人気ブログランキング | 話題のタグを見る

9月12日 炊き出しボランティア日記

僕は昨年11月より、自分の生活に少し余裕が出たので、ホームレス支援をライフワークにしている元主治医に、近くで僕が参加できそうな支援団体がないか訊ねました。そうしたところ、元主治医自身が参加しているTENOHASIを教えてもらい、参加してお手伝いを始めました。

僕はホームレスに関心を持った人生の中での3つのことがあります。
1つめが、僕自身が14歳~15歳頃、家が怖くて帰れず、公園の低木の隙間や家の屋根の瓦の上などにシュラフを敷いて寝ていた、プチホームレス状態の時期がありました。10代の当時ですら、屋外で一晩過ごすと、3日分くらい歳をとったような、凄い疲労感がありました。この状態がいつまで続くかわからない中、屋外で寝起きをしているホームレスのかたの健康維持は、とても大変だと感じます。
2つめが、20歳頃に出会ったYさんという、当時、僕が勤めていた職場に入ってきた、おじいちゃんホームレスのかたとの出会いです。僕はそれまでホームレスは、ダンボールハウスの人みたいなイメージでした。しかし、Yさんは自転車を所有していて、そこに荷物を括り付けて移動しながら、家はないものの働いているので、ファミレスなどで夜を過ごす生活をしていました。紆余曲折あり、一時期、Yさんと僕は一緒に生活をします。しかし、Yさんはピロリ菌というのに罹っていて、部屋で吐血し、そのまま入院し、その後、役所のお世話になりました。Y さんは常に冗談を言うような、明るい性格のかたでした。僕の中でのホームレスのイメージが色々覆された時でした。
3つめが、最初に書きました、ホームレス支援をライフワークにしている元主治医との出会いです。

この日は雨でしたが、途中から雨が止み、雨の日は大体、並ぶ人が少なめなのですが、お弁当配布の時間までにかなりのかたが並びまして、最終的には少しお弁当が足らない状況になり、急遽用意した別の物を、足らなかった数人のかたにお渡ししました。コロナの影響なのか、炊き出しに並ぶ人達の中に、パット見普通のかたがジワリジワリと増えています。20代、30代くらいの女性や、ビシッと決めたサラリーマンなども、全体の割合は少ないものの、並んでいます。ただ、そういうかたは、支援の手も直ぐに入って、数回で来なくなる事が多いです。

また、この日は他の炊き出しメンバーより早く着き待っていたところ、あるおじちゃんに話しかけられました。
おじちゃん(以下、お)「最近、便秘が酷いんだよね。近くの公的機関まわったんだけど薬を貰えなくてさ…。」
みつや(以下、み)「水とかいっぱい飲んでみてもダメ?」
お「もう、沢山飲んだよ。(笑)」
み「そうなのかー。今日の医療相談で訴えたら、薬を貰えるかもしれませんよ。」
お「うん、そのつもりで来たんだよー。」(その後、雑談は続く。)
全てのおじちゃんが話しかけてくる訳ではないのですが、話しかけてくるおじちゃん達は、本当は誰かと話したいのだと感じます。自分の想いを聞いて欲しかったり、日々の不満とかをぶつけたいのだと感じます。炊き出しもコロナ仕様になり、数ヶ月前から僕は決まったポジション固定状態で、そこは、おじちゃん達の中に僕が一人ポツンといて、おじちゃん達と話しながらポジションをこなしています。こなす中で、5人に1人くらいは話しかけられる感じです。誤解を恐れずに言えば、僕はおじちゃん達とのやりとりがある、炊き出しの時間を楽しいと感じていて、だから、続いているのだと思います。

ホームレスになりたくてなっているかたは、まずいないかと思います。社会がこんな状況ですから、僕含め多くのかたが、ちょっとしたきっかけで、近い将来そうなる可能性もあります。生きづらさを抱えているかたが生きやすい社会になったとしたら、普通のかたはもっと生きやすい社会になるかと思います。明日は我が身と思い、少しでも自分事として捉えて、TENOHASI の活動に参加して頂けたらと思っております。

ボランティアスタッフ・みつや

9月12日 炊き出しボランティア日記_f0021370_21155530.jpg
9月12日 炊き出しボランティア日記_f0021370_21161206.jpg
9月12日 炊き出しボランティア日記_f0021370_21162729.jpg
9月12日 炊き出しボランティア日記_f0021370_21164475.jpg


# by tenohasi | 2020-09-17 21:11 | 炊き出しボランティア

9月26日の炊き出しボランティア募集は締め切りました

みなさま
次回9月26日の炊き出しボランティアは定員に達しましたので締め切りました。ありがとうございます。
9月26日の炊き出しボランティア募集は締め切りました_f0021370_23164425.jpg

# by tenohasi | 2020-09-13 23:16 | 炊き出しボランティア

ボランティア募集を再開します

ボランティア参加希望の皆様へ

TENOHASIでは、新型コロナウイルスの影響により、3月下旬以降、ボランティアの募集を控えさせていただいておりましたが、9月26日の炊き出しから再開させていただこうと考えております。感染予防のため、下記要項に沿ってお申し込みください。

なお、TENOHASIでは今、コロナ対応の布陣による炊き出し、衣類配布、生活相談などを継続しております。1日も早くコロナ禍が収束し、また以前のようにたくさんの方とともに活動できる日が来ることを切に願っております。
重ねて皆様のご理解をお願い申し上げます。

1,作業内容・作業場所
ボランティア活動についてのレクチャー(文京区の作業場 13時~14時)
支援物資の配布(豊島区立東池袋中央公園 15時~19時)
※「現場体験」として活動についてのレクチャーと実際の活動参加のセットで行います。
※現場間移動の交通費は自己負担となります。また活動中の飲料食事も基本自己負担でお願いします。


2,応募条件
①炊き出し当日(毎月第二,第四土曜日)13時~19時頃までの6時間、レクチャーと支援活動の両方に通しで参加できる方
②緊急連絡等の発生時に備え、TENOHASI事務局に住所氏名電話を提出して下さる方
③LINEで連絡が取れる方(2回目以降の参加受付に使います)

3,募集人数

1回の炊き出しにつき最大4名を募集致します。原則先着順です。


4,募集期間
参加希望の炊き出し日(毎月第二,第四土曜日)の2週間前(13日前)の日曜正午から募集を開始し、炊き出し前々日の木曜24時までを募集期間とします。

尚、定員に達し次第締めきらせていただきます。

※締め切った場合は、サイトのトップページにて告知します


5,応募方法
TENOHASIのお問い合わせフォームから申し込んで下さい。
https://tenohasi.org/inquiry/
「問い合わせ内容」に「応募条件を確認しましたので、次回○月○日の炊き出しに参加希望します。」と記入し、続けて「氏名・メールアドレス・自己紹介(参加動機や得意なこと等)」を記入して下さい。折り返し事務局からご案内致します。


6,お願い
①ご自身・身近な人に体調不良・発熱等があった場合は参加はご遠慮ください。また、炊き出し後、ご自身・身近な人にコロナウイルス感染または疑いがあったら速やかにご連絡下さい。
②予め地元の社会福祉協議会でボランティア保険に加入されることをお勧めします。数百円の掛け金で来年3月31日まで保障されます。
http://www.tokyo-fk.com/volunteer/document/V1-volunteer2020.pdf



# by tenohasi | 2020-09-11 15:53 | 炊き出しボランティア

TENOHASI コロナ奮闘記

映像作家の竹内幹さんが新作動画を作成してくださいました
TENOHASIの炊き出しコロナ奮闘記です174.png
コロナ前とは大きく変わった炊き出しの様子をご覧ください

https://youtu.be/g3z0iWxac3I

TENOHASI コロナ奮闘記_f0021370_19481680.jpg

# by tenohasi | 2020-09-01 19:36 | コロナ

8月22日炊き出しボランティア日記

私がテノハシでのボランティア活動をお手伝いさせて頂いてから10ヶ月ほどが経過いたしました。
参加した当初は『コロナ』という状況は予想もつかず、本来であれば東京オリンピックも一段落しパラリンピックが開催されるはずだった事を考えると不思議な思いです。
ボランティア参加歴が1年にも満たない私の印象となりますが、コロナ禍の以前と比べると20~30代と思しき方が食事や衣類の列に並ぶ姿が増えてきたように感じます。一目では池袋の街角で談笑する学生と見分けのつかない彼等が、どのような経緯で公園の炊き出しに並ぶという決断を下すことになったのか。私自身、ほんの数年前まで食うや食わずの状況で生活をしていた経験があることから、その姿が他人事と思えない自分がいます。
参加して初めて分かった事ですが、(年齢に限らず)並ばれる方々とボランティアスタッフの間には垣根も違いもありません、コロナ禍のような予測のつかない悲劇を通して誰しも明日、突然仕事がなくなる可能性を持っています。
テノハシでは衣料や炊き出しだけでなく、医療や生活保護、また住居の情報など様々な相談を受付けています。
もし、このブログを見ている方で少しでも生活に悩みを抱えている方がいれば、ぜひ一度公園に訪れスタッフに世間話のつもりで相談して下さい。テノハシは "脱" ホームレスだけでなく、ホームレス状態となる事を "防ぐ" ための情報も常に提供させて頂いています。

1人で悩む必要はありませんから。

ボランティアスタッフ・オガワ
8月22日炊き出しボランティア日記_f0021370_21341544.jpg
8月22日炊き出しボランティア日記_f0021370_21360724.jpg
8月22日炊き出しボランティア日記_f0021370_21344129.jpg
8月22日炊き出しボランティア日記_f0021370_21350895.jpg
8月22日炊き出しボランティア日記_f0021370_21352517.jpg


# by tenohasi | 2020-08-27 21:31 | 炊き出しボランティア