人気ブログランキング |

マスクと衣類の募集を再開します

1,マスク寄付の受付を再開します
マスク入手がとても難しかった3月から5月にかけて、多くの方々からマスクを寄付して頂いたので、池袋だけでなく新宿・山谷でも配布してきました。
5月末でいったん募集を停止しましたが、毎月1000枚近くを配布して在庫もなくなってきました。マスクの募集を再開します。
 募集するマスク
 ①未開封の不織布マスク。準備の都合上、バラではなく、10枚、100枚などの単位でお願いします。
 ②布マスク。こちらはバラや手作りも募集します。
 *手作りマスクは喜ばれます。ただ、可愛すぎるものはおじさんたちが恥ずかしがって着けないのでご遠慮下さい(笑)。
 *「アベノマスク」は生地が厚く夏期は熱中症の危険性が高まるのでご遠慮下さい。
 送り先 177-0045 練馬区石神井台6-1-28 てのはし 090-1611-1970

2,衣類寄付の受付も再開します
多くの皆様から夏物衣類の寄付をいただいて倉庫が一杯になったのでいったん募集を停止しましたが、在庫もなくなってきたので募集を再開します。眠っている衣類がありましたらぜひお寄せ下さい。
 募集する衣類
 8月中は半袖シャツ・ズボン・靴・ベルト・帽子・新品下着と靴下など
 9月からは、秋物の薄手長袖シャツ・ズボン・靴・ベルト・新品下着と靴下など
*ワイシャツ・スーツ・ネクタイ・女性もの衣類は不要です。
 送り先 マスクと同じ↑
マスクと衣類の募集を再開します_f0021370_17354887.jpg
3,お米の募集は引き続き停止します。
炊き出しではいつも50キロの米を炊きますが、3月からコロナの特別対応のため、お米は炊いていません。そのため、しばらくお米の募集を停止します。
普通の炊き出しに戻ったらまた募集しますので、よろしくお願いします。

4,新規のボランティア募集も引き続き中止します。
新型コロナウイルスの感染者が新宿池袋を中心に拡大している状況で、炊き出しボランティアの募集は当面中止します。
しばらくはベテランボランティアだけで炊き出しを行います。
たくさんの方から電話やメールでボランティア参加のお申し込み頂いております。お断りするのは誠に心苦しいのですが、コロナがおさまったらぜひご参加ください。

# by tenohasi | 2020-07-31 16:01 | お知らせ

7月25日炊き出しボランティア日記


TENOHASIで活動している知人から「今度の土曜日、是非力を貸してほしい」と声をかけていただいたのが、今回ボランティアに参加したきっかけです。

衣類配布や配食に並ぶ列の誘導をお手伝いさせてもらいました。
食べ物や衣服を配るだけではその場しのぎにしかならず、問題解決にはならないと思います。
TENOHASIは公園で食事を配るだけではなく医療相談や生活相談も同時に行っています。
食事や衣服を公園に求めに来たのをきっかけに、相談することができれば、社会資源を活用し、生活を立て直すことに繋がるのではないでしょうか。

ヘルプマークをつけた方もおり、病気の後遺症や精神疾患などの健康問題が背景にあり、専門家の介入が必要と思われる方も配食の列に並ばれていました。
何らかの支援を継続的に受けてはいるものの、十分な支援とは言えず、こうして列に並ぶことでギリギリの生活をなんとか維持できている方もいるかもしれません。
「こんばんは」と声をかけると、明るく笑顔で返事をしてくださる方もいれば、暗い表情で会釈をしてくださる方も。初めてなのか、どこか不安そうな方もいれば、顔馴染み同士で近況報告をしている方も。公園を通り抜ける人なのかと思ったら、列に並ぶ方も。

私自身、病院に勤務しているのですが、路上生活で道や公園で倒れていた方が入院してくることがあります。入院中に社会資源を活用する手続きを行い退院後の住まい等の問題解決をし、体調万全の状態で退院しても、長年の生活スタイルを変えることは容易ではなく、再び入院してくる方が多いです。TENOHASIのような活動に、早期に出会えていれば、違った生き方を選択することが出来たのかもしれません。

配食終了後、公園内の清掃中に「どうも、お世話になりました」と深々と頭を下げ、大事そうにお弁当の入った袋を持って片足を引きずるように歩いていく後ろ姿を見て、安眠できる場所があるといいのになと思いながら見送りました。
私一人の力ではどうにもなりませんが、TENOHASIの活動に参加することで、公園に集まったこの日の命は明日に繋ぐことが出来たと思います。生活相談をしていた方もおられ、間接的ではありますが、不安定な生活から抜け出す手助けにもなったと思います。

コロナウイルスの影響で、生活維持が困難となる人が今後増加することが予測されます。
途方にくれ、どうすればいいのか分からない人々が相談できる場として活動が継続されるよう、一緒に活動をしてみませんか。
ボランティア経験がなくても、一緒に活動しながら何をするのか丁寧に教えてくれます。


~ボランティアTさんより~


# by tenohasi | 2020-07-25 16:26 | 炊き出しボランティア

ボランティア募集は当分中止します。

みなさま

新型コロナウイルスの感染者が新宿池袋を中心に拡大している状況で、炊き出しボランティアの募集は当面(7~8月)中止します。
しばらくはベテランボランティアだけで炊き出しを行います。
たくさんの方から電話やメールでボランティア参加のお申し込み頂いております。お断りするのは誠に心苦しいのですが、コロナがおさまったらぜひご参加ください。

TENOHASI事務局

# by tenohasi | 2020-07-04 20:46 | 炊き出しボランティア

今夜のクローズアップ現代+

「新型コロナウイルスの影響で収入が激減、生活の基盤である“家”を失う人たちが増えている」・・今夜のクローズアップ現代+。つくろい東京ファンドの稲葉さんがゲストで、TENOHASIも少し出ると聞いていますが、さて。




# by tenohasi | 2020-06-03 11:05

マスクの募集を一旦停止します。

おかげさまで多くの方からマスクのご寄付をいただき、当面必要なマスクは確保できましたので募集を一旦停止します。
みなさまほんとうにありがとうございます。
頂いたマスクは炊き出し・夜回りで配布しております。
配布の様子はTENOHASIのフェイスブックページなどをご覧ください。

写真は炊き出しで配布しているマスクと石けん・消毒薬セットと、配布の様子です。
マスクの募集を一旦停止します。_f0021370_18264483.jpg
マスクの募集を一旦停止します。_f0021370_18282497.jpg


# by tenohasi | 2020-05-30 18:29 | お知らせ

しばらくはコロナ対応で炊き出しを行います

みなさま

緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロナウイルス感染の危険はまだ終息していません。
そこでしばらくの間は、特別対応を続けます。

①ボランティアの皆さんへ
感染防止のため、あらかじめ決めたベテランボランティアだけで行います。
初めての方やお久しぶりの方は、感染が終息したらぜひお手伝いください。

②炊き出しを利用されるみなさまへ 必ずマスクをつけてください。ない人には配ります。
16時ごろ 衣類・石けんやタオルなどの配布
 並ぶときは、地面につけた印を見て、前後の間隔を1.8m以上あけてください。
17時 医療相談・生活相談
 コロナ感染が心配だ・仕事が減って食費がない・泊まれるところがないなど、相談を受け付けます。
18時 弁当の配布
 ご飯とおかずのパックを配ります。並ぶときはスタッフの指示に従って前後の間隔を開けてください。
 もらったら公園では食べずにすぐに解散してください。

よろしくお願いします。
しばらくはコロナ対応で炊き出しを行います_f0021370_16045671.jpg

TENOHASI事務局


# by tenohasi | 2020-05-30 16:07 | お知らせ

NHK EテレでTENOHASI創設者で現副代表・精神科医の森川すいめいを取り上げた番組

TENOHASI創設者で現副代表・精神科医の森川すいめいを取り上げた番組がNHK Eテレで放送されます。

 放送 5月31日(日)午前5:00~午前6:00
 再放送 6月6日(土) 午後1:00~午後2:00(予定)

こころの時代←番組サイト

「対話の旅に導かれて」

池袋で路上生活者支援をする精神科医の森川すいめいさんは、自身もつらい生い立ちを抱えながら、路上や被災地での対話を重ね、生きる道を探してきた。旅の到達地とは。精神科医の森川すいめいさんは、池袋で20年間、路上生活者のための先駆的な支援活動に取り組んできた。

今、コロナ禍で、住まいを失う人が急増する中、再び暮らしが取り戻せるように奔走している。活動の原点には、自らの壮絶な生い立ちがある。生きる道を求めてさまよった日々、気づきを与えてくれた路上や被災地の人々との出会い。さまざまな人生と対話する中で、自らの苦しみとも向き合った森川さんのこころの旅路を聞く。


# by tenohasi | 2020-05-25 14:08

明日のスーパーJチャンネル

緊急事態宣言解除のニュースでこのニュースのオンエアが延びました。決まり次第ご連絡致します。
TENOHASIのコロナ対応の活動が、明日5月25日のテレビ朝日スーパーJチャンネルで取り上げられるそうです。オンエア18時10分過ぎからの予定。

# by tenohasi | 2020-05-24 09:22

仕事やばいっすよ。全滅ですよ。

ネットカフェ生活から4月8日に東京都のビジネスホテル(東京チャレンジネットを利用)に行かれたAさんに久しぶりに会いました。その内容を本人の許可を得てアップします。*プライバシー保護のため一部を変えています。

せいのさん、仕事やばいっすよ。全滅ですよ。
先週は1日だけ働けて8200円。今週は明日が初めての仕事です。建築現場のすごくハードな仕事で時給1500円だけど、4時間だけなんで6000円。交通費自腹だから手取りは5400円。

あちこちの派遣に登録しまくってるんです。
建築建設系がメインですけど、この仕事がどんどん減っていて、みんなで奪い合い。LINEで求人が来るんですが、見た瞬間に応募しないと他の人に取られる。ホテルでのんびりなんかしていられないですよ。
あと、流通系の倉庫内作業。朝7時に集合して車で晴海の倉庫に行って8時間やって帰ってくる。拘束12時間で交通費引いたら手取り7800円。割に合わないと思うけどけど、この仕事も奪い合いなんです。前日に電話で申し込むんですが、時間になった瞬間に電話しても「プープー」、何回もかけてやっと出たと思ったら「すいません、満員になりました また明日チャレンジお願いします」・・仕方ない。
他にも清掃とかデリバリーとかファストフードとかテレアポとか、選り好みしてらんない。
でも、とにかく仕事がない。

俺、何やってるんだろうって思うんですよ。
せっかくただでホテルに泊めてもらえるっていうチャンスをもらったのに、稼げない。
もらってる弁当を三食食べながら、スマホ見つめて仕事が入るのを待つだけ。太るだけですよ(笑)。たまに仕事行くとふらつきますもん。
仕事がないならホテルに引きこもってりゃいいじゃん、って思われるでしょうけど、スマホ止まったらアウト。洗濯すれば乾燥機も使うから700円かかります。仕事行けば電車賃と飯代と飲み物代もかかる。生きていれば現金は必要なんですよ。

ホテルの次は都が用意してくれるアパート(一時住宅)に4ヶ月いられるんですが、担当からは「お金は出せない。アパートに布団以外は用意できない。冷蔵庫とかは自分で働いた金で買って」って言われてるんです。でも、この状態でアパートに放り投げられても、冷蔵庫どころか食費も交通費もないですよ。そのための貯金ができる体制に何とか持っていきたい。

だから、まず一番は仕事なんですよ。
俺はきつくても良いから、それなりのレベルの仕事が欲しい。
本当に自立させようと思うなら、都の直営の仕事を出してくれたらと思うんです。
たとえば一日8200円の仕事・・最低賃金ぎりぎりですが・・を週5でできれば、4ヶ月で余裕で自分のアパートに行ける自信ありますよ。

ホテルには60歳くらいの人もいますよ。すごく礼儀正しくていい人。
こういう人には都が体力仕事でなくて普通に出来る仕事を準備すれば自立できるんじゃないですかね。

でも、チャレンジネットに相談しても、ハローワークに出ている普通の仕事を紹介されるだけ。
長期で週5の仕事なんてないです。
この前「長期」って言うから申し込んだら一ヶ月限定でした。その会社では一週間は短期、一ヶ月は長期なんですね。一ヶ月終わったらまた逆戻り。だったら細く長く派遣の仕事をもらう方がまだましです。

仕事したくても働けないから、仕事が出るまでの間だけ、ほんの少しでも現金給付が受けられないですかね。生活保護みたいに最低生活費すべて出してとは言わないから・・。
ホテルに住民票おけないから定額給付金はいつもらえるかわからないし、借金しようとあちこち電話してみたけどどこも断られてます。

仕事できないって本当に人間を腐らせますよ。
ネットカフェ生活から脱してビジネスホテルに入れたときは希望しかなかったけど、今は不安しかないです。ほんと、やばいっす。

Aさんがチャレンジネットに申し込んだときの記事はこちら↓

# by tenohasi | 2020-05-22 08:42 | こんな風景

TENOHASIの夜回りも実施中

TENOHASIの夜回りも引き続き実施中です。
おにぎり・パンとチラシを配り、生活相談と医療相談も行います。

4月に入ってから夜回りで11人の相談を受け、生活保護や東京都のビジネスホテルの利用につなげました。
今、生活にお困りの方、ぜひご利用下さい。

# by tenohasi | 2020-05-08 15:53 | お知らせ