越年越冬活動 無事終わりました!

f0021370_18050968.jpg

f0021370_09214957.jpg

2016~2017越年越冬活動は,毎日約60名のボランティアの参加を得て無事終わりました。

今回の越冬で炊き出しに並ばれた方は平均173人。
前回が162人、前々回が161人だったのに対して約10人の増加でした。
理由はわかりません。
今回もたくさん方から、活動資金・衣類・靴・石けんやカミソリ・カイロ・野菜・がんもどきと生揚げ・鮭・みかん・お米・調味料・お菓子・みかんジュース1800本・クラッカー350個など数え切れないほどのご支援をいただきました。

越年越冬活動では、毎年このときだけ来てくれるボランティアの方々に再会するのも楽しみです。
渡り鳥というか、冬の七夕というか、1年たっても忘れずにまた来てくれる人たち、これがTENOHASIの財産です。

年越し派遣村以来、毎回参加してくれる練馬区職員労働組合の皆さんも、嬉しい渡り鳥。越年越冬活動の大事な戦力です。労働運動かくあるべし。
○島区職員労働組合の皆さまもお待ちしております!

 同時並行で行われた「ふとんで年越しプロジェクト」フェイスブック:https://www.facebook.com/futon.toshikoshi/ ツイッター:https://twitter.com/futon_prj
では、生活相談に来られた方や夜回りで出会った方、そしてプロジェクトメンバーが東京中をアウトリーチして出会った方25人に宿と食事を提供し、相談して、役所が開く今日から生活保護や自立支援センターなどの公的支援につなげるお手伝いをします。その中には女性や、障害のある方も多く、必要に応じて継続的な支援をしていく予定です。
 ちなみに資金はクラウドファンディングで募りましたが目標額60万円に対して、何と270万円が集まったそうです。感謝感激。おかげでたくさんの部屋を用意出来ました。
f0021370_09231790.jpg


 医療相談では毎回20~40人の相談を受けました。この10日間で合計4回の医療相談があったので、緊急性のある重い病気の方はほとんどおらず、血圧を測ったり風邪薬を出しながらの語り合いが中心だったとか。
 医療班のT医師からのメールです。
「医療相談では、普段気になっていた方とゆっくりお話しすることができました。その中のお一人は、70歳台前半ですが、今も清掃のお仕事をされていて、年金もあり、暖かいアパートに一人暮らしとのこと。でも、親しい友人や頼れる方もおられないとのことで、毎回、炊き出しに来られています。ここに来るとホッとするといわれていました。自転車を30分こいで来られているとのことでした。」
 生保や年金がある人が炊き出しに並ぶのを嫌がる・非難する人もけっこういるのですが、こんな、家はあるけど孤独な、「心のホームレス」とも言うべき人たちが「ホッとする」場所になっているのであれば、これからも炊き出しを続けていきましょう。
清野賢司

[PR]
# by tenohasi | 2017-01-04 09:46 | お知らせ

炊き出しボランティア日記 越冬活動2016/12/30

今日は越年活動一日目です。

今回は炊き出しで初めて親子丼に挑戦することになりました。
材料はシンプルに卵、鶏肉、玉ねぎと、出汁にも良い椎茸です。

年末は皆さん自宅のことで忙しいかと思いましたが、いつものメンバーに加え十分な人手が集まりました。
感謝しながら、これなら時間に余裕もできるだろうと一安心していたところ
今回もやはりトラブルが起こってしまいました。
前回、急きょ予定を変更して炊かなくなった吸水済みの白米を冷凍保存しておいたのですが、
白飯に炊けるものと思っていたらどうもそう簡単でもなかったようで、ドロドロのお粥状になってしまいました。

これでは親子丼には合わせられません。
美味しいんですけどね。
仕方がないのでまかないで皆さんに食べて頂きました。
挑戦には失敗が付きものなんですが、ちょっと申し訳なかったです。

       ↓300個の卵割り!!
f0021370_22512676.jpg

もう一つのの難関は毎回恒例の鶏肉です。
解凍もちょうどいい具合でどんどん切っていけば良かったんですが、
なぜかなかなか終わらない・・・初日で気合も入っているはずが、いつもより量が多い? 何か丁寧過ぎる?
しかし鶏肉さんの抵抗も、皆さんのお力をお借りしまして、なんとか時間内に片付けることができました。
いつも以上に負担があり、疲れたはずです。
皆さんありがとうございました。

       ↓卵を流し込みます
f0021370_22504943.jpg

       ↓出来立ての熱々をお届けします
f0021370_22515911.jpg

肉体労働でお腹も空いてしまい、配食にもふらふら足を延ばしました。
コーヒー配りに顔を出しましたが、ここでもトラブルが! いつもならジャグにコーヒーと砂糖が調合してあるのに、お湯しか入っていない。
(かき混ぜ棒を忘れたんだそうです)
今回は砂糖もミルクもお菓子も全部セルフです。
でも何とかなるものですね。

↓ボランティアさんが人数が多かったので、夜回り用のおにぎりも作りも
f0021370_22523777.jpg

親子丼は汁だくで好みが分かれそうですが、食べやすかった気がします。
越年活動初日は何とか乗り切ることが出来ました。
山本太郎さん、雨宮処凛さんの応援、また森川すいめいさんのあいさつもあり、あと三日間残っていますが成功出来そうです。
願掛けもかねてカンパですっきり、ほろ良い気分で帰宅することが出来ました。
(うまきのこ)
[PR]
# by tenohasi | 2017-01-02 22:56

越年越冬活動やってます!

f0021370_14405886.jpg


世田谷区から、衣類と一緒に手紙が。まほちゃん、ありがとう!
クイズの答は・・・・最後に。

f0021370_14431673.jpg


送っていただいた衣類はさっそくみなさんに配りました。

f0021370_14445753.jpg


大晦日の年越しそば(写真の日付が間違っていてすいません。2016/12/31です。)

f0021370_1446766.jpg


大晦日の生活相談。
「ふとんで年越しプロジェクト」と協力して、今、15人に宿泊場所を提供して、年明けに公的支援につながる支援を行う予定です。

あと二日です。

クイズの答:象(れいぞうだから) でも、冷蔵庫に象が隠れていたら大変ですよね。

[PR]
# by tenohasi | 2017-01-01 14:48

越年越冬活動 2016-2017のおしらせ

f0021370_15155738.jpg
今、住むところがない・お金がなくて食べられないなど生活に困っている方へ

この冬も各地域の支援団体が年末年始の炊き出し(越冬活動)を行います。

池袋ではNPO法人TENOHASIが、
年末年始の4日間、毎日活動します。
ご飯だけでなく、衣類やドリンク配布・医療相談も行います。
全て無料です。
今、困っている方は、遠慮なくご利用下さい。

日程 12月30日~1月2日まで毎日 
場所 東池袋中央公園(池袋東口 サンシャイン60となり)
時間
 16時から 鍼灸 マッサージ
 16時半から 衣類配布・コーヒー配布 2日は甘酒           
 17時から 医療相談・生活相談(寝るところを世話してほしい・生活保護を受けたいなどの相談にも乗ります。1日はお休み)
 18時から 配食
   30日 親子丼風ぶっかけ飯
   31日 年越しそば
   元日 雑煮
   2日 鮭入りぶっかけ飯
f0021370_19483119.png 
f0021370_15133479.jpg
[PR]
# by tenohasi | 2016-12-28 15:13 | お知らせ

2016/12/24(土)炊き出しボランティア日記

12月24日土曜日――。クリスマスイブの土曜日、ということで、ボランティアもそうそう集まらないだろうなあ…とタカをくくっていたら大間違い。なんとここのところの最高人数である30人越えの調理班ボラ参加者数となりました。
今日は、いつもお世話になっている大塚モスクさんのお仲間である東京ジャーミーさんのカレーの日。調理班としては、ご飯と野菜の浅漬けを用意するだけです。せっかく参加してくださった新人さんの仕事もあまりなく、申し訳ないかなあと思っていましたが、洗い場、野菜切り、ガスまわり…とそこそこ持ち場ができ、少しずつですが作業もいきわたったようです。

大量の米をとぎ、炊いていくわけですが、研いでいる途中に
事務局長からストップが(@_@;)
なんと、ご飯もバターライスを東京ジャーミーさんが用意してくださると
急きょ連絡が入り…\(◎o◎)/!
すでにといでしまったものは、みんなで相談した結果、冷凍保存してみることになりました。
それにしても、なにかしら「問題が起こる」このごろ。こんなときは、森川すいめいさんの『その島のひとたちは、ひとの話を聞かない』(青土社刊)の中の、「人生はなにかあるもんだ」と思って、「問題が起こったらいっしょにどうするのか考えるのが組織」「そしてその知識を共有する」というフレーズが浮かびます。それが想定外の出来事に強くなるというわけです。このところのトラブル続きで、TENOHASI調理班の問題対処スキルが上がっているのかもしれませんね。

いつもの賄いメニューはやきそば+白飯が定番でしたが、越冬活動中に親子丼を作る日があり、まかないで試作、30人分を作りました。皆さんから「おいしい!」との声をいただき、一安心。当日もうまく作れるといいのですが。
昼食後は野菜切りに専念。人数も多いので、DVDを使った学習会を新人さん中心に行いました。活発な意見交換行われ、有意義な時間となりました。

↓大量の野菜の浅漬けを作ります。塩昆布と出汁で味付けです。
f0021370_10324555.jpg

↓学習会のようす。活発な意見交換がなされました。
f0021370_1034593.jpg

公園では、渋滞に巻き込まれ、カレーの到着が遅れるというハプニングがありましたが、お菓子やチャイも届き、有志によるクリスマスプレゼントや、オレンジジュースの寄付もあり、いつもより華やか。なんとなくクリスマスっぽくなりました。
30日からは4日間の越冬活動がスタートします。
これから寒さも厳しくなりますが、みんなで新年を迎えられるよう支えあっていきましょう。
(T)

[PR]
# by tenohasi | 2016-12-27 10:38

越年越冬活動ボランティア追加募集!

みなさま

12月11日から募集を開始した越年越冬活動ボランティアは、今日現在で約70人の方から延べ140回分の参加申し込みを頂きました。
おかげさまでほぼ定員が埋まりました。

不足しているのは1月1日の調理班が8名、1月2日の調理班が4名で、この二枠は
引き続き募集しますので、お申し込みよろしくお願いします。

TENOHASI事務局

[PR]
# by tenohasi | 2016-12-25 10:17 | お知らせ

「WAKUWAKUホーム設立に向けて――同時開催“さとにきたらええやん”上映会」12月25日

子どもの貧困に取り組む連携団体・豊島子どもWAKUWAKUネットワークからお知らせです。
子どもが宿泊できる家の設立を準備中とのこと。
連携できるとすてきですね。
清野賢司
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆さま
「WAKUWAKUホーム設立に向けて――同時開催“さとにきたらええやん”上映会」を12月25日に豊島区立生活産業プラザ3階大会議室にて開催いたします。
クリスマスでお忙しいときだとは思いますが、上映会は午前と午後2回ございます。
「こどもの里」は今年1月に開催したこども食堂サミットで基調講演をしてくださった荘保共子さんが全人生を投げ打って活動されている子どもの居場所(遊び場・学び場・生活の場)です。“さとにきたらええやん”はこの「こどもの里」のドキュメンタリー映画です。500円ですので、どうぞこの機会をお見逃しなく。チラシ裏面をご参照ください。
拙著「子ども食堂をつくろう!」の中の座談会の最後に私が叫んでおりますが、いよいよ「WAKUWAKUホーム」実現に向けて動き出しています。12月25日の13時~14時は、私と栗林さんが対談をいたしますので、こちらも参加いただけると有難いです。
「WAKUWAKUホーム」は宿泊にも対応できる子どもの居場所で、子どもや保護者がいつでも気軽に立ち寄り、SOSを発信できる場を目指します。

↓↓



本情報は拡散希望です。
一人でも多くの方に映画を見ていただきたい。そして、今、子どものために必要な場について一緒に考えていただけたらと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
WAKUWAKU 事務局長 天野

[PR]
# by tenohasi | 2016-12-22 00:00 | お知らせ

ボランティア炊き出し日記 2016/12/10

12月10日。今年も残りわずかとなった炊き出しです。
風が強かったのですが、晴れていたので炊き出し日和でした。
今回は、毎度おなじみの野菜汁でした✿
私はサークル活動や土曜授業のため、久しぶりの参加だったので、届いた野菜の種類の豊富さに少し驚きました。
前はあまり見かけなかった色鮮やかなパプリカや変わったきのこ、
水煮のレンコンなど…Σ(・□・;)
また、冬はたいていある白菜が今回は無かったので、なかなか野菜の水分が出なくて、途中で水を加えて煮込むなど工夫しました。
最近、異常気象などで野菜の値段高騰が話題になっていたので、
その影響ですかね(@_@)
他のスタッフから「色鮮やかな野菜汁だね~」という声をもらったので良かったです。
野菜汁の味は、味噌でした。みんなで試行錯誤しながら味付けをしました。
f0021370_166874.jpg

↑色鮮やかな野菜汁。味噌を溶いて味付けしていきます。

さて、公園の配食にも参加したので少しご報告します!
公園ではたくさんのボランティアの方が参加してくれました。
積極的に動いてくれていて、ありがたかったです。
野菜汁もあっという間に無くなってしまって、足りるか心配しましたが、並ばれた皆さんに行き渡ることができてよかったです。
並ばれた方も、たくさん「おいしい」「ありがとう」と言ってくれました。
こういう言葉を聞くと、一日の疲れが少し和らぎますね✿
皆さん、お疲れ様でした✿(N)

[PR]
# by tenohasi | 2016-12-17 16:07

【鍼灸班】ボランティア急募

*【鍼灸班】ボランティア急募

*活動日時:毎月炊き出しのある第2・4土曜日 15:00~19:00頃
*活動場所:東池袋四丁目はりきゅう院⇒東池袋中央公園⇒東池袋四丁目はりきゅう院http://4choume-harikyuin.com/
*活動内容:東池袋四丁目はりきゅう院から公園まで、テントやベッドの運搬、公園での準備、治療中の受付、片づけ、公園から東池袋四丁目はりきゅう院までテントやベッドの運搬
*その他:年齢・性別・経験を問いません。鍼灸の知識がなくても、できる事をして頂ければ全く問題ありません。
*特に15:00から可能な方を求めますが、15:30や16:00からの参加でも構いません。終了時間が早くても結構です。
*これまで担当した人たちは、「炊き出しとは違う形で公園に来る人たちと関わってみたかった」「人と話したり関わるのが好き」「医療事務の経験がある」などでした。

*興味を持たれた方は、嶋田 yaskos@i.softbank.jpまでご連絡ください。
*よろしくお願いいたします。
[PR]
# by tenohasi | 2016-12-14 20:30 | お知らせ

越年越冬活動ボランティア募集

f0021370_7464974.jpg

今年も、越年越冬活動の時期が近づいてきました。
日雇いなどの仕事が途切れ、行政の窓口も閉まり、どんどん寒さが厳しくなる年末年始は家のないみなさんにとってもっとも厳しい季節です。
TENOHASIは、12月30 日から1月2日までの4日間連続の炊き出しを中心とする「越年越冬活動」をこの冬も行います。
越冬は普段の炊き出しとは違い、事前の申し込み制とさせていただきます。

*以前の越冬では、当初募集したときは参加者が足りず、SOSを出したら、今度は参加者が多すぎて現場が収拾が付かなくなった、という失敗がありました。必要な人数に達したら締め切らせていただきます。その場合はまた別の機会にご参加下さいますようご案内しますので予めご了承ください。

参加して頂ける日程が決まりましたら、お問い合わせフォームから、またはメールで下記のようにご連絡下さい。
  例:「12月○○日の調理と配食に参加します。  手野はしお」

   メールアドレス:tenohasi●yahoo.co.jp(●は@にかえてください)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★┃池┃袋┃越┃年┃越┃冬┃活┃動┃
活動期間 2016年12月30日(金)から2017年1月2日(月)までの4日間連続

募集するボランティア
30日 親子丼風ぶっかけ飯配食 
 調理 25名 11時から17時   
 配食 15名 16時半から19時半
31日 年越しそば配食
 調理 25名 11時から17時
 配食 15名 16時半から19時半
1日 雑煮風ぶっかけ飯配食
 調理 25名  11時から17時
 配食 15名 16時半から19時半
2日(金) ぶっかけ飯配食
 調理 25名  11時から17時
 配食 15名 16時半から19時半

活動場所と内容
①調理 集合場所:プライベートスペースなのでお問い合わせ下さい。文京区内。
 150人分のご飯を炊き、野菜たっぷりの暖かいスープを作ります。
②配食 集合場所:豊島区立東池袋中央公園のトイレ前
 公園で衣類・コーヒーを配り、ご飯を配ります。対象者約150人

・この冬にボランティアを体験してみたいとお思いの方、ぜひお集まり下さい。年齢、性別、技能など一切不問です。
・場所/持ち物など詳しいことはメールへの返信でお知らせします。

1人でも多くの人が、この年末年始に飢えず・絶望せず・少しでも暖かい歳越しができるように、ぜひご参加下さい。
f0021370_7482621.jpg

[PR]
# by tenohasi | 2016-12-11 07:46 | お知らせ