講談社、2011年)、『子どもの貧困II-解決策を考える』(岩
    波書店、2014年)、『生活保護の経済分析』(共著、東京大学出版会)にて日経経済
    図書文化賞受賞。

<ご参考>TOKYO FMの「未来授業~明日の日本人たちへ」

https://www.blwisdom.com/linkbusiness/linktime/future/item/9653.html

■日時:2015年9月7日(月) 15:00~17:00(14:30開場)

■会場:コニカミノルタビジネスソリューションズ株式会社 26階 セミナールーム
    東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング(総合受付26F)
    http://www.konicaminolta.jp/business/about/bj/access.html

■参加費:当協会会員2,000円/一般5,000円/学生1,000円
 <会員一覧> http://www.philanthropy.or.jp/aboutus.html#membership

■定員:50名

■申込:http://www.philanthropy.or.jp/seminar/310/

■主催
公益社団法人日本フィランソロピー協会
〒100-0004
東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル244
TEL:03-5205-7580 FAX:03-5205-7585
URL:http://www.philanthropy.or.jp
担当:藤川(ふじかわ)・加勢川(かせがわ)
TEL:03-5205-7580 FAX:03-5205-7585
[PR]
by tenohasi | 2015-08-10 23:34 | お知らせ