人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

5/11(土)炊き出しボランティア日記

 私は昨年11月に65歳となり、長年勤めた会社を退職しました。勤め先のある新橋駅の近くでは度々「ホームレス」の人を見かけていました。時々災害関連のボランティアには出かけていましたが、真冬のガード下で過ごしている人達の前では何も出来ないでいました。退職後の初めての大晦日、TENOHASIの炊き出しボランティアに参加させていただき、それからは予定が合えば出かけています。この日は6回目となりました。

 

 当日の天気予報によると最高気温は28都内にある調理場に向かって最寄駅から歩く時、うっすらと汗がにじみました。11時にミーティング開始。この日の調理のメンバーは2名の初参加者を含め計16名。男女比はほぼ半々くらいでしょうか。連休明けは人数が多いという事で200人程を想定し、約31升、450食分以上のご飯を用意する事になりました。メニューは野菜たっぷりのスープをかけて食べる定番のぶっかけご飯。ちなみにまかないご飯はこれまた定番の焼きそば。釜場、切り方、米とぎ、洗い場に分かれて作業開始です。


 この日私は釜場の担当。6 個のガスコンロが稼働する作業場は蒸し風呂状態です。ベテランさんが所用で遅れるという事で、あれこれ迷いながらも先輩方が作ってくれたメモや小道具で準備をすすめました。技術とノウハウの継承は本当に大切ですね。まかない休憩時間、ミーティングを経て16時過ぎにはスープも完成。コンテナに詰めてトラックへ積み込み、ドライバーのメンバーは会場の東池袋中央公園へ搬送。私は地下鉄で東池袋に移動しました。


f0021370_18545128.jpeg

↑室温30度!炊飯は記録をとって管理します。


f0021370_18474988.jpeg

↑今年初のアイスコーヒー(公園で提供します!!)


 地下鉄東池袋駅から公園に行く通り道のサンシャインは大変な賑わい。翌日は母の日だったんですね。そしてこの日の東池袋中央公園ではなんとコスプレのイベントが開催されていました。公園は派手な衣装を着けた若者でいっぱい。みんなそれぞれの人生を生き楽しみを持っています。ボランティアに参加はしなくても、SNSに投稿するために忙しく写真撮影をしている傍で、炊き出し列に並んで待っている人が大勢いる事を知ってほしい。8時から始まる配食の前に服や靴、石鹸などの生活物資の配布を行うのですが、服は11回に1点ずつという事で皆さん服選びも真剣。途中ルールを守れない人と制止しようとするスタッフの間で小さなトラブルが発生。人が相手だけに難しい!ドイツの放送局のカメラークルーが取材に来ていました。アメリカやフランスでも取材をして11月には放送されるとの事。一体どんな風に伝えてくれるのでしょうか。ドイツもホームレス状態の人は少なくないが、日本と違いお金を渡す人が多いとか。この違いがどこから来るのかも気になります。

f0021370_18570088.jpeg

↑ドイツの放送局から取材を受けました。


 今回炊き出しの列に並んだ人は約200名。女性は数名。年齢は私の見た目では30代から70代くらいまで。きちんと上着を着た人や、勤め帰り風にしか見えない若い方も。食事は持ち帰り用のふりかけご飯を含めて480食分が提供されました。公園では医療相談、鍼灸もあり、生活相談で来られた方のお一人はその場でボランティアのスタッフが同行し警備の面接に向かわれました。大学生のボランティアも多く配食の現場での人手は充分でした。その後トラブルもなく19時過ぎに終了。私は数人のメンバーと一緒にタクシーで調理場に戻り、洗い物と施設をお借りしている方への挨拶を済ませたのは20時過ぎでした。


f0021370_19024836.jpeg

↑現状復帰のため公園の清掃。食べ残しやタバコの吸い殻が多いんです。


 炊き出しにに集まる人達は将来というより明日、今夜どうするかという不安を抱えている方々。私はこれまでは家を失ったり、生活に大きな不安を感じた事はなかったけれど、これはたまたま色々な人に支えられてきた結果。この先もいつか住む場所を失う事があるかもしれません。とても他人事とは思えません。

 TENOHASIは明日への不安を抱えた人達にとってなくてはならない大切な存在。しかしボランティアの活動は明るく楽しい場です。さすがに調理から最後の片付けまでフルだと疲れますが、体力に自信のない私でも活動出来ました。事務局長を始めベテランの皆さんのこれまでの積み重ねと楽しい雰囲気作りのおかげ。感謝しかありません。また来ます!

(担当JN


by tenohasi | 2019-05-22 19:17

4/27(土)炊き出しボランティア日記

今回、母娘でご参加頂きました、Nさん親子にそれぞれ感想を伺いました。


娘さんが参加されていたことが、きっかけとなりお母様も参加されたとのこと。



実際にボランティアを体験された方にしか感じることができない様々なことを通して、

TENOHASIの活動がより広まると嬉しいですね。


また、引き続きのご参加、心よりお待ちしております!


~~~~~~~

わたしは今回で2度目の参加となりましたが、そもそも初めに、TENOHASIに参加しようと思ったきっかけは、ちょっとした関心からでした。

池袋には前からよく来ていたのですが、来る度にホームレスの方が多くいるなと感じていました。


ある時、ふとその人たちはどこでご飯を食べているのか、ということが気になり調べていった結果、池袋で炊き出しをしている「TENOHASI」という団体と出会いました。1度目の参加の時は、やはり初めてで慣れないことばかりでしたが、何度も来ているボランティアの人達が優しく教えてくれたので、是非また参加したいと思うようになり、今回、2度目の参加ということになりました。私がまた参加するということを伝えると、母が参加したいと言うので、今回は2人で参加することになりました。


私が公園についたとき、公園の端の方にはすでに待っている方々の列がありました。

その方達を待たせないように、すばやく荷物を下ろして準備を始めます。公園では炊き出しの他に、医療的な相談や日常の相談を受け付けるスペースなどもあり、そこにも多くの人が列をなしていました。


まず、炊き出しの前に支援物資の服などを配ります。そこでは、並べられている服の中からなるべく希望のものを渡せるように、一緒に探すお手伝いをしました。「今日は寒いからコートもらっていくね」と言っていた方がいました。

それを聞いて、この活動は来た方の生活に直結しているものなのだと改めて感じました。


支援物資を配り終わると炊き出しの準備に移ります。そこでは、ボランティアの人がスープを配る人、ご飯を渡す人、ご飯をよそう人などにわかれてそれぞれの役割を果たします。1周しておかわりに入ると「大盛りで!」と言ってくる人もいて、それに合わせてご飯をよそいました。

ある程度配り終えると、持ち帰れるようにお弁当の形にして最後の配る準備に入ります。洋服配布からこれらまで2時間ほどかかっていますが、その間ご飯を待たれる方たちも何度も列に並んで待たれていたのが印象的でした。

f0021370_10585126.jpeg
              ↑ご飯は、お持ち帰り用に、お弁当でも提供しました。


TENOHASIに参加したことで、路上生活をしている方や、生活保護を受けている方の抱えている問題や、いま私が少しでも協力できることなど、多くのことを知ることができ参加してみてよかったと感じています。(N娘さん)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前々からボランティア活動に興味はあったものの、自分に出来る事はあるのか、かえって足手まといにならないかなど、なかなか行動に移せな

いでいました。


今回 娘がTENOHASIの活動に参加して色々な世代の方がボランティアに参加されている事、初心者でも出来る活動がある事を知り、参加する事

にしました。


今回お手伝いできて嬉しかったし、こんなに沢山の方がボランティアに参加されている事に感動しました。(N母さん)


=============================

TENOHASIからのお願い★

調理に参加頂く方は、各自エプロンの持参をお願い致します☆

調理班トラック運転手募集!!

普通免許でOK1.5トントラックです。
毎月第2
4土曜日の15時から20時頃まで、調理場所から東池袋中央公園の2往復をお願いします。
月に一度、二か月、三カ月に一度でもかまいませんが、長く続けてくださる方募集します。

鍼灸班受付募集!!

毎月第24土曜日の15時から20時頃まで、設営~受付~撤収まで。
定期的に参加してくださる方募集しています。

どちらも、あまり負担に思わずに、「出来そうかな」と思われた方、ぜひご連絡ください。首を長くしてお待ちしております!!

★さらに、以下のお手伝いも募集中★

①資金のカンパ・衣類や食料品や日用品など物資の寄付

∟ご希望の方は、TENOHASIHP(tenohasi.org)よりお問い合わせください

会報誌編集・制作・校正など

③渉外スタッフ

∟助成金の申請など

④ソーシャルワーカー

∟炊き出し・夜回りの生活相談、生活保護申請同行(月・木)など

炊き出しの食材・燃料の発注作業

⑥広報

Facebookやブログの更新(関連するイベントやマスコミ情報の発信など

上記、お手伝いいただける方は、tenohasi@yahoo.co.jpもしくは、

TENOHASIHP(tenohasi.org)よりお問い合わせをお願い致します。


私たちと一緒に、TENOHASIの活動をより多くの方に広めてみませんか。または、平穏な日常に違和感を感じているあなた、普段の生活では見えないものが見えるかも知れません。

参加してみたい方、お待ちしております!
TENOHASI
は池袋で活動中です。




by tenohasi | 2019-05-02 11:02 | 炊き出しボランティア