10/11 炊き出しボランティア日記

今日の炊き出しは大塚モスクさんからのご提供でした。

大塚モスクさんの調理に伴う諸事情から、
ケバブ丼からビーフカレーに
メニューの変更がありましたが、
前宣伝の効果もあってか、
大塚モスクさんから
提供していただく炊き出しメニューに、
心踊らされているであろう(?)当事者の人々が、
東池袋中央公園で、
長い行列を作っています。

カレーにしろ、鳥の炊き込みご飯にしろ、
食後に提供されるデザート(今日はエジプト風のプリンと
ケーキとチャイ)にしろ、大塚モスクさんメニューは、
どれも本当においしいのです。

今日、提供された牛肉がゴロゴロと入ったスパイシーカレーは、
身 体だけではなく、”心”にもピリッとおいしいのです。

当事者の方々の明日への小さな゛活力”と
なっていただければ幸いです。

そしてあまり大きい声では言えないのですが、
当事者の方々だけではなく、
実はご相伴にあずかるボランティアスタッフも、
毎回、とても楽しみにしているのです。

ということで、今回、てのはしの仕事は、
ご飯を炊くことと、カレーの付け合せ(野菜の塩もみ)
を作ることだけだったので、新規のボランティアさんは、
わざわざ北海道からてのはしの炊き出しのために
来てくださった方と栄養士&調理人男子以外には、
失礼ながら遠慮していただいて、

久々にコアスタッフ中心ののんびりとした調理作業となりました。
飯炊き爺さんのUさん、大変ご苦労様でした。

次回、炊き出しには、
多くの新規のボランティアの方の参加を
お願いしたいと思います。

今回も、前回に引き続き、一回目には、
242名という数多くの当事者の方々が、
並ばれました。

相変わらず、炊き出しの人数が
読み難い状況が続いています。

炊き出しに参加していただいた
ボランティアの皆さん、
大変、ご苦労様でした。

             by A
[PR]
by tenohasi | 2014-10-13 11:38 | 炊き出しボランティア
<< こんな風景(シェルターにて) 反貧困全国集会2014 ~生き... >>