<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

7月8日の炊き出しは調理班はありません

みなさま

いつもご支援ありがとうございます。

次回の炊き出しは7月8日ですが、いつもの調理場は翌日からのスペシャルイベント準備のため、調理が出来ません。
そのため、この日の炊き出しのメインは大塚モスクさんのカレー、ライスは要町の拠点で戻したα米とすることにしました。
いつもの調理場は閉鎖していますので、「あれ、今日は炊き出しはないのか?」とびっくりしないようにお願いします。
では、よろしくお願いします。

TENOHASI事務局

[PR]
by tenohasi | 2017-06-29 00:28

6/24(土) 炊き出しボランティア日記

 釜じいことUさん&ファミリー、ベテランIさんが欠席ということで、戦々恐々とした炊き出し調理班。

 私も午前中仕事になってしまい、午後からあわてて向かうと、向こうからIさんの姿が!! 欠席の予定が急きょ変更して午前中来てくださったとのこと。「大丈夫ですよ~ちゃんとやってますよ~」と落ち着いた声で言われるとホッとします。癒しの存在Iさんです。


調理場に到着すると、皆さん忙しく働いています。野菜切り、洗い場、釜場……。ちょっと見た限りでは、いつもより若干人数が少ない感じ。知らない顔もあまりいないなーと思っていたら、本日の調理班の新人さんは2名とのことでした。

心配していたものの、意外とスムーズにすすんでいるようです。


味付けは、野菜の種類や分量によって決めていきます。暑いし、少し濃いめのほうがいいかも…との判断で、だし、しょうゆを多めにしました。汁は、大きな寸胴3つで作るのですが、均等な味になるように、みんなで味見をしていきます。

「うん、いい感じ」

「こっちのほうが薄いかな」

 「だしを入れたほうが濃くなるんじゃない?

など、喧々諤々。

 「味見をしているうちにわからなくなった(*_*)

というメンバーも出たあたりで味を確定します。

 

 公園ではたくさんの方たちが待っていてくれました。

 公園では新人ボランティアも多く、ご飯盛り、ご飯配り、汁盛りと分れてスタートです。

 あれこれ悩んだせいか、「今日はおいしい」「野菜がたくさんで味が出ている」と好評で、調理の疲れも吹き飛びました。暑い釜場で汗だくになって作った甲斐がありました。

 さて、次回より3回、カレーが続きます。それぞれ違った本場の味が楽しめますので、ご期待ください。(スマホ機種変更でなかなか慣れないTでした)



[PR]
by tenohasi | 2017-06-28 16:36

6/10(土)炊き出しボランティア日記

初夏のような暑さの中、ミーティングが始まりました。

今日のお題は「悩んでいることはありますか?」

簡単な自己紹介も兼ね、ここではお互いを知るために毎回お題が出るのです。

初めての人たちともお話のきっかけが出来て仲良くなれるのです。

(ん?なんか合コンみたいだぞw)


洗い場、煮炊き、野菜切り、米研ぎ、それぞれ持ち場の割り振りがすみ、

さぁ気合を入れて作業に取り掛かります。

本日は野菜の甘みがじんわり身体に染みわたる

野菜たっぷりのお汁(この時点では味付け未定)。

手際よく外には洗い場が設置され、野菜達もスタンバイ。

ダイコン、玉ネギ、キャベツ、ネギ、モヤシ、

牛蒡、椎茸、白舞茸、人参、白菜、茄子、鶏肉など。

これを順序良く、細かく、ひたすら、ひたすらきざみます。

-ザクザク、ザクザク-

手が人参で赤く染まり、全身ネギの香りが染みてきたら(風邪予防にもなります)、

ここでいったんお昼休憩。


今日はボランティア人数も多く、お喋りにも花が咲いているもよう、

ハイスピードで工程がすすみます。(/・ω・)/

作業場を通り抜ける風が、コンロの火をゆらりと大きく動かします。

この時期、煮炊きの場は暑さとの格闘。鍋係の額には汗が光ります。

エンヤコラ~♪エンヤコラ~♪大きなしゃもじを回します。


さて味付け、お、今日は醤油(+ 隠し味 + 愛情)

になったみたいですね。

お味はいかがでしょうか?

味見担当「うまい、うまいとしか言えない!」

さぁ、公園で待っていていくれる方たちの反応は如何に? (はせがわ)


★公園班では、大学生などボランティアの参加が多かったです。カレー、弁当と続いたので、「久しぶりにいつものしょうゆ味」「おいしい」と並ばれた方に好評でした。

今日の炊き出しに並ばれた方は190人。ボランティア総数は、全セクション合わせて99名でした。



[PR]
by tenohasi | 2017-06-14 18:48

5/27(土)炊き出しボランティア日記

 ここ最近お天気に恵まれなかった炊き出しですが、5月第4土曜日は気持ちのいい晴れの日になりました。東池袋中央公園内では炊き出しのほかに、医療・生活相談やマッサージ、鍼灸治療も行われています。今回は受付担当者が鍼灸班の活動をご紹介します。

 
f0021370_21574355.jpg
 (※この日はいつもの場所が人だかりでふさがっており移動しました)

 東池袋四丁目にあるはりきゅう院から必要な道具を運び出し、リヤカーに載せて公園へ。15時半ころから、治療用ベッドを入れるテントを設営し始めます。その後治療希望者の受付をするのですが、大事な大事なカルテや、受付表が見当たらない…!持って来るのを忘れたのだと思い、スタッフがはりきゅう院に戻って探しましたが、なかなか見つかりません。「困ったことになった」と焦っていたところ、テント内に置いていたケースの中から発見されました!灯台下暗しですね。

いつもはだいたい7~8人ほどですが、この日は天気が良かったからか、前回雨で実施できなかったからか、治療希望の方が12人もいらっしゃいました。鍼灸師が2人体制で治療にあたりましたが、1人平均3040分かかるので、この日最後の治療が終了したのは20時でした。いつもは19時頃には終わりますので、久々の長丁場となりました。

 治療を希望される方は40代~70代が多く、腰痛、ヒザや肩の痛みなど症状は人それぞれです。常連さんも結構いらっしゃいます。順番を待ってる間に一緒にお話することもあり、この日は「今年の夏は猛暑になるんだってね~」と天気の話などで盛り上がりました。

 炊き出しには250人の方が並ばれ、合計468食を提供しました。この日のメニューはシャルマホールディングスさんのカレー!ピリッと辛いカレーに、とろりとしたマンゴーラッシーが大人気でした。ボランティア総数は92人でした。たくさんのご参加ありがとうございました。(さかな)

[PR]
by tenohasi | 2017-06-01 21:59