人気ブログランキング |

<   2020年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

1/5(日)越冬活動4日目&総括

2018年の年末から定期的に炊き出しの調理場のお手伝いに参加しています。今回はTENOHASI越年越冬活動で1230日から15日までの4日間、調理場に通いました。公園の配食には行きませんでしたが、調理の釜場の湯気を通して見た事感じた事をご報告します。

今年の年末年始は民間企業、自治体・官公庁などの多くが9連休となりました。多くの人にとっては楽しい休日となります。しかしTENOHASIが支援する住むところを失ったり生活に困窮している人たちにとってはとても厳しい期間となります。日払いの賃金が得られず、公的な支援を求めるにも行政の窓口が閉ざされる事になります。例年は1230日から2日までの4日間連続でしたが、9連休の今年は途切れなく支援できるように305日まで1日おきの炊き出しとなりました。定例の活動日である28日も含めると短期間に5日間の活動となりますから、食材やボランティアの人手も分散されます。ベテランのボランティアの方もご家族と過ごされるので、人手は足りなくなる筈。私はこんな時こそ出来るだけ多く参加してお手伝いしようと決めていました。


しかし蓋を開けてみると意外にもたくさんの方が調理場に参加されました。大学の先生の指導で。友人や家族に連れられて。たまたま知ったなど近くの方もいれば遠方から来られる方など年齢も地域も動機も実に様々な皆さんです。最終日の5日を除いて常に20人を超え、一番多い日は30名もの人で狭い調理場は活気にあふれていました。作業に入る前のミーティングでは「初めてなので足を引っ張らないようにがんばります」と挨拶される方が何人も。初めての方が緊張するのは当たり前ですが、先輩ボランティアと一緒に楽しみながらすぐに作業に慣れていました。私自身は火を使う釜場と呼ばれる作業についてはようやく慣れてきたのですが、気持ちだけは常に初心者のように緊張感と謙虚さを忘れないようにしたいとも思っています。

1/5(日)越冬活動4日目&総括_f0021370_13360087.jpg

鍋に小さな虹が……………



さて、公園に集まって食べる方も実に様々。歯が悪くて固い物が食べられなかったり、辛い物が苦手など。それでも一番のごちそうは温かくてバランスよく栄養があるもの。そして年末年始は何か特別なものを食べていただきたいとメニューや調理の方法にも工夫を凝らします。30日は鶏塩鍋、1日はお雑煮、3日は鮭の酒粕汁、最終の5日は中華丼。普段作ることの多い鶏肉野菜のスープと違い、調味料の量やお雑煮なら調理場から離れた場所にある公園で食べる時に最適な状態になるようにお餅はいつどのように投入すればよいか。鮭は無駄なく食べやすいように骨や固い皮の部分は圧力釜で柔らかくし、では酒粕はどれくらいを入れるかなどなど、実験や試行錯誤をしながらの調理でした。とにかく量が多い。汁物が120リットル、ご飯が8リットル炊きで4釜から6釜。家庭で料理する経験値がそのままでは使えません。


1/5(日)越冬活動4日目&総括_f0021370_13354193.jpg

お雑煮にお餅。さていつ投入するか?!……………



期間中の炊き出しに集まった方は定例の時よりも多くて180人から200人くらいだとお聞きしました。最近の越年越冬では経験のないくらい多い参加者であったようです。いわゆる「ホームレス」の状態にある方はここ数年で徐々に減っている筈なのですがなぜか多かった。用意したご飯の量もその都度検討して増やしたり調整をしていました。

調理場で作った料理は大きなクーラーボックスに詰め替え、トラックに載せて公園に。その時料理だけではなく、寄付でいただいた大量の服も運びます。公園で食事を配るのは18時から。その前に服を配るのですが、あまりにも大量にあるので前もって上着やズボン、下着などの分別が必要です。調理場の横で料理が出来上がるのを待ちながらこういった分別の作業も行われています。


1/5(日)越冬活動4日目&総括_f0021370_13343176.jpg

酒粕をこねて溶かして……………



最終の5日。既に暗闇が迫る中、中華丼に最後に入れる片栗粉の量とタイミングに神経を使いながら仲間と一緒に鍋をかき混ぜ、熱々ごはんと中華丼を満載したクーラーボックスを載せたトラックの赤いテールランプを見送りながらようやくほっとしていました。体力がなくて配食の公園までは行けなかったのですが、こうして年末年始を調理をする現場でお手伝いする機会をいただいたことがありがたく、また清々しさを感じていました。と同時にこれを食べてくれる皆さんの事、こうした活動がいつか無くなる事があるのだろうかという思いも沸き上がります。


年末年始の貴重な時間を調理のために集まってくださった多くの皆さんは、多分それぞれの色々な事情を乗り越えて集まっていただいた方達。初めての方は自信がなくて不安を感じながらも、しっかりとこの活動の担い手となっておられました。

定例の第2第4土曜日がまた来ます。次の活動日は11日。あまりのんびりする間もありません。しかし休みたい時には休み、無理なく参加する事が長く続けるためには大切。これからも出来るだけ淡々と参加させていただきたいと思っています。


(担当:JN)



by tenohasi | 2020-01-29 13:46

1/3(金) 越冬活動3日目

13日(木)調理班参加感想

約半年ぶりに調理班に参加しました。

参加者30名ほどで初めて参加の方が約半数ほどだったそうですが、調理場には変わらずいつもと同じガヤガヤ楽しい時間が流れていました。

継続は力なりという言葉はボランティア活動に欠かせないと思います。

しかし、諸事情により継続が難しい時もあります。

しばらくご無沙汰してしまったので今更顔を出してもよいのかなとも思いましたが、テノハシは変わらずにいてくれました。

今年は継続的にテノハシに参加したいと思います。

山崎


1/3(金) 越冬活動3日目_f0021370_14101989.jpg

↑余った大根とにんじんで作ったきんぴら。大人気でした!!


1/3(金) 越冬活動3日目_f0021370_14102847.jpg

↑本日のメニューは鮭入りの粕汁



by tenohasi | 2020-01-21 14:17

1/1(水)越冬活動2日目

10数年ぶりの新人ボランティア


20201月1日元日、かなり久々に越冬ボランティアに参加し、調理班としてお雑煮をみんなで準備し、新年のスタートを切ることができました。今の調理体制で参加するのは初めてだったので、新人ボランティアのつもりで参加させていただきました。当時は東池袋公園で調理、配食すべてをしていたので、今とは準備の仕方が違いますが、野菜スープのぶっかけ飯というのは変わらず、懐かしい味がしました。


1/1(水)越冬活動2日目_f0021370_15104516.jpg

↑この日用意したお餅は360個


自分が最初に越冬ボランティアに参加したのは大学生の時で2005-06年のこと、それから大学卒業まで3年位、ほっとも(ほっと友の会)や会報誌編集を中心にボランティアをしていました。14年前という月日を考えると、時の流れの速さを感じると同時に、てのはしがずっと炊き出しを続けてきたという確かな足跡も感じます。

なんで当時ボランティアを続けていたのだろうかと考えた時に、みんなで炊き出しの準備を和気あいあいと、いい意味でゆるーく、できていたから居心地が良くて居着いてしまったのだと思います。だって自分も3年も続けるなんて最初は思っていませんでしたから()

この文章を書きながら、「料理長と一緒に炊き出しの準備したなー」とか、「医療班の○○さんと寒空の中でおしゃべりしてたなー」とか、当時ボランティアしていた時の風景やスタッフの顔や声が思い浮かんできています。


大学卒業してからずっと離れてしまっていましたが、Facebookで炊き出しの様子を見る度にまた参加したいなと思っていて、ようやく戻ってくることができました。今は東京を離れてしまっているので参加機会は限られてしまいますが、自分のペースでまたボランティアに参加したいと思います。頑張りすぎることよりも、自分ができることや時間を持ち寄って、細く長く続けていくことの大切さも感じます。炊き出しなどを通じて、寒空の中で路上生活をしている方々に対して、気に掛ける人たちが増えると、より社会がやさしくなるのかなと思います。


(T.O)

by tenohasi | 2020-01-18 12:28

12/30(月)越冬活動1日目

今回の年末年始は、12月28日(土)から1月5日(日)までの9日間、役所等が休みになってしまうため、例年のスケジュール(12月30日~1月2日の4日間)を変更し、

12月28日 通常炊き出し
12月30日 越冬活動1日目
1月1日  越冬活動2日目
1月3日  越冬活動3日目
1月5日  越冬活動4日目

という1日おきのスケジュールになりました。

越冬活動1日目のメニューは「鶏塩スープ」
12月7日に開催予定だったビッグスリープアウトで参加者の皆様に振る舞う予定だったメニューを作ることにしました。

通常の炊き出しでは使用したことのない「鶏がらスープ・日本酒・にんにく・しょうが」をふんだんに使用。新作メニューなのでどうなることかと思いましたが、初めてにしてはまずまず上手く出来たのではないでしょうか。余ったニンニクをトッピング用にしてみましたが、こちらも大人気でした!!

12/30(月)越冬活動1日目_f0021370_15085670.jpg
12/30(月)越冬活動1日目_f0021370_15085238.jpg
今日で2019年の炊き出しは終了。台風で炊き出しが中止になった日もありましたが、皆さまのおかげで2019年の炊き出しも無事終えること出来ました。

先日、アフガニスタンでお亡くなりになられた中村医師のお言葉・・・

「人の幸せとは3度のご飯が食べられて、家族が一緒に穏やかに暮らせること」

この言葉がいつも胸の中にあります。日本にも3度のご飯を食べることができない方々が沢山いるという現実をしっかりと受け止め、2020年も活動を続けていければと思います。

(ぐんじ)



by tenohasi | 2020-01-18 12:11

12/28(土)炊き出しボランティア日記

今回は、立教大学からご参加いただいた学生4名に感想を書いて頂きました。
是非、ご一読ください!!


私は公園での配食は半年ぶり、調理が初の参加でした。また、1~2人で来たことはあったのですが、ゼミの友人たちと集団で来たのも初でした。そこで、以下の2つについて書きたいと思います。

1.調理ボランティアで考えたこと

 自分はこれまでの炊き出しで、あまり調理は誰がしているのか等は考えていませんでした。今回の参加で公園のある地域とは関係のない地域の人が場所を提供してくれていることや、調理ボランティアのベテランとして、メニューの考案に関わる人がいること、食材を提供してくれるところがあることなど、目には見えていないけど1人の人に丼を渡すのに、配食のボランティアだけでなく、調理ボランティア、さらには場所や材料を提供してくれる人たちの協力があるということを実感しました。調理場、公園それぞれの関係性もあると思いますし、それぞれの場で得られることも変わってくると思うので、炊き出しが単に食事の提供ではなく、関わっている人同士の生活の支え合いの場になっていると感じました。

2.知っている人と参加するということ

 自分は今回ゼミの友人たちと参加して、2つくらいの良かったことがありました。

 1つ目は「知ってもらえてよかった」ことです。配食は個人で何回か参加したこともあったので、これまでも人を誘うことはあったのですが、興味がないということで断られてしまうこともありました。そのため、興味の有無に関わらず、ゼミやレポートなどのきっかけを通して自分が知ってきたことを共有できたことは良かったと思いました。

 2つ目は「知れてよかった」ことです。普段の授業や会話の中では気づくことが少ない、友人たちの強みを他の人との交流や作業を通して知ることができたと思います。例えになってしまうのですが、調理の予約の連絡でリーダーシップを発揮してくれたり、昼食づくりで最後までベテランさんと一緒に作ってくれていたり、初めて炊き出しにくる人もいたのですが、物おじせずにコーヒーを渡していたり、通常の関りでは見れない姿が見れたのは嬉しかったです。




1228日の炊き出しボランティアに参加させていただきました。配食には参加したことがあったのですが、一度1日を通して活動に参加してみたいと思ったことが今回の参加の理由です。

 最初の調理の時間には、ひたすら人参をスライスしたり、キャベツを切ったりしていました。その作業の中で、固い部分は小さく切るようにと指示を受けました。これは食べる人のことを考えているのと同時に、野菜の固い部分なども工夫してできるだけ捨てないようにすることで、食材を寄付してくださった方の思いも大切にしているからだと思いました。また、この炊き出しに何度も参加されているボランティアの方が「ゆっくりでいいからね」や「同じ作業を続けて飽きていない?」など気にかけてくださったので初めて参加した調理でしたが楽しめました。

 お昼ご飯をいただいた後、TENOHASIさんの活動についてセミナーがありました。ハウジングファーストという言葉について学び、現状の「まずは集団生活をし、自立できると判断された人から宿泊所を出られる」という支援がニーズを反映できておらず改善の必要があると分かりました。また、ホームレスの方の中には一度部屋を得ても路上生活に戻ってしまう人がいて、その理由も様々であると聴き、継続的で個別的な支援を行うことが必要なのだと分かりました。

 池袋の公園に移動してから、配食の前にコーヒーを配りました。ここがみなさんの会話の場になっていて、ベテランボランティアの方は顔見知りのホームレスの方に体調を気にかけて言葉を掛けていました。

 配食では、おかわりの列に並んだ方からご飯の器を受け取って盛り付けるのを担当しました。器を受け取る時と渡す時には声をかけるようにし、ご飯の量もご本人に確認しながらよそいました。最後に残った分はお弁当にして配り、午前中に大量に用意したはずのご飯がすべて無くなりました。ここで、それだけ多くの人が炊き出しを必要としていることを実感しました。

 一日を通してほとんど屋外にいる状態だったため、身体が冷えましたが自分の身をもってこの活動は人が行ってこそ温かみがあって意味のある支援なのだろうと気付くことができました。年末のとても寒い時期に自分の部屋がない生活がどれだけ厳しいかを想像して、「自分の部屋があること」のありがたさに改めて気付かされる1日になりました。



12/28(土)炊き出しボランティア日記_f0021370_14220977.jpg
↑人参・キャベツ・きゅうりの浅漬け(カレートッピング用)



私は、炊き出しのボランティアは初参加で、調理と、コーヒーの配布までを手伝わせていただきました。

調理では、人参やキュウリなどの野菜を切る作業をしましたが、みんなが切り終えた野菜を大きなボウルにまとめると、今までに見たことのないくらいたくさんの量になっていて驚きました。また、その量の野菜を目にして、たくさんの人が炊き出しを必要としているのだということを実感しました。私が調理をしていた中で特に印象的だったのは、ベテランのボランティアさんが、「食べやすいように薄く切ってね」とおっしゃっていたことでした。それを聞いて私は、炊き出しは、たくさんの量の料理をただ作るのではなくて、食べる人のことをしっかりと思いやって作るということが大切であるということを学びました。また、今回、ベテランのボランティアの方々が新メニューの試作をしていましたが、そのようなところからも、食べる人への思いやりを感じました。

配食では、コーヒーの配布を手伝わせていただきました。温かいコーヒーを渡すと、たくさんの方が「ありがとう」と言ってくださり、心が温まりました。そして、人と関わることや『居場所』の大切さを感じました。




私が今回参加させていただいたのは炊き出しの調理ボランティアでした。

炊き出しは初めてであったため緊張しましたが、ほかのボランティアの方々の助けもあり楽しく活動することができました。

この調理ボランティアの最大の特徴は「強要されないこと」だと思います。例えば私はあまり料理をしたことがなく、包丁の使い方に自信がなかったのですが、その旨をスタッフの方に話したところ、ピーラーでニンジンを剃る作業を任せていただきとても安心したことがあります。

またその時やっている作業が終わり、手が空いたとしても、直ぐに別の作業を強要されることはなく「ゆっくり休む」という選択肢をいただけます。この強要しないスタンスが、ボランティアの人々が楽しく和気藹々と作業できる秘訣なのではないかと感じました。たとえ料理が苦手な人であったとしても自分の出来ない作業を無理してやる必要がないので、自分の調理スキルに不安を感じている方にもオススメできるボランティアです。

またその後のコーヒー配りにも参加させていただきました。私はポットに入ったホットコーヒーを紙コップに入れ配る作業をやらせてもらったのですが、訪れたホームレスの方々が自分の淹れたコーヒーを「温かい」と喜びながら飲んでくださった姿がとても印象的で、嬉しく思いました。

当事者の方々はコーヒーを飲みながら、ボランティアの人と親しげに話していました。その様子を見ていると、この人たちはちゃんと親身になってくれ、自分たちの話を受け止めてくれる人がいるのだと感じさせられました。この炊き出しが、ホームレスの人々にとって重要な居場所であると深くわかりました。たとえ家がなかったても、帰る場所はあるのだと思います。

TENOHASIは食料や衣類といった物資による支援をすることのみならず、ホームレスの方々の居場所になる役割も担っているのだと思いました。

今回のボランティアは途中までしか参加できませんでしたが、大勢の人の温かさに触れることができ、とても充実した体験になりました。これからも自分にできる支援とは何か考えていきたいです。




by tenohasi | 2020-01-02 14:25