人気ブログランキング |

<   2019年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

9/14(土)炊き出しボランティア日記

残暑も引き、急に涼しくなる。914日はそんな日でした。それでも、公園の配食ではセミが鳴いていたのを覚えています。もう夏が終わるのか、そう感じさせる涼しい風が吹いていました。

今回、ボランティアに参加したのは、職場の新人研修の一環です。自分でボランティアを見つけてアポを取れということなので、昔よく参加していたTENOHASIの炊き出しに行くことにしました。

調理から参加するのは久しぶりでした。集合はいつもの11時。休日だから、まだちょっと寝足りないなと思いつつ、家を出ました。

まず、最初のミーティング。自己紹介をし役割を決めました。初めての方が多く、そして結構遠くから参加されてるんだなと知りました。近くに住んでる自分は気軽に来れるけど...中には他県から来られる方もいるようです。

僕の知っている炊き出しは、全て屋外での調理でした。だから、いままでと少し様子が違うなあと少し驚いていました。前は人数も、初めての方もこんな多くなかったはずです。屋内で調理をし始めたのはもうかなり昔の話だよと聞いて、調理班としての参加が数年ぶりであったことに、そのとき気が付きました。雨が降った時はカッパを着て、ブルーシートを張りながらの大変な作業だった記憶があります。屋内での作業だとその点とても良いですね。

調理器具や入れ物は食中毒を起こさないためにも、念入りに洗います。まず、器がないと他の作業もできないので最初はこの作業です。調理している間も断続的に洗う作業が必要になってきます。

お米は8Lを6釜だったかな。とんでもない量です。1人だったら、1年間あっても消費しきれるかどうか。まさか、お米をこぼすわけにもいかない。手が滑ったらかなりの量のお米が無駄になります。だからとても慎重に作業をしました。ただ、お米を研ぐだけの作業にかなりの時間を要しました。

そして、ひたすら野菜をザクザク切っていく、こんなに爽快感のある作業はないでしょう。果てしない量の野菜です。いつもスーパーで売っているパックごと、じゃなくてダンボールの箱ごとまるっとです。この日は卵がたくさん届きました。100個くらいあったそうです。

初参加の方からは、こんなにたくさん卵を溶かすなんて「ぐりとぐら」の世界みたいだ、という声も聞こえました。確か、大っきなカステラを作るお話があったような。


f0021370_06531682.jpg
(大量の卵を鍋に入れる瞬間)


今日は涼しいはずなのに、この部屋だけ熱い。煮込み場には熱気が漂っていました。お米を炊く釜の他に、スープが3つの大きな寸銅なべが使われています。味付けはなべ1つあたり2Lの醤油を丸ごと、どぼどぼと。ジャグに用意するコーヒーもインスタント1ビン丸ごと...

とても不思議なことなのですが、投入する醤油の量は同じでも、鍋によって味が違ってくるらしい。少し味見をさせてもらいました。うん、想像以上に濃さが違う。でも、ご安心を。最後は全てまぜ合わせるので均一な味になります。


f0021370_06531944.jpg
(味が均一になるようにコンテナに移す…)


こんな豪快な料理の体験をしてみたい方はぜひ調理班に来てください。他の方もよく言われることですが、作業は和気藹々と雑談やお話しをしながら、のんびりゆるゆるとやってます。まかないも、美味しいですよ。納豆、卵をトッピング、焼きそば、ごはんが食べられます。

さて、調理が終わったら、公園へ移動です。食べ物はトラックに運ばれて。僕たちはバスに揺られて。初めての方は公園の見学ツアーがあります。

この日はちょっと早めに着いたのかな、公園では衣料配布をしていました。色んなところから集められた服ですが、中には靴やネクタイなんかも並んでいます。

今回はボランティアに初参加の方が多くいらしていたので、配食はそちらに任せて、自分は容器や割り箸の回収を担当しました。声は積極的にかけようと思っています。ありがとうございますとか、美味しかったとか、たった一言で一瞬でもお互い幸せな気分になれるなら、いいじゃないかと思いながら。ボランティアの方も炊き出しに並ぶ方ももしかしたら、そういったものを求めて来ているのかもしれません。


この日も多くの方々に炊き出しに並ばれていました。ホームレスの方は減っている、そんな話をよく耳にします。確かにそうなのでしょう。ただ、炊き出しに並ばれている人の列を実際に目の前にすると、まだまだたくさんいるんだな、炊き出しが必要とされているんだなと、そう実感します。


f0021370_06540258.jpg
(スープは余らないようにご飯が余ったらお弁当にします。)


今回はちょっと変わった出会いもありました。たまたま偶然、職業的に近い分野の方が数人いらっしゃいました。業界のお話などで盛り上がりました。炊き出しの場でそんな話をするとは思わなかったので軽い驚きです。いつ、炊き出しに並ぶ側になるかもわからないよね、そんな言葉も出てきました。


最後、ゴミ拾いをしながら公園を一周しました。迷惑がかからないようにです。炊き出しは公共の場所としての利用の範囲の中で行なっています。だから、公園に来たときよりも綺麗にして帰ります。

ボランティアに参加する、初めての場所に行く。これは結構、勇気が必要なことだと思います。だけど、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。ただ手伝い、体験するだけでなく、TENOHASIの活動についてや、路上生活者の支援に関する貴重なお話を聞くことができます。また、たまたま知り合った人から思いもがけない話が聞けることもあります。これは実際に足を動かさなければ得られないものです。ぜひ、フィールドワークの一環として、自主的な社会科見学の一環として。

自分が炊き出しに参加し始めたきっかけになる事件が起きたのは、もうずっと前のお話です。「ホームレス襲撃事件」です。当時はかなりの大騒ぎでした。友達が事情聴取に呼ばれたり、当時の自分の生活圏には路上生活者が身近なところにいたため、あまり他人事には思えませんでした。

また、その後に学校で受けた路上生活者の問題に関する講演がかなり印象に残っていました。そして、高2の頃だったかと思います。初めて炊き出しに参加しました。自分にはそんな経緯がありました。

何回か参加すると、炊き出しにはただ、食事を提供する場というだけではなく、他の人と交流する場としても機能していることが分かります。公園としての本来的な役割ですね。会話が生まれる場所です。このブログで、なんとなく、暇つぶしで来ている、と書かれているのを見ました。そうやって気軽に来れる場所であるからこそ、人が集まるのだと思います。

この頃は、お一人様な空間が増えているようです。公共の場所のあり方や捉え方も変わってきました。公園で炊き出しをすることが迷惑だと思う人もいるでしょう。だからこそ、炊き出しをする、人が集まる、これ自体が問題提起となりうるだろう、と思っています。


いや、迷惑でなんかないよ、必要なことだよと堂々としている。その一方で、その感覚の違い、を少しでも解消するための努力をしています。様々な細かいことに気を配って広報もしながら活動しています。

炊き出しの活動が必要なくなる、これが目指すべきところだと思います。ただ、いまのTENOHASIの多様な活動は、お腹を満たす、支援する、それ以上の意味を持ちつつあります。具体的にどんなものかは分かりませんがTENOHASIの担う機能は継続して残っていてほしいなあと思っています。

自分を炊き出しに向かわせるのは、第一に好奇心、第二に人とのつながり、第三に、社会とのつながりの実感かなと思っています。どれも自分自身のためです。だから、炊き出しの参加に特にリターンなんかは期待していません。

好奇心とは、まだ見ぬ世界を知りたいという気持ちです。色んな人の話が聞きたいといつも思っています。「愛の反対は無関心」これは自分を炊き出しに連れて来てくれた人が言っていたことばです。

人との繋がり、とは懐かしい人に会えるかも、という期待です。今回も知っている方が炊き出しに参加されていました。そういうことがあると嬉しい。また、新しい出会いもあります。

そして、社会とのつながりの実感。どうしたって狭い世界で生きざるを得ない我々には社会の中でどうしても知らない部分が出てくる。そういったところで大変な思いをしている人がいたとしたら?そんなところに接点を持つことが1つの目的でもあります。目の前にいる困っている誰かに対して、社会の一員として何かをすること、そういった社会参加がしたくて、という気持ちがあります。

配食場所が東池袋中央公園に移動してから、そろそろ10年が経つそうです。長いですね。このような運動が継続するには責任感が動機だけでは続かない。きっと、多くの人が人それぞれ違う思いを抱えてこの場に集まったからでしょう。路上生活者にも、支援者にも、きっと、それぞれの物語がある。これからも、この公園で、絶えず紡がれて、そして交差していくことかと思います。


(おきおきはねるねる)







by tenohasi | 2019-09-26 07:06

千葉の台風被災地支援報告2 朝日新聞記事

9月15日(日)の夜にTENOHASIの災害対応チームの活動が記事になっていました。被災地ボランティアで何が求められるかがよくわかります。TENOHASIの名前が出ていないのは残念ですが、炊き出し用のテントとジャグが写っていてちょっと嬉しい・・・


ボランティア受付の現地テントが開設 千葉県鋸南町

台風15号支援通信

川村直子

千葉県鋸南町の岩井袋地区には15日、社会福祉協議会と民間ボランティアらによる現地テントが開設された。

 東京都の会社員大塚教徳さん(46)は前日、仲間のボランティアと同地区を訪問。壊れた屋根にブルーシートをかけるなど高所作業の必要性を感じたため、区長を通じて現場の需要を洗い出し、地図に落とし込んだ。さらに社協に声をかけ、合同の「総合受付」を現地につくった。がれきの片付けなどは社協で、屋根に上るなどの作業は「自主責任」として民間で対応する。

 多くのボランティアが甚大な被害を受けた地域で支援にあたった。区長の久保田純史郎さん(67)は「応援がたくさん来てくれても現場に仕切ってくれる人がいないとどうしようもない。高齢者の多い集落にテントをつくってくれて本当に助かる」と話していた。

f0021370_12105056.png

(川村直子)

もとの記事URL

https://digital.asahi.com/articles/ASM9H73JSM9HUQIP067.html?fbclid=IwAR2MJWEeOLeIT8_I1483klXlado0PcrqE-6JDT6o9dXQTRj-8irnVWNXLJA




by tenohasi | 2019-09-18 12:18

千葉の台風被災地支援報告

TENOHASIのボランティア有志がこの三連休、トラックに炊き出し機材を積んで千葉の台風被災地(南房総の鋸南町)支援に参加しました。現地からの報告です。
f0021370_11451460.jpg
f0021370_11473794.jpg

チームTENOHASI 千葉被災地炊き出しレポート

いつも池袋で炊き出しをご一緒させていただいているテノハシの大塚さん(今回のボランティアリーダー)おきくさん(調理担当)ジローさん(炊飯担当)と一緒に9月15日(日)の夕方、100食分の豚汁とご飯を炊きだしました。私は出がけに寸胴鍋のピックアップをしただけなので漫画でレポートします

手伝ってくれた国際学生ボランティア組織イビューサの方々のご協力もあり、日が暮れかけると住人の方々が集まってきました。池袋では150人以上並ぶ光景が当たり前なので、何か人数が少ないな…と思ったらそれもそのはず。持ってきたお鍋に家族の人数分を入れて帰るわけです。最大は6人分というお鍋の人も。そのお家は最後にシートを張った家で、家の中はずぶ濡れの荒れ放題、土足のまま出入りしているような状態ででした。

日が暮れると知的障碍のある子を連れたお母さんやカタコトの外国の人、片足が不自由で少しずつしか歩けないお父さんも鍋やタッパを手にやって来ました。きっとみんな他の人よりも大変な日を過ごされてきた人たちだったと思うのです。最初の日の朝、岩井袋に着いて最初に話した人がこの足の不自由なお父さんでした。屋根を直す人がいない、と言われたのですが、私にはどうすることもできません。「もうじき私の仲間が来ます」と言って励ますしかありませんでした。そのお父さんの家も雨の前に無事シートが貼られたそうで、嬉しそうでした。

足が不自由なうえ、鍋とご飯と水羊羹(住人の方が作ったのです!)を持って暗い道をとぼとぼ帰るのはあんまりなのでお家までご一緒しました。家は道路から数段の階段を降りねばならず、座りこんでしまい、立ち上がろうとしてよろけました。なんとか身体を支えて下まで降り、無事に家に着くと、上半身裸でよく似た顔の息子さんが。きっと一日頑張ってる息子をねぎらい、遠い道を自分が行ってくると家を出たのでしょう。

私はCM制作会社の下っ端の頃、よくロケで豚汁の炊き出しをしました。それは予算がない仕事の時に、安い弁当で我慢しろではなくせめて温かいものを一杯という気持ちを持てとスタッフや上司から教えられました。そこには相手を思いやる気持ちが込められていたのだと思います。炊き出しは施しものではありません。あなたのことをちゃんと大切に思っていますという意思表示なのだと思います。いつか災害に見舞われ自分が炊き出しに並ぶこともあるかもしれません。その時、きっとそれを実感するのだろうと思うわけです。

余ったごはんはお菊…じゃなくておきくさんがわざわざ用意した2種類の塩で塩結びにしてラップし、それを大塚リーダーがすっかり暗くなった家々を回って配ってきました。TENOHASI、素晴らしいグループです。ご興味のある方は検索してみてください。(スペルはこれで正しいのです)

Miki Takeuchi


by tenohasi | 2019-09-18 12:04 | 日々の活動

8/24(土)炊き出しボランティア日記

 今回のブログは、ルーテル学院大学から参加していただいた学生3名の方に書いて頂きました。ホームレスの方々と触れ合って感じた学生の皆様の想いを、是非ご一読ください。

この度はTENOHASIさんの炊き出しのボランティアに参加させていただきました。私は調理班と配食班に携わりました。今回はカレーを400食程作りました。調理班では洗い物、野菜の下ごしらえ、米とぎの係に分かれ、調理を始めました。全ての係に、炊き出しのボランティア経験が豊富な方がいらっしゃいました。そのため疑問や心配事について、いつでも質問ができ、安心できました。調理は二時間程度で終わり、昼食(まかない)の時間を挟み、TENOHASIの活動や配食班での流れについて説明を受けました。

 その後、配食を行うため東池袋中央公園に移動しました。公園では配食以外にも、給水・衣類配布・医療相談・生活福祉相談・はりきゅうマッサージなど、様々なスペースがあることで、多様な必要に応える体制が作られていることに気づきました。私が公園に到着した時にはすでに、多くのホームレスの方が整列していたことに驚きました。私は最初に給水係を担当しました。直接ホームレスの方に対面するのが初めてでしたが、多くの方が挨拶を返してくれました。多くの方は身なりが整っており、見た目からホームレスの方か判断することが難しかったです。その後、公園を回りながら、TENOHASIの活動について説明を受けました。

 配食は1800から開始しました。配食も始まる前から多くの方が列に並んでいました。私はごみ箱の前で、食事に使ったスプーンや器の分別していただくよう声掛けをしました。多くの方はごみを捨てる時にお礼を言ってくれました。また、分別の仕方を把握している方が多く、何度も参加しているとことがわかりました。多くの方は2回以上列に並び、食事を取ってくださいました。また、列に並ぶ方の多くが帽子をかぶっていました。ホームレスの方は一日中外で過ごすため、直射日光対策になる帽子の重要性を知りました。

 配食終了後、設営に使った机や椅子などを片付けました。また、炊き出しに参加した方の人数等の報告を受け解散になりました。今回は140人程度の方が炊き出しに訪れていました。ボランティアに参加して印象的だったのは多くの方が2回以上配食の列に並んでいたことです。やはり、このような炊き出しが健康的な食事の機会の提供であり、生命線でもあると実感しました。初めてボランティアに参加したため、不安や緊張に襲われていましたが、気さくな方が多く、楽しい時間を過ごすことができました。

(ルーテル学院大学1年 S.M)


f0021370_08043627.jpg

↑カレーにトッピングするための浅漬けを作ります。



 普段はそのまま通り過ぎてしまうホームレスの方々に、今日は炊き出しをしました。午前中はご飯づくり、午後は炊き出しといったスケジュールでした。

私は路上生活者と関わるのは初めてで、どう関わればいいのかわからず、最初は正直不安でした。でも、午前中には、ボランティアに参加している方々の和気あいあいとした雰囲気や、てのはしさんが具体的にどのような活動を行っているのかの説明をしてくださったことで、不安よりも「早くご飯を届けたい」という気持ちの方が強くなりました。

 午後、炊き出しをする公園に行くと、すでに行列ができていました。炊き出しの際印象に残ったのは、一滴もこぼしたくないかのように、よそった瞬間スプーンも使わずにカレーをすすった方がいたことでした。初めての光景で、事情は分からないけど、私は「少しでも助けになれたらいいな」と思いました。

私は普段のイメージから、ホームレスの方々は無口で不愛想な人ばかりだと思っていました。しかし、関わってみると、静かで優しい方、とても上手に折り紙を折ってプレゼントしてくださる方、周りの人の笑いを取るユーモアな方など、いろんな方々がいて、それぞれにいろんな事情があり、今はこういう生活をしているけど、関わってみなければ見えないことがたくさんあるのだと知り、大きくイメージが変わりました。同時に、てのはしさんの活動をもっとお手伝いをしたいと思いました。これからはできる限り、お手伝いをさせていただきたいと思います。

(ルーテル学院大学1年 E.L)


f0021370_08044252.jpg

↑ご飯・カレー・浅漬けの順で器に盛っていきます。


私がTENOHASIのボランティア活動に参加したきっかけは、大学のゼミでのフィールドワークの一環としてでした。私がボランティアに参加したのは、この日の数日前に、あさやけ子ども食堂さんにお邪魔したものを含めて二回目です。それまでの私はボランティアという言葉は知ってはいても何処か遠くの存在として感じていました。というのも、私の中でのボランティアのイメージは、厳粛で義務的であり各個人に役割が決められ堅苦しいものだったからです。しかし、現実は全く違うものでした。誰もが気軽に参加して気軽に帰る。役割はなく和気あいあいとした雰囲気の中でそれぞれがやりたい作業をする。今回参加してみてそれまでのボランティア活動に対するイメージは粉々に打ち砕かれました。

 私は飲み物を配る担当でした。配っていく中でふと感じたことがありました。だれしも「ホームレスの方々も普通の人」だと殆どの方が考えることだと思います。私もそうでした。しかし、それはただ頭で分かっているつもりになっていただけだったのです。一人ひとりに飲み物を配り、ホームレスの方々一人ひとりと触れあう中で、私たちと何も変わらないことにようやく気付けました。もしかしたら、頭ではわかっていてもどこかでは「ホームレス」という括りで私たちとは異なる別の存在としていたのかもしれません。

 今回参加させて頂いてボランティアの楽しさと現実を学び、また参加してみたいと思いました。恐らく、支援する側の人にとってもここが一つの居場所なのかもしれません。

(ルーテル学院大学1年 S.K)


f0021370_08054816.jpg

↑カレーと一緒にマンゴーラッシーもどうぞ!!







by tenohasi | 2019-09-11 14:39