自死遺族等への法的問題は憲法ではどのような取り扱いになるのか

第6回自死遺族等の権利保護シンポジウムのお知らせです。
「自死遺族等への法的問題は憲法ではどのような取り扱いになるのか」

総選挙のため、会場が変更になりました。ご注意ください!

「自殺対策基本法が施行(2006年(平成18年))され11年目になります。自殺総合対策大綱では、「個人の自由な意見や選択ではなく自死は、その多くが追い込まれた末の死」、「偏見をなくす取組」が記されていますが、自死への差別・偏見は、いまだ社会の中に根深く存在しています。また刑法の学者の中には「自殺は犯罪である」と発言する人もいます。そこで今年は、憲法学者の観点からと遺族の相談を受けている弁護士・司法書士の視点から話してもらいながら、今後の課題を広く社会に発信する場になることを願い、当シンポジウムを開催します。」

【日時】2017年10月13日(金曜日)12時00分~14時30分←変更になりました。
【場所】日本プレスセンター
東京都千代田区内幸町2丁目2-1
三田線内幸町駅 千代田線霞ヶ関駅
!総選挙のため、議員会館から変更になりました!

<第1部>講演14時00分~15時00分小林節(こばやし・せつ)氏(憲法学者・慶應義塾大学名誉教授)
<休憩15分>
<第2部>弁護士・司法書士によるディスカッション賃貸物件の問題・スポーツ振興センター災害給付制度・いじめ・過労自死
<第3部>全国自死遺族連絡会からの報告学校・行政・ボランティア等含む一般社会が感じている自死と自死遺族への差別と偏見について

主催 自死遺族等の権利保護研究会共催 一般社団法人・全国自死遺族連絡会
◯参加費無料
◯事前申し込み不要(自死の問題に関心のある方ならどなたでもご参加ください。)
◯問い合わせ先:全国自死遺族連絡会代表・田中幸子さん(090-5835-0017)





※本ブログを読まれた方で、当日の駅での待ち合わせ、会場までの案内ご希望の方は、兼平猛(かねひら・たけし)090-1939-3407またはpray785356tk@ezweb.ne.jp(@を@に換えて)までご連絡ください。

~「やさしい人がやさしいままで、笑顔で生きて行くことができる社会を目指して」田中幸子さんについて~
ご長男の死を経験し、2006年に自死遺族の自助グループを発足。24時間365日休みなく、遺族などからの相談(手紙・メール・電話・FAX・面談)を受ける。年間の相談件数1万件以上を10年以上続け、これまでに受けた相談件数は延べ11万件以上にのぼる。行政に対する働きかけ(遺族への差別の対応策)や、マスコミに向けての提言(「自殺」よりも「自死」の表現の使用)なども行う。
◇田中さんの活動の詳細については以下、文献で取り上げられています。
杉山春(すぎやま・はる)『自死は向き合える-遺族を支える、社会で防ぐ(岩波ブックレットNo970)』岩波書店、2017年
瀬川正仁『自死-現場から見える日本の風景』晶文社、2016年
吉田典史(よしだ・のりふみ)『もの言わぬ2万人の叫び-封印された震災死-その「真相」』世界文化社、2013年

[PR]
# by tenohasi | 2017-09-24 10:30 | お知らせ

9/9(土)炊き出しボランティア日記

シャルマホールディングスさんがカレーを提供してくださる日とのことで、今日の調理は、ごはんを炊き、そして野菜のサラダを作ります。

また、配食の前に配るコーヒーなどの飲み物を準備します。

「秋に食べたいもの」というお題とともに自己紹介をしました。

初めましての方もいる中、「さんまに1票」「栗に1票」と、開始のミーティングが和やかにすすんでいきます。

以前お会いした学生さんが、双子の兄弟を伴って参加しておられました。了解をいただき、調理に参加しての感想をいただきました。

「 調理に参加して、多くの人と一緒に話しながら参加できてよかった。『ホームレス』のセミナーを学んで、いろんなことが分かって良かった」

「 楽しく話をしつつ、包丁を使うので、真剣に集中して野菜を刻むという環境がすごいすばらしいなと思いました。また参加したい」

《今日知ったこと》

サラダに入れるキュウリは、食感を考えてスライサーではなくて、包丁で切ること。

切り口が楕円になるように、ややななめに切るのだそうです。「おいしく食べて欲しい」というきもちが込められています!

わたしは、洗い場の作業に参加しましたが、数ある水のゴムホースを、これまた数ある延長ホースや分岐などに、つなげられるように覚えていければなぁと思っています(なかなか手強そうです)

15時ごろ終了したのち、休憩をとりながら17時に配食の場所「東池袋中央公園」に移動しました。

まだ昼の明るさが残る空の下、按摩マッサージの施術を、2名並んで受けておられます。

路上での生活は年齢を重ねるほどに過酷だと感じます。

その後、18時の配食を前に、並ばれている方々へスプーンを渡していきました。

顔を合わせてゆるりとあいさつができたので嬉しかったです。

並ばれている方々全員が、1回目の食事を終えるまで、前半の配食ボランティアの方が受け持ちます。

2回目を希望される方々への配食が始まるころ、ボランティアも後半チームに交代します。

そのように、何百杯という数のご飯とカレーをよそっていきます。

終了時のミーティングの報告では、並んだ方は約1932杯目が170食、持ち帰り用に、ふりかけごはんのパックが36個、カレーが5つできました。全部で56リットルのごはんを炊き、400杯分のカレーを配りました。

医療相談は、38名の方が利用され風邪薬や胃薬、冷湿布などを持ち帰られたとのこと。

生活相談は、4名の方が相談に来られ、週明けに申請同行する方がいるとのこと。はり灸マッサージが合わせて11名。

今日は59名のボランティアの方々がお出でになりました。

そのような中、フランスから世界の医療団ボランティアに男女2名の方が参加しておられました。

8ヶ月かけていろんな国へ行っているそうです。

「とても興味深くて、しっかりオーガナイズされていて印象深かった、手助けできたことがうれしい、資金集めに協力出来たら」と通訳を介し感想を話されました。

さいごに、担当の方が「路上生活から生活保護を受けての生活に移行されたものの、うまくいかなかった方もいる。再路上化した方をどのように支援していくのか課題です」(という内容のこと)を話されました。

安易に、住まいがあり保護費があるほうがいいと片付けられる事柄ではないのだと考えさせられます。

なにが、ふたたび路上の生活へと戻らせてしまうのでしょうか。

みなさん、どのように思われますか。(kayo)


[PR]
# by tenohasi | 2017-09-13 22:27

8/26(土)炊き出しボランティア日記

今回の炊き出しはとっても久しぶりなぶっかけ飯です!

夏バテに効きそうな味噌味で仕上げることになりました。

が、私もだいぶサボっていたので作り方がうろ覚えに…。

こういう時に仕切ってくれる人が必要なんですよね。

今日は、私となぜか炊き出し開始時時やら二世やらで境遇の似ている

Nちゃんに、毎度のことながら調理番長になってもらいました。

ぶっかけはサラダ作りのように比較的楽に作れる料理ではありません。

ひたすら切ってひたすら煮るのです、工場現場のようです。

でも、息抜きのお話や休憩は自由ですから、ご安心下さい。

今回は野菜の種類が少ないのでそんなに考えなくても済みそうです。

ですが、さすが責任者のSさんは気前の良さが鶏肉の切り方にも現れてしまい、

なんともワイルドな小間切れ。さらに細かくするのに苦労しました。

今回は、こんな感じのゆるーい炊き出しでしたが、久しぶりのぶっかけ飯で

配食で食べた味はいつも以上になんとも染みる味でした

最近忙しくなっていた私も、ちょっと振り返ってみようかと思う今日の炊き出しでし

たー。(うまきのこ)

[PR]
# by tenohasi | 2017-09-02 08:52

2017/8/12(土)炊き出しボランティア日記「夏祭り!!」

「調理班」編♪
一年に一度のTENOHASI夏祭り。
「祭り」と聞いただけでなんとなくワクワク♪
ですが、そのワクワクを裏切らないためにも、おいしい食事を提供しなければ!

夏祭りは夕食だけでなく、昼の配食も行うため、調理班の集合時間はいつもより2時間早い午前9時です。
昼食は恒例のそうめんですが、大量のそうめんをゆでるため熱い湯を常に沸かしておく必要があります。
安全のため広いスペースが必要で、いつもとはガスの配置や水場も変わります。
釜じいことUさんが欠席でしたが、事前にガスの配置、タイムスケジュールを送ってくれたので、これをもとに設置していきました。
20キロのそうめんを1.5キロ分ずつに小分けにしてゆで、ゆであがったら水場ですぐにざるに取り、そうめんを締めます。なにしろ
量が多いので、各作業数人で行ないます。タイムキーパーはゆであがり時間を正確にお知らせしていきます。こんな感じで、何度も
ゆでる・冷やす・締めるを繰り返し、氷を敷き詰めたクーラーボックスに詰めていきます。
具材も、なると(芸術的に薄く切ります・笑)、ネギ、わかめなど用意。
f0021370_10003180.jpg
f0021370_10003821.png

昼の配食準備が出来たら、今度は夜の配食準備に取り掛かります。
夏祭りは大塚モスクさんのカレーなので、こちらはごはんと野菜の塩もみを作るのみです。
とはいえ、すでに一仕事した後なので、お疲れモード。
なんとか時間通りに仕上がり、ホッと一息です。

途中雨がぱらつき、心配しましたが、ひどくならずによかったです。
おいしく食べていただけたでしょうか。(日焼けは赤くならず浸透するタイプ・Tでした)


「公園班」編♪
今月12日は、毎年恒例の夏祭りでした。数日前には雨の予報で心配していましたが、いい天気になって良かったです。
TENOHASIは晴れ女・晴れ男に恵まれているのでしょうか!?
まずはお昼のそうめん配食からスタート。そうめんは食欲がない時にもいいですよね。みなさんつるっと平らげて、あっ
という間になくなりました。

そのあと、15時に夏祭りの中心行事である慰霊祭が始まりました。この1年間に池袋の路上で亡くなった4名の方々を
悼みました。まずは、Oさんから故人の思い出話を。時折うなずきながら、耳を傾けている人もいました。
TENOHASIの慰霊祭はキリスト教式と仏教式の両方で行われるのが特徴です。僧侶が讃美歌を歌い、牧師が手を合わせる―。
可能な範囲で相手の宗教を尊重する姿に胸を打たれました。宗教やあらゆる立場を超えて、故人を思う気持ちは、あの場
にいたすべての人々に共通していたからだと思います。

慰霊祭のあとはスイカ割りと、大塚モスクさんからかき氷を振る舞っていただきました。かき氷は大変な人気で、毎年長
蛇の列ができています。スイカ割りも盛り上がりました!「まっすぐ!」「違う、もうすこし右!」と周りでワイワイ言
いながら誘導したおかげか、いろんな人がど真ん中に命中させていました。お見事でした! ボランティア数人がせっせ
とスイカを切り分け、こちらもすぐみんなのお腹の中に消えていきました。

その後は大塚モスクさんのカレー炊き出しや、生活・医療相談会などがありました。学生さんが熱中症予防を呼びかける
チラシを作り、塩飴と一緒に配ってくれました。最近暑さが和らいだような気がしますが、夏はまだ終わりません。油断
は禁物ですね。
TENOHASIという団体のキーワードは「ごちゃまぜ」だな、とつくづく思います。さまざまな立場の人がまじわり、支え
合っています。先月のブログでは「ざっくばらん」と表現していました。その底流には相手を尊重する心があるのではな
いでしょうか。だから、ごちゃまぜでもざっくばらんでも居心地がいい。そう思います。(さかな)

[PR]
# by tenohasi | 2017-08-23 21:43

ミニセミナー「池袋のホームレス事情」

8月25日に、私となべさんふくさんのトリオで「池袋のホームレス事情」と題したミニセミナーを池袋で行います。当事者と会場でトークする時間もたっぷりとりますのでよかったらぜひ。*定員20人ですが,あと5人まで入れるそうです。→定員に達したので締め切りになりました。


[PR]
# by tenohasi | 2017-08-18 00:03 | お知らせ

★8/12 (土) TENOHASI夏祭りのボランティアについて お知らせ

みなさま、お元気でしょうか。

今年もTENOHASIでは8月12日(土)に夏祭りを開催します。

この1年間に池袋の路上でなくなった方を悼む「慰霊祭」を軸に、昼のそうめん・午後のかき氷・スイカ割り・夜はカレー、など盛りだくさん。

夏祭りでは、毎回多くのボランティアを募集しているのですが
今年は昨年度同様、かき氷・本格インドカレーなどを提供してくださいます大塚モスクさんからたくさん手伝いに来てくださるので、さほど人手は必要としません。
そこで、今回はTENOHASIの炊き出しを経験したことのある方だけ、募集します

すいませんが、初参加を検討中の方は、8月24日か、それ以降の炊き出しにご参加ください。
(すでにメール等で申し込んで、こちらから承諾の返信した方を除きます)

ボランティアではないけれど、慰霊祭に参列したいという方は、上記にかかわらずご参列ください。
 (お花やTENOHASIへの寄付を持って参列していただければますます歓迎)

TENOHASI夏祭り2017 ボランティア募集要項

①調理班 集合9時・終了15時頃 いつもの調理場所
そうめん・飯炊き・野菜の塩もみ作りなど
②昼食配布班 集合12時40分・終了13時半頃 東池袋中央公園 そうめんを配ります。
*そのあと引き続いて夏祭り・スイカ割りなどにご参加下さい。
③衣類・夕食配布班 集合16時半 東池袋中央公園
③片付け班 集合19時半・終了20時半頃 いつもの調理場所 洗い物・片付けをします。

*当日のタイムスケジュール
9時 調理班集合
12時40分 昼食配布班集合
13時 そうめん配食
14時~15時 休憩
15時 慰霊祭 その後、夏祭り
かき氷・お菓子・すいかわりなど
16時 鍼灸マッサージ開始
16時半 衣料配布
17時 医療相談生活相談
18時 カレー配食 (大塚モスク提供のカレー)
19時半頃 公園班終了 片付け班開始
20時半 片付け終了

参加していただける方は、出来るだけTENOHASIのお問い合わせフォームから事前にご連絡ください。
よろしくお願いします。

TENOHASI事務局


[PR]
# by tenohasi | 2017-08-02 19:14 | お知らせ

7月22日 炊き出しボランティア日記

f0021370_19325662.jpg
今日も30℃を越える夏日です。最初「今日は人が少ないね」と話していたのですが、
調理前のミーティングが始まる頃には、20名以上になっていました。
今日のメニューはシャルマホールディングスさんのカレーです。こちらで準備するのは、野菜のサラダとごはん、飲みもの(スポーツドリンクとアイスコーヒー)大きなスイカです。

ミーティングが終わると、お米研ぎ、洗い物、野菜切り、ご飯炊き、など希望するものにそれぞれ分かれてグループ作業に入ります。

今回わたしが携わった事柄を中心に記事を書かせていただきます。

洗い物班は、外に簡易の洗い場を設置し、井戸と水道から水を引きます。
長いホースの先には手元でオン・オフできるシャワーが付いていて、巨大な炊き出し用鍋を洗うことも自在です。
一緒に洗い物をした方の中には15歳のAさんがいて「前々から興味があったので調べて来ました」とひとりで参加しているということでした。若い頃に興味をもったことを実際に体験しに行く。このような方がさらに増えるとよいなと感じます。

窓からは、ニンジン、キャベツ、キュウリを切り、サラダを作る様子が見えます(あとでAさんに感想を聞いたら「野菜が大きくて切るのがたいへんだった」と。ほんと立派なニンジンでした)
一方の窓からは、ごはんの炊けるいいにおいがしてきます。火を使うため、顔から首に流れるほど汗がびっしょり。ごはん炊きのみなさん、お疲れさまです。

洗い物の受け渡しを窓から行うのですが、「これお願いしま〜す」「麦茶飲んで〜」「見てこのスイカ〜」など声がかかったり、どこにいても、みんなと関わりながら、こうしていっしょに作業しているという気持ちになれること。毎回、新しい方が多く参加される中、てのはしの方々がざっくばらんな場を料理と共に作っておられるんだなと洗い物をしながら思いました。

昼になりしばし休憩です。この「ひとつ釜の飯」的なみんなで輪になって食べるまかないごはんがわたしは好きです。
まさにざっくばらん。
住んでいる場所もさまざまで年齢もばらばら、どのような日常を送っているのかも分からないひとりひとりが、活動に興味を持ち集まるざっくりした感じと、ばらんとした程よさが、お昼ごはんのときに心地よさを覚えます。

今日のメインはそうめん。2㌔もの量が大ザルに盛られ、みんな好みの量を自分の皿に取っていきます。
お昼ごはん休憩のあと、15時すぎにすべての工程が終わりました。
出来上がったごはんやサラダ、飲みものなどをトラックに積み込み、見送ったあとは公園に移動です。

今日はいつもの東池袋中央公園でイベントがあるため、配食の場所がすぐ近くにある東池袋公園に変更になりました。急きょSNSなどでお知らせしたとのことでしたが、知らずに来る方々がいるだろうと早めに公園に行き、看板を設置し現地で案内をしたりと迅速に対応されていました。

変更になった今日の公園は、ひらけていて風がよく通り抜けて気持ちよく「はりきゅうマッサージ」さんのテントは受付の隣にあり「ほっと友の会」さんの集まりからは歌が聴こえてきました。「医療・生活相談」の方々は対面に座った方と熱心に話し合っておられるようです。配食のほうもよく見渡すことができました。配食開始の18時に近づくにつれ、人数が増え列が長くなっていきます。
f0021370_19295917.png
f0021370_19334212.jpg
ごはんをよそう時に、並んでおられる方とあいさつし「これくらいですか」「多目がいい」「それでいい」など量についての会話をしました。
カレーを受け取ったら、今日はマンゴーチャイ、スイカがあります。この暑さのなか、甘味と水分たっぷりのデサートはうれしいですね。

今日は並ばれた方が191名、334食と持ち帰りのカレーもありました。医療班からは41名の報告があり「虫刺されやかゆみ止めの要望が多かった」とのことでした。生活相談は3名(このミーティング中も引き続き相談しておられました)はりきゅうマッサージは12名、「むかしの仕事で身体をこわして、今いろいろでてきている」という方もおられるとのこと。参加ボランティアは74名でした。
※さいごに、配食休憩ごはんのときのこと。隣に座った方が、おりがみを折って下さいました。 折りながら「歌を歌ったらあげるよ」とにこにこ話されるようすにつられて「もしや?!」と思った瞬間、半信半疑に「ふんふふ、ふ、ふ、ん」と鼻歌。うれしい、正解しました。
f0021370_19275305.jpg
「となりのトトロ」かわいいです。Kさん、すてきなプレゼントありがとうございました。
またいっしょに食べながらお話ししたいなぁと思いつつ、あたたかい気持ちで帰路に着きました。

[PR]
# by tenohasi | 2017-07-26 19:34 | 炊き出しボランティア

8月4日深夜 東京ストリートカウント参加者募集

今、都内各区の路上や駅・公園でホームレス生活をされている人は実際に何人いるのか?
それを解明すべく、終電後に各区をくまなく歩いて出会った人を数える「ストリートカウント」
東京工業大学の学生さんを中心とする「ARCH」がこの夏も実施します。
私も昨年の夏に参加しました。
とても意義のある活動です。
しかし。実施には多くのボランティアとしっかりした運営が必要。
終電後に集まり、歩き、振り返りをして始発で帰るという非日常体験の出来るイベントです。
しかし、まだ必要数の半分しか集まっていないとか。
ぜひ、ご参加を。
豊島区の参加者には、今月28日に予備調査とレクチャーを私がやらせて頂きます。

清野賢司
◆ストリートカウントとは
東京都による昼間調査では捉えきれない深夜の路上ホームレス人口を調べる市民による調査です。深夜0:30に集合し、各グループに分かれ終電後の街を2-3時間程度徒歩や車で調査し、路上生活している方の人数を把握します。これまでのストリートカウントでは245 名の市民の 参加により、昼間に比べ約 2.5 倍もの方が野宿していることを明らかにしました。自分の街に存在するホームレス問題を考え る契機となるよう今夏は調査範囲を広げ、各地域ごとに調査を実施します。ぜひお近くの調査にご参加ください。

[PR]
# by tenohasi | 2017-07-23 15:06 | お知らせ

ビッグイシュー応援Tシャツ 23日までの限定販売


ホームレス状態の人だけが出来る仕事。これがビッグイシューの販売員です。
ビッグイシューは、仕事を提供するだけでなく、小冊子「路上脱出ガイド」を作って、現役路上生活の方に情報提供をしています。
そのビッグイシューを応援するチャリティーシャツが、23日(日)までの限定で販売されています。
なかなかいいお値段なのですが、このリンク先の記事を読んで頂くだけでも応援になります。
よろしくお願いします。

[PR]
# by tenohasi | 2017-07-20 21:12 | お知らせ

7月8日 炊き出しボランティア日記

f0021370_12300730.jpg
今日は、いつもの調理場所がお祭りで使えないので、大塚モスクさんのカレーをお願いし、TENOHASIはα米450食にお湯を入れて戻すだけの簡単調理。お気楽です。
もっとも、トラックを止めるコインパーキングを探している途中、一方通行の標識が木で隠されていた路地に迷い込み、脱出しようとしてお店の庇にぶつけてしまうという笑えない事故も起きましたが・・
f0021370_12293749.jpg

大塚モスクのカレーは、TENOHASIの炊き出しにまけないくらい野菜たっぷりのヘルシーカレーでした。

f0021370_12290329.jpg
f0021370_12291841.jpg
どうしてモスクが日本のホームレスの皆さんのためのカレーを?
マスジド大塚(大塚モスク)のクレイシ・ハールーンさんが説明してくれました。
「イスラムの教えには、喜捨という言葉があります。自分の財産を、貧しく困っている人のために捧げるのです。たとえば、毎年、自分の財産の2.5%を困っている人のために捧げることが決まっています。犠牲祭では、羊を一頭つぶして、3分の1は自分の家族に、3分の1は近所の皆さんに、そして3分の1は貧しい人に分け与えます。イスラムは『あなたがお腹いっぱいで寝ているときに、隣人が食べ物もなくお腹を空かせて寝ていたら、あなたはムスリム(イスラム教徒)ではありません』と教えています」。
「これはジハードの一つ」だとハールーンさんはいいます。「ジハードとは努力すること。聖戦という訳は誤りです。イスラムではジハードは信者の義務です」。
震災直後、混乱する被災地に支援に行くかどうか迷っていた時、「これこそジハードだ」と気がついて迷いを振り切ったそうです。
TENOHASIの炊き出しでは2012年のクリスマスの炊き出しで初めてカレーを出していただいて以来、もう5年にわたって定期的にカレーを出して下さっています。
次は8月12日の夏祭りの夜。モスクの皆さんの思いが詰まったカレーを食べてみたい方は並んでみて下さい(^_^)
f0021370_12295323.jpg


[PR]
# by tenohasi | 2017-07-15 12:50