2018年 06月 03日 ( 1 )

5/26(土)炊き出しボランティア日記

★TENOHASIのボランティアには、大学生の方の参加も多いのですが、今回は男性・女性の大学生ボランティア初体験の方に感想を書いていただきました★



 

京大学2年生の佐倉という者です。5/26にTENOHASIさんのお手伝いがてら、池袋の炊き出しボランティアに参加しました。僕は大学の、社会問題を現地に行って勉強するというゼミに所属しており、今回はそのゼミの活動の一環として参加しました。

 参加する以前は「ホームレス」に対してはあまり知識や理解がなかったため、「ホームレス」に対してはプラスのイメージもマイナスのイメージもありませんでした。スタッフの方からのお話によると、精神障害を患っているホームレスの方も多かったり、自治体が用意したアパートに馴染めずに路上に戻ってしまうホームレスの方も少なくなかったりと知り、驚きました。

 炊き出しボランティアでは、まずはトラックから荷物を運び、次に衣類配布とコーヒー配布を行いました。この日はコーヒーを配布しましたが、暑い夏には手作りのスポーツドリンクを、肌寒い冬にはコーンポタージュスープを配布するそうです。優しい心遣いが感じられました。

 それが終わると公演ツアーがあり、TENOHASIさんの普段の活動についてレクチャーしていただきました。お話をたくさん伺いました。調理ボランティアと鍼灸ボランティアが特に人手不足だそうです!!

 そしていよいよ炊き出しスタートです。ホームレスの方々はすでに長蛇の列を作っていました。この日のお品はご飯にたくさんの野菜とお汁がかかったどんぶりです。僕もいただきました。「これ足りるかなー」と最初は思いましたが、意外と量はありました。それでも一人で4杯を召し上がったホームレスの方が40人以上もいらっしゃったそうです。

 活動全体を通してとてもやりがいのあるボランティアだと感じました。ホームレスの方と直接お話はできませんでしたが、とても他人とは思えない存在でした。スタッフの方からお話しがあったように、僕たちも将来、ホームレスになってもおかしくありません。人生何が起こるかわからない。良い大学出たからといって将来安泰とは限らない。自分の幸せを考えつつ、他者の幸せに貢献することも大事だと改めて感じました。いい経験になりました。ありがとうございました。


 回初めて炊き出しのボランティアに参加させていただいた新倉です。現在大学2年生です。参加動機としては、社会問題についての大学のゼミで、TENOHASIの今回のボランティアが紹介されたのがきっかけでした。

 私が今回行ったボランティアは、炊き出しのお米をつぐ作業、炊き出し前のコーヒーの配布、また後片付けの掃除です。全ての作業において、ボランティア初心者の私は教えていただくことばかりで、ついていくのが精一杯でしたが周りの方のサポートのおかげでなんとか役割を果たすことができたと思っています。

 まず、炊き出し前のコーヒーをつぐ作業では、初めてホームレスの方々に対面するということで、どのような雰囲気かもわからなかったので緊張しました。ですが、常に並ぶ列が絶えず作業に必死だったのもありますが、ホームレスの方々も「ありがとう」などの言葉をかけてくださり、優しく接してくださったのでなんとかこなしました。

 この後、スタッフの方に炊き出しボランティアについての解説も込めた公園の案内ツアーに行きました。数回参加しただけではわからないホームレスボランティアの現状や、現場からみた現在の政策の問題点までお話ししてくださり、ボランティアとして与える立場であるはずなのに、たくさんのことを勉強させていただきました。

 そして、炊き出しの作業をしました。ここでも初心者の私はあたふたしてしまったのですが、先輩ボランティアの方々に教えていただきながら無事作業を終えることができました。また、自らの作業効率のなさに落胆した場面でもありました。

このように、ボランティア初参加の私ですが、スタッフの方や先輩ボランティアの方々のおかげで 、ホームレスの方々の実態やボランティアでできることは何かなど、たくさんのことを学ばせていただきました。また別の方法で、違った角度からの支援を通して、様々なことを知っていければなと思います。




 

 




TENOHASIからのお願い★

調理班トラック運転手募集!!

普通免許でOK1.5トントラックです。
毎月第2
4土曜日の15時から20時頃まで、調理場所から東池袋中央公園の2往復をお願いします。
月に一度、二か月、三カ月に一度でもかまいませんが、長く続けてくださる方募集します。

鍼灸班受付募集!!

毎月第24土曜日の15時から20時頃まで、設営~受付~撤収まで。
定期的に参加してくださる方募集しています。

どちらも、あまり負担に思わずに、「出来そうかな」と思われた方、ぜひご連絡ください。首を長くしてお待ちしております!!

★さらに、以下のお手伝いも募集中★

①資金のカンパ・衣類や食料品や日用品など物資の寄付

∟ご希望の方は、TENOHASIHP(tenohasi.org)よりお問い合わせください

会報誌編集・制作・校正など

③渉外スタッフ

∟助成金の申請など

④ソーシャルワーカー

∟炊き出し・夜回りの生活相談、生活保護申請同行(月・木)など

炊き出しの食材・燃料の発注作業

⑥広報

Facebookやブログの更新(関連するイベントやマスコミ情報の発信など

上記、お手伝いいただける方は、tenohasi@yahoo.co.jpもしくは、

TENOHASIHP(tenohasi.org)よりお問い合わせをお願い致します。

私たちと一緒に、TENOHASIの活動をより多くの方に広めてみませんか。または、平穏な日常に違和感を感じているあなた、普段の生活では見えないものが見えるかも知れません。

参加してみたい方、お待ちしております!
TENOHASI
は池袋で活動中です。


[PR]
by tenohasi | 2018-06-03 10:58