人気ブログランキング |

2006年 04月 20日 ( 2 )

22日は炊き出しと学習会

皆様

 あさっての土曜日・22日は定例の炊き出しとお茶会がありますが、そのあと6時半くらいから定例化第1弾の「TENOHASI学習会」を行います。

 今回は、TENOHASI代表の中村あずささんから、最近の池袋でおきた数々のできごとや事件と、それに対する数々の個別対応の報告をしてもらいます。

題して:「いま、池袋で起きていること・・・福祉行動と病院・行政・そして家族」

 池袋では、ブログにも書いたMさんの死(2月末)からの、つぎつぎと事件がおきて、個別対応の嵐が今も続いています。
 医療班のなかではある程度報告がなされていますが、プライバシーもあってブログや一般のメーリスには流していないことがたくさんあります。

Mさんの死と葬儀への参列
路上のカップルの妊娠と結婚と保護
動けないほど衰弱して救急車で入院したのに翌朝には路上に放り出された事件
サンシャイン近くの公園で若者の襲撃を受けて大けがをしたのに、縫合だけされて再び元の公園に戻された事件・・・

すべてに中村さんが関わり、ネットワークを総動員して行政や医療・警察がしなかったケアをしてきました。
この嵐の中から見えてきたことを報告してもらい、そもそも福祉行動とは何をどのようにするのかをじっくり話してもらい、これから私たちが地域社会や、病院・行政&警察に対してなにをしていくかをみんなで考えようという会です。

会場の関係で酒が飲めないので、このようなすばらしい会になりました。

池袋の路上生活者を取り巻く最先端の状況を知る最高の機会です。TENOHASIの活動に関心のあるか頼みならず、路上生活者の問題から見えてくる日本社会の現状に興味のある方にとって絶対に聞き逃せない会になると思います。
ぜひとも、皆さんご参加ください。

ということで、時間と場所です。

TENOHASI学習会
「いま、池袋で起きていること・・・福祉行動と病院・行政・そして家族」
 
時間:炊き出しのあと、6:30~7:30
 (炊き出し終了時間によって多少の変動あり)
場所:上池袋コミュニティセンタ-洋室
 (健康プラザとしまの7階)

場所が分からない方は↓のURLにある地図をご覧下さい。
http://www.city.toshima.tokyo.jp/map/map/d_2.html
池袋駅の北東側、東武線と山手線に挟まれた三角地帯にあるビルです。清掃工場の煙突を目印に進み、高速下の入り口から入ってエレベーターに乗ってください。

終わったら、「質問タイムと今後の動きを考える会」として、町に繰り出しましょう。
f0021370_23234026.jpg



by tenohasi | 2006-04-20 23:28 | 日々の活動

水曜日はおにぎりの日。

ふとした出会いから、おにぎりの具材をたくさん送ってくださった方がありまして、
先週に引き続き、いろとりどりの、美味しそうなおにぎりが出来上がっています。
おにぎりは、にぎる人によってかたちが様々です。
にっこりほほえんでいるような、まあるいかたちのおにぎりをつくるOさん。
もらいに来た人がびっくりして喜ぶくらいとにかくできるだけ大きいおにぎりをつくろうとするMIくん。
もらいはぐれる人が無いように、と時間いっぱい作ろうとするMUくん。
カラフルな、幸せの形です。
「ここは、おにぎりが大きいからもらいに来るんだよ。」という声があるそうです。

それぞれに、一日のお仕事やお勉強を終えて、いろんな仲間がこうして集まり
もらいに来る方のことを想いながら、あったかい気持ちになれるひと時をとても大切に
思っています。

「おにぎりなんて配るから働かなくなる」とかそんな声がよく聞かれます。

でも、路上で生活することは、お金が無いということは、どれだけ過酷なことなのか
自分でも体験してみなければ分からない辛さがあります。
皆さんの働きたくても働けない辛さをリアルに伝えられたらいいのに、と思います。

食べなければ、生きていけないし、生きていくことが出来なければ、働けません。
社会から蹴落とされ、その先ではぞんざいに扱われたり、ゴミのように扱われたり、
身体を休め心を休め、たいした栄養がとれないならば、
心も身体もぼろぼろになっていきます。
昨日の夜回りでは、路上に出てきたばっかり、という方にお会いしました。
駅に座り込んでいたのですが、こういった新人さんに毎週のようにお会いします。
首を切られてしまった、
病気になってしまった、
年齢制限で雇われなくなった・・
こうも簡単にドロップアウトしてしまうという社会に危機感を感じています。


週1回、たった1個のおにぎりでは、皆が楽できるほどの力にはとうていなり得ません。
けれども、毎週顔を合わせること、何でもお話できること、
あったかいおにぎり、が、
こんな殺伐とした現状に、何かしらのうるおいとなるならば。
そしてこんな場から次につながっていくようです。

(TENOHASIはいろんな人がいろんな思いで活動しています。)

az
by tenohasi | 2006-04-20 08:11 | 日々の活動