人気ブログランキング | 話題のタグを見る

11月27日 炊き出しボランティア日記

私は今回の炊き出しで、とてもフレンドリーな3人のホームレスの方と出会いました。お話をさせて頂くなかで、その方々から若い頃の話や普段何をして過ごしているか、また真冬の夜を過ごす厳しさについて教えて頂きました。また、いちボランティアの私に興味を持って下さり、冗談を交えながら、趣味などを質問して下さいました。私はその時【ボランティアと支援を受ける側】という関係から、【人と人としての交流】が出来たと感じ、大変嬉しかったです。

一見、『ホームレス支援活動』と聞くととても崇高で、支援力がある特別な人が行うイメージがあると思います。もちろん、様々な知識を持ち、支援力がある方もたくさんいますが、私の場合は違います。私は極端に意識が高いわけでも、何か特別な知識を持っているわけでもありません。むしろ、私が行っていることは、知識も支援力もなくてもできる、とてもシンプルな事です。

私はホームレスの方を支援しているのではなく、むしろ私が、ホームレスの方と出会い交流し、またTENOHASIのスタッフ・ボランティアの方と同じ目標を持ち連携するという、現代社会において失われつつある人と人とのつながりを通して、励まされ、希望をもらっていると参加する度に感じます。
ですので、もし興味があるけれど、自分には力がないから出来ないと思いとどまってる方がいらっしゃれば、是非一度いらっしゃり、現場を感じて頂けたら嬉しいです。


今回、初めて生活相談の見学をさせて頂きました。ホームレスや生活困窮者と聞くと多くの方は年配の男性をイメージすると思います。また、その様な状況に至るのは努力が足りなかったなど自己責任と考え、自分とは関係ない世界の話だと思う方もいると思います。しかし、実際に生活相談に来る方は、老若男女問わず、またコロナになり仕事がなくなった方や、病気で働けなくなった方など、決して自己責任とは言えず、また自分とは無縁の話と言えない方ばかりです。少しの躓きをきっかけに、誰にでも貧困に陥るリスクがあるのが今の社会なのだと感じます。私がこの事を感じられたのは、TENOHASIに参加したからです。ネットは世界を狭くするという考えがありますが、本当にその通りだと思います。私はTENOHASIに参加するまで、貧困やホームレス問題をネットで調べ分かった気になっていましたが、実際には知らないことばかりでした。
私もまだまだボランティア経験は浅く、分からないこと・気づけていない事ばかりですが、もしホームレスや貧困問題に興味がある方がいましたら一緒にボランティアをし、気付きや考えを共にシェアさせて頂けたら嬉しいです。ボランティアY
11月27日 炊き出しボランティア日記_f0021370_10382655.jpg
11月27日 炊き出しボランティア日記_f0021370_10383366.jpg
11月27日 炊き出しボランティア日記_f0021370_10384197.jpg
11月27日 炊き出しボランティア日記_f0021370_10384715.jpg
11月27日 炊き出しボランティア日記_f0021370_10385211.jpg

# by tenohasi | 2021-12-03 10:32 | 炊き出しボランティア

10月23日 炊き出しボランティア日記

昼間は暖かい日差しが降り注いでいても、日が暮れるとぐっと寒くなる日々に秋を感じるようになった10月23日、いつものように炊き出しが東池袋中央公園で行われました。

私は2017年頃、TENOHASIのこの活動に参加していましたが、なかなか予定が合わなくなり疎遠になっていました。最近清野さんの新聞記事を拝見して、何かお手伝いできればという思いに再びなり4年ぶりに参加しました。

久しぶりの参加で、いろいろと変化を感じました。

1つ目は、炊き出しに並ぶ方の属性(年代、性別)が幅広くなっていたこと。
4年前はあまりお見かけしなかった、若年層や女性もいらっしゃったことです。

2つ目は、炊き出しに並ぶ方の人数が増えていたこと。
事前の清野さんレクチャーで「今年は2017年頃より1.5倍位の人数」とわかっていたものの、以前はもっとあっという間にお弁当を配り終えていた気がしたのですが、私の体感としても長く感じました。
事実、当日準備していたお弁当全てを配食できた上、急いで追加を用意したとスタッフの方から伺いました。

3つ目は、スムーズに作業が流れていたこと。
以前と同様、ボランティアスタッフの皆さんは初心者の私たちにも親切にいろいろと教えてくださいました。
今回スタッフの皆さんがテキパキと動いていた印象で、これまでの実績も重なってか、私たちが置いてけぼりにならないように適宜指示出しをしてくださりありがたかったです。


参加してみて、改めて、世の中は変化するということを感じました。
自分のできる範囲で、できることを何か続けていくことが大事だなぁと思っています。
ありがとうございました。

ボランティアS.N

10月23日 炊き出しボランティア日記_f0021370_18263886.jpg
10月23日 炊き出しボランティア日記_f0021370_18265483.jpg
10月23日 炊き出しボランティア日記_f0021370_18270322.jpg
10月23日 炊き出しボランティア日記_f0021370_18271231.jpg
10月23日 炊き出しボランティア日記_f0021370_18272110.jpg
10月23日 炊き出しボランティア日記_f0021370_18273184.jpg

# by tenohasi | 2021-11-02 18:23 | 炊き出しボランティア

10月9日 炊き出しボランティア日記

今回初めてTENOHASIのボランティアに参加させていただきました。参加させて頂いた動機は、今年の4月より新社会人になり、仕事上様々なバックグラウンドの方と関わらせて頂く中で、より貧困問題やホームレス問題、精神・知的障がいの方の支援の現状を知らなければならないと感じたからです。現場を知るためにもと思い、森川先生の著書『漂流老人 ホームレス社会』を読ませて頂いた際、「答えは現場にある」というフレーズを読み、是非私もホームレス支援に参加、現場で学ばせていただきたい思い参加しました。

ボランティア当日は、最初に事務局長の清野さんからホームレス問題の現状とTENOHASIの概要に関して説明を受けました。ホームレス問題に関して何冊も本を読んでいたので、なんとなく分かっているつもりでしたが、実際に現場にいる方から、生の声を聞く事は本を読むだけでは分からない、様々な事を感じ、そして学びました。

レクチャー終了後は公園へ移動し、炊き出しボランティアに参加しました。お渡しするものを準備して、18時より配布にしました。最初、失礼なことをしてしまったらどうしよう。などと思い、なんと声をかけて渡せばいいのかすら分からず、とても緊張してしまいました。先輩ボランティアの方に相談すると、普通の声かけで大丈夫だよ。と言って頂き、その時に、自分はホームレスの方を自分とは異質の何か特別な存在として見てしまっていたなと感じました。

炊き出しの列には老若男女問わず多くの方が並んでいらっしゃり、改めて貧困問題は誰にでも起こりうる、身近な問題であるのだと感じました。
最後に、私が清野さんからレクチャーを受ける中で、特に感銘を受けたTENOHASHIが大切にしている3つの考えを紹介して終わりにさせて頂きます。
・その人の尊厳を守る。
・その人の意思決定を尊重する。
・その人の力を無条件に信じる。

今後も、この考えを常に胸に刻み、微力ながらではありますが参加させて頂きたいと思っています。
今回はボランティアに参加させていただきありがとうございました。    ボランティア.Y

10月9日 炊き出しボランティア日記_f0021370_19190965.jpg
10月9日 炊き出しボランティア日記_f0021370_19200172.jpg
10月9日 炊き出しボランティア日記_f0021370_19203114.jpg
10月9日 炊き出しボランティア日記_f0021370_19204308.jpg
10月9日 炊き出しボランティア日記_f0021370_19205318.jpg
10月9日 炊き出しボランティア日記_f0021370_19210332.jpg
10月9日 炊き出しボランティア日記_f0021370_19211543.jpg
10月9日 炊き出しボランティア日記_f0021370_19212688.jpg
10月9日 炊き出しボランティア日記_f0021370_19213890.jpg
10月9日 炊き出しボランティア日記_f0021370_19214693.jpg
10月9日 炊き出しボランティア日記_f0021370_19215426.jpg
10月9日 炊き出しボランティア日記_f0021370_19220145.jpg

# by tenohasi | 2021-10-17 19:15 | 炊き出しボランティア

9月25日 炊き出しボランティア日記

今回初めてTENOHASIさんのボランティアに参加させていただきました。
少し前にニュースでホームレスに関する話題が多く取り上げられたとき、私自身、ホームレス状態の方とこれまで直接関わったことがなく、ホームレス問題について何も知らないことを感じたことから、ボランティアを通してホームレス状態の方々の背景、生活状況や支援の実際について知りたい、また自分に何か少しでもホームレス状態の方々のお役に立てることがあればお手伝いさせていただきたいと思い、参加を希望しました。

ボランティア当日は、最初に事務局長の清野さんからホームレス問題の現状とTENOHASIさんでの取り組みについてレクチャーを受けました。
ホームレス状態となる原因として、病気や障がいをもつ人が社会に受け入れられない、苛めや虐待を受けてその環境から逃げざるを得ない、十分な公教育が受けられないといった、本人にはどうすることも出来ず、むしろ根本の問題は複雑な社会問題を抱える環境の側にあることも多いと理解しました。
また、TENOHASIさんが定期的な炊き出しや夜回りなど、本当に長いあいだ池袋の方々と向き合ってきており、その努力あって少しずつ信頼を得てきていることに誠意を感じ、自分もぜひ継続してこの活動に参加させていただきたいと感じました。

レクチャー後は公園へ移動し、炊き出しボランティア(パン、果物とお弁当の袋詰めと配布)に実際に参加しました。
炊き出しに来るホームレス状態の方々が増えていることは既にレクチャーで伺っていましたが、実際に現地に着いてみると、まだ炊き出しが始まる3時間前にもかかわらず想像していた2〜3倍の人数の方が既に公園に集まっており、無料の医療相談や生活相談、マッサージなどを受けていらっしゃいました。
コロナ禍で失業したり、それまでの居場所がなくなったりしてホームレス状態になった方々の多さを実感し、自分にも何か出来ることはないかと考えさせられました。

清野さんをはじめ、関わられた皆様、どうもありがとうございました。
また参加させていただきます。

有我 和真

9月25日 炊き出しボランティア日記_f0021370_14093853.jpg
9月25日 炊き出しボランティア日記_f0021370_14094523.jpg
9月25日 炊き出しボランティア日記_f0021370_14095514.jpg
9月25日 炊き出しボランティア日記_f0021370_14102025.jpg
9月25日 炊き出しボランティア日記_f0021370_14102929.jpg
9月25日 炊き出しボランティア日記_f0021370_14103774.jpg
9月25日 炊き出しボランティア日記_f0021370_14105050.jpg
9月25日 炊き出しボランティア日記_f0021370_14105876.jpg


# by tenohasi | 2021-10-11 14:06 | 炊き出しボランティア

9月11日 炊き出しボランティア日記

9月11日に初めてボランティアに参加しました。

私が参加したきっかけは、
私自身が数ヶ月前に経済的に厳しくなり、TENOHASIさんの炊き出しをいただいたことがあり、微力ながらにでも自分がいただいた分は、何か出来ないかと思ったのがキッカケです。

また、自らが経済的に困窮し、困窮したときの不安や苦痛を味わったときに、TENOHASIさんの活動の重要性を実感し、参加させていただきました。

ボランティア当日はまず初参加者同士で自己紹介をした後に、事務局長の清野さんにTENOHASIさんの歴史や活動内容、路上生活者の現状など様々なことをレクチャーしていただきました。

路上生活になる原因は単純ではなく、
いじめやパワハラ、虐待、障がいなど様々な原因が複雑に絡まり合っているというお話しが特に印象に残っており、

考えさせられることが多かったです。

レクチャーの後は公園に移動して現場でボランティア活動を開始しました。

最初は配食の袋詰めや配布場所の設営をして、配布開始時間になると迅速に配布を行い、その後はすぐに撤収するという流れで行いました。

初めての参加でしたのでとても緊張していたのですが、先輩のボランティアの方々が作業の工程などを丁寧に教えてくださり感謝しております。

ボランティアに参加し特に印象に残ったのは、

・炊き出しに並ばれる方の多さと多様さ
・配食をお渡ししたときに沢山の方にありがとうと声をかけていただいたこと

です。

私自身が以前に炊き出しを貰いに来ていた時にも、炊き出しに並ぶ列の長さを見て『こんなにも沢山の人が来ているのか、、』と驚いたのですが、

今回は配食を一人一人挨拶をしながらお配りしてたとき、384名の方がお並びになり、いらっしゃった方は中高年の男性の方が多かったですが、若い方や女性の方など、様々な年齢、性別の方がいて、

『この方達が炊き出しに並ばなくても良くなるように、もっと自分に何かできることは無いのか?』と強く思いました。

そして、

配食をお渡しするときには、次々と迅速にお渡しする必要があったので、不手際を起さないか不安だったのですが、

お渡しする時に、沢山の方からありがとうと声をかけていただり、笑顔で挨拶してくださる方がいて、ボランティア中にこちらが励まされることが多々ありました。

最後に、

これから先に自分や大切な人がいつ人生に躓いてしまうか分からないと感じており、

炊き出しを受け取りに来ている方々も誰かの大切な人だと思うと、

様々な理由で困難な状況に陥っている方に手を差し伸べるTENOHASHIさんの活動はずっと続いて欲しいと強く感じました。

私も微力ながらボランティアに今後も参加させていただきたいと思っております。

今回はボランティアに参加させていただきありがとうございました。

ボランティア 服部 宇起

9月11日 炊き出しボランティア日記_f0021370_20034050.jpg
9月11日 炊き出しボランティア日記_f0021370_20035172.jpg
9月11日 炊き出しボランティア日記_f0021370_20035989.jpg
9月11日 炊き出しボランティア日記_f0021370_20040909.jpg
9月11日 炊き出しボランティア日記_f0021370_20041752.jpg
9月11日 炊き出しボランティア日記_f0021370_20042898.jpg
9月11日 炊き出しボランティア日記_f0021370_20043929.jpg
9月11日 炊き出しボランティア日記_f0021370_20044815.jpg
9月11日 炊き出しボランティア日記_f0021370_20050499.jpg
9月11日 炊き出しボランティア日記_f0021370_20051363.jpg
9月11日 炊き出しボランティア日記_f0021370_20052077.jpg
9月11日 炊き出しボランティア日記_f0021370_20052678.jpg
9月11日 炊き出しボランティア日記_f0021370_20053416.jpg
9月11日 炊き出しボランティア日記_f0021370_20053970.jpg

# by tenohasi | 2021-09-22 19:59 | 炊き出しボランティア