タグについて


  僕もよくわからないのです。ごめんなさい。(具体的に話していただけたら答えられるかも・・・)です。

で、タグってなに?という人のために。


  タグというのは、色をつけたり文字を大きくしたり文字を修飾するということです。

  もともとホームページとは英語の文のプログラム(命令文)で出来ているもので、うまく話せないので。。。例えばこのページのプログラムは・・・・


   < head>
 < meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
 < meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
 < meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
 < title>Excite エキサイト:ブログ(blog) 投稿・・・・・



こんな感じになっています。ウインドウの上の表示(V)というところの、ソース(C)というところを見てみてください。


  見方は、<title>~</title>で“~”の部分に入ったものがタイトルになります。<●●>で始まって</●●>で終わるという感じです。なので、例えば色をつけたいときは・・・


< FONT COLOR=れっど(もちろん英語で)>色を変える</FONT>とすべて半角でやれば色がこのように変わります。

 色を変える

 参考にリンク張っておきます。http://www.heo.jp/tag/



 ざっとこんな感じです。やりこめば、いろいろあるみたいですが、気張らずにそのつど検索してみたらいかがでしょう?



どうぞ皆さん、このブログでブログというものに慣れてみてはいかがでしょうか?
[PR]
# by tenohasi | 2005-12-19 00:17 | お知らせ

立教大学大学院で発表

昨日は、立教大学 大学院21世紀社会デザイン研究学科 の授業に参加させていただきまして、(これで三度目!)TENOHASIで行いました、調査結果の発表をメンバーがしました。
今回の調査は、「こころ」の面を重視した調査です。
路上生活がどんなに辛いのか。路上生活から脱したい、でも脱せなくって絶望に陥っている、そんな声を細かに聞き取って、数値化したものです。
今年の春ごろにはじめた調査ですが、お一人お一人1時間ほどかけて丁寧に聞き取りをしたものです。
こちらのゼミは、学問的「研究」に留まらず、直面した問題に対して具体的に、どうアクションを起こしていくのか、というところまで穿って考えていくところがスゴイ!と思います。最初の出会いは、なんと炊き出しの日に先生の鶴の一声でゼミ生総出で炊き出しの現場にあらわれました。
その行動力に圧倒されました。

調査結果は、追々、ホームページにアップしていきますので、みなさまお楽しみに^^
お一人お一人の声に、胸打たれます。
わたしたちが、その声にたいし、現状に対し、いかに動いていけるのか。
どんどん広がっているつながりの中で積極的に模索していきたいと思います!

1月3日には、こちらのゼミの皆さんから、たきだしにいらしたみなさんにステキなプレゼントがあるそうです!新年早々、ゼミ生総出(?)のプレゼント。みなさんの喜ぶ顔が楽しみです。
[PR]
# by tenohasi | 2005-12-18 22:37

ごめんなさい

ごめんなさい。

新しい投稿をするつもりで、
ほりpの最初の文に
上書きしてしまいました。
ほりp、すいませんが、元の文を、日付を設定して再送してください。

初心者のせーの
[PR]
# by tenohasi | 2005-12-18 00:46 | お知らせ

福祉行動

今日は、「福祉行動」の日でした。あまりなじみのない言葉だと思いますが、福祉行動とは、医療相談会などで相談があった方の、区役所での保護申請に立ち会うことを指しています。
具体的には、たとえば昨日は、医療相談会でお医者さんに診察をしてもらったときに、「この方は病院に行く必要がある」と医師が判断した際は、医師が「病院での精査が必要 とか、要治療」として、その旨紹介状を書きます。

わたしたちの医療相談会は、土曜日ですので、翌月曜日にボランティアと紹介状をもらった方で待ち合わせをし、一緒に生活保護課に行きます。そして、病院に行けるよう、また継続治療が必要な方には宿泊所に保護してもらえるよう相談します。その相談がスムーズに進むようにわたしたちはその場に立ち会います。

 保護の仕組みを知っている方は決して多くないこと、また保護してほしいという意志をうまく伝えられない方もすくなくないという現状があります。
また、以前に同じ区で保護を受けていたけれど何らかの事情があり保護が廃止となっている方が、保護を断られるということもあります。その場合どうしたらいいのかということを一緒に考えます。

今回は、血圧が220/130あるという方、70歳代で、皮膚疾患とめまいが酷い、という方がいらっしゃいました。おふたりともすぐに病院に行くことになりましたが、病院の対応はあっけないものでした。特に70歳代の方のめまいについて、血液検査で異常が認められない、ということが分かると、その医師は「乞食をやめれば治りますよ」と冷たく言い放ったといういこと。
もちろんきちんとした対応をしてくださる医師もいらっしゃいますが、今回の冷たい対応には背筋も凍るような思いをしたものでした。
[PR]
# by tenohasi | 2005-12-12 22:19 | 日々の活動

炊き出し・健康相談会・法律相談会

今日は、よいお天気の中、のんびりと炊き出し準備が行われ、無事ご飯をお配りすることが出来ました。また、午後3時より、ボランティア医師・看護師、医学生、看護学生などにより、健康相談会、「ホームレス総合相談ネットワーク」の弁護士さん、司法書士さんなどのご協力で法律相談会が行われました。今日の炊き出しに並ばれた方は約170名。(第2土曜日と第4土曜日の炊き出し人数の差は2倍近くあります。東京のほかの場所で炊き出しをやっているところがあるためです。)
今日、健康相談にいらしたおじいさんは、70代で、路上生活して1ヶ月とのこと。。
辛くて眠れず、ひとりぼっちで行き詰っていたんだ、ここに来れてよかった、と相談途中にわぁーーっと泣き出してしまわれました。
また、足の悪いおじいさんも、運動もかねてきてみてね、と水曜日にお誘いしていたら、本当に来てくださってこちらもすてきな出来事でした。韓国学校の高校生さん、栄養学校の学生さん、立教大学の学生さん、なども参加してくださいまして、はなやかな雰囲気でした。
[PR]
# by tenohasi | 2005-12-10 22:16 | 日々の活動

おにぎり

今日は、おにぎりをおつくりしてお配りしました。今日のおにぎり作り参加者は 5名。
おにぎりに並ぶ方は、12月に入り、どんどん増えておられる印象です。年末はお仕事が特になくなってしまうのです。みなさんに風邪薬はありませんか、とたずねられます。
最初は、30コくらいだったでしょうか。参加者メンバーによるきぼうにより、おにぎりサイズは日に日に大きくなり、今ではそのおにぎりは、コンビニおにぎりの3倍ちかくあります!つい先月まで50個位で安定していたのですが、先週60個用意したものが足りず、とても残念だったので、今週はついに70個つくりました。そうしたら、あまったのは、なんと二つだけ。
おにぎりはいっせいに駅前でお配りしていますが、そこまで来られない足の悪いおじいちゃんのところへはお届けに行きます。
おじいちゃんはこれはウマイ、いや~ウンマイ!!と大絶賛しながらその場で特大おにぎりを食べつくしてくださいました。TENOHASIでは、スタッフのことを「はっぴぃメーカー」とよんでいますが、このおじいちゃんも、はっぴぃメーカー。
おにぎりがあまると、駅周辺を歩き回ってもらっていない方をお探ししてお渡しします。

今度の10日は、炊き出しです。炊き出し前の金曜日には、他団体の炊き出しがあり、TENOHASIからも数名がお手伝いしていますが、そのときに、明日炊き出しがあります!という手書きのチラシをお配りしています。みなさんが読んで面白いなぁと思ってくださるように、メッセージなどを入れて書いていますが、たまに忙しくてかけなかったりすると、おじさんたちから大ブーイングが起こったりします。楽しみにしてくださっているということで、そのブーイングもありがたいと思いもします。
[PR]
# by tenohasi | 2005-12-07 22:12 | 日々の活動