人気ブログランキング |

カテゴリ:こんな風景( 9 )

仕事やばいっすよ。全滅ですよ。

ネットカフェ生活から4月8日に東京都のビジネスホテル(東京チャレンジネットを利用)に行かれたAさんに久しぶりに会いました。その内容を本人の許可を得てアップします。*プライバシー保護のため一部を変えています。

せいのさん、仕事やばいっすよ。全滅ですよ。
先週は1日だけ働けて8200円。今週は明日が初めての仕事です。建築現場のすごくハードな仕事で時給1500円だけど、4時間だけなんで6000円。交通費自腹だから手取りは5400円。

あちこちの派遣に登録しまくってるんです。
建築建設系がメインですけど、この仕事がどんどん減っていて、みんなで奪い合い。LINEで求人が来るんですが、見た瞬間に応募しないと他の人に取られる。ホテルでのんびりなんかしていられないですよ。
あと、流通系の倉庫内作業。朝7時に集合して車で晴海の倉庫に行って8時間やって帰ってくる。拘束12時間で交通費引いたら手取り7800円。割に合わないと思うけどけど、この仕事も奪い合いなんです。前日に電話で申し込むんですが、時間になった瞬間に電話しても「プープー」、何回もかけてやっと出たと思ったら「すいません、満員になりました また明日チャレンジお願いします」・・仕方ない。
他にも清掃とかデリバリーとかファストフードとかテレアポとか、選り好みしてらんない。
でも、とにかく仕事がない。

俺、何やってるんだろうって思うんですよ。
せっかくただでホテルに泊めてもらえるっていうチャンスをもらったのに、稼げない。
もらってる弁当を三食食べながら、スマホ見つめて仕事が入るのを待つだけ。太るだけですよ(笑)。たまに仕事行くとふらつきますもん。
仕事がないならホテルに引きこもってりゃいいじゃん、って思われるでしょうけど、スマホ止まったらアウト。洗濯すれば乾燥機も使うから700円かかります。仕事行けば電車賃と飯代と飲み物代もかかる。生きていれば現金は必要なんですよ。

ホテルの次は都が用意してくれるアパート(一時住宅)に4ヶ月いられるんですが、担当からは「お金は出せない。アパートに布団以外は用意できない。冷蔵庫とかは自分で働いた金で買って」って言われてるんです。でも、この状態でアパートに放り投げられても、冷蔵庫どころか食費も交通費もないですよ。そのための貯金ができる体制に何とか持っていきたい。

だから、まず一番は仕事なんですよ。
俺はきつくても良いから、それなりのレベルの仕事が欲しい。
本当に自立させようと思うなら、都の直営の仕事を出してくれたらと思うんです。
たとえば一日8200円の仕事・・最低賃金ぎりぎりですが・・を週5でできれば、4ヶ月で余裕で自分のアパートに行ける自信ありますよ。

ホテルには60歳くらいの人もいますよ。すごく礼儀正しくていい人。
こういう人には都が体力仕事でなくて普通に出来る仕事を準備すれば自立できるんじゃないですかね。

でも、チャレンジネットに相談しても、ハローワークに出ている普通の仕事を紹介されるだけ。
長期で週5の仕事なんてないです。
この前「長期」って言うから申し込んだら一ヶ月限定でした。その会社では一週間は短期、一ヶ月は長期なんですね。一ヶ月終わったらまた逆戻り。だったら細く長く派遣の仕事をもらう方がまだましです。

仕事したくても働けないから、仕事が出るまでの間だけ、ほんの少しでも現金給付が受けられないですかね。生活保護みたいに最低生活費すべて出してとは言わないから・・。
ホテルに住民票おけないから定額給付金はいつもらえるかわからないし、借金しようとあちこち電話してみたけどどこも断られてます。

仕事できないって本当に人間を腐らせますよ。
ネットカフェ生活から脱してビジネスホテルに入れたときは希望しかなかったけど、今は不安しかないです。ほんと、やばいっす。

Aさんがチャレンジネットに申し込んだときの記事はこちら↓

by tenohasi | 2020-05-22 08:42 | こんな風景

コロナ不況下のネカフェ生活&派遣労働者に聞きました。

Aさんは30代後半。もとは正規の仕事をされていたが、友人の借金の保証人になって職を失い、日雇い派遣でネカフェ生活になられた。

そして、この前の越年越冬活動(年末年始の炊き出し)に「年末に仕事が切れてネカフェ代がなくなった」と相談に来られたので、アンブレラ基金で年明けまで支援させていただいた。

そのAさんが、このコロナ不況下でどうされているかと思って、電話してみた。

*A:Aさん T:TENOHASI 

T:お久しぶりです。世間はコロナで大変ですが、Aさんはどうですか?

A:大変です。ついこの前も野宿しました。

T:え?お仕事は日雇いとはいえ、いろいろやってましたよね。

A:それが、みんななくなりました。

今継続しているのは虎ノ門のビルの工事現場だけです。

T:イベント関係の、テキ屋さんの手伝いもやってましたよね。

A:はい。「花見の時には頼むよ」と言われてました。でも、花見が全部なくなって。

T:あ、そうですよね。でも、メインの仕事は建設でしたよね。

A:はい、現場管理とかの資格もあるので、仕事はそこそこあったんです。

でもコロナになって全部だめになってきました。

建設現場の材料は中国製が多いんです。コロナになってから材料の入荷まで一か月待ちとか。現場がストップして仕事が一気になくなったんです。あっても週に1回とか。

これで非常事態宣言がでたら、かろうじて続いてる現場もストップでしょう。

T:作りかけのビルとかが放置されるってことですか?

A:はい。だから頼りは虎ノ門の仕事だけで。仕事のある土日は虎ノ門まで歩いて2時間かけて往復しています。

T:それは想像以上のピンチですね。どうされますか?

A:仕事を探しています。面接は10件以上行きました。でもどこもダメ。

T:この不況ではどこも雇ってくれないですよ。

A:でも、あきらめたくない。

T:今夜のネカフェ代はあるんですか?

A:いま、所持金は2000円。ネカフェ代1500円だけ確保して、食事はネカフェの無料のソフトクリームだけとか、カップ麺1日一個とかですませるようにしています。

今使ってるネカフェは安いのがいいんですが、シャワーが別料金なのでシャワーが浴びられない。

洗濯も量が多くて1回1000円とかかかっちゃうから、できない。

だから、今、すごく臭いんです。

ネカフェに同じような人がたくさんいます。くさい。

ダニがいる人もいる。この前泊まったら、背中が食われて大変だった。

僕は喘息持ちなので薬が必要だけど、買えない。アスクロンというんだけど、買うと2000円位する

T:あらら、これでコロナにかかったら大変じゃないですか。

A:池袋の炊き出しの医療相談でT先生が渡してくれたのが最後。

T先生は「僕の病院に来てくれたらいつでも上げる」と言ってくれたんです。でも申し訳なくて行けない。

T:生活保護受けませんか?

A:保護を受けたら集団生活でしょ。ホームレスの人たちと。怖くて行けないです。

死んだ父親も東京で仕事をしていた時にホームレスの人と知り合いになった話をしていたんです。

「すごくいい人もいるんだけど、そうでない人もいて、アルミ缶回収の縄張りを侵しただけで殺されそうになった人もいた」って聞いてます。

この前も公園で2日野宿したけれど、ホームレスの人に近づかないように木の陰とかで寝てました。

でも、あきらめたくない。かならず仕事を探します。

T:明日、事務所に来てくれればお風呂も洗濯もできますよ。昼頃とかどうですか?

A:ありがとうございます。でも、明日も面接を予約してるんです。池袋と、代々木と。

T:代々木?歩きで行くんですか?

A:はい。だから夕方にならないといけないんですけど、迷惑じゃないですか?

T:迷惑なんて言ったら罰が当たります。必ず来てください。待ってます。

ところで、今聞いた話をネットにあげてもいいですか?

A:もちろんです。同じような人がたくさんいるんです。ぜひ世の中の人に伝えてください。


by tenohasi | 2020-04-06 20:39 | こんな風景

大塚モスクのハールーンさんからのメッセージ

いわゆる「イスラム国」の行為について、東京都内のムスリム(イスラム教徒)のインタビューがテレビ(日本テレビ系)で報道されました。

TENOHASIがいつも「大塚モスクの炊き出し」でお世話になっている、大塚モスクのハールーンさんが最後にコメントしています。

「非常に悲しい、残念、怒りの気持ちです。みなさんで、二人のために、また家族のために祈りました」

ハールーンさん、ムスリムとしてさぞ無念のことと思います。
by tenohasi | 2015-02-02 23:27 | こんな風景

美味しい珈琲

NPO法人 自立生活サポートセンター・もやいさんが
自家焙煎されている
こもれびコーヒーの美味しさは、みなさまご存知かと思いますが

去る10月12日に開催された反貧困全国集会2014
の会場で
一杯200円で販売されていた、淹れたての暖かいコーヒーを、
戴くことができました。

その美味しさは格別でした。

美味しい珈琲_f0021370_1554027.jpg
深いほろ苦いうまみが
喉元を通り過ぎてゆき、
後味がすっきりとして、
何とも言えない
うま味を味わいました。

会場で販売されておられた
ご担当のかたに、
お勧め種類を
お訊ねし、
シェルター用に、
お勧めの
「東ティモールストレート」を
買い求めて参りました。


この秋、
こもれびコーヒーさんの
美味しい珈琲を、
みなさまも
是非味わってください。
by tenohasi | 2014-10-13 15:53 | こんな風景

こんな風景(シェルターにて)

TENOHASIが運営しているシェルターに
この秋、はるばるY県から
沢山の林檎をご寄付頂きました。


こんな風景(シェルターにて)_f0021370_115223100.jpg




























シェルターを利用されるかたがたは、
皆さん、様々な事情があって
自炊の経験が殆ど無かったり、
自分が摂る食事で栄養のバランスを取る発想を持っておられず、
食事はいつもインスタントラーメンのみ、
・・・・・・など、
そういったケースが少なくありません。

ビタミン類を摂取できる食品をご寄付頂けることも
とても有難いことであると感謝しております。

路上生活のかたがた、シェルター利用のかたがたの中には
歯の健康状態の悪いかたがたも多いので、

頂いた沢山の林檎も
歯が無くとも食べやすいように加工したりなど
させて頂きたいと思っております。

炊き出しの現場にも、シェルターにも、
多くのかたがたより、沢山のご寄付の品々を頂き、
大変ありがたく感謝しております。
頂いた品々を最大限活用するよう、
スタッフ一同、努めております。

TENOHASIの活動は
多くの皆様のご寄付によって
支えられております。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
by tenohasi | 2014-10-13 11:47 | こんな風景

こんな風景


ある日のシェルターにて

こんな風景_f0021370_20225025.jpg


わたしたちTENOHASIが運営している「シェルター」は、
炊き出しや夜回りなどで出会ったかたがたのうち、
肉体的にも精神的にも困窮されているかたに、
とりあえず其処で体を休めて、
次のステップへ向けて、日常的な生活をとりもどしながら
体や心を回復させてゆく為の居場所の一つです。

普段から衛生面などにも気を付けているのですが、
多忙なスタッフも、部屋の各所にこもる生活臭対策まで
なかなか手が回りません。

そんな中、
いつも博識で手先が器用で、
木の実や小物を使って芸術的な作品にまで仕上げてしまう
おなじみKさんが、シェルターを訪問してくれました。

賞味期限の過ぎてしまった、ドリップ式コーヒーの粉を、
棄ててしまうには勿体ないし、どうしようか思案していたところ、
「紙にくるんで脱臭剤に使えるよ。」
「ついでに、珈琲のいい香りがするよ。」
と、教えてくださいました。

そこで早速、Kさんの指導のもと作ったものが
この写真のものです。

コーヒーの粉を、通気性の良いガーゼ状の布でくるんだあと、
いちおうキッチンペーパーで更にくるんで完成。

「謎の物体」として棄ててしまわれないように
念のために「脱臭剤」とマジックで書きました。
それを、
シェルターの冷蔵庫内や、洗面所、
玄関の隅や靴箱の中に置いてみました。

近くを通るたびに、確かにほんのりと
珈琲の良い香りが漂います。

Kさんのおかげで、こうして珈琲の粉は
無駄にならずにシェルターの快適空間つくりに
役に立ってくれました。

Kさんのお蔭でささやかですが、うれしいことでした。

シェルターも、様々な多くの皆様の
善意によって支えられています。
ご寄附の品々も、大切に使わせて頂いております。

事務局
by tenohasi | 2014-08-31 20:18 | こんな風景

おかげ様で豪華お弁当(2/19現在)

今夜の夜回りお弁当は、
昨日、沢山のサバの缶詰を大量にご寄付頂いたので

おかげ様で豪華お弁当(2/19現在)_f0021370_20123457.jpg











(ご寄付ありがとうございます!!!)

それをおかずにして、

豪華なお弁当になりました。
野菜の付け合わせは、
近くのスーパーで土ネギが安かったので、
サバにも合うかも?ということで、
ネギメインのお漬物です。

おかげ様で豪華お弁当(2/19現在)_f0021370_20152077.jpg











今日も風が冷たい一日です。

少しでもこのお弁当で体を温めて頂きたいですね。
by tenohasi | 2014-02-19 20:08 | こんな風景

寒い今夜のお弁当(2/5現在)

昨晩は雪が降りましたが、
今夜の寒さも格段です。

この夜、暖かい室内で休む場所の無いかたがたは
どうしておられるかと思います。

今夜の夜回りのお弁当は
白いご飯タイプが評判ということで、
再度白米を多めに作りました。
寒い今夜のお弁当(2/5現在)_f0021370_22323038.jpg


(写真ピンボケ、すみません)
全然豪華ではありませんが、
ちょっとでもビタミン類が取れるかと
野菜の即席漬け。

黒い点々に見えるのは、
決してゴミではありません。
寒いので、胡椒を沢山入れて、
スパイシーにしてみました。

でも、運んでいるうちに、お配りしているうちに、
冷めてしまいますね。

厳しい季節です。
by tenohasi | 2014-02-05 22:28 | こんな風景

こんな風景

「ちょっとお邪魔しま~す!」
8月24日炊き出しのマッサージ班のこんな風景

炊き出しに欠かすことなく毎回、
加藤先生率いるマッサージの先生が公園にて
利用希望者のかたに、施術を行っています。

路上生活状態のかたがたは、
ただでさえ厳しい暮らしのなかで、
この暑さは身体に本当にこたえる日々だと思います。
そんな中、加藤先生はじめとする諸先生による
マッサージの施術は、利用者のかたがたにどんなにか
心身ともに効果が大きいかと思います。

前回、ちょうど、こんな光景に出くわしました。
利用者のかたが気持ちよさそうに、
施術を受けておられるそこに
「ちょっとお邪魔します。」という感じで、
その背中にちょこんと乗り、マッサージ中の先生の手の脇で
同様に気持ちよさそうにしていました。

あっけにとられていたら、利用者のかたもにこにこして
「いいんだよ。」と仰り
この写真の手の施術行っておられるH先生も
「手伝ってくれてるのかしらね?」も、にこにこ。

文字通り猫の手も借りたいときは、
この子に頼みに行こうかな?などと思ったりしました。
加藤先生、H先生、いつもありがとうございます。

こんな風景_f0021370_17185021.jpg
by tenohasi | 2013-09-04 17:16 | こんな風景