3月最後の炊き出し

3月最後の炊き出しは
大塚モスクさんのチキンケバブ丼がふるまわれました。

日本風の盛り付けとは違い、
最後にキャベツを乗せるため、
一見ただの山盛りのキャベツ丼にしか見えないのですが、
味はとてもよかったです。チキンも香ばしく焼けており、
キャベツとドレッシングの相性もとてもよかったです。

調理班はご飯を炊き、味噌汁を作るだけでしたので
18人のコアスタッフのみで作業しました。
といっても、いつもよりも切る野菜の量が少なかったので、3
時過ぎにはほぼ終了。早めに片づけをし、
余った時間でデカルトなど有名な哲学者の言葉の意味を
大学講師の方に解説してもらったりして、まったり過ごしました。

私事ですが、4月から沖縄の学校に進学することになりました。
小学5年生から8年間お世話になったTENOHASIとも
これでいったん一区切りです。
8年間……これまでの人生のほぼ半分と思うと長いようで
短かったですが、越冬には参加しますのでよろしくお願いします。
沖縄から野菜を送れたらいいなぁ。

調理班 タケ
[PR]
by tenohasi | 2014-03-25 20:29 | 炊き出しボランティア
<< 明後日のシンポジウムご案内(3... ~「見えない当事者」へ、情報を... >>