12/30 炊き出しボランティア日記

越冬活動2日目。
防寒対策バッチリで臨んだものの、
晴れて暖かく、作業しやすい30日でした。

コアスタッフが少なかったので、
新人さんたちに、消毒の仕方、野菜の切り方など、
ていねいに指導する余裕がなくて、戸惑ってしまった方もいたかも…。
越冬期間はなかなか難しいですね、ゴメンナサイ(>_<)
でも、人数的には十分間に合う体制で、
まかないめしタイムも比較的ゆっくりできました。

今日の汁は久しぶりに味噌味
(赤味噌使用で、ブロッコリーも入れたためか、
見た目はビーフシチューのよう(^_^;))。
配食には、135名の方が並び、300食以上配食。
ほかほかご飯にあつあつの野菜たっぷり汁をおいしそうに食べてくれました。

前日は汁が残ってしまったため、若干少なめにしたのでほぼ完売!!
ご飯もお弁当にしてすべてなくなりました。

初めて参加のボランティアさんの中には、
小学校5年生の男の子(お母さんと公園から参加)、
千葉から来てくれた高校1年の女の子(おばさんと調理から参加)もいて、
こうした10代の若い人が関心を持ってくれるのはうれしいことです。

また、ホームレス問題に取り組み、
TENOHASIでもおなじみのノンフィクションライター・
北村年子さんも配食に駆けつけてくれました。
元日放送のFMヨコハマのレギュラー番組「あなたにあえてよかった」では、
教材DVD『「ホームレス」と出会う子どもたち』の
音声をつかったラジオドラマを放映するということで、こちらも楽しみ。

残りの越冬期間中、天気がよいことを祈ります。

(T)
[PR]
by tenohasi | 2014-12-30 23:30 | 炊き出しボランティア
<< 12/31 炊き出しボランティア日記 12月29日炊き出しボランティ... >>