人気ブログランキング | 話題のタグを見る

12月12日 炊き出しボランティア日記

今回初めてボランティアに参加したのは、コロナ以降社会的格差による貧困が今まで以上に気になり始め、自分も何か出来ないかと思ったことがきっかけです。
自分が生まれた環境やその後育った境遇、雇用状況によっては誰しもが平等に生きること、活躍することはとても難しいと感じます。
今年は誰もがコロナに苦しめられたと思いますが、それを跳ね返し生きていく力がどれだけあるかは人によって大きく違うように思います。
そんな気持ちで参加したボランティア初日は、代表の清野さんからの取り組みに関する説明から始まりました。非常にに衝撃的だったのは、貧困ビジネスとも表現されるシェルターに福祉課がホームレス状態の方を斡旋しているということでした。以前に比べ状況は改善されているというものの、健康で文化的とはとても言い難い住環境に公の機関が人を送っているということが驚きでした。その上でお伺いしたハウジングファーストの活動については、これぞホームレス状態の人が必要としているものだろうと感じました。
池袋に移り、衣類と食料品の配布のお手伝いをしました。
ボランティアの方皆さん、きびきびとご自身の役割を努めながらも優しく分からないことをご説明いただきました。
ホームレス状態の方の行列を見て、驚いたのは実に色々な年代の方や性別の方が多かったことです。老若男女、様々な身なりの方がいらっしゃいました。
「これから寒くなるから」と温かい分厚い上着をお探しの方が多く、会話を交わしながらご希望の衣類を探し当てると感謝の意をお伝えいただく方も多くいらっしゃいました。
月に二回このような活動を行っているとのことでしたが、何度も訪れているという方も多くいるようでした。
また、ホームレス状態の方同士で仲良くお話しされてる方も多くこの炊き出しの場が一つのコミュニティになっていると感じました。
人との繋がりの大切さがより切実に感じられる今、コロナ禍において特にこの場の存在が大きい人が相当数いらっしゃるのだろうなと思います。

参加した一日、その後の数日間色々な気持ちが自分の中に巻き起こりました。貴重な経験をありがとうございました。

~ LO~

12月12日 炊き出しボランティア日記_f0021370_22233795.jpg
12月12日 炊き出しボランティア日記_f0021370_22235662.jpg
12月12日 炊き出しボランティア日記_f0021370_22244026.jpg



# by tenohasi | 2020-12-19 22:20 | 炊き出しボランティア

11月28日 炊き出しボランティア日記

現在大学の卒業研究で池袋の再開発について研究しています。劇的に変化していく池袋の街で、支援活動・路上の現状はどうなっているのか関心があり、前回の炊き出しの際に公園の見学をさせていただきました。見学を終えて、今後も継続的に関わっていきたいと考え、今回はボランティアとして参加させていただきました。

池袋にはよく訪れていましたが、支援の現場を見るのは初めてでした。最も印象的だったのが、現場がとても賑やかだったことです。特に衣服配布の時間には、合うサイズを探し、「どれが似合うかな」と一緒に選ぶ等のコミュニケーションがあります。通りすがりの人が活動の様子を見て、「フリーマーケットかな?」と言っている声が聞こえるほどでした。配食では「ありがとう!」と笑顔で嬉しそうに受け取ってくださる方もいらっしゃいました。清野さんがセミナーで仰っていたように、生存に最低限必要なものを支援するだけではなく、生き生きと過ごせる機会を作るというのも、支援の重要な側面であるということを実感しました。公園に着て服を選び、生活相談をし、顔見知りと話をする、その時間が少しでも安心できるものになっていれば、と感じました。

同時に、ここに来ればなんとかなる、と思えるような場所が街にもっと増えてほしいと切実に思いました。賑やかな場であったとはいえ、炊き出しに来られる方は様々な問題に直面していらっしゃる方々です。服やお弁当を受け取る際、申し訳無さそうにしている方も多く、支援や保護を受けることに罪悪感を感じてしまう社会のあり方は変えていかなければならないと強く感じました。一市民として、この困難の背景にある社会構造や制度について理解し、批判・是正していく姿勢を持っていきたいと思います。

ボランティアのみなさまは、初参加にもかかわらず自然に受け入れてくださり、居づらさを感じることなく最後まで活動に参加できました。特にコロナ以後、人とのコミュニケーションが減り、授業や面接・仕事など、日々の言動・ふるまいの殆どが他者に評価されるものになっていると感じます。そんな中、自分の言動が他人にジャッジされることがない、と感じられる場があることを嬉しく思いました。

今後も自分のペースで活動に参加させていただければと思っております。貴重な機会をいただきましてありがとうございます。  N.S                    

11月28日 炊き出しボランティア日記_f0021370_09363870.jpg
11月28日 炊き出しボランティア日記_f0021370_09364606.jpg
11月28日 炊き出しボランティア日記_f0021370_09365354.jpg

# by tenohasi | 2020-12-05 09:38 | 炊き出しボランティア

11月14日 炊き出しボランティア日記

同じ国、同じ都市に暮らしていながら、知っているようで知らないことがたくさんあります。生活困窮者の実状もその一つかもしれません。TENOHASI炊き出しボランティアに初参加させていただき、メディア情報の断片を通じてのみ社会を覗き見るのではなく、自分の目で見ること、聞くこと、感じること、そして考えることが大切だということを実感しました。

東池袋中央公園は、サンシャイン60に隣接している、こじんまりとした整備の行き届いた公園です。この日は260人を超える人たちが衣類やお弁当を受け取りに集まりました。スタッフの方の案内に従って、公園の縁に沿ってぐるりと、3密を避けて間隔をとりながら整然と列に並んでいらっしゃいました。

衣類やマスクなどのアメニティの配布は夕方4時から5時頃まで、お弁当の配布は6時から7時頃までで、配布の時間が近づくと、参加の列がどんどんと伸びていきます。衣類の支援では、冬に備えた暖かいコート類やズボン、消耗品である靴を希望する方が多いようでした。また、Amazonの「欲しいものリスト」経由で寄付された寝袋が抽選で配られました。食事の配布では、唐揚げのお弁当のほか、食パン・菓子パン、α米、みかん・バナナの企業支援も一緒に提供されました。

ベテランのボランティア・スタッフさんたちが、支援を求めて集まった方々の人数に応じて臨機応変に配布の個数やタイミングを決めていきます。そして、参加スタッフ全員にその場ですべての情報を共有し、明確な指示とともに連携をとっていたことが大変印象的でした。また、初参加者がオロオロしないようにと、みなさんがオープン・マインドで接してくださったことに感謝しています。

物資や食事の配布を求めて集まった方々のほとんどは、生活困窮者とは言え、周囲の理解とわずかな支援さえがあれば置かれた現状を変えていく可能性のある、自立能力と社会性を備えた人々と見受けられました。とはいえ、ボランティア初日ではまだまだ知り得ない、抗う術もない窮状や制度の歪みが存在することは想像に難くなく、今後も夜回り等を含めたボランティア参加を重ねることによって、問題への理解をもっと深める努力が必要と感じました。

幸い11月半ばの東京はまだ暖かく、うららかとも言える気候でしたが、木枯らしの季節は目前で、厳しい冬がすぐにやってきます。だれもが厳しい現実社会の中で生き抜いていることを、同じ立場で、同じ目線で、共有していけたらいいなと思いながら、この日のボランティア活動を終えました。

E.S.

11月14日 炊き出しボランティア日記_f0021370_10014415.jpg
11月14日 炊き出しボランティア日記_f0021370_10015339.jpg
11月14日 炊き出しボランティア日記_f0021370_10020398.jpg
11月14日 炊き出しボランティア日記_f0021370_10021728.jpg

# by tenohasi | 2020-11-18 09:57 | 炊き出しボランティア

10月24日炊き出しボランティア日記 

 初めてボランティアに参加させていただきました。以前からTENOHASIの活動が気になっていたので申込みさせていただきました。当日、改めてTENOHASIのビジョン、ボランティアのレクチャー等をしていただいたので安心して東池袋公園へ向かうことが出来ました。トラックから荷物運び、衣類配布、お弁当配布、公園内のゴミ回収を分担させてもらいました。たくさんの衣類を並べましたが、厚手のものからすぐになくなっていきました。特にアウターは大きいサイズを求める方が多かったです。お弁当はソーシャルディスタンスを保ち、スムーズにお渡しすることが出来ました。天気に恵まれたおかげで予定したお弁当だけでは足りず、それに代わるものをお渡ししました。
 ボランティアスタッフ、利用者さん共々コロナ感染対策をしっかりとしたうえで行われていました。使わせていただく公園や周辺施設へのマナーにも強く配慮しており、終了後も改善点などのミーティングがありました。
 一言で感想を伝えるなら“とても楽しかった、もっと早くから参加したかった”コロナ禍で自分自身がネガティブに生活していることもありますが、こんなに笑顔でいられた時間は久しぶりで、あっという間に時が過ぎていました。一緒に衣類のサイズを確認して、似合うかな〜?ありがとう〜!のやりとりを数日経った今でも鮮明に覚えています。
 ニュースで取り上げられているように、コロナ禍もあり利用者の年齢層は広がっており、男性だけではありませんでした。昔に比べれば、路上生活される方とそうでない人の心の距離は縮まってきているものの、問題解決に至るには遠い道のりだと感じます。TENOHASIには、ハウジングファーストのプロジェクト、その為の生活相談等もあるのでやり直そうと思ったら何度でもやり直せるお手伝いの体制が整っていることを一人でも多くの人に知って欲しいです。

貴重な体験をありがとうございました。MK
10月24日炊き出しボランティア日記 _f0021370_12152561.jpg

10月24日炊き出しボランティア日記 _f0021370_12154069.jpg
10月24日炊き出しボランティア日記 _f0021370_12155126.jpg



# by tenohasi | 2020-10-29 12:24 | 炊き出しボランティア

冬物衣類の募集を停止します(冬物肌着は募集中)

たくさんの方から冬物衣類を寄付して頂き、
そろそろ倉庫も満杯になって来たのて、冬物衣類の募集を停止します。
おかげさまで年内の需要は十分に賄えます。ありがとうございました。
(ヒートテック上下、冬物靴下は絶賛募集中です)

なお、寝袋は引き続き募集しています。
冬の必需品です。
中古でかまいません。
またAmazonのほしい物リストで買っていただけるとTENOHASIに届きます。

衣類はまた足りなくなったら募集を再開します。
よろしくお願いいたします。
冬物衣類の募集を停止します(冬物肌着は募集中)_f0021370_10551024.jpg


# by tenohasi | 2020-10-27 14:46 | お知らせ