2/11(土)炊き出しボランティア日記

立春をすぎて、一回目の炊き出し日です。


「早春賦」の歌詞のように「春は名のみの風の寒さや……♪♪」の日々が続いています。

今日はすこし暖かくなると予想されていますが、どうでしょう。

今日も公園で待っている人たちに、ひと時でも「春のぬくもりの一杯」を届けられたらと思います。


早速、参加メンバーによる作業前のミーティングです。

冬の置き忘れの「余寒」を貰ってしまって、床に臥せっている事務局長(お大事に)に代わってOさんが進めます。

自己紹介、作業分担と安全確認のあと、それぞれの持ち場に行って作業開始です。

今日はメンバーが20名弱といつもより少ないですが、それぞれの作業の中身を知っているメンバーが多く参加しているので、時間軸での作業の濃い薄いもこなせるでしょう。

釜場は、「釜じい」ことUさんを中心にコンロや炊飯器のセッティング。

調理場はSさん、Hさんを中心にニンジン、玉ねぎの皮むきから調理開始。米とぎは、8リットルを7釜を用意します(冬場はつらいですね)。

洗い場は、ベテラン中心にテキパキと、これから使用するすべての調理器具を洗っていきます。

TENOHASI調理班では、作業内容・作業什器を安全第一に、しかも作業しやすさを考えながら工夫を重ねてきました(まだまだ、改善の余地はありますが)。


さて、作業は気温が上がっていくのに合わせてサクサク、スムーズに流れていきます。

昼のまかないは、おなじみの焼きそばと炊きたてごはん+納豆+卵付き、ちょっとお菓子を、各自の好みで食べました。

デザートの「三ヶ日みかん」「チーズケーキ」で、午後の作業の鋭気を養いました。


後半は残りの野菜と肉の調理、炊きあがったご飯のクーラーボックスへの投入、70リットル寸胴3つに分けての野菜汁作り、それに伴う洗い作業などをこなしてゆきます。

新人さんたちが3時ごろからの「ボランティアセミナー」に参加するころ、ベテランさんを中心に寸胴の前で、野菜汁の「味」についての議論が始まります。基本的に「冬場」では身体の温まる「みそ味」ですが、より美味しくするために「醤油の量は」「だしの量はどうする」「みりんは……」「ご飯にかけるのでもう少し濃くしたら」「私はこのくらいでいいと思うが……」などカップを片手に味をみながら時には、「けんかごし(笑)」で決めていきます。

限られた条件の中で、いかにより良い食を提供しようとする調理班のポリシーですね。


夕方5時すぎ、今日も「思い」を積んだ配送車が出発しました。さあ、お味はいかが。

次回はカレーですね。これもイイネ。(いのさん)



[PR]
# by tenohasi | 2017-02-17 18:12

2017/1/28(土) 炊き出しボランティア日記 

今日の炊き出しはシャルマホールディングスさんのカレーです。

肉と野菜たっぷりの家庭では食べられない味なので楽しみにしてきました。

調理は浅漬け作り、炊飯のみで私もだんだんカレーの日の作業にも慣れて

きました。

浅漬けは塩昆布で味付けをするのですが、今日は塩昆布の量を間違えて

しまい、いつもの半分しかありませんでした。

そこでどう味付けしようか皆さんにお伺いした結果、

今回は塩だけで補うと辛いので、だしで味付けしてみました。

いつもの漬物に比べて野菜から出る水分も少ないように見えます。

(が、個人的意見なのであまり当てにしないで下さい。)

とりあえずマイルドな浅漬けに仕上がりました、

サラダみたいにバリバリいけます。

まかないの焼きそばも豚肉の差し入れがあり、とても豪華になりました。


配食のため公園まで行くと、コスプレのイベントらしきものが開催されて

いました。

さすが池袋です、おどろきでした!

あっという間に暗くなって配食が始まりました、

シャルマホールディングスさんには、今回お菓子をたくさん用意して頂きました。

皆さんの手に渡るのには十分過ぎる量で非常に有難かったです。

カレーもお肉がゴロゴロあり美味しかったです。


皆さんお疲れ様でした。

(うまきのこ)


[PR]
# by tenohasi | 2017-01-30 18:12

1/14(土)炊き出しボランティア日記

 年末年始の越冬活動後、はじめての「通常」炊き出し日。

週末にかけて大寒波がやってくるという予報通り、朝から寒い中スタートしました。事務局長は、この日は仕事で公園からの参加、ということで、釜じいことUさんが音頭を取って、ベテラン・新人を各配置に振り分けていきます。

私は、久しぶりに洗い場担当。諸事情で、いつもの場所に洗い場を設置できなかったため、あーだ、こーだと設置するまでに手間取ってしまいました。時間のロスを埋めるべく、ご飯炊き用の大きな釜、野菜汁用の大きな寸胴鍋、切った野菜を入れるボックスなどなど、大物を次々に洗っていきます。1年を通してですが、特にこの時期は清潔を徹底!! もちろん、毎回、使用後に洗っているのですが、もう一度よく洗い直します。

夏の暑い時期や天気の良い日は洗い物も気持ちいいのですが、寒い冬の洗い物はやっぱり大変……。しかも、洗い場だけ外にあるので、ガタガタ震えながらの作業となります。この日もカイロを貼ったもの役立たないくらい寒く、そのうちなにやら雲行きが怪しくなり、一時、小雪がちらつく時間も。すぐに止みましたが、心底冷えました。こんな日に、一日路上にいる方たちはどんなに寒いだろうかと身に染みて感じた次第。

まかない後は、ボランティアセミナーと称したミニ学習会を行ないました。DVD「ホームレスと出会うこどもたち」を観て、ホームレス状態の人たちへの理解を深めてもらうとともに、TENOHASIの取り組みや、ハウジングファーストについてOさんより説明がありました。私も、TENOHASI・べてぶくろ・世界の医療団がともに行なっている東京プロジェクトの一環として、毎月一回ですが「家庭料理教室」を行なっていますので、その活動内容や感じたことなどをお話しさせていただきました(いつもは、事務局長が担当するので、物足りなく感じた方もいらっしゃったかも。申し訳ありません。ぜひまた参加してください)

たくさんの野菜も切り終わり、あとはじっくり煮込むだけ。

このあたりで、公園班に合流する方は、公園へ向かいます。残ったメンバーで味付けをして完成。公園に運ぶための容器に移し替え、大きな寸胴鍋を洗い終わったら、いったん洗い場も終了となります。

この日は洗い場に始まり、洗い場で終わった一日でした。

まだしばらくは寒い中での炊き出しとなりますので、ボランティアの皆さん、十分に防寒対策をとって、ご参加くださいね。(めっきり寒さに弱くなったTでした002.gif)



[PR]
# by tenohasi | 2017-01-20 11:17

炊き出しボランティア日記 越冬活動4日め 2017/1/2

越冬最終日です。
そして、今日のドリンク配布は、今年で13回目になる「立教大学石川治江ゼミ」の皆さんによる甘酒です。
非売品の高級酒粕から作った熱々の甘酒は生姜をきかせたいい味で、今年も大人気。たちまち人だかりができて、みなさん何杯もおかわりされていました。

今日のメニューは、正月なので奮発して「鮭入りぶっかけ飯」。鮭とシーフードミックスを買って、寄付してもらった大量の野菜・ご近所の豆腐屋さんから寄付してもらった美味しそうながんもどき・さらに鮭が少ないのを見かねたボランティアが自腹で買ってくれた追加の鮭・・・などを入れて味噌味に仕立てました。やっぱり寒い冬は味噌ですね。美味でした。

最終日なので、弁当を持ち帰ってもらおうと思い、飯は8リットル6釜でいいところを7釜にしてもらいました。
久しぶりにふりかけと漬け物の弁当がでて、20人くらい並んだ希望者に一人3~5個くらい持って帰ってもらいました。

また、寄付して頂いたクラッカー350個も配布しました。災害用の備蓄品ですが、味がいいので皆さん喜んで持ち帰られていました。

ということで、この日、炊き出しに並ばれた方は190人。
そのうち、2杯食べた方124人。3杯食べた方60人。4杯食べた(!)方11人。
弁当75個、合計460食を提供し、ボランティアも熱々のぶっかけ飯を楽しみました。

4日間の越年越冬活動もこれで終了。へとへと。

つい数年前までは、越冬が6日間連続で、準備と片付けまで含むと8日間連続で活動してなんて、もはや信じられない・・・。
       (by 女子大生に歳より老けて見えるといわれて凹んでいる腰痛おじさん)

調理場にたまーに現われるなみちゃんです。今年も見守ってくださいね。
f0021370_21564063.jpg

[PR]
# by tenohasi | 2017-01-06 22:01

炊き出しボランティア日記 越冬活動3日め 2017/1/1

あけましておめでとうございます。
今日は2017年スタートの日。お日様と暖かい気候に恵まれた、穏やかな一日でした。

越冬も3日目です。
今日のメインメニューはお雑煮!そして漬け物付きほかほかご飯です。
お雑煮は、いつもの野菜たっぷり汁にお餅をふんだんに入れました。もちもちとした食感が大好きな方も多いと思いますが、平和そうな見た目に反して私たちの命を奪うこともあるこのお餅。海外では "サイレントキラー"と紹介されているそうです。
悲惨な窒息事故を防ぐために、調理の段階で市販の切り餅を1/2にカットしました。
名古屋からボランティアに参加してくれた医学生さんから、小さくサイコロ状にカットする案も出ましたが、それでは配食の時間までにお餅が溶けてなくなってしまうのではないかという声も。
結局1/2カット案が採用されたわけですが、代わりに配食の際には「お餅が入っているので気をつけて食べてくださいね」と一人ひとりに声をかけて手渡すように徹底しました。

↓野菜がたくさん。じっくり煮込んでいきます
f0021370_2219399.jpg

↓いつもの野菜汁にお餅を入れてできあがり
f0021370_2220326.jpg


今日は医療相談がお休みだったので、何かあったらどうしようかと最初は不安でしたが、医師のM先生が公園に駆けつけてくださいました。そして配食に並ばれた皆さんも気をつけて食べてくれたので、事故はゼロでした。
本当に良かったです。一安心しました。

元日にも関わらずお手伝いに来てくださったボランティアの皆さん、本当にお疲れさまでした。皆さんにとって素晴らしい1年になりますようにお祈り申し上げます。

↓お正月らしい配食となったでしょうか
f0021370_22202297.jpg


さてさて、2017年はどんな年になるのでしょうか……。みんなが心穏やかに暮らせる社会が叶えば、これは願っても無いことですが、簡単にはそうならないのが現実です。
でも、そんな世の中をつくるために一生懸命動いている人が大勢いらっしゃいます。自分もその輪に加わり、支えられながらまた別の誰かを支えていけたらと思います。
(さかな??)
[PR]
# by tenohasi | 2017-01-05 22:22

炊き出しボランティア日記 越冬活動2日目

今日は12月31日で「大みそか」
てのはしの今年26回目の炊き出しです。
しかし、越冬活動2日目。
なので明日、明後日まで続きます。

今日の調理班のメンバーは、「ベテランズ」と毎年越冬活動に参加してくださる「おなじみ」さんのみなさん。
ボランティア募集に応えていただいた「新人」さんのみなさん。総勢20名余。
ミーティングで自己紹介、作業分担、アルコール消毒などの衛生面、ケガ防止の諸注意のあとそれぞれの分担に分かれて、作業に入りました。

「大みそか」といえば、巷(ちまた)では「年越しそば」を食べて年越しをします。
てのはしでも、例年通り「年越しそば」を公園で待っているみなさんに提供します。
今の、調理場所と配食場所が分かれている地理的条件の中で、より美味しい「年越しそば」を提供できるか、調理班はいろいろな工夫を重ねてきました。

そばの薬味の担当は、小ネギ(20本分)と長ネギ(約30本分)を小口に切り、なると15本を同じく小口切りにします。
わかめは大袋の乾燥ものを水でもどして、約300食分用意します。
昼食後は、1月1日の分の野菜を前倒して切っておきます。

↓越冬活動に使う野菜たち。このほかにもまだあります
f0021370_22184645.jpg


洗い場担当は、前日の汚れものや当日使用する資材を手際よく洗ってゆきます。

そば茹で担当は、今年も釜場担当のUさんの指示のもと大きな寸胴(70リットル用)を3つでお湯をじゃんじゃん沸かし、8リットル炊きの炊飯器3つで、交互にそばを茹でていきます。
約300食分を用意するため、乾麺20キロを1.5キロずつ15に分け連続作業で茹でていきます。
茹であがったそばを、大量の水でしめるのも腰に負担の大きい作業ですが欠かせない作業です。
しめたそばをクーラーボックスに入れるのですが、以前は配食の時に下のほうのそばがつぶされて固まってしまいました。
今回は、空いているクーラーボックスを総動員して入れる量を減らしました。入れる際も「ふわっ」と入れました。

↓大量の水でしめる作業が大変なのです!!
f0021370_22172095.jpg


昼のまかないも、そばの食味とつゆの濃さ加減を判断するために「年越しそば」にしました。
そばつゆは、配送時間ギリギリまで寸胴でお湯を80リットル沸騰させ、めんつゆを投入して作りました。

今日の調理班の心を込めた「年越しそば」で少しでも「ほっこり」していただけたでしょうか
今年のてのはしの調理に参加していただいたすべてのボランティアの皆さん、ありがとうございました。
来年のご参加も、心からお待ちしています。
(いのさん)
[PR]
# by tenohasi | 2017-01-04 22:24

越年越冬活動 無事終わりました!

f0021370_18050968.jpg

f0021370_09214957.jpg

2016~2017越年越冬活動は,毎日約60名のボランティアの参加を得て無事終わりました。

今回の越冬で炊き出しに並ばれた方は平均173人。
前回が162人、前々回が161人だったのに対して約10人の増加でした。
理由はわかりません。
今回もたくさん方から、活動資金・衣類・靴・石けんやカミソリ・カイロ・野菜・がんもどきと生揚げ・鮭・みかん・お米・調味料・お菓子・みかんジュース1800本・クラッカー350個など数え切れないほどのご支援をいただきました。

越年越冬活動では、毎年このときだけ来てくれるボランティアの方々に再会するのも楽しみです。
渡り鳥というか、冬の七夕というか、1年たっても忘れずにまた来てくれる人たち、これがTENOHASIの財産です。

年越し派遣村以来、毎回参加してくれる練馬区職員労働組合の皆さんも、嬉しい渡り鳥。越年越冬活動の大事な戦力です。労働運動かくあるべし。
○島区職員労働組合の皆さまもお待ちしております!

 同時並行で行われた「ふとんで年越しプロジェクト」フェイスブック:https://www.facebook.com/futon.toshikoshi/ ツイッター:https://twitter.com/futon_prj
では、生活相談に来られた方や夜回りで出会った方、そしてプロジェクトメンバーが東京中をアウトリーチして出会った方25人に宿と食事を提供し、相談して、役所が開く今日から生活保護や自立支援センターなどの公的支援につなげるお手伝いをします。その中には女性や、障害のある方も多く、必要に応じて継続的な支援をしていく予定です。
 ちなみに資金はクラウドファンディングで募りましたが目標額60万円に対して、何と270万円が集まったそうです。感謝感激。おかげでたくさんの部屋を用意出来ました。
f0021370_09231790.jpg


 医療相談では毎回20~40人の相談を受けました。この10日間で合計4回の医療相談があったので、緊急性のある重い病気の方はほとんどおらず、血圧を測ったり風邪薬を出しながらの語り合いが中心だったとか。
 医療班のT医師からのメールです。
「医療相談では、普段気になっていた方とゆっくりお話しすることができました。その中のお一人は、70歳台前半ですが、今も清掃のお仕事をされていて、年金もあり、暖かいアパートに一人暮らしとのこと。でも、親しい友人や頼れる方もおられないとのことで、毎回、炊き出しに来られています。ここに来るとホッとするといわれていました。自転車を30分こいで来られているとのことでした。」
 生保や年金がある人が炊き出しに並ぶのを嫌がる・非難する人もけっこういるのですが、こんな、家はあるけど孤独な、「心のホームレス」とも言うべき人たちが「ホッとする」場所になっているのであれば、これからも炊き出しを続けていきましょう。
清野賢司

[PR]
# by tenohasi | 2017-01-04 09:46 | お知らせ

炊き出しボランティア日記 越冬活動2016/12/30

今日は越年活動一日目です。

今回は炊き出しで初めて親子丼に挑戦することになりました。
材料はシンプルに卵、鶏肉、玉ねぎと、出汁にも良い椎茸です。

年末は皆さん自宅のことで忙しいかと思いましたが、いつものメンバーに加え十分な人手が集まりました。
感謝しながら、これなら時間に余裕もできるだろうと一安心していたところ
今回もやはりトラブルが起こってしまいました。
前回、急きょ予定を変更して炊かなくなった吸水済みの白米を冷凍保存しておいたのですが、
白飯に炊けるものと思っていたらどうもそう簡単でもなかったようで、ドロドロのお粥状になってしまいました。

これでは親子丼には合わせられません。
美味しいんですけどね。
仕方がないのでまかないで皆さんに食べて頂きました。
挑戦には失敗が付きものなんですが、ちょっと申し訳なかったです。

       ↓300個の卵割り!!
f0021370_22512676.jpg

もう一つのの難関は毎回恒例の鶏肉です。
解凍もちょうどいい具合でどんどん切っていけば良かったんですが、
なぜかなかなか終わらない・・・初日で気合も入っているはずが、いつもより量が多い? 何か丁寧過ぎる?
しかし鶏肉さんの抵抗も、皆さんのお力をお借りしまして、なんとか時間内に片付けることができました。
いつも以上に負担があり、疲れたはずです。
皆さんありがとうございました。

       ↓卵を流し込みます
f0021370_22504943.jpg

       ↓出来立ての熱々をお届けします
f0021370_22515911.jpg

肉体労働でお腹も空いてしまい、配食にもふらふら足を延ばしました。
コーヒー配りに顔を出しましたが、ここでもトラブルが! いつもならジャグにコーヒーと砂糖が調合してあるのに、お湯しか入っていない。
(かき混ぜ棒を忘れたんだそうです)
今回は砂糖もミルクもお菓子も全部セルフです。
でも何とかなるものですね。

↓ボランティアさんが人数が多かったので、夜回り用のおにぎりも作りも
f0021370_22523777.jpg

親子丼は汁だくで好みが分かれそうですが、食べやすかった気がします。
越年活動初日は何とか乗り切ることが出来ました。
山本太郎さん、雨宮処凛さんの応援、また森川すいめいさんのあいさつもあり、あと三日間残っていますが成功出来そうです。
願掛けもかねてカンパですっきり、ほろ良い気分で帰宅することが出来ました。
(うまきのこ)
[PR]
# by tenohasi | 2017-01-02 22:56

越年越冬活動やってます!

f0021370_14405886.jpg


世田谷区から、衣類と一緒に手紙が。まほちゃん、ありがとう!
クイズの答は・・・・最後に。

f0021370_14431673.jpg


送っていただいた衣類はさっそくみなさんに配りました。

f0021370_14445753.jpg


大晦日の年越しそば(写真の日付が間違っていてすいません。2016/12/31です。)

f0021370_1446766.jpg


大晦日の生活相談。
「ふとんで年越しプロジェクト」と協力して、今、15人に宿泊場所を提供して、年明けに公的支援につながる支援を行う予定です。

あと二日です。

クイズの答:象(れいぞうだから) でも、冷蔵庫に象が隠れていたら大変ですよね。

[PR]
# by tenohasi | 2017-01-01 14:48

越年越冬活動 2016-2017のおしらせ

f0021370_15155738.jpg
今、住むところがない・お金がなくて食べられないなど生活に困っている方へ

この冬も各地域の支援団体が年末年始の炊き出し(越冬活動)を行います。

池袋ではNPO法人TENOHASIが、
年末年始の4日間、毎日活動します。
ご飯だけでなく、衣類やドリンク配布・医療相談も行います。
全て無料です。
今、困っている方は、遠慮なくご利用下さい。

日程 12月30日~1月2日まで毎日 
場所 東池袋中央公園(池袋東口 サンシャイン60となり)
時間
 16時から 鍼灸 マッサージ
 16時半から 衣類配布・コーヒー配布 2日は甘酒           
 17時から 医療相談・生活相談(寝るところを世話してほしい・生活保護を受けたいなどの相談にも乗ります。1日はお休み)
 18時から 配食
   30日 親子丼風ぶっかけ飯
   31日 年越しそば
   元日 雑煮
   2日 鮭入りぶっかけ飯
f0021370_19483119.png 
f0021370_15133479.jpg
[PR]
# by tenohasi | 2016-12-28 15:13 | お知らせ