人気ブログランキング |

<   2019年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

11/9(土)炊き出しボランティア日記

119日の炊き出しボランティアに参加しました.今回は調理と配食両方に参加したほか,夜回りセミナーも受講しました.

ここがポイント!①【ボランティア保険】

ボランティアに参加するにあたり,ボランティア保険への加入が推奨されています.できるだけ入っておいたほうが良いでしょう.ボランティア保険は,各自治体にある社会福祉協議会で申し込むことができます.社会福祉協議会で手数料が無料となる振込用紙がもらえますが,特にそれを利用しないのであれば,1度出向けば手続きが終わります.私のときは,保険料は最も安いプランで1年間300円でした.代表者が出向いて複数名分の申し込みも可能です.ちなみに,災害発生時には,オンライン申込ができるようになるそうです.

晴れだけどやや肌寒い当日.公共職業訓練校調理科つながりの友人と二人で,調理の集合場所へ向かいます.二人とも調理ボランティアは初めてです.ドキドキしながら建物に入ると,すでに何名かいらっしゃいました.いつもよりボランティアの方の数が少ないらしく,後から何人か来るとのことでしたが,10人もいない状態で調理開始となりました.これはしょっぱなから厳しい日に来てしまいましたね(笑).

「あまりがんばろうとする必要はなく,やれることを自分のペースでやっていただけたらそれでいいですよ」との主旨のことを言われてすいぶん気が楽になりました.今日はご飯の量が8リットルの釜6つ分(6釜)だそうです.そして野菜などの食材を切っていくわけですが,さすがに量がかなりあります.これを時間をかけて人海戦術で切っていきます.

ちなみに,たとえ調理の経験がほとんどしたことが無かったとしても,なんらかのお仕事はあるようですし,調理師やベテランのボランティアの方がサポートしたりいろいろと丁寧に教えてくださいますので,むしろ調理に興味があるけれどなかなかやってみる機会がない,という方にも調理ボランティアはぴったりなのではないかと思いました.ただし,ケガや事故には十分ご注意を.

11/9(土)炊き出しボランティア日記_f0021370_13423545.jpg

ここがポイント!②【包丁作業用テーブル】

包丁作業をするテーブルには穴が開いており,その下にボウルや箱をセットして,切った食材を穴に放り込みます.また,床に裏返しになったお茶碗の上にテーブルの脚が乗っていますが,このわずかな高さの調整で包丁作業がぜんぜん楽になるのだそうです.

ここがポイント!③【キャベツを真っ二つ】

キャベツなどを真っ二つに包丁で切るときは,まずキャベツを芯の部分が上になるように安定させてまな板の上に置き,芯の部分の上からまな板へ突き刺すように包丁を入れ,そのまま包丁を手前に倒すように手前半分だけ切り込みを入れ,その後反対側を同じ要領で切ると比較的安全に切ることができます.

まかないは焼きそばとごはんに納豆.納豆は卵入りのと,ベジタリアンの方用に卵を入れていない納豆も用意されていました.単に味の好みというわけではなく,ベジタリアンの方用に,というご説明があったことに,いろいろな方々を受け入れて一緒に仕事をしていくという志を感じました.

夜回りセミナーを受講する人は途中でセミナーを受けます.現場の最前線でご活躍されているTENOHASI事務局長清野(せいの)氏出演のNHKの録画番組を観ながら,ご本人と一緒にご説明付きで観れるというのはとても貴重なありがたい機会だとも思いました.番組前後の裏話やその後のエピソードもお聞きすることができました.

このセミナーを通して,支援や協力において

「ご本人のご意志を尊重することこそ最も大切」

ということをはっきりと認識し実感を持つことができました.なんだか胸にいろいろな思いや考えが去来して,自分の生き方というか人生をも見直す機会にもなったような気がしました.

11/9(土)炊き出しボランティア日記_f0021370_13424455.jpg

ここがポイント!④【寸胴鍋の調理】

写真を見ると,寸胴鍋一杯に水と食材が入っていますが,実は水はほとんど入れておらず,8割くらいが食材の野菜から出た水分です.だから家庭ではちょっとなかなかできない,おいしい汁になります.ちなみに,味付けは調味料の分量をだいたいで入れるので,複数ある寸胴鍋それぞれで微妙に味が違うということが起こり得ます.そこで,完成した汁をクーラーボックスに移す際,複数ある寸胴鍋それぞれから等分量をクーラーボックスに入れて混ぜます.ここでも工夫がありますね.

ここがポイント!⑤【寸胴鍋の混ぜ方】

寸胴鍋の中をかき混ぜるとき,鍋底から上へかき混ぜないと,ニンジンなどの重い食材が鍋の底のほうに溜まった状態になってしまいます.なので私は鍋底からしっかりかき混ぜたのですが,後から思えば裏目に出てしまったかもと思いました.というのも,汁をクーラーボックスに移した後に配食していく際にも,底に重い食材が溜まりがちになるからです.重い食材が底に溜まった状態で寸胴鍋からクーラーボックスに汁を移すのであれば,結果的に重い食材がクーラーボックスの上のほうに溜まることになります.そのほうが,偏りなく配食しやすいのではないかとも思いました.とはいえ底からかき混ぜたほうが味は均一になりやすいはずなので,どうやればいいかはぜひ皆さん試してご報告をお願いします!(笑)

できた料理をクーラーボックスに詰めてトラックに積んだら,配食場所となる東池袋中央公園へと向かいます.そしていよいよ配食です.寒い中,配食を待っておられる方々が,何人かづつのグループに分かれて来られます.中には遠くから何時間もかけて来られている方もおられるとのことでした.

ここがポイント!⑥【配食時の保温】

保温のために,配食直前まで食事をクーラーボックスから出さない状態にしておきます.特にこれから寒くなるので,少しでも暖かい食事を食べていただくのはとても大切です.

配食中,いろんな方が感謝を伝えてきてくださって,とても心が暖かくなりました.特に,配食をおかわりに来られた方からの

「めちゃくちゃ旨い.身に染みるように旨い」

とのお言葉がとても印象に残っています.ちなみに,まかないとして私も食べさせていただきましたが,充実感を感じていたせいもあったのか,お野菜の出汁が効いているせいなのか,正直,これまで食べたどんな料理よりも旨かったです.

配食終了してから撤収後,最後に国境なき医師団の方を含むボランティア全体で集まってミーティングです.今回は何回かのおかわりやお弁当を含む延べ人数として311食分提供とのことでした.ここで解散ですが,私は調理場の後片付けにも参加することにしたので,調理場へ戻って後片付けもしました.

すべて終わったのは夜10時頃.お疲れさまでした! 

(HATA)


by tenohasi | 2019-11-27 13:49

10/26(土)炊き出しボランティア日記

 TENOHASHIの炊き出しのボランティアには調理班と配食班に分かれますが、今回は両方に参加させていただきました。

 まず調理。新人さんは5名で、全員で15名くらいでした。私は2回目です。今回は初めて釜場を担当させていただきました。釜場の担当は3人。ベテランの方に丁寧に作業工程を教えていただきました。私は普段家で料理をするのですが、ガスの勝手の違いで近づくと物凄く熱かったです。調理班はアットホームな雰囲気で、次第に楽しくなっていきました。2回目にして少しだけ距離が縮まったかなと思います。まぁこれは自分次第なのですが。

 次に配食です。今回は池袋ハロウィンコスプレフェスの開催と重なり、時間が後ろ倒しになってのスタートでした。私が着いた頃には(一度衣服を取りに自宅に帰りました)、衣類配布が始まっていました。これから寒い時期になるからなのか、衣類配布はいつもよりにぎわっていました。コートやジャンパーを求めるホームレスの方が多かったです。

 今回の炊き出しはカレーです。シャルマホールディングスが作る本格派です我々が作ったご飯と漬物とコーヒーと一緒に提供します。新たなボランティアの方も加わり、基本新人優先で配食します。ホームレスの方達は、毎回配るたびに感謝の言葉をかけてくれる人もいれば、少し注文をつけてくる人もいます。でもそれだけこの炊き出しが必要なんだと感じさせます。

10/26(土)炊き出しボランティア日記_f0021370_23260813.jpg
          カレーが染み込んだ大根が美味しい~


 炊き出しの場は多くの方がいます。そのため基本穏やかですが、時には騒がしくなることもあります。今回は時間のせいもあってか、少し落ち着かないところもあったかもしれません。ですがほとんどの方はいつものように淡々としておられました。炊き出しの場に慣れています。
 
 私は体調が優れなかったので離れた場所で休憩しました。すぐ休憩できるのも病気を抱えている人でも参加しやすい点です。TENOHASHIの良いところは誰でも厭わず受け入れてくれることです。中にはホームレス自身が何かしようと動いてくれることもあります。ホームレスの方は、体が弱かったり知的に障害を持っていたりと身体的ハンデを背負っている方が多いです。精神疾患持ちの私も少し気持ちがわかるかもしれません。

 休憩しているうちにいつの間にかホームレスの方の行列もすっかりなくなりました。ライトも消え静かな夜の東池袋中央公園と姿を変えました。池袋の繁華街がすぐ近くにあるとは思えないくらい静かな公園です。きっとここで寝る人もいることでしょう。今回の炊き出しの報告会も終わりボランティアの方も散っていきました。時刻は午後8時50分を回りました。

 話は変わりますが、先日大きな台風19号が列島を通過しました。観測史上最大級の台風で各地で河川の氾濫がみられました。今も雨が続き、混乱が生じています。この時ホームレスの方はどうしているでしょう?
 私の地元のホームレスの方に事前に「明日かなり大きな台風が来ますよ」と言ったら、「台風来るの?」と少し意外そうに答えました。「知らなかったんですか?」と聞くと、「知らなかった」と答えました。ホームレスの人は台風が来ることも分からないそうです。

 そして翌日台風がやってきました。私は区の行政に連絡して「避難所はホームレスを受け入れますか?」と聞きました。すると「ホームレスですか、、、」と少し戸惑い気味で「清潔な恰好をしている人だったら受け入れます」と答えました。清潔な恰好?基準が曖昧だなぁと思い、「ホームレスの人を連れてきたらその場で判断することになるんですか?」と聞くと、「そうなります」と返答が帰ってきました。これはどうなのかな?と思いながらも私はどうすることもしませんでした。
 
 近くのコンビニが営業していたので、そこにでも飛び込めばとも思いましたが、ホームレスの方がコンビニに簡単に入っていけるかなと考えてしまいました。後日そのホームレスの方を訪ねたら、その日は高架下で雨風と闘っていたそうです。どこにも避難することなく高架下の仮住まいにいるホームレスの方、どうすればいいのでしょう?「避難所があったら行きますか?」と尋ねると「いかない」と首を横に振っていました。私はこのホームレスの方のことは常に注意を配るつもりでいます。
何かあったら教えてあげようと思います。

 私はホームレスがいなくなる時が、平和な世界になる時だと思うことがあります。それは有り余るものを持っている人が、持っていない人に分け与えてあげるからです。私のホームレス支援の動機も自分が有り余るものを持っている立場の人間だったからです。物質面だけをカバーしてもダメですが、何か動くことはとても大事だと思います。長くなりましたが、これからもこれが正しいと思う限りホームレス支援を続けていこうと思います。貴重な場を長年にわたって築き活動してきたTENOHASHIのボランティアに参加できてよかったです。ありがとうございました。

(S.K)





by tenohasi | 2019-11-08 23:41